デザインホームのブログ

デザインホームのブログ

建築の話toときどき身近なこと


テーマ:

弊社では平面図や立面図、又は展開図の他に施工イメージが分かるように

イメージパースを作成し打ち合わせしています

クロスや仕上げ材の選定をもとにイメージパースを作成することで

お客様のイメージを互いに共有する事ができます

↑こちらが実際の完成写真です

 

造作棚を作成する際にもパースをもとに細部の打合せができ、

お客様が実際の広さやイメージを感じる事で、完成後の満足度がUPします

↓こちらが実際の写真

『こんなはずじゃなかった』を減らすことが

家づくりにとってとても大切な事だと考えています


テーマ:

みなさんの中には『床は断然フローリングでしょ』と思っている方も多いと思います

 

複層塩ビタイルという選択について1度検討してみませんか

最近は柄の種類も多く一見するとフローリングと思ってしまうようなものもあります

複層塩ビタイルのメリットは

キズに強く、耐水性もあり、施工性も良く、なにより安価で施工できる

 

同じようなものに長尺塩ビシート(クッションフロア)があります

一部が破損した場合は全部変えなくはいけませんが

複層塩ビタイルなら破損個所の交換で済みます

 

デメリットも確かにあります

熱に弱いことや表面温度は冷たいです

 

今までは土足の店舗などに使われる事が多かった塩ビタイルですが

これからは住宅にも使うメリットはあると思います

 

たとえば

自分の好きな部屋の雰囲気が思いのままになること

カラフルな床や木目調、大理石調(石目調)など

本物の大理石は手が届かなくても複層塩ビタイルなら雰囲気は高級住宅のようなテイストになります

 

また、小さいお子さんや介護のような場面でも耐水性のある床なら

多少の水滴汚れもふき取ればきれいになります

歩行もすべりにくく、わずかにクッション性もあります

(住宅の床は木下地なのでコンクリートの上に貼った時のような硬い感じではありません)

 

物を落としても無垢フローリングのようなへこみの心配もありませんし

タイルの素材がゴムのようなものなので下の階への音もわずかながら緩和されます

 

リフォームなどにももちろん施工できますし、これからの選択としてどうでしょうか


テーマ:

外壁リフォーム工事をいたしました

 

デザインが印象的なパラペットを白系金属サイディングとし

本体の色を黒系金属サイディングでモノトーンにまとめました

↑完成写真(軒裏も白系でスッキリとした印象でしょうか)

↑施工前写真 

 

理想をいえば、家のメンテナンスは推奨年数に合わせて手入れができれば家も長持ちしますよね

 

でもあせるでもあせるでもあせるでもあせる

家は建てて終わりではないのは分かっていてもつい先延ばしになってしまい・・・汗

もう限界になってから改修する事になり

定期的なメンテナンス費用より高くなってしまう場合もあるかもしれませんね

 

そうならないためにも、日頃の掃除から家を大切に扱って、

たまには外壁や雨樋なども目視で確認して破損はないか確認してみてくださいね

Ameba人気のブログ