Windows8以降のパソコンは普通に終了すると完全にはシャットダウンしないのはご存知だろうか?
この話は前にも書いたのだが その頃 これが元でPCにトラブルを起こした方が最近来られてその話をするとすっかり忘れておられた。
それなら 注意を喚起する意味でもう一度書いておいたほうが良いと思った次第。
8以降のWindowsは”高速スタートアップ”がデフォルトで設定されている。
最新のWindows10にも引き継がれているのだが 一言で言えばシャットダウンしてもWindowsの一部は完全にはシャットダウンしていないということ。
と言うとパソコンに詳しい人は
「ということは シャットダウン後 電源コードを抜いてはいけないのか?」
と言うかもしれない。
(実はパソコンは電源を切ってもハードウェア一部に電流が流れてその機能は生きている)

いえいえ シャットダウンしたら電源プラグを抜いても ノートPCのバッテリーを取り外しても問題はありません。

Windowsのカーネルをハイパーネーションの状態でHDDに書き込んで終了させ 起動時にそこから読み込むことで起動時間を短縮しています。
起動に関しては時間短縮というメリットが有るのですが 問題なのは電源を切った状態でハードウェアの変更を行った場合です。
Windowsから見れば起動中にいきなりハードが変更されたことと同じなのです。
そのため 外付けHDDがいきなり認識しなくなったり 正常に起動できなくなったりのトラブルが発生する可能性があります。
結果 データ復旧のご依頼を受けたこともあります。

Windows8以降もちろんWindous10もですが 完全にシャットダウンする場合 shiftキーを押しながら再起動 を選択してください。
しばらくすると起動オプションが立ち上がりますので PCの電源を切る を選択してください。

これで Windows7までと同様に完全にシャットダウンできます。

この状態から ハードウェアの変更等を行ってください。
 

「御社はパソコンの修理とかやってらっしゃいますよね・・・」
「ハイ パソコンからのデータ復旧を中心にやっています。」
「私は電気店のものですが 在る方に紹介されて御社に電話しました。うちのお客さんなんですがデータ復旧したいとのこと。」
「ありがとうございます。こういったご紹介が私共では一番ありがたいことです。」
「たまにデータ復旧したいというお客様がうちにも来ます。『時間とお金がかかりますよ。』というと ほとんどの方は諦めるんですが、この方はどうしても大事なデータが有るということで復旧したいとの事です。」
お聞きしてみると全国チェーンの家電量販店さん。
この手のお店は パソコン担当と言っても知識のない人が多いのだが この方は相当詳しい様子。
「今後とも宜しくお願いします。」
といって電話を切ったが 本当にありがたいことです。

 

今朝電話。前にデータ復旧とマルウェア退治とSSD換装をした方から。
どうも パソコンの動作が急に遅くなるのが伝染したか?

お昼すぎにデスクトップを2台持ってこられた。
1台は最近買われたばかりとのこと。

ヒヤリングしているうちに
「SSDに替えたパソコンを使っていると このデスクトップが遅く感じる。」
「そりゃ そうでしょう。」
「・・・・・この2台もSSDにして欲しい。」
「判りました。」
ということで PCの状態を確認した後 SSDに換装することになった。

SSD換装を日常業務で行っている同業者に電話。
「今 SSDどこのメーカー使ってる?」
「crucial!」
「?」
「中身がMicronだから 今一番安心できるかな?」
「CFD(中身toshiba)は?」
「今の東芝の(メモリー事業部の)状態を見ているとちょっと使いたくないな。」
「CFD(intel)は?」
「悪くはないと思うけど ちょっと高いかな」
「なるほど」
「きっと一般にはSanDiskやSamsungが一番売れてるんだよね。安いから。」
「あれは信頼性無いから使いたくない。大手のパソコンショップの店長が『Samsungは結構 壊れて戻ってくる』と言ってたよ。」

Web上の情報など思惑や好き嫌い、思い込みで評価されることが多く現実にそぐわないことが多い。
日常定期に何台も扱っている人でないと聞けない 得難い情報。
ありがたい。

早速crucialを2台発注した。