デカルトのブログ

デカルトのブログ

お人形と管理人のどうでもいい日常


テーマ:

このところ休日は荒天続きでどこにも行けませんでした。

ようやく小康状態になったようなので、道立近代美術館に「高倉健 展」を見に行きました。

 

 

 

映画俳優の回顧展という性格上、動画中心の展示となっており、美術館の守備範囲とはなじまないきらいもありましたが

これはこれとして面白い試みかとは思います。

個人的には「健さん」というだけでもう、何でもOKです。

 

 

 

 

     ****************************************************************************

 

 

 

 

以前から予定していた地下の鉄道部屋の改装の件。

当初、業者から聴いていた額よりも、何故か見積もり額が倍近くなっていて予算オーバー(笑)

結局、考えていたスケジュールでは工事が行えず、現在は資金を工面中。

 

 

とりあえず、いつでも着工できるよう、鉄道部屋のレイアウトとホールの書架を片付けることに。

書架はすぐに片付いたのですが、鉄道部屋の方は復元するための記録取りが大変そう……。

 

 

 

 

町の配置を慎重に写真に撮って、隣の書斎の棚に建物を一つずつ移動させました。

残された線路の撤去も、記録を取りながらおいおいやる予定です。

 

 

 

 

*おまけ

 

 

以前から欲しかった、トミーテックの内装模型「トワイライトエクスプレス」を入手しました。

ふらっと寄ってみたポポンに中古で出ていて、何と金1,500円也!

多少欠品はあるようでしたが、一も二もなく速攻でゲットしました。

 

 

 

 

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村


テーマ:

我が1/150鉄道の貨物特急は、これまでEF66+コキ10000コンテナ編成+レサ10000鮮魚編成の併結にて運行されてきましたが、先日KATOで本当に久しぶりのコキ再生産がかかったので10両ほど増備しました。

(手前の車両区に入っているのが鮮魚特急のレサ+レムフです)

 

詳しくは 絵夢さんのブログ にもありますけど、近所のヨドバシカメラでは1両しか予約できなかったので、遠く西方のジョーシン電気から通販しました。

 

 

早速、編成を組んで試運転してみます。(両数自体は鮮魚併結と変わりませんが念のため・汗)

 

 

 

高架への勾配は無事に上がれました。フライホイール装備の最近の機関車より古い機関車の方が登坂能力が高いとはいえ、不意の空転で無用の消耗をさせたりしないよう気をつけようと思います。

(このEF66は昭和56年に現有のコキやレサと合わせて購入したものです)

 

 

 

 

ちょっとぎくしゃくしたりはするものの、まだまだ元気に走ります。

とりあえずコンテナ特急の編成がこれで完成した一方、現状このEF66の老朽化を考えると、もう1両66を増備するかEF65-500Fあたりを追加するなどの措置が今後必要となってくるかも知れません。

 

 

 

ホーム側に退避しているのはC59戦後型(関水金属製)。全国的に品切れだったようで悶々としていたところ、先日ホビーセンターKATO東京に行ったとき店頭に展示されていたので速攻買ってきました。

 

蒸気機関車の終焉期をタイムリーに体験した北海道人として、真っ先に思い浮かぶ大型旅客機といえば言うまでもなくC62でしょう。とはいえ、レイアウトのプロトタイプとして内地型のシーナリーを構想している関係上、幹線用ヘビーパシフィックのC59あたりも押さえておくべきかと考えました。今後、資金に余裕があれば(C62も含めて)蒸機のさらなる増備を進めます。

 

なお、この写真のようにEF66とC59が並ぶ光景は 「いかにも模型な世界」 のように思われますが、昭和40年代初めくらいまでは山陽本線などで実際に見ることができたらしく、当時の配置表などでもそれを確認することができます。


テーマ:

この三連休はDPHギャラリーに詰めていました。

久しぶりに会員が集合して賑やかなギャラリーになりました。

 

 

 

 

まさくんさんちのみらいちゃん。

 

 

 

 

 

M(偽名)さんちのニイナちゃん。

 

 

 

 

 

M(偽名)さんちのDDお嬢様。

 

 

 

 

 

 

うちの「鶴屋さん」なみくさん。(ちょっとリボンが上がっちゃいました・汗)

 

 

 

 

 

 

久しぶりに登場したうちのあおいと、”なんとなく伝説のお○様っぽい”ニイナちゃん。

その辺の詳細については、いずれM(偽名)さんのサイトで明らかになるのではないかと思います。

 

 

 

 

ここ最近のDPHは「ワンオペ営業」が主となっており、以前のように複数の会員が詰めることは

滅多になくなりましたが、やはりたまに集まってみるのもいいものです。

それぞれ自分のドールを持ち寄るのでギャラリーがにぎやかになり、来館者の方にも喜んでいただけるのではないかと思います。

 

 

今後も機会があれば、そんな開館日を設けたいと考えております。

 

 

 


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス