昨夜香港から来られたGloriaさん。

到着予定時刻よりも三時間も早く来られてびっくりしましたが、理由を聞いてみると、雨で、楽しみにしていた鳥取砂丘でラクダに乗ることが雨でできなかったとのこと。


翌日の予定を聞いてみると、再び鳥取砂丘に戻りラクダ乗りを再トライすると!


電車で往復するだけでも4時間はかかるのに、すごい執着心だなあと思いましたが、どうやら今回の旅行の1番の目的だったらしく、翌日は始発で砂丘に向かうことに。


大きな荷物は宿で預かり、翌朝はすでに出発しており、9時過ぎにGloriaさんからラクダが乗り場にいない!と。写真が送られてきました。




彼女の熱意の為にも、なんとかしてあげたい気持ちで、催行会社に連絡を取り、様子を伺うと、雨が止んだら様子を見て運行すると返事がもらえたので、すぐに彼女に連絡をし、諦めずに天気の回復を待つようにアドバイスをしました。


待たされる気持ちは十分理解できるので、頻繁に催行会社に連絡を取りながら、ラクダが現場に向かっていることがわかり、すぐに報告しました。


待つこと一時間程。乗れた!!と大喜びの返事が来ました!




宿で快適に過ごしてもらう事はもちろんですが、ゲストの方々に楽しい旅行のお手伝いが出来ることは、何よりも嬉しいことです。


ゲストの方が何を求めて旅をしているのか、コミュニケーションの大切さを感じた一日でした。



お礼に鳥取のお土産を頂いちゃいました^_^