ristorante della collina Official Blog

テーマ:


本日、11月第3木曜日。

ボージョレヌーヴォー解禁しました。



そもそも、ヌーヴォーはなぜ11月の第3木曜日なのでしょうか?

それは大人の事情が関係しています。


1967年までは解禁日は設けられていなかったのですが、ワインメーカーが早く出荷すれば売れるというとこで競争するようになり、品質も低下してしまいました。

そこで、フランス政府が解禁日を設けました。

当初11月15日でした。

しかし、15日が土曜日、日曜日に当たってしまうと運送業や酒屋、レストランが休みなので平日にしようとなり、

1985年から11月の第3木曜日となりました。



ちなみに、日付変更線の関係上、世界で一番早く飲めるのは “ 日本 “ なのです。



今年のヌーヴォーは、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれる出来だそうです。


 
 
成熟の条件は理想的なものでした。
天候面でもまったく問題なく、日照と暑さに恵まれ、果実はゆっくりと順調に熟してゆき、また春に蓄えられた水分を引き出すことで、ブドウ樹は全般的に乾燥に苦しむことはありませんでした。
収穫されたぶどうは素晴らしい衛生状態。収穫が開始されるまで良い状態を保っており、9 月の暑さと日照の恩恵を最大限に享受した生産者たちは健全で糖分が高く、よく凝縮したぶどうを収穫することができたそうです。





コリーナでは、アンリ フェッシ・ボージョレ ヴィラージュ ヌーボーをグラスワインでも飲めます。

本数限定ですので、お早めに。







 ristorante della collina

Net 予約はこちらから
 ↓↓↓↓↓↓↓↓









テーマ:


昨日は、朝から常連様が海釣りへ行って釣った魚を差し入れて下さいました。

天気はあまり良くなかったのですが、大漁だったそうです。



イナダが多めで、カツオ、小鯛、カワハギなど。


そして、本日の賄いはその魚で漬け丼。




さすがに賄いだけでは食べきれない量なので、カルパッチョなどで提供します。


いつか、自分たちで釣ってみたいものです。


 




ristorante della collina

Net 予約はこちらから
 ↓↓↓↓↓↓↓↓








テーマ:


リモンチェッロとはイタリアのレモンのリキュールです。



カンパーニア州のナポリ湾周のカプリ島、ソレント半島、アマルフィ海岸の一帯が産地として有名で、糖度の高い果実酒。


レモンの果皮をアルコール度数の高い蒸留酒に一定期間浸漬した後取り出し、砂糖水を加えて1週間~1ヶ月ほど置いて出来上がり!



今回は常連様から頂いた大量のレモンでつくりました。




《《 注意注意 注意》》


リモンチェッロや梅酒など自家製のお酒を販売することは酒税法で禁止されています。

(個人で楽しむ為に自宅ではOK)

酒税法第54条により10年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられます。

料亭の自家製梅酒やレストランの自家製果実酒は違法ですが、


平成20年4月30日より

『 酒場、料理店を営む方については、一定の要件の下に酒類の製造免許を受けることなく、その営業場において自家製梅酒等を提供することができる 』

という特例措置が設けられました。

ただし無断ではダメです。

税務署に申請しなくてはいけません。


コリーナのリモンチェッロはご安心ください。申請済みです。


リモンチェッロ完成するのが楽しみです。






それでは良い週末を。








ristorante della collina

Net 予約はこちらから
 ↓↓↓↓↓↓↓↓





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス