プロレスカメラマン 大川 昇のブログ

      日曜日のスターダム・後楽園大会

 

  岩谷麻優&スターライト・キッドのSTARSコンビは、

 金x銀の2WAYスパンコール仕様のお揃いのマスクで登場。

 

 

          絶妙な連携技も披露

 

 

   メインのワンダー・オブ・スターダム選手権は、

  ゴツゴツした”情念”の戦いに、二人の覚悟を感じた。

 

 

        セコンドの選手が涙する試合に。

 

 

 

 試合前には、やっと勢ぞろいした”クイーンズ・クエスト”の

        マスク姿の集合写真撮影。

 

 

 

 

 3月の大会後も頻繁に連絡をくれるミステリオッソさん。

 

   3週間前に発送したフォトリブレがやっと届いた。

 

 

      マーベル好きのミステリオッソさん

     ベノムハーフとスパイダーハーフのマスクで

     自撮り撮影して画像を送ってくれました!

 

 

 

 

 

         先日、論外選手がご来店。

 

   7/30・東京愚連隊・新宿FACE大会のポスターを

          持参してくれました!

 

 

       青木選手も出場予定だったんだなあ。

 

 

 

      

 

       ブラックタイガーVII・YN製3種

 

 

           「初期」モデル

 

 

      「RSC」モデル・黒メキシコカラー

 

 

        「WAGNER」モデル

 

 

 

 

          お土産いただきました!

 

 

 

ワインセットに折り紙で作った姫のメッセージカード付

 

 

ARIGATITO

 

 

 

 

去年の夏に常連様からいただいたキキ用のひんやりシート

 

 

今年もお気に入り(笑)

 

 

姫は僕の枕を専用ベットとして使用中

 

 

 

 

        正直、今のオスプレイ、

    強すぎる、うますぎる、いいやつ過ぎる、

      しっかり芯が通っている。隙無し。

 

 

         正直、圧勝の印象。

 

多分、オスプレイは僕らの固定概念を覆して行くんだなあ。

 

 

 

 

 そして、今年も誕生日を日本で迎えた24歳になったばかりの

           ドラゴン・リー。

 

     キャリア5年で夢のIWGP Jr.王座に到達。

 

 

 

MSGでの王座奪取から約2か月ですべて出し切っての王座陥落。

 

     それでも、あの放送席への弾丸トペに、

      NEXTを感じずにはいられない。

 

 試合直後、本人から届いたメッセージにも泣かされたなあ。

      この写真も一緒に添付されていた。

 

           いいやつだなあ。

 

 スーパージュニアで、場外へのトペコンを放った時に

    踵から落下し踵を負傷、膝も腫れていた。

 

     そんなことを微塵も感じさせないプロ意識に

          感動させられっぱなし。

 

 この若者を近くで感じ続けられる幸せを感じさせてくれた

          2019年春でした。

 

            “ARIGATITO”

 

 

ちょうど、校長がドラゴンゲートのリングに足を踏み入れた直後、

    校長が僕らの食事していた店に偶然ご来店。

 

二人のドラゴンが、プロレスのお話に花を咲かせました(笑)

 

 

    ドラゴン・リーが3月に持参したマスクと

     今年の「ドラゴマニア14」モデルが、

        ほぼお揃いの偶然(笑)

 

 

 

  次は、アメリカでの開催が発表されたJ-CUPの舞台での

             活躍に期待!

       一昨日は、ご招待いただき、

     今シーズン3度目のTOKYO DOMEへ。

 

 

 

    ジャイアンツベンチも丸見えの良席でした!

 

 

 

              ”感謝”

 

 

   いよいよ本日「DOMINION」大阪城ホール大会

 

ドラゴン・リーは、”最強の挑戦者”オスプレイの挑戦を受ける。

 

 

 

     現在のジュニア最高峰の戦いが期待される。

 

        ホテル出発前のリーからは

   「凄い試合をして、ファンを魅了したい!」と

          メッセージが届いた。

 

 

 

       んー、こちらも緊張してきました。

 

            echalle!

 

 

 

    常連様からキンキンの差し入れいただきました!

 

 

ありがとうございます!

                  BEST OF THE SUPER JR.26

 

   昨夜の決勝戦・ウィル・オスプレイVS鷹木信悟

 

        ”究極の戦い”凄すぎました!

      早くも2019年ベストバウトの声も。

   日本へ引っ越してくると宣言したオスプレイは、

   ”心技体”+”覚悟”を備えた現在ベストな選手

 

 

    一夜会見でも誠実さとプライドが見えた。

 

  3日後には、大阪城でドラゴン・リーの保持する

       IWGP Jr.王座への挑戦が決定!

 

     こちらも最高峰の攻防が期待される。

     過酷なジュニア戦士の戦いは続く・・・

 

   迎え撃つチャンピオン・ドラゴン・リーは、

  昨夜の両国では、”師”柴田勝頼仕様で2度目の登場!

 

 

          先日、食事をした際に

 「柴田さんにとって両国はとても重要な場所でしょ?」

           っと話してました。

 

 

 

     ちょっと時間が経ってしまいましたが、

先週、ラスベガスから一時帰国していた菊タロー選手がご来店。

 

 

  噂の「BUFFET CULB」Tシャツ・」6色入荷しました!

 

 

 

 

 

 

 

         お土産いただきました!

 

 

 

 

先日、ご招待いただいたTOKYO DOME

 

 

明日も急遽・・・

      早朝、悲しい知らせがまた届いた。

 

       千鳥ヶ淵付近だったんだなあ。

 

        その後、寝れなかったし、

  時間が経つにつれ、心のダメージは大きくなった。

 

  NOAHから全日本プロレスに移籍してきたことにより、

          話す機会が増えた。

 

   試合前というのは、ナーバスになる選手も多い。

 

      そんな中、彼だけはいつも意識して、

       我々マスコミ陣のとこへ来て、

  笑顔でコミニュケーションを取っていたように思う。

 

        今思うと、彼の話はたまに、

     一見マイナスな話だったように思うんだけど、

      愚痴のような内容でも明るく前向きで、

       嫌な話に聞こえたことがなかった。

 

          自衛隊⇨NOAHって、

 どんだけ厳しい練習に耐えてきた選手なのかは想像つくし、

  全日本プロレスでは、若手の育成にも尽力していたから、

  若い選手とのギャップの話も明るく笑顔で話してくれた。

 

  きっと、移籍した後は、思っていたのと違ったと思う。

 前の団体に戻る選手もいれば、フリーになった選手もいた。

 

       でも彼だけは、ぶれなかった。

どん!と一本芯が通った、”男気”のトランキーロな人でした。

        プロレスが大好きな人でした。

 

            ある時期、

  彼と僕は共通の美容師さんに散髪してもらってたので、

   僕を見つけると必ず笑顔で話しかけてくれた。

 

       多分、マスクも大好きだった。

 

          

           寂しすぎます。

 

           

           青木篤志選手!

 

        ご冥福をお祈り致します。