包帯パンタチキン。

包帯パンタチキン。

Deliphotoの日記/包帯拘束デリフォトでは、包帯に包まれた妖しく美しい女性の写真を掲載しております。アダルト要素の少ないサイトではありますが、写真を楽しんでいただければと思います。



※大変申し訳ありません。自分の病状をかなりあまく考えていたみたいで、下記記事の内容は、病状回復してから、出来ればという事になります。お騒がせして申し訳ありません。

 

 

まだ先のことになりそうですが、

 

今回、時間があり、自分の写真を見返すと、

 

包帯の巻き方をちゃんと勉強したいなと。

 

可能であれば、包帯の巻き方の動画を撮影したい。

 

手元と巻いているところ中心に撮影するので顔出しはなしでも可能、撮影は、品川の貸しスタジオで行うつもりです。

 

そんな撮影に付き合って頂ける方いたら、最初は、twitter、Instagramにでも連絡頂ければ、うれしいです。

 

 

 

※今日は、この撮影用に白い椅子を探していたら、また別な撮影に使えそうな椅子を見つけた。

 

 

 

 

 

 

これは、別な撮影に使えそう。



自分にそんな時が来るなんて。
自慢できる位の重病です。
 

でも、復帰したら、撮影したいな。

 

※入院もうすぐ1ヶ月になります。偶然連絡が来た知人には、説明しますが、自分から知人に連絡するのは苦手でほぼ連絡してません。連絡したところで面会も出来ないのであまり変わらないのですが。身内もいない自分にとって、一人で病気と戦うってかなり大変だなと。

 

※まだ入院しています。ずっとダルい状態位なので、すぐにではないにしても、自分の最後が想像出来ません。スマフォは、速度制限がかかってしまったし、やることなく、病院の天井を見ながら考え事を。お金ないな。

 

※未だに生きていますが、先がまったく読めない状況。一時期良かったのですが、取り敢えず、退院したら何食べようそんな事しか考えられません。でも、本当に世の中、優しい人が多い、何か申し訳ない。

※とりあえず生きてます。働けないのでお金はなくなっていくばかりです。身寄りのない自分にとって一番の悩みは、病気よりお金。そんなところでです、体調は、病院食のおかげか、前の生活よりもある部分を除けば健康的になったような。