心に残った自然・風景
2018-09-13 17:44:27

”ミケランジェロと理想の身体”

テーマ:ブログ

私も『ミケランジェロと理想の身体』を見ましたので、大変興味を持ってブログを読ませていただきました。日本で今まで見ることができなかったミケランジェロの本格的彫刻作品の傑作『ダヴィデ=アポロ』を初めて見ることができて、感激しました古代ギリシャ・ローマルネサンスの作品を対比することにより、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの芸術家が考えていた理想の身体美の表現の違いを感ずることができて、ルネサンス美術に対する理解を深めることができました。

                          

私は、ミケランジェロの傑作『ダヴィデ=アポロ』と『若き洗礼者ヨハネ』を初めて生で鑑賞して感じたすばらしさと、成熟期の傑作ミケランジェロの若き日から晩年に至るまでの芸術の変化との過程と、成熟期の記念碑的な傑作・システィーナ礼拝堂の天井画『アダムの創造』を中心とした『創世記』のフレスコ画と『最後の審判』への道程についてレポートしてみました。 

https://desireart.exblog.jp/238752890/

 

ぜひ目一度を通してみていただくようお願いします。

2018-05-02 21:52:05

”クロード・モネの睡蓮”

テーマ:ブログ

こんにちは。           

私も「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見ましたので、楽しくブログを拝見しました。来日した作品をじっくり見ると、いろいろ新しい発見がありました。詳しくはブログに書きましたが、例えば、《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》でのドカの絵では観たことのない色彩感覚、ゴーギャンの素朴なタヒチの人々に対する温かい視線などです。モネの『睡蓮の池、緑の反映』は、精神的安らぎを感ずる巨大な空間を肌で感じ、約1世紀後、抽象表現主義の絵画のような何時間もその空間に浸っていたいような精神的世界を体験できました。

 

私は、ルノアールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」の美しさと、セザンヌの最高傑作『赤いチョッキの少年』がなぜ美術史上に残る傑作なのかを詳しく検討して、これらの傑作の本質的魅力をレポートしてみました。

https://desireart.exblog.jp/238493170/

 

読んでいただいて今後のお役に立てて頂けると嬉しいです。

 

 

2018-05-02 21:28:24

”ビュールレ・コレクション 至上の印象派展 @国立新美術館”

テーマ:ブログ

こんにちは。           

私も「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見ましたので、楽しくブログを拝見しました。ルノアールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」に日本で再会できたのは、夢のように嬉しく、感無量でした。ルノワールが女性を美しく描くことにかけては、抜群の技量を持っていることを、時代も画風も変わってきて異なった表現の3つの作品で心ゆくまで味わうことができました。モネの『睡蓮の池、緑の反映』は、精神的安らぎを感ずる巨大な空間を肌で感じ、約1世紀後、抽象表現主義の絵画のような何時間もその空間に浸っていたいような精神的世界を体験できました。

                          

私は、以前スイスのピュールレ美術館に行きたくさんの感動を体験しました。現地で見て、ルノアールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」の美しさと、セザンヌの最高傑作『赤いチョッキの少年』がなぜ美術史上に残る傑作なのかを詳しく検討して、これらの傑作の本質的魅力をレポートしてみました。

https://desireart.exblog.jp/238493170/

 読んでいただいて今後のお役に立てて頂けると嬉しいです。ご感想・ご意見などありましたら、ブログにコメント頂けると感謝いたします。

                          

 

2017-04-17 09:39:04

”オルセーのナビ派展”

テーマ:ブログ

こんにちは、

私も『オルセーのナビ派展』を見てきましたので、ブログを興味深く読ませていただきました。私もこの美術展で観た作品に今まで見たナビ派の傑作と言われる作品を加え、ナビ派の芸術運動の全貌を見ながら、ナビ派の芸術運動の本h質と美術の歴史に残した意義を考察してみました。http://desireart.exblog.jp/23814998/

読んでいただけると嬉しいです。内容に対してご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

 

 

2017-02-02 14:14:22

世界で一番親しまれている人気オペラ『カルメン』の魅力

テーマ:オペラ『カルメン』
ビゼー「カルメン」新国立劇場 
 
下記の文字をクリックすると、解説と鑑賞レポートを読むことができます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス