7月はいつものお話会でした。

初参加の方が2名いらしたのですが、お子さんの特性や兄妹関係が似ていることもあって、一気に距離感が縮まりました。
またリピーターの方2名が、いい雰囲気を作ってくれて、たっぷり話していただける2時間でした。


参加者のおひとりは、年少のお子さんのお母さんでした。
お子さんのかんしゃくと強いこだわりに疲れきってしまい、お母さん自身が食べられない、
寝られないという状況でした。

お話を聞けば聞くほど「大変だね…」としか言えない私。

 

そんなとき、他の参加者の方が「うちも!」「いっしょだー!」と笑って話してくれました。
 

「お昼ごはんがじゃがりこだけ!」

「保育園の食事やおやつは一切食べない」

「朝食はジャムが4種類ないとパニック」

そんな「うちだけ?」なお悩みをさまざま出し合い、ほんの少し笑える時間になって
ほっとしました。

 

それから時々話題になるのが、「どんな習い事をしていますか?」です。

参加者さんから情報があったり、発達でこぼこがあっても通いやすい教室をスタッフがご案内したりすることもあります。

思った通りにいかないのが子育てですが、「子どもといっしょにこんなことがしたい…」とか「こんな体験をさせてあげたい」というのは誰でもありますよね。

 

「なにかこどもが楽しめることを見つけたあげたい」という期待と、
「迷惑をかけてしまうのではないか」という不安と、
「みんなは楽しめることがたくさんあっていいな…」という寂しさとが入り混じる。
兄弟とのバランスも考えたり、親のエゴなのかと悩んだりね…


答えはないけど、いっしょに考えることはできます。
毎回メンバーは違うのに、参加者同士がお互いに与えてくれる力のようなものをいつも感じます。

何もしてあげられないけど、ひとりじゃないって感じてくれるといいな。
そんな気持ちで来月もこまちカフェでお待ちしています。コーヒー

 

  

********************************************************

 
  ★次回のでこぼこの会は8月6日㈮です。

   いつものお話会に『3枚の葉っぱのワーク』を加えて開催します♪
  

     

    ▼日  時 :8月6日(金) 10:00~12:00    
    ▼場 所:こまちカフェイベントスペース
    ▼参加費:550円(税込み)  
    ▼定 員 : 6名  
(お子様連れの方はご相談ください)
    ▼ファシリテーター:認定NPO法人こまちぷらすスタッフ
    

     3枚の葉っぱとは→ co-machi 対話プロジェクト (comachileaf.com)

      

    今まさにお子さんの発達のことで悩んでいるあなたも、今は落ち着いていて
    そんなに話すこともないんだけど…という先輩ママや支援者さんも、発達障害
    のことはよくわからないけど気になっているという方も、でこぼこの会で、これま
    で集めた「声」を元にお話ししませんか?

    でこぼこの会versionの「葉っぱ」は2019年と2020年にご参加くださった方のたく
    さんの「声」の中から選び、こまちスタッフ、こまちパートナーさんの協力を得て、
    36枚の葉っぱを作成し、完成しました。

 

    3枚の葉っぱを選んでもらい、それをもとにペアや小グループでお話してもらい
    ます。
同じ思いをしている人の声に孤独感が和らいだり、自分の気づかなかった
    想いに気づけたりするかも?!それ以外でもその時に話したいことを話していた
    だいても構いません。

    様々な「声」に触れたり、その声をもとに自分の考えを話した自分の考えを話したり
    という時間はありますが、いつものお話会の雰囲気はそのままですので安心して
    ご参加ください。

 
    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
   
           https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210806/

     
    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。
      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
   

    ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      
             070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 
      
    

    ▼2021年5月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。
            

 

 

**********************************************************************

    

   LINE公式アカウントで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
   でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

   イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

   配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、
   LINE IDを入力して、でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

**********************************************************************

   

    ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
     ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
     詳しくはこちらをご覧ください。   

 

 

                                                                                   

                                        

 

        

 

 

 

6月は「落ち着きのない子の理解と対応」をテーマとした勉強会でした。
「佐々木正美ノート」を使って公認心理師の三沢俊子さんに解説していただきました。

 

周囲から「落ち着きがない」「マイペース過ぎる」と取られ、集団から外れてしまう子。

 

“目や耳からの情報が多すぎる” 
“何をしたらよいのかわからない”
“知らない人や場所に戸惑っている”
など、その子なりの理由はありますが、なかなか理解してもらえず、
歯がゆい思いをすることも。

発達に特性のあるお子さんは、目に見えないことは分かりにくいため、
相手の気持ちを理解することが難しくトラブルも起こります。

 

そして、ついわが子に言ってしまう、こんなセリフ…
「考えればわかるでしょう」

「こうされたらどう思う?」

「こうなったら困るでしょう?」

残念ながら、通じていませんガーン (がーん! 私も言っちゃいますアセアセ
 

物事の因果関係が理解できないことが多いからです。
罰を与えることも。理由になった出来事と結びつかないのでNGです。

 

反対にこうしたらうまくいく!というのは、

  ・日課や習慣にする

  ・目に見えるようにする

  ・場面設定を明確にする

  ・短い言葉で伝えたり、見本を見せたりする

  
こんなお話を、みなさん深くうなずきながら聞かれていました。

 
今回参加された方のお子さんは年長さんから高校生まで幅広く、その中で

「子どもが小さいときは、親が意識して習慣づけが成功していたが、最近難しくなってきた。せっかく今まで積み重ねてきたのに・・・」
とおっしゃる方がいました。

 

そうなんですよね~ぐすん

せっかく習慣づけることで、学校や家庭でストレスを減らすことに成功したのに…
小学3年生くらいから思春期は、

親から意見されることを嫌がる →つまり成長ってこと!!笑い泣き

だからこそ難しい~~ショック

子どもの成長に合わせてアプローチを変える必要があるんですね。
その一つは、
環境を見直してみることだそうです。
たとえば

  ・目に見えるものを減らしてみる

  ・情報や音が多すぎないか?

  ・学校での出来事を確認

  (本人は直接関係ないことなのに傷ついたり、勘違いで戸惑っていたりしている可能性がある)

落ち着きがないのは、感じ方や捉え方が違うため困っている状態。
その子の一面でしかありません。

その特性をすっかり無くすことはできませんが、
「大変なのによく頑張ってるね。」
ねぎらってあげることが大事ですねと三沢先生。

置かれている状況は変わらなくても「分かってくれている」と思えば、
いい親子関係が築けるとのこと。 夫婦関係とも同じ?!
にやり

毎回大人気であっという間に満席になってしまう三沢先生の勉強会、
次回は2月に開催します。
ちょっと先になりますが、でこぼこの会のLINE@でお知らせしますので、
ぜひご登録くださいね。 

 

********************************************************

    

   LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
   でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

   イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

   配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、
   LINE IDを入力して、でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

  

********************************************************

 
  ★次回のでこぼこの会は7月9日㈮です。

   すでに満席になっておりますが、キャンセル待ちが可能です。

     

    ▼日  時 :7月9日(金) 10:00~12:00    
    ▼場 所:こまちカフェイベントスペース
    ▼参加費:550円(税込み)  
    ▼定 員 : 6名
(うちお子様連れは1組とさせていただきます) 
    ▼ファシリテーター:認定NPO法人こまちぷらすスタッフ
     
    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
   
           
https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210709/

     
    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。
      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
   

    ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      
             070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
    

    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。
            
https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

   

    ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
     ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
     詳しくはこちらをご覧ください。   

 

 

                                                                                   

                                        

 

        

 

 

 

うちの子どうしてできないんだろう?
~運動が苦手なお子さんを理解するための勉強会~

元療育センター勤務の理学療法士、髙橋賢太郎先生を講師にお迎えして
勉強会を開催しました。
日曜日開催だったので、普段お仕事をされている方もご参加いただくことができました。

走り方がぎこちなかったり、なわとびが跳べなかったり、
ボールがうまく投げられなかったり。
運動が苦手なのは、“やる気や根性がないから?” 
“練習が足りないから?” “それとも教え方が間違っているのか?” 

 

大人は、「できないから楽しくないのだ。少しでもできるようになれば楽しめるだろう」
と考えがちですね。
だから訓練しようとしてしまいます。

でも子どもにとったら、楽しくないものはやりたくないですよね。

そこで「運動している」という自覚なく「運動するための基礎」を積み上げていく方法を、
先生が自ら動画を撮って見せてくださいました。

youtubeを見れば、「早く走る方法」はいくらでも出てきますが、
それはわが子に合った方法なのでしょうか? 
「スキップを練習すれば早く走れるようになる」のは正しいけれど、
そもそもスキップができない子はどうしたらいいのでしょうか?


「かけっこが苦手なお子さんに、走る練習をさせたらダメなんです」

え?そうなの?アセアセ


シャボン玉や、紙鉄砲、コップ運び、ぞうきんがけ、すべり台の逆走。
一見、これが何の運動になるのかなはてなマークと思うかもしれませんが、
このような遊びや生活の動作が、体を動かすために必要な
さまざまな感覚を養うのだそうです。

 

子どもと一緒に体を動かし、よくよく観察してみることがとっても大事。

子どもが集中できる時間や回数はどれくらいでしょうか?
 

つい「10回やってみよう」とか「100数えよう」とか、根拠のない数字を言ってしまうこと、
ありますよね。
子どもが集中できるのが6回なら、目標は5回にするのがポイントです。グッド!
5回やって、「余裕!音譜もっとできそう音譜」と子どもが思えるくらいがちょうど良いのです。
そして、もし目標の5回ができなかったとしても、
「あー、できなかったねえー?」と残念そうな声で言わないこと!あせる(笑) 
またその5回が、大人が期待した動き方でなくても途中で止めて修正しないこと!にやり

大人のやりやすい方法が、子どもにもベストとは限らないということを念頭に。
どうしたら力が入りやすいか、自分で工夫したり、試行錯誤する時間をあげましょう…

こんな感じで、髙橋先生は子どもたちの気持ちに火をつける方法や、

身近なものを使ってできる遊びを具体的に教えてくださいました。

「運動する」の手前にある、「体の感覚を育てる」の部分が大事なんだ~ガーン
苦手な感覚、得意な感覚を理解するというのは、
運動面だけではなく、思考や行動にも大いに関係してくることなのだと知って、
大変勉強になりました。


********************************************************

     

  ★次回でこぼこの会は6月4日です★
    
     公認心理師による勉強会   「佐々木正美ノートを使って」

    テーマ:「落ち着きのない子どもの理解と対応」

    ・好きなことには集中できるのに、興味がないことだと集中できない。
    ・マイペースさが目立つ。
    ・集団の中で指示が入りにくい。(周りに合わせて動くのが苦手)

    

     このような落ち着きのなさが引き起こされる原因や対応のヒントを、
     公認心理師が 「佐々木正美ノート」を使って解説します。

     
     毎回大好評の勉強会で、すでに満席になっていますが、
     キャンセル待ちをすることができます。

     

    ▼日  時 :6月4日(金) 10:00~12:00    
    ▼場 所:こまちカフェイベントスペース
    ▼参加費:880円(税込み)  
    ▼定 員 : 6名
(うちお子様連れは1組とさせていただきます) 
    ▼講 師:公認心理師 三沢俊子氏

    ▼ファシリテーター:認定NPO法人こまちぷらすスタッフ
     

    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
   
           
https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210604/

     
    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。
      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
   

    ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      
             070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
    

    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。
            
https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

      【お知らせ】     

      ▼LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらをご覧ください。   
               

 

 

                                                                                   

                                        

 

        

 

 

 

今月もでこぼこの会はお話会でした。
参加者は2名。
お二人とも初参加の方で、時間が余ってしまうかな?なんて心配をよそに、12時過ぎてもお話が止まらないくらいでした。

一人目の参加者は、小学校高学年のお子さんのお母さん。
不登校のこと、じっくり相談できるクリニックが見つからないこと等でお悩みでした。
初診予約の電話を1時間かけ続けて、やっとつながったと思ったら受付終了…
えーん
それは心が折れますよね。

 

ちなみにスタッフAのおすすめのクリニックはこちらですダウン 
     野のすみれクリニック リハビリテーション科

      https://doctorsfile.jp/h/181409/
     女医さんで、ご自身もADSの息子さんがいらっしゃるので、先輩ママとしてのお話もしてくださいます。
     スタッフAも息子の事で悩むとこちらに相談に行っています。

また、今年から通級に通うことになり、お子さんが一般級の授業を抜けて通級に通うことに慣れるかも心配されていました。
その事については、わが子が通級に通った経験のあるスタッフから話を聞き、「それならうちの子も楽しめるかな〜。」と安心されたようでした。

二人目の参加者は、個別支援級に通う小1のお子さんのお父さん。
兄弟で遊ぶと小1の上の子が3歳の下の子の遊びの邪魔をしてしまう、どうしたら、2人が仲良く遊べるか悩まれていました。
ご自身も当事者であり、お子さんのことをとても理解していらっしゃる方でした。
いつかは自分で当事者会を立ち上げたいとのことで、たくさんの知識や情報をお持ちでした。
グッド!

お父さんご自身も
「子どもの頃は宿題なんてやったことがない。」
口笛
「宿題は百害あって一利なし」(有名な本田秀夫先生の言葉でもあります)
「いつか追いつくときがくるから、今やる意味がないと思っていた。」
とおっしゃっていました。

「大人になってしっかりお話している人を目の前にしたら、今、宿題を無理に頑張ってやらせなくても、大丈夫なんだと思えた。」
と参加されたお母さん。

まだまだお話を聞きたい!
私たちも教えていただくことが多く、情報盛りだくさんの会でした
ウインク 
*********************************************************************************************
     

     ★次回でこぼこの会は5月16日(日)オンライン開催です★

理学療法士に聞く!「うちの子どうしてできないんだろう?」運動が苦手なお子さんを理解するための勉強会。
平日お仕事をされている方々にも、ぜひ聞いてもらいたいです。
 
    ▼日  時 :5月16日(日) 10:00~11:30
    
    ▼参加費: 1,100円
    
    ▼定  員 : 20名
    
    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
   
           https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210516/                         

      ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。
      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
 
      ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      
             070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。

            https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

      【お知らせ】     

      ▼LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらをご覧ください。   
               

 

 

                                                                                   

                                        

 

        

 

 

 

3月のでこぼこの会はお話会。
3月は毎年、新年度の新しい生活にむけての不安や迷いをお話される方が多いです。

「1年かけてやっと落ち着いてきたのに、また一からか…」

「新しい先生、新しい友達…大丈夫かな…」
大人も子どもも気持ちは同じなんですね。

 

コロナで定員を6名にしているため、ゆっくりとお話していただけたと思います。
この日集まったのは、初参加の方が3人。リピーターの方が3人。


初めて参加していただくときって、どんな場で、どんな人が来るんだろう?って気になりますよね。

でこぼこの会は、住んでいるところも、立場も、年齢も、お子さんの状況もいろいろな方たちが、
絶妙な混ざり感で行っていますので、初参加でも安心して来ていただければと思います。

今回は、
「近隣ではこのような会がないので」と都内から来てくださった方。
障害のある人と関わるお仕事をされている方。
4月から特別支援の教員になる大学生。

幼稚園選びに苦労した年少さんのリピーターさん。

小学校入学でドキドキのリピーターさん。
5年生と2年生の子のいるリピーターさん。


ママたちの不安には、他の参加者の経験談がしっくりくることがよくあります。
積極的なアドバイスではなく、「こういうこともあるのよね。」くらいがちょうどいい。
みんなもそうなんだ。。。って分かるだけで、少し安心できることもありますね。

 

ひととおりお話してもらい、最後に大学生からの質問がありました。
「いい先生ってどういう先生でしょうか。 こうしてくれたら嬉しい。反対にこういうことは困る。というのを教えてほしい。」

ママたちはそれぞれ学校や先生に何を望んでいるかを言葉にしてくださったのですが、
「私は相手にこうしてほしいんだな。」ということが再確認できたり、
「あらためて思い返すと、周囲は理解のある人たちばかりだと気づいた。」という声もありました。
子どもファーストであるべきだけど、子どもだけを見るのではなく、保護者の声にも耳を傾けてほしい。
「どうしたいですか?」と聞いてほしい。など、保護者の生の声を聴いて、何を感じてくれたかな?

 

 

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会は4月9日㈮です★

     
    ▼日  時 :4月9日(金) 10:00〜12:00 
    ▼参加費: 550円
    ▼定  員 : 6名
    

    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
      https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210409/


    ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、自動的に繰り上がりのご案内ができるように、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。

 

    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      

    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。

       https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

      【お知らせ】     

      ▼LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 


2月のでこぼこの会は、公認心理師の三沢俊子さんに講師をお願いし、
「佐々木正美ノート」を使って勉強会を開催しました。
この勉強会は毎年行っているのですが、内容がとっても分かりやすくて、
専門家に質問もできるということで、大変好評なんです。
今回は緊急事態宣言中ということもあり、
オンラインでの開催で10名の方が参加してくださいました。

三沢先生は、実際に佐々木正美先生と直接お仕事をされた経験もあるため、
佐々木先生のお人柄に触れたり、「佐々木正美ノート」に書かれていることに、
さらにご自身の経験を付け加えたりしながらお話してくださいました。

佐々木正美先生は児童精神科医の第一人者だった方で、
著書もたくさんありますが、とにかく“子どもファースト”が徹底していたそうです。
また年齢や肩書に関係なく、誰にでも対等に丁寧に接しておられたという佐々木先生。
この「佐々木正美ノート」に書かれている言葉は、うわべの優しさやねぎらいではなく、
厳しい現実を正面から受け止めた上での愛情と励ましのメッセージだなと感じます。


今回の参加者は、
・小学校の個別支援学級ってどんな感じなんだろう?
・通級か個別級かに悩んでいる
・4月からの小学校が不安だな…
・子どもが学校でしんどそうにしている…
・夫が発達障害で…
・仕事に生かすための勉強として
・支援者として発達障害の子への対応が知りたい
・発達障害の子をもつ友人に何と言ってあげられるだろう…
 など、多様な方々がいらっしゃいました。
 
 今年は特にコロナ禍で十分な情報を得ることができなかったり、
 わが子や家族のことを話せる人や場が無かったりでしたよね。
 でこぼこの会に参加したからといって、処方箋がでるわけではないし、

 解決なんてできないのですが、
 何らかの方法ででこぼこの会を見つけてくださって、

 さらに申し込みをするという高いハードルを越えてご参加いただいたということ自体、
 すごいことだなぁ…頑張ってくださったんだなぁ…と感じました。

 次年度も「佐々木正美ノート」を使っての勉強会を、内容(話題)を変えて開催予定です。
 でこぼこの会の今後の予定は、LINE@で配信しますので、ぜひご登録くださいね。

 
 
配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
 でこぼこの会をお友達追加してください。
      
 URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
 LINE ID:   060jqfpe

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会は3月5日㈮です★

     
    ▼日  時 :3月5日(金) 10:00〜12:00 
    ▼参加費: 550円
    ▼定  員 : 6名
    

    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
      https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210305/


    ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、自動的に繰り上がりのご案内ができるように、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。

 

    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      

    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。

       https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

      【お知らせ】     

      ▼LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

みなさま、2021年もよろしくお願いいたします。絵馬

さて今年最初のでこぼこの会は、いつもの会をお休みさせていただき、
こまちぷらすのスタッフ向けの『でこぼこの会』を開催しました!

こまちぷらすでは、普段からスタッフ研修などを通じて、私たちがどういう背景や思いで『でこぼこの会』をしているかや、どんな方々が参加してくださっているのか、という事は伝えてきましたが、今回はより“生”に近い声に触れてもらい、理解を深めてもらう機会になれば…と、初めてスタッフむけの会を企画しました。

参加者を募ったところ、なんと即日満席に!!
関心の高さが表れていていますよね~びっくり
嬉しいのと同時に、当事者ではない人たちに伝えていくことの必要性も感じました。

ワークの内容は12月と同じく、これまで『でこぼこの会』に参加してくださった方々の声を集めたリストを読んでもらい、それを題材に話を展開していきました。
ただ知識として発達障害という言葉だけが広がって、誤解や差別意識がうまれるのはすごく残念なことです。だからこそ、「みんなの声」の背景には何があるのか、までしっかり届けることが大切だと思いました。 

参加したスタッフの感想を一部ご紹介します。
ひらめき電球

●でこぼこの会がどんなことをやっているかは、なんとなく知っていたけれど、そこに参加している人の具体的な困り感や気持ちをあらためて知れた。

●今さら聞けない?基本的なことを聞けて良かった。もっと早く知りたかった。

●発達障害のことをあまり知らない人に参加してほしい。

●友人や家族など身近にいる発達障害の人(家族)に、どう接して良いかモヤモヤしていることが話せて良かった。

障害のあるなしにかかわらず、誰かのことを理解するというのは難しいことですが、まずは関心を持つというところがスタートかな。 

そして私たちがいつも気を付けたいと思っているポイントは、

知ったからといって分かった気にならないこと。 決めつけないことですウインク

今回参加できなかったスタッフから、早くも「次はいつ??」の声をもらっています。
はりきって第二回、第三回を企画しようと思っています。
ひらめき電球

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会は2月5日㈮です★

     
    ▼日  時 :2月5日(金) 10:00〜12:00 
    ▼参加費:880円
    ▼定  員 : 7名
    ▼新型コロナウィルス感染拡大のため、zoomミーティングを使った
     オンライン開催にします。
     カメラ付きのPC、タブレットの他、スマートフォンを使って、
     zoomミーティングのアプリをダウンロードすれば参加できます。
     zoomの使い方が不安な方には、事前に使い方をご案内します♪
    

    ▼お申し込みはこちら↓のこくちーずからお願いいたします。
      https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210205/

             ※こくちーずではこまちカフェでの開催となっていますが、1/14付で
       オンライン開催に変更しましたのでご了承ください。


    ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、自動的に繰り上がりのご案内ができるように、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。

 

    ▼メールでお問合せ、お申込みもできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お電話でのお問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      

    ▼2021年1月からのこまちカフェの営業についてはこちらをご覧ください。

       https://comachicafe.com/cafeblog/4556/

 

************************************************************************

      【お知らせ】     

      ▼LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

【みんなの声に触れるワーク&お話会】

でこぼこの会を始めてから7年目からになりますが、発達障害の子を持つお母さんを中心に、ご家族や発達障害当事者、学校の先生や支援者など様々な方にお越しいただいて、
不安や悩み、思っていることや考え方などを聴かせていただいてきました。
お互いの顔の見える関係の中で話された言葉はとても貴重な「声」です。

そこで今回は、私たちがこれまでに受け取った「声」に触れていただくワークをしました。
参加してくださったのは、不安いっぱいの初参加のママや、お久しぶり参加の幼稚園・小学生のママ、発達障害のことが知りたい保育従事者の方、障害のある子のママの居場所をされている方と、いろんな立場の方々ですごく良かったです!
 

リストアップした200件ほどの「声」をじっくり読んでもらい、
その中で特に気になるものを5つくらい選んでいただこうと思ったのですが、
みなさん口々に、「ぜんぶ共感できるから選ぶの難しい~!!」 と爆  笑あせる



「うちの子と一緒だ、わかるー。」と共感したり、

「私もこのころはそう思ってたなぁ。」と少し前の自分を見つけたり、
「こういう人もいるんだ…」と気づいたり。

誰かの声を知り、誰かの声を借りて自分の思いを話す・・・
今後、このようなワークを通じて、当事者の生きづらさや家族の思いなど、

実際の「声」を社会に伝えていくこともやっていきたいなと思っています。
 

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会は2月5日㈮です★

      (1月のでこぼこの会はお休みになります)   
    ▼日  時 :2月5日(金) 10:00〜12:00 
    ▼参加費:880円
    ▼定  員 : 7名(お子さま連れの方はご相談ください)
    ▼新型コロナウィルス感染拡大等、状況によってはオンライン開催に
     変更する場合があります。

     お申込みの際、オンライン開催時の参加可否もご記入ください。


    ▼お申し込みは12/15以降にこくちーずからお願いします。
      https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20210205/


    ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、速やかにご案内いたしますので、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。

 

    ▼メールでもお申込みできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
 

    ▼11月からのこまちカフェの営業について

      https://comachicafe.com/cafeblog/hibinokoto/4225/

 

         

************************************************************************

      【お知らせ】    

      ▼LINEアットに変わりました!! 

       これまで月に1回配信していたメルマガは、2020年1月で終了しました。
      メルマガに代えて、でこぼこの会の情報配信は、LINEアットになりました。

    

      LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

【11月のでこぼこの会はお話会でした】
 

不安が強いお子さんに対し、 熱血タイプの先生が、少しでもできるように
頑張らせてしまう。というお話がありました。

例えば、給食が食べられないとき→「ひとくちだけ食べよう!」
動けないとき→「立つだけ立ってみよう。」など妥協案を出す。
子どもがそれをものすごくプレッシャー感じ、
心身が病んでしまっていることに気づいてもらえないという…
 

また別の方からはこんなお話も出ました。

薬の副作用で(食欲が減退するため)給食が食べられない子。
先生が(心配して)「今日は給食食べられた?」と声をかけてくれるのだが、
子どもは「それが一番のプレッシャーで嫌だ」と言う。
 

どちらの先生も悪気はないんですよね。先生としての仕事をしているだけです。

それは保護者もよーく分かるんです。
「ちょっとだけやってみよう!」これって、一般的に親子の間でもよくやるやりとりですしね。
だからこそ「うちの子の場合にはこう対応してほしい」という特別な支援を、

どうお願いしたらいいのだろう・・・って悩む!
 

「とにかくみんなと同じようにやってもらわないと困る!」というベテラン先生に
親子とも疲弊してしまったという声もあれば、
みんなと一緒にできないことが前提で、最初から特別支援対応プログラムが
バッチリ準備されている。
それはそれで「なんだかなぁ…」という声も。
 

当たりまえなのですが、子どもも保護者も教員も、ひとりひとり違うことを
改めて感じたとともに、それぞれが本音で話せることが大事だなぁと思いました。

「発達障害の子」への対応じゃなく、今目の前にいる「この一人」にどう対応していくか・・・

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会★

  ★12月は『みんなの声に触れるワーク&お話会』です。
    こまちカフェのイベントスペースで開催します。
    でこぼこの会には、たくさんの保護者の方や支援者、当事者の方々が
    お話会や勉強会に参加してくれました。
    今回は、同じような悩みや思いをもつ、「誰か」の声に触れるワークをしながら、
    共感したり、疑問を出し合ったりして、お話会を進めたいと思います。

    日  時 :12月4日(金) 10:00〜12:00 
    参加費:550円
    定  員 : 6名(お子さま連れの方はご相談ください)
   

    ▼お申し込みはこちらから
      
https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20201204/

    ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、速やかにご案内いたしますので、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。

 

    ▼メールでもお申込みできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
 

    ▼11月からのこまちカフェの営業について

      https://comachicafe.com/cafeblog/hibinokoto/4225/

 

         

************************************************************************

      【お知らせ】    

      ▼LINEアットに変わりました!! 

       これまで月に1回配信していたメルマガは、2020年1月で終了しました。
      メルマガに代えて、でこぼこの会の情報配信は、LINEアットになりました。

    

      LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

【感覚過敏について】
10月のでこぼこの会は、『先輩ママのお話を聞く会』でした。
今回は通級に通う小学生のお子さんをもつ先輩お母さんが、
お子さんの持つ感覚の過敏さについてのお話をしてくださいました。

感覚過敏がある=発達障害ではありませんが、生活上の困りごとがたくさんある子もいます。
一般的な例だと…
*時計の秒針の音が、先生の声と同じ音量で聞こえてしまい、聞き取れない。
*白い紙に書かれた文字がまぶしくて読めない。
*体を動かしていないと落ち着かない。  など。

五感だけでなく、脳の働きの中の、スピード感覚、平衡感覚、身体を動かす感覚や、
力加減などを司る部分に、過敏さや鈍さがあることもあり、
その影響で極端に不器用さが目立つ場合もあります。
たとえば…
*板書ができない *靴ひもが結べない  *縄跳びができない など。
『協調性発達運動障害』と診断されることもあります。

脳の機能の不具合なので、本人の努力が足りないとか、親の過保護とか、
だらしがないというわけではありません。
この不器用さは、練習回数を重ねればできるようになるものでは無いのに、
「まだ足りない」と努力を強いられているとしたら、その子はどんなに傷つくことでしょう。

みんなが一斉に同じことをすることが求められる場所では、
「しんどいな。」「つらいな。」と感じるお子さんがいると思います。

それならその子にあった方法で過ごして行けたら良いのですが、
「みんなと同じようにやりたい」という本人の希望が強い場合は、
親としても、なんとか工夫して頑張らせてあげたいと思うでしょう。

だけど、どこまで頑張らせたらいいのでしょうか?
本人にしか分からない感覚は、一見して分からないため、
なかなか理解されにくく、サポートも受けづらいですよね。

心穏やかに、笑顔で過ごしてくれれば、それでいいと願う気持ちと、
どう折り合いをつければいいのか…

先輩ママからは、どういう機関とつながって、どんな支援を受けているかを聞いたり、
学校や家での過ごし方、お子さんの成長を教えてもらったりしました。
参加された方からは、「そうそう!」 「うちの子と一緒!!」 と笑顔がたくさん見られました。

実際に家庭や学校で使って良かったサポートグッズを画面上で見せてもらえたのも、
すごく参考になりましたよ!

11月はお話会です。  
お子さんの過敏さや不器用さが気になる方、
家庭での工夫の仕方など知りたい方もぜひお話しにきてくださいね。

 

*****************************************************************************

 

     ★次回でこぼこの会★

  『お話会』 をこまちカフェのイベントスペースで開催します!

  人数制限が緩和されたので、定員を少し増やしますが、
  消毒や換気など
こまちカフェの営業方針に従って感染予防の対策を行います。
  引き続き、マスク着用、検温にご協力をお願いいたします。
 

  〇日 時:2020年11月6日(金) 10:00~12:00
  〇場 所:こまちカフェ イベントスペース
  〇参加費:550円(税込) 
  〇定 員: 6名 
(お子さま連れの方はご相談ください) 
  
   
▼お申し込みはこちらのこくちーずからお願いします。          

      https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20201106/
   
   ▼満席の場合でも、キャンセル待ちをすることができます。
     キャンセルが出た場合、速やかにご案内いたしますので、
     こくちーずのキャンセル待ちを積極的にご利用ください。


     ★12月は『みんなの声に触れるワーク&お話会』です。
    こまちカフェのイベントスペースで開催します。
    でこぼこの会には、たくさんの保護者の方や支援者、当事者の方々が
    お話会や勉強会に参加してくれました。
    今回は、同じような悩みや思いをもつ、「誰か」の声に触れるワークをしながら、
    共感したり、疑問を出し合ったりして、お話会を進めたいと思います。

    日  時 :12月4日(金) 10:00〜12:00 
    参加費:550円
    定  員 : 6名(お子さま連れの方はご相談ください)
   

    ▼お申し込みはこちらから
      
https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20201204/

 

    ▼メールでもお申込みできます。

      dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)

 

       ▼お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
      070-5562-9555(こまちカフェ 土日祝除く10:00~17:00) 
      
dekobokostaff☆comachiplus.org  (☆は@に変えてください)
 

    ▼9月1日からのこまちカフェの営業について

             https://comachiplus.org/information/3901/

 

************************************************************************

      【お知らせ】    

      ▼LINEアットに変わりました!! 

       これまで月に1回配信していたメルマガは、2020年1月で終了しました。
      メルマガに代えて、でこぼこの会の情報配信は、LINEアットになりました。

    

      LINEアプリで、「でこぼこの会」をお友達追加していただきますと、
      でこぼこの会の予定や、地域の発達障害関連の講演会や

      イベント情報などが、月1回程度LINEで届きます! 

 

      配信ご希望の方は 下記のURLをクリックするか、LINE IDを入力して、
      でこぼこの会をお友達追加してください。
      
        URL: 
https://lin.ee/bcDuGu
       ID:     060jqfpe

       

 

      ▼戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつ
       ママたちの集まりや、話を聞いてくれる場所があります。
       詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
   

       ポンテのHP →  http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka