マイコックピットといろいろ

マイコックピットといろいろ

JetMax と iFLYCBE で B737 HomeCockpit を作成してます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

ISFDですが、わずかに大きかったので加工しました

1mmくらいでしようか

 

RMIはそのままでOKでした

 

仕方がないので塗装ごと削りました

 

はまるのを確認します

 

 

塗装に入ります

 

削ってしまった側面、黒いネジ、ノブを塗装します

 

 

 

 

モニターを置いて確認します

 

まずますですかね

 

モニターが少し遠くなるのと

ネジが気になりますが、これは仕方ないです

 

 

ISFDとRMIがBRcockpit製です

 

この2つのゲージに透明なパネルがなかったので、そのうち作成します

 

 

この後は、配線です

 

2つのパネルで11個のインプットがあります

 

 


テーマ:

昨年ですが、MIPの電源を交換しました

 

もともとはDELLのデスクトップから取り出した電源で、10年近く前の475W?

だったと思います

 

 

JCBAの日記の中に、

玄人志向は短絡防止機能がついているとみた気がしましたので、こちらにしました

 

12Vはシングルレーン?のものにしました

 

41Aまであります

 

 

この電源の12Vは

 

MIPバックグラウンドのテープLED

MIPパネルライトのテープLED

インターフェイスIT

コクピットソニックTQ

 

につながっています

 

 

電源を交換したら、コクピットソニックTQの動作が安定しました

 

 

あとは、ねこバリアを張りました

 

 

 


テーマ:

BRcockpitから届きました

 

クロックから見ていきます

 

スイッチは組み込まれています

 

クロックのパネルですが、他の二つより明らかに質が悪く

パネルの表面が粗いです

 

側面の塗装もないです

 

JETMAXにはぴったりですが、ネジ穴は拡大する必要があります

 

 

クロックはこのメーカーにずいぶん前からあるので、他の2つのパネルと製作時期が違うのではないかと思います

 

これは残念ですが、頑張っているメーカーなので今後に期待しましょう

 

現在、クロックはサイトにないので改良するのかもしれませんね

 

 

次に、ISFD

 

こちらはかなりいい感じです

 

スイッチ、プッシュ付きエンコーダーともに組み込まれています

 

取り付けは大変なので、サイズが合うかどうかもそのうちやります

 

RMI

 

 

こちらも、かなりいい感じです

 

 

 


テーマ:

サポートサイトにあったスクリプトでは、テスト時に888.88となりませんでしたので

 

修正しました

 

エンコーダーと、7セグのスクリプトです

 

デュアルエンコーダーは、ダイレクトにマスターカードに接続しています

 

動作は少し不安定です

 

 

 

Var 4029 name ENC_COM1_WHO, Link IOCARD_ENCODER, Device 1, Input 37 Aceleration 1 Type 2

{
  L0 = V4029
  IF L0 > 0
  {
    &command = 246     
  }
  ELSE
  {
   IF L0 < 0
    {
    &command = 247   
    }
  }
}

Var 4030 name ENC_COM1_FRA, Link IOCARD_ENCODER, Device 1, Input 39 Aceleration 1 Type 2

{
  L0 = V4030
  IF L0 > 0
  {
    &command = 248    
  }
  ELSE
  {
   IF L0 < 0
    {
    &command = 249  
    }
  }
}


Var 4031, name COM_LDISPLY, Link IOCARD_DISPLAY, Device 1, Digit 21, Numbers 5

Var 4032, name COMLDIGIT, Link FSUIPC_INOUT, Offset $9440, Length 2
{
  IF &COMLDIGIT = 65535
  {
    &COM_LDISPLY = -999999
    &COM1LDP     = 0
  }
  ELSE
  {
    IF &COMLDIGIT = 65534
     {
      &COM_LDISPLY = 88888
      &COM1LDP     = 1
     }
    ELSE
     {
      &COM_LDISPLY = &COMLDIGIT
      &COM1LDP     = 1   
     }
  }
}


Var 4033, name COM_RDISPLY, Link IOCARD_DISPLAY, Device 1, Digit 26, Numbers 5

Var 4034, name COMRDIGIT, Link FSUIPC_INOUT, Offset $9442, Length 2
{
  IF &COMRDIGIT = 65535
  {
    &COM_RDISPLY = -999999
    &COM1RDP     = 0
  }
  ELSE
  {
    IF &COMRDIGIT = 65534
     {
      &COM_RDISPLY = 88888
      &COM1RDP     = 1
     }
    ELSE
     {
      &COM_RDISPLY = &COMRDIGIT
      &COM1RDP     = 1   
     }
  }
}


Var 4037, name COM1LDP, Link IOCARD_OUT, Device 1, Output 18

Var 4038, name COM1RDP, Link IOCARD_OUT, Device 1, Output 16

 

Var 1000, name command, Link FSUIPC_INOUT, Offset $9400, Length 2

 

 

NAVは修正前です

 


テーマ:

7セグ取り付け スイッチ取り付け

 

 

DPの配線

 

 

 

 

 

TEST

 

 

 

スクリプト完成、動作確認

 

7セグの配線が大変です

 

 

 

 

 

ふとCOMパネルの作成に取り掛かろうとすると

 

 

七セグ部が広いことに気付きました

 

まさかの実機は6桁なんですねぇ

 

これは知りませんでした

 

各メーカーの完成品も6桁ですね

 

しかし

デフォの737

 

iFLY

 

 

どちらもCOMは5桁です??

 

PROSIMは6桁サポートなんでしょうか?

 

どのみち、iFLYは5桁しかないのと

購入した7セグは5桁しかないので

 

5桁で行きます

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

スイッチを取り付けていきます

 

 

配線

 

 

テスト

 

スクリプト作成

 

パネル、ノブはSISMO

七セグ、エンコーダーはOC

エンコーダーノブはfuji3さんから頂いたものを加工

30度ロータリスイッチもfuji3さんからの頂き物です

トグル、プッシュ、抵抗付きLEDは国内で購入です

あと配線材が約30M・・・

 

 

ちなみにCPflight

 

ただ、いくつか問題と反省がありまして

 

 

七セグは今回5桁を用意しましたが、iFLYは4桁しかない

 

ATC、1,2を点灯させるoffset値がiFLYにない

 

そのLEDをシリコンで囲ったのですが、光漏れで隣も少し光る

(チップLEDにすればよかった・・)

 

エンコーダーがデュアルではなくシングル(今回は経費削減の為)

 

ロータリースイッチにTESTのプッシュスイッチを組み込めなかった

 

せっかくの自作なので七セグをホワイトにすればよかったなと後悔

 

などがありますが

 

キリがないので今回はこれでいったん完成です

 

 

 

次は、NAV、COMパネルですが

 

配線材が全く足りないので48メートル分を発注しました

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

まずグレアの上にマスターカードとディスプレイカードを配置します

 

これでMIP用のマスターカードが出来たので、かなり拡張性が上がりました

 

MIPのリレーもすぐ配線できます

 

早速、修理したMCPから出ている三つのスイッチを

リバイブUSBからマスターカードへ移します

 

リバイブUSBは卒業です

 

 

ディスプレイカードから七セグへ配線します

 

今回購入した7セグを全て点灯テストしました

 

NAVパネル

トラポンに七セグをはめます

 

隙間をシリコンで埋めます

 

OKです

 

LEDは収まりが悪い為

 

先端を少し削りました

 

 

 

 

 


テーマ:

まずはOCからです

 

1個だけ、ハンダがやたら汚いんですけど・・・

 

まぁ、テストOKみたいなシール貼ってあるので大丈夫なんでしょうね

 

 

 

次に、初購入の

 

PCflights です

 

アメリカ、ニューヨークにあるみたいですね

 

A10のパネル、ノブなども販売しています

 

 

中から、卵の殻・・・!?

 

でも質はいいですね

 

 

OCよりSISMOに近い感じです

 

塗装もきれいです

 

 

 

 

こちらがノブ

 

塗装はまあまあですかね

二段目の穴がわずかに中心から外れています

 

ここで、気付いたのですが二段目のノブが6ミリの穴です

 

デュアルエンコーダーの二段目は3mmほどで、このままだとスカスカ

 

なので、芋ネジを1つ追加して何とか固定しました

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。