中学卒業

テーマ:

最後の記事から1年以上経っていたことに今更ながら驚きましたが、また一つ重要なイベントが終わったので久しぶりに書いてみたいと思います。

 

3年前に第一志望の学校に入学した娘ですが、無事に中学校を卒業して高校に進学することになりました。

エスカレーター式なので同じ校舎・同じようなメンバーで高校になりますが、それでも節目としての中学卒業式には大きな意味があり、次の3年間はこれまでの義務教育期間とは異なり主体的かつ自己責任が伴うということは娘なりに理解してるようです。

 

 

中学受験を乗り越えて高校受験もなくしばらくは安泰と思っていましたが、むしろ入ってからのほうが大変でした。この3年間を振り返ると決して平坦なものではなく、やはり思春期という時期は子供の内面の変化が大きくそれに伴い様々な葛藤があったと思います。慣れない先輩との付き合い方・最優秀な同級生に囲まれることによって揺らぐ自己評価の難しさ・親からの自立と反発等はこの時期の子供にとっては普遍的なテーマのようで、予想以上の激しさで果たして無事に卒業・進学できるのか予断を許さない時期もあったと思います。自身を振り返っても中学高校というのはどちらかというと思い通りにならないことへの焦りや葛藤が大きかった時期であり、私の場合は早く自立して大学受験をきっかけに都会に出るのだと漠然と考えていた時期でした。

 

 

そのような状況でしたが、(失礼ながら)予想外に面倒見がよい学校側のきめ細かい対応もあって何とか大きな山場を越えることができたのだと思います。

具体的なアドバイスとしては;

・学校では忙しく様々な活動で疲れているので、家ではだらしなくしても、とにかく寛げるようにしてほしい。

・親は見守ることに徹する。口出ししたくなっても子供に解決させる。それが出来る子供が集まっている。

 

大意ではこの2つだけですが、親として娘との接し方などで悩んだ時には何度も立ち戻って指針にした重要なアドバイスでした。これらは子供の力を信じて引き出してやるということなのだろうかと解釈していますが、決して放任するわけではなく保護者の懇親会等での学校生活の様子のフィードバックも数多くありました。必要に応じて保健室の先生や担任による面談もあったようです。自由な校風という評価を得ている学校ですが、担任の先生から預かった子供についてはしっかりと面倒を見るというお話もあり、少なくとも中学校の間はしっかりと管理された環境での自由であったと思います。一方で、親の側にも大きな変化が求められ、子供を見守ることの難しさや子供との距離の取り方、学校から解放された子供にとっての安心できる居場所としての家の位置づけには色々と試行錯誤がありました。私は自分自身の経験から中高生の時期の様々な振る舞いは時間とともに穏やかになると楽観していましたが、子育てにおいて待つことの重要性を学んだように思います。

 

学校からは、節目節目で子供たちの学習の成果や成長を確認できる機会が設けられていました。田舎の公立校出身の自分から見ると、この年齢でこれほどのアウトプットを出せる教育の力を感じることが数多くありました。忙しいなかで生徒だけで企画・運営するという学校行事の質の高さ、作文の中から伺われる内面的な成長、創作ダンスや英語劇のパフォーマンス、おそらくは一生付き合っていくことになる友人関係、それらのすべては子供が自分たちの力で勝ち取って育んだものであり、この学校を選んだことは正しい判断だったと思っています。

 

 

学校の話では高校に入ると前述のようなきめ細かい対応も高校からは取らず、より生徒が自主的に学び行動することを求めるような環境に変えていくらしいです。おそらくは最初は戸惑うこともあると思いますが、周囲の対応が次の段階に移行するのだと理解しています。また子供のほうも一旦、特に先生との関係がリセットされることから生徒によっては気持ちを新たに再スタートすると聞いています。我が子がどのような学校生活を送るかは解りませんが、これまでの3年間の積み重ねの上に次の3年間を紡いでいけば行くべきところに行くのだと思います。

 

次はまた3年後の更新になるかもしれんw

AD

2014年&2015年

テーマ:

複数のSNSで書くというのはなかなか難しいもので、こっちはすっかり放置してしまいましたが、節目なので書いておきたいと思います。


2014年については仕事が変り、長女が中学受験、不動産購入と引越しというかなり大きなイベントが立て続けにあり振り返れば大変な年でした。

先ほど知ったのですが昨年は本厄だったそうで、案外こういうのは当たるのだと感心するしだい。

しかしながらそんな2014年も終わり、昨晩は紅白歌合戦を見ていました。ここ数年は色々工夫してる印象で我が家でも楽しめました。

おせち料理は倶楽湾で用意した中華風御節。美味しいのですが魚卵系ばかりで体にはよくないかもしれませんw

例年通り初詣は増上寺へ。同じことを毎年繰り返せること自体が多分幸せなのでしょう。雪が舞ってたのは初めてかもしれません。


2015年ですが。

ここのところ思うのは子供がある程度の年齢になったらお金以外のことのために働きたいと考えており、その足がかりになればいいなと思います。交友関係も広げてみたいですし、投資関係も大きく飛躍させたいところ。

今までの延長線上というのは楽ではあるのですが、金銭面だけのために続けるのも後で後悔しそうであります。

まあどうなるかはわかりませんが、今年もよい一年になりますように。




AD

中学受験

テーマ:

子供を中学受験させたいという人とごはん食べたのだけども、いろいろ考えさせられたメモ。

塾や私立中学の受験生向けの説明会みたいなのがそろそろ開かれる時期で、たまたま合格者としてうちの娘も説明する側に呼ばれてるのだけども。当然ながら合格者が体験を話すんだから生存者バイアスがかかった話なんですよね。説明会に来る人が一番聞きたいのは○○塾で大丈夫か?みたいな話らしいが、そりゃ合格した人呼んで喋らせるのだから「大丈夫だった」に決まってるじゃないか。

大手学習塾でも実際には校舎ごとに明確な親の層や塾の雰囲気に違いがあったし(お迎えにあちこち行ってたので)、駅前分校みたいなところの100人かそこらの規模では例えば御三家のどこかの実績が1人とかざらにあるわけだ。で、01では大違いだから塾も必死に実績作りたいし、(お世話になったので協力してやりたい気持ちもなくはないが)志望校受かった後もどこそこ受けてくれとか馬鹿じゃないかと思った。

学習塾もエリア全体で○%/何人の合格実績みたいな宣伝をするので数字のマジックにかかるんだけども、基本的に難関校の合格者は例外であり、そんな個人体験談はあまり参考にしないほうがいいと思う。

一番重要なのは子供のモチベなんだけども子供はなんだかんだ言っても親の期待に応えようと無理するでしょうから、あえて受験全否定から入るのもありじゃないかなと。少なくとも私は自分たちの成功体験が子どもが社会に出るころに同じように通用するとは微塵も思ってません。

まあ多感な年ごろの子供を巻き込んでの数年かかる一大プロジェクトになるのは間違いないので、資金面や時間的なサポートをどれくらいできるか含めて親はよーく考えたほうがいいですね。たぶん。

AD