学校がはじまりました

テーマ:

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫 月のでこぼこの会 チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

新学期が始まって、最初のお話会。

酷暑で、大人だって外にでるのが億劫だった今夏太陽
「学校に行きたくない」というのも、分かりますね。あせる

 

「園服を着るのが嫌だ。」スーツ

「テレビが見たい。」PC

「家のおもちゃやゲームで遊びたい。」ゲーム


そりゃそうですよね。

夏休みは涼しくて楽な服で過ごしていたでしょうし(靴下なんて履かないもんね)、

いつもは見られないテレビ番組が見られただろうし、
お気に入りのおもちゃでいつもより長く、じっくり遊べたんですからね。

 

ただでさえ“こだわり”のあるお子さんの場合、

“切り替え”がスムーズにできないのは、仕方ないところはありますね。

親はつい、「早くしなさい!」 「いい加減にやめなさい!」

と言いたくなります。(いや、絶対言います。当然ですビックリマーク

でも、わが子は聞いてないガーン 

親はイライラが拡大するばかりで怒り損むかっガーン

 

ぐっとこらえて「○○したら□□してあげる。」とやさしく言ってもムダアセアセ

「○○しないと◇◇させないよ!」と脅迫するのは、むしろ逆効果笑い泣き

 

そんなときは、急がば廻れペンギンペンギンペンギン

まずは「共感」かなニコ

「もっと遊びたかったね。」 
「テレビ見られなくて残念だね。」

 

それから、今後の見通し(スケジュール)をたててあげるといいかもしれません。
具体的なイメージがついていない段階では、

「テレビを消す」「遊びを中断される」という、

本人にとって嫌な事だけしか、注目できないからです。
 

次に何をするんだっけ?が分かるように、

一日のスケジュールを見える形で提示してあげる。

言葉だけでなく、絵や文字にすると分かりやすいですね。

 

まだ一日の連続した見通しの立てにくい段階のお子さんの場合は、
紙芝居風に一つずつ見えるようにするのも有効です。

 

・・・スタッフだけでなく、参加者のみなさんからも積極的に、

「うちはこうしたらうまくいったよ。」とか、

「療育センターではこうしているよ。」

などの情報が聞けて、スタッフもなるほどと勉強になります。

お話し会はいつも話題が尽きません!

 

今回は、でこぼこの会の後、となりのカフェスペースが空いていたので、

急きょ参加者とスタッフでランチをしよう!ということになりました。

これがまた楽しかった
音譜  

さらに少人数で、じっくりとお話できましたし、

夏休みの思い出や、お子さんの成長したお話も聞けて、

とっても嬉しい想定外でしたほっこり

 

今後も、ときどきランチ会ができたらいいなラブラブ と思っていますキラキラ

 

******************************************************

 

さて、次回のでこぼこの会は勉強会です。


児童心理司のスタッフが、佐々木正美ノートを使って
~表現するのが苦手な発達障害のお子さんと、先生の理解~
というタイトルでお話させていただきます。

 

下記こくちーずより、お早目にお申込みくださいね。

キャンセル待ちも受け付けています。

 

★10月5日(金) でこぼこの会  

児童心理司による勉強会 (こくちーずから申込み受付中!)

https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20181005/

 

■イベント詳細■ 
日時:2018年10月5日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:800円(税込) 
定員:8組  (小さいお子さまの見守りスタッフがいます)

ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 

dekobokostaff@comachiplus.org

 

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫今後のでこぼこの会の開催スケジュールチューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫


★10月5日(金) 児童心理司による勉強会

            佐々木正美ノートを使って

           ~表現するのが苦手な発達障害のお子さんと、先生の理解~
★11月2日(金) “先輩ママに聞く 一般級、通級、個別級のこと”           

★12月7日(金) お話し会

★1月11日(金) 作業療法士による勉強会

★2月1日(金)  お話し会

 

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫 月のでこぼこの会 チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

作業療法士の酒徳先生をお迎えして、

「でこぼこのある子はどうして不器用なの?」というタイトルで

お話しをしていただきました。
 

そもそも不器用ってどういうこと?から始まり、

参加者お一人お一人の様子を伺い、ご家庭で取り組めることもアドバイスいただきました。

 

鉛筆で書く、消しゴムで消す、傘をたたむ、お箸を使う。

どれも目と手、右手と左手を協調させる動作ですが、身体が勝手に動いているわけではありませんよね。
脳が身体の感覚をとらえ、身体の地図とイメージを描き、パターンを照合したり、状況を判断したりして、正確な指令を出すという
あせる
ものすご~く複雑な処理を行っています。

 

でこぼこのあるお子さんは、身体の感覚が違っていたり、過敏だったり、

自分の身体のイメージや、パターンをしっかり持てていない場合が多いのです。

私たちも、経験したことのない体の動きは、すぐにはできません。
普段やっていないことは、できない!
その通りですね。

でこぼこのあるお子さんにとっては、今まで経験していない、とっても難しい動きを

日常的に要求されているのと同じなのだそうです。
 

「できないことで自己評価を下げてしまったり、自信をなくしてしまうことの無いように。

結果ではなく、やろうとしたこと、できたこと、努力したことを誉めてあげて!」

と先生は強調されていました。


本人ができることを、本人の扱いやすい道具や方法を使って。
身体の地図やイメージを確認しながら、
たくさん経験をすることが重要なのだそうです。

 

 

 

たとえば「ひねる」という動作。
水道の蛇口・・・最近ひねるものって無いですね。
水筒・・・ワンタッチでポン!じゃないですか。

ぞうきん絞り、粘土遊び・・・やっていますか?

「ひねる」という経験が少ないのに、いきなりペットボトルの蓋は開けられないか汗

ごもっとも。
 

「子どもたちはすごく難しいことを頑張っているんです。」
「できたね。」 「がんばってるね。」 

「やろうとしたんだね。」「もうすこしでできそうだね。」 など

前向きな声かけで、楽しく取り組めるようにしてあげてくださいね。


子どもたちの気持ちに寄り添った先生の言葉に、

 

参加者のみなさんも、子どもたちの頑張りに気付くことができたのではないでしょうか。
日々の積み重ねなんですねほっこり

 

なんと!好評につき、来年も酒徳先生の勉強会を行うことが決定しました。
この続きはぜひ1月の勉強会にお越しください。
詳細が決まり次第、ブログ、メルマガでお知らせします。

 

 

さて、次回のでこぼこの会もお話し会です。

下記こくちーずより、お早目にお申込みくださいね。

キャンセル待ちも受け付けています。
 

★9月7日(金)  お話し会 (こくちーずから申込み受付中!)

https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180907/

 

 

■イベント詳細■ 
日時:2018年9月7日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:540円(税込) 
定員:8組  (小さいお子さまの見守りスタッフがいます)

ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 

dekobokostaff@comachiplus.org

 

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫今後のでこぼこの会の開催スケジュールチューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫


★9月7日(金)  お話し会
★10月5日(金) 児童心理士による勉強会

            佐々木正美ノートを使って

           ~表現するのが苦手な発達障害のお子さんと、先生の理解~
★11月2日(金) “先輩ママに聞く 一般級、通級、個別級のこと”           

★12月7日(金) お話し会

★1月11日(金) 作業療法士による勉強会

★2月1日(金)  お話し会

 

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

7月のお話会

テーマ:

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫 月のでこぼこの会 チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

5月、6月と勉強会が続き、2か月ぶりのお話会でした。
この日は、ある学校の個別支援級の先生が来て下さったので、
自然と話は個別支援級と交流級に関することが多くなりました。


少人数だし、算数の勉強会の中里先生も前回のフォローで来てくださったので、
いろんな考え方やアドバイスを聞くことができたと思います。
この日来てくださった参加者のみなさんは、ラッキーでしたね
虹


お悩みとしては・・・

・個別級と交流級、それぞれの先生の考え方が違う。

・交流級の担任に理解がないと感じる。
・担任の先生が早口で、子どもが理解できない。

・中学校は一般級にするか個別級にするか決めかねる。 
というような内容がありました。

 

「個別級あるあるだね~」

「担任の先生の当たり外れ・・・あきらめるしかない。」ショック 

 

みなさん、不安に思っていることや気もちを素直に話してくださいました。
そして、

 

「個別級も児童の数が増えて大変。先生も忙しいのはわかる。
言いたいことは山ほどあるけど、ここだけは伝えたい、ここはまあいいか、

というのが判断できてくる。子どもも親も成長してくる。」

 

という先輩ママもおられ、ほんとに皆さん日々、忍耐なんだなぁと。

 

先生には分かって欲しいけど、あまり言い過ぎるのもいけないよね・・・なんて
お母さんが遠慮してしまうこともあるでしょう。
モンスターなんて言われたくないしね。
だけど、言わないと分かってもらえない。

 

でも、わが子のいいところや、「こうしたらできる」という対処法などは、

お母さんが一番よく知っていますよね!

 

だからこそ、家ではお母さんがお子さんのいいところを、しっかりと認めてあげて

ほしいなと思います。
「よく頑張っているね」と、きちんと言葉で伝えてあげてほしいです。

 

そしてすご~く頑張っておられるお母さんたち!! 
お子さんの困り感が見えてしまうし、お子さんの不安な気持ちや
どうしようもない苛立ちを、傍で感じているのって、本当に辛いあせる

 

イライラするときもありますし、叱ってしまうこともありますよね。

そんなときは「イライラしてはいけない」と思わないで、

「私は今イライラしているな。」

と認めると、少し力が抜けるそうですよ。
 

すぐに解決するようなことではないけれど、

人に話すことで、少し荷を軽くすることはできるかも・・・
そう信じて私たちは「でこぼこの会」でお待ちしていますね
ニコ



次回、9月のでこぼこの会もお話の会です。

下記こくちーずより、お早目にお申込みくださいね。

キャンセル待ちも受け付けています。
 

★9月7日(金)  お話し会 (こくちーずから申込み受付中!)

https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180907/

 

 

■イベント詳細■ 
日時:2018年9月7日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:540円(税込) 
定員:8組  (小さいお子さまの見守りスタッフがいます)

ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 

dekobokostaff@comachiplus.org

 

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫今後のでこぼこの会の開催スケジュールチューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫


★9月7日(金)  お話し会
★10月5日(金) 児童心理士による勉強会

            佐々木正美ノートを使って

           ~表現するのが苦手な発達障害のお子さんと、先生の理解~
★11月2日(金) “先輩ママに聞く 一般級、通級、個別級のこと”           

★12月7日(金) お話し会

★1月11日(金) 作業療法士による勉強会

★2月1日(金)  お話し会

 

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫 月のでこぼこの会 チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

5月に引き続き、発達障害や不登校のお子さんのための個別学習 R's room 
中里先生をお招きして

【でこぼこなお子さんのための算数~かけ算わり算】を開催しました。

 

2×3は 2+2+2 

正しいのですが、これはすぐに限界が来てしまうんですよね。
九九が唱えられることも大事なのですが、暗記しただけで理解はしていない?

 

かけ算を理解するというのは、

【1あたりの数 × いくつ分 = 全部の数】

の式が立てられるということ。

 

大人だと、1あたりの数というのは体験的に知っていることなのですが、

子どもはその概念が難しいのだそうです。
わり算を習う4年生くらいになってようやく分かることも多いそうなので、

それまで焦らず、根気強く【1あたりの数】を意識づけていくといいようです。


わり算の導入で大事なのは、

【均等に分けなければならない】というルールです。

トランプを同じ枚数ずつ分けたりトランプハートお菓子を分けたりする経験が役立ちます。マカロン

そして「あまり」が出るときもあることを体験し、

「あまり」は分けてはいけないということもルールにしておきます。

 

わり算で難しいのはなんといっても筆算ですね笑い泣き
足し算、引き算、かけ算は一の位から計算するのに、

わり算は大きな位から計算するのですから、紛らわしいですよね。

視覚優位のお子さんは、見るべき数が見つからないこともあります。
そういう場合は、数に色を付けたり、他の桁の数字を隠したりすることも有効だそうです。

 

かけ算、わり算・・・何がなんでもやらなければならないの??

という疑問も出てきますよね。ショック

 

学校の勉強としてどこまでやるのか?

算数を実生活で使えるものにするために、何が必要なのか?

今は余りのでる電卓もありますし、筆算が出てくるアプリもある。

便利なものをどう使っていけばいいのか?

これはお子さんの発達や段階を見ながら・・・ということになるのかな・・・

 

中里先生には、でこぼこのお子さんにも分かりやすい、

たくさんの手作りの学習支援グッズを教えていただきました。

気になる方は、ぜひR's roomをのぞいてみてください。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~rsroom/index.html

 

また「物」だけではなく、「行動」を工夫されている方もおられました。

多動ぎみなお子さんの場合は、動きながら取りくむほうが良さそうということで、

問題の答えは、ホワイトボードまで走って行って答えるなど、
動きたい衝動をうまく利用し、落ちついて取り組めるようにされているのだとか。
ふむふむφ(..)メモメモ 勉強になります~にやり

 

さて、7月のでこぼこの会は、お話会です。
なんと、今回は中里先生もお話会に来てくださることになりました。

講義はありませんが、もし個人的に聞きたいことがある・・・という方は、

お話しするチャンス!!音譜 

下記こくちーずより、お早目にお申込みくださいね。

キャンセル待ちも受け付けています。
 

★7月6日(金)  お話し会 (こくちーずから申込み受付中!)

 https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180706/

 

 

■イベント詳細■ 
日時:2018年7月6日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:540円(税込) 
定員:8組  (小さいお子さまの見守りスタッフがいます)

ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 

dekobokostaff@comachiplus.org

 

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫今後のでこぼこの会の開催スケジュールチューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫


★8月3日(金)  作業療法士 酒徳先生に聞く

            “でこぼこのある子はどうして不器用なの?” 
               
おはし、えんぴつ、ハサミ、消しゴム、くつの紐・・・
               難しいこといろいろありますね(^_^;)

★9月7日(金)  お話し会
★10月5日(金) 児童心理士による勉強会
★11月2日(金) “先輩ママに聞く 一般級、通級、個別級のこと”

 

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫 月のでこぼこの会 チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

発達障害や不登校のお子さんのための個別学習 R's room 
中里先生をお招きして

【でこぼこなお子さんのための算数~数の概念、足し算引き算】を開催しました。

 

「数を唱えられる」≠「数の概念が分かる」 ということ。


発達障害のお子さんは、3歳くらいで1000まで数えられたり、ナンバープレートを暗記したりできることがありますが、「数字」と「数」が連動していない場合があります。
 

九九が言えても、物の数が数えられないということもあります。
「計算できること」≠「数が数えられる」 なのです。

数の概念のある人にとっては、「え~?
あせるどういうことはてなマークと悩んでしまいますよね。

 

また、子どもは気分がのる時とのらない時では、できるできないが大きく違うそうですダウンアップ
(これは大人も一緒かも?にやり


とくに、 3年生くらいまでの子は間違いを受け入れられない!? ガーン
✕をつけたり、間違いを指摘するだけで算数嫌いになってしまうこともあるのだそう。ショック
明らかに間違っていても、「なるほどね。」「おしい~。」と言うにとどめましょうゲホゲホ

講義では、数の概念が理解しにくいお子さんへの具体的なアプローチを聞いたり、
家でできる工夫を教えていただきました。 
「そうだったのか!」と目から鱗のお話も多かったと思います。

 

さて、6月のでこぼこの会は、今回の続き。

「でこぼこなお子さんのための算数~かけ算わり算~」を開催します。

 

毎回キャンセル待ちが出るほどの大人気のため、お申し込みはお早目に。

そして、なんと嬉しいことに、
7月のお話会にも中里先生が来てくださることになりました
おねがい
講義はありませんが、個人的に話が聞きたいという方は、

ぜひ7月のお話会にお越しくださいね音譜 (申込受付中です。)


■イベント詳細■ 
日時:2018年6月1日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:800円(税込・資料代込)+ドリンク代別途 
定員:10組 

 

※今年度より勉強会は800円に値上げさせていただいております。ご了承ください。

講師:R's room  中里佳苗
ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

お申し込みはこちらから

▼こくちーず (6月のでこぼこの会)

https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180601/

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 日祝除く10:00~17:00) 

dekobokostaff@comachiplus.org

 

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫今後のでこぼこの会の開催スケジュールチューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

★7月6日(金)  お話し会 (こくちーずから申込み受付中!)

           https://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180706/


★8月3日(金)  作業療法士 酒徳先生に聞く“不器用さの理解” (仮題)
               
おはし、えんぴつ、ハサミ、消しゴム、くつの紐・・・
               難しいこといろいろありますね(^_^;)

★9月7日(金)  お話し会
★10月5日(金) 児童心理士による勉強会
★11月2日(金) “先輩ママに聞く 一般級、通級、個別級のこと”

 

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

ドッキドキの新学期

テーマ:

 

 

はじまりましたね、新学期チューリップオレンジチューリップピンクチューリップオレンジチューリップピンクチューリップオレンジ

横浜市立の小学校は、毎年4月5日が入学式。

でこぼこの会は4月6日でしたので、この日は親にとっても子どもにとっても、まさに学校生活が始まった日でした。

参加者10名のうち、半数が新一年生のお母さんたちでした。

 

「やっぱり学校に行きたくないと大騒ぎでした。」

「うちは逆にハイテンションすぎる。学校が何をしに行く場所なのか分かっていない。」

「個別級に妹弟がいることで、上の子が何か言われないか心配。」

 

お母さんにとっても、入園、入学は不安がいっぱいですねショボーン

 

幼稚園のときも登園しぶりがあったという、新一年生のママ。

きっと学校もすんなり行かないんだろうな・・・と予想し、
朝、十分な時間的余裕をもってお子さんを起こし、
好きなことをする時間をとったのだそうです。 

 

あるお子さんは、長い入学式が辛くて涙が・・・汗
一度ママの席に来たけど、涙を拭いて、自ら自分の席に戻ったのだそうです。

 

それを聞いただけで、もうウルウルしてしまいました。

お母さんたちも子どもたちも、すっごくすっごく頑張ってるんですねおねがい
私たちスタッフは、ただただ、「よく頑張ってるね。」とうなずくしかなかったですおねがい

 

1週間・・・10日・・・1カ月・・・3カ月・・・その後、お子さんはどうかな?
お母さんはどうされてるかな?って気になります。
良かったことでも、ちょっと辛かったことでも、何でもいいので「その後」を話に来てください。

 

残念ながら今回のお話会にご都合がつかなかった方、
キャンセル待ちで来られなかった方も、
機会があれば、ぜひでこぼこの会にいらしてくださいね。
悩みが解消!なんて簡単には行きませんが、話をすることで気持ちが楽になったり、
他の参加者の方の話を聞いて気づくこともあると思います。

スタッフ一同、お待ちしています。

音譜音譜音譜音譜音譜

 

チューリップ赤次回のでこぼこの会は・・・チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤


5月11日(金)10:00~12:00

「でこぼこなお子さんのための足し算引き算」です。

今年も、発達障害や不登校のお子さんのための個別学習「R's room」の中里先生をお迎えします。

お子さんの“分からないポイント”や“つまづくポイント”が分かると大好評!
定員10組ですので、お早目にこくちーずからお申込みください。

 

▼こくちーず

http://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180511/

 

▼メールでもお申込みできます。
dekobokostaff@comachiplus.org


■イベント詳細■ 
日時:2018年5月11日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:800円(税込・資料代込)+ドリンク代別途 
定員:10組 

 

※今年度より勉強会は800円に値上げさせていただきます。ご了承ください。

講師:R's room  中里佳苗
ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ 平日10:00~17:00) 
dekobokostaff@comachiplus.org

 

チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤チューリップ黄チューリップ赤

 

★メルマガを配信しています

 でこぼこの会では月に1回、“でこぼこぷらす”というメルマガを配信しています。

でこぼこの会の予定やイベント、地域の情報をお伝えしますので、ご希望の方はこちらからお申込みください。 → tIFVB@mail.os7.biz

 

★戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 


幸せになろう!

テーマ:

 

3月のでこぼこの会では、昨年9月に大好評だった、佐々木正美ノートを使った勉強会をしました。 

佐々木先生と一緒に仕事をしたこともある児童心理士のスタッフが、先生とのエピソードも加えながら、読み進めていきました。

 

参加者の中には、佐々木正美先生の大ファンという方もおられ、本を読んだことのある人も多かったです。
発達障害のある子をどんなふうに見守っていけばいいのか、ヒントがたくさん書かれていましたね。

時には親としておおいに反省・・・ガーンなんてことも書かれているのですが
佐々木先生の愛情あふれる、あたたかい言葉に前向きになれた気がします。

 

そういえば・・・

「子どもはこうやって育てましょう。」ということが書かれた本。

世の中にはたーくさんありますね。
大切なことは、障害のあるなしは全く関係なく同じなんだなぁって思いますね。

 

でもやっぱりわが子に障害のある場合は、

「どうやって育てたらいいんだろう?」という不安な気持ちは、健常児を育てるときよりも強いかもしれません。

本を読んだり、専門家の話を聞いたりして、必死に「すべきこと」を探してしまいます。

 

そうすると、だんだん自分の子育てを責められているような気持ちになってしまうんですよねショボーン

何も悪いことはしていないのに。

それどころか、一生懸命情報を得て、より良い方法を探そうとしているのに。
もっといい親になろうと頑張っているのに。

 

でこぼこの会に来てくれるお母さん、お父さんたちに私たちはいつも言います。

「よく来てくれたね!!」 

「変わらなきゃ・・・と思わないで。」

「お母さん(お父さん)も楽しんでいいんですよ。」 と。

 

あなたは、お子さんにどんな人に育ってほしいと願いますか?

立派な人になってほしい? 裕福になってほしい?

 

私はただ「幸せになってほしい。」って思います。

 

「自分っていいな」と思いながら毎日過ごしていける子どもは幸せです---と佐々木先生は言われていました。
自尊心って、幸せになる力の元ですよね照れ

 

きっとあなたのお母さんも、あなたに願うことは、

「りっぱな親になってほしい。」ではなくて、

「幸せになってほしい。」 じゃないかな~って思うんです。

 

だから反省することは日々あるけど、そんな自分もいいなおねがいって思ってほしいです。

 

 

さて、でこぼこの会の勉強会は、情報を得るだけでも、反省会でもありません(笑)
後半は参加者お一人ずつお話をしてもらいました。
今回も「知りたい人」と「知っている人」がフシギとつながり盛り上がって、

情報交換タイムが足りない~~あせる

 

そうなんです。 

一人の話にみんなが全力で聞いてしまうので爆  笑ほんとに時間がない!

ゆっくりお話ししたい方は、ぜひまたでこぼこの会のお話会に来てください。

お待ちしています。

 

戸塚区には、でこぼこの会以外にも発達の気になるお子さんをもつママたちの集まりや、

話を聞いてくれる場所があります。
詳しくはこちら↓

ポンテのホームページをご覧ください。
▼ポンテHP

http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

 

 

チューリップ赤次回のでこぼこの会は・・・チューリップ赤


4月6日(金)10:00~12:00

「お話会」です。

初めての方も、久しぶりの方も、どうぞ。

新生活の不安なこと、言葉に出してしまえばスッキリするかも。
こまちカフェでお待ちしていますコーヒー

 

お申し込みはこくちーず、またはメールでお願いします。

▼こくちーず

http://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180406/

 

▼メール
dekobokostaff@comachiplus.org


■詳細■ 

日時:2018年4月6日(金) 10:00~12:00 
場 所:こまちカフェ イベントスペース 
参加費:540円(+ドリンク代別途) 
定員:10組 
ファシリテーター:NPO法人こまちぷらすスタッフ 

お問い合わせ:NPO法人こまちぷらす でこぼこの会担当 
070-5562-9555(こまちカフェ9:30~17:00〔日祝除く〕) 
dekobokostaff@comachiplus.org


 

 

 

 

 

 

アズ直子さんの発達障害講演会に 

お越しいただきありがとうございました。  

     アスペルガーで妻で母で社長のアズ直子さんですまるハート

 

   先週の土曜日、横浜市戸塚区の男女共同参画センター横浜 (フォーラム)にて

講演会を開催しました。


実は、2年間にもでこぼこの会主催でアズ直子さんにご講演をいただきました。

今だから話せることなのですが・・・

2年前の講演10日前に、アズさんは救急車で運ばれるほど体調が悪く、顔面に半分麻痺が残った状態だったのです。 

それでも地元戸塚のみなさんに話したいと、力をふりしぼって講演をしてくださいました。

 

そして今回の講演会は?!

お会いするなり、にこやかに「今日はすごく元気ですよ!!」とアズさん。
声のトーンが全然違いました。ウインク

良かった!!おねがい

 

この日はご自身も発達障害があるという方、発達障害のお子さんをもつ保護者やご家族、支援者さんなど・・・150人近くの方にお集まりいただきました。
アズさんは分かりやすい言葉と力強い語りで、ご自身の経験から得た多くのヒントを伝授してくださいました。

 

講演後には「そうだったのか!」 「やっと腑に落ちた。」いう声が多く聞かれました。
ほかにも生きづらさや身体の不調や過敏に対しての対処法が聞けて、「やってみよう。」「理解や支援に生かしたい。」という感想も。


みなさんがどんな思いで講演会に来てくださったのか、そしてアズ直子さんの講演を聞かれてどんな感想を持たれたのか、ぜひお伺いしてみたいです。
 

 

 

さて、来月のでこぼこの会は「お話し会」です。

テーマは特に設けていませんので、ご自身のこと、お子さんのこと、家族のこと・・・なんでもお話しましょう。

今回の講演会で、アズさんの前に約30分、わが子の子育てについてお話させていただいた、でこぼこの会代表の有馬がファシリテーターを務めます。
 

★2月のでこぼこの会★

日時: 2月14日(水)10:00~12:00

場所: こまちカフェ イベントスペース (戸塚駅から徒歩7分)
参加費: 540円 (税込)
定員: 8名 (お子さん連れでも大丈夫です。)


★お申込みはこちらからどうぞ。
  ↓

http://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20180214/

 


★お問い合わせはメールが確実です。

   ↓
dekobokostaff@comachiplus.org

 

★メールによるお申し込みもできます。
  お名前、電話番号、メールアドレス、お子さま連れの場合はこどもの年齢を書いて、上記のアドレスまで送ってください。

 

 


 

 

 

 

 

 

 




 

 


 

      

大変申し訳ありません。

11月18日(土)に計画しておりました
うすいまさとさんの発達障害啓発ライブは、

主催者の都合により、開催できなくなりました。
楽しみにしてくださっていた方々には、

本当に申し訳ございません。
 

私たちも楽しみにしていたので、とてもとても残念です。
今回は仕切り直しとなりましたが、いつかまたあらためて
企画できればと思っております。
この度は多くの皆様にご迷惑おかけいたしましたことを

心からお詫び申し上げます。
 

2017年11月2日

でこぼこの会一同

 【お問い合

dekobokostaff@comachiplus.org  

 

 

<メルマガシステム変更のお知らせ> ★重要★

でこぼこの会のメルマガ「でこぼこぷらす」の登録が予想以上に増えたため、

10月から配信方法を変更することになりました。 

お手間をおかけして申し訳ございませんが、引き続きメルマガ配信を希望される方は
10月20日までに、下のアドレスまで、空メールを送っていただくようお願い申し上げます。

尚、システム変更による課金などは一切ございませんので、ご安心ください。ラブレター

 

tIFVB@mail.os7.biz

 

メルマガは毎月第3週目の週末に発行。もしメルマガが届かなかったら!? dekobokostaff@comachiplus.orgにご連絡ください。

 

戸塚区域で行われる講座、知りたかった口コミなど、紹介するホームページをご紹介。
▼ポンテHP
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka

 

佐々木正美ノート

テーマ:

9月のでこぼこの会は、勉強会「佐々木正美ノートを使って」を開催しました。

佐々木正美先生といっしょに仕事をしたこともある、児童心理司のスタッフが、

先生との思い出も交えながら、発達障害のあるお子さんの育て方のヒントや、

あいまいな診断名について、解説をしてくれました。照れ

 

長所を見なくてはと分かってはいるけど、ついできない事が気になってしまう・・・イラッ

自閉症? 自閉スペクトラム? アスペルガー? 呼び方がいろいろで複雑!!ショック
診断がつかなければ、何もしなくてもいいの?えー?


佐々木正美先生のやさしいお人柄がにじみ出るメッセージを読みながら、

ちょっと反省したり、勇気づけられたり。
 

実は今回はお申込み多数のため、キャンセル待ちしてもお越しいただけなかった方が、

何人もおられました。そこで、来年の3月2日(金)のでこぼこの会で、再度「佐々木正美ノートを使って」勉強会をすることにしました。
時間は10:00~12:00、場所はこまちカフェのイベントスペース。参加費は540円(税込)です。

お申込みは、でこぼこの会までメールでお願いいたします。

dekobokostaff@comachiplus.org

①お名前 ②居住市区 ③電話番号 ④お子さま連れの場合は年齢
⑤お子さんのことで気になること、知りたいことがあればお書きください。

 

 

<次回のでこぼこの会>

10月のでこぼこの会はお話会です。 

お話し会では決まったテーマはありません。 
心のモヤモヤや、お子さんの近況など、何でもお話に来て下さいね。

 

コーヒー 日時 10月6日(金)10:00~12:00
コーヒー 場所  こまちカフェイベントスペース
コーヒー 参加費  540円(税込) 
       

▼お申し込みはこちら↓

http://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20171006/

 

▼メールでもお問い合わせ・お申込みができます↓
dekobokostaff@comachiplus.org
お名前、居住市区、電話番号、お子さま連れの場合、年齢を書いて、
でこぼこの会あてに送ってください。
話したいこと、気になることがあればお書きください。

▼TEL
070-5562-9555
(こまちカフェ/10:00~17:00 日祝除く)

 

<講演会のお知らせ>

★11月18日(土)
カラオケうすいまさとさんの発達障害啓発ライブ&トークカラオケ

開催します。

「可能性を信じる子育て」

~お父さんができることってなんだろう?~

 

言葉が遅いこだわりが強いしょっちゅうパニックを起こす

今は大変かもしれないけど大丈夫!

発達障害があっても その子らしく成長できる!

 

父親だからこそ、できることがある!

父親目線での子どもとの関わり方のエピソードトークと共に、

発達障害のある子ども達との日々の中で生まれた思いを歌にした
「脳の歌」「いいところ応援歌」「ママへ」などを
ギター演奏でお送りします。

お父さんもお母さんも子どもも、ご家族みんなが楽しめるライブ&トーク(講演会)です。

発達障害児・者のご家族の方、支援関係者の方、内容に関心のある方どなたでも歓迎です!

 

ギター ★2017 1118 (土)13:0015:00(開場1230

 

ギター ★ONE FOR ALL 横浜 スタジオ

 

ギター参加費一般2000円・高校生以下500円・未就学児無料

 

ギター 80名 (要予約・先着順)

 

お申し込み

http://www.kokuchpro.com/event/dekoboko20171118/

〔申込み締切 1115日〕

 

お問い合わせ

070-5562-9555(こまちカフェ・日祝除く10:0017:00)

dekobokostaff@comachiplus.org  

 

 

<メルマガシステム変更のお知らせ> ★重要★

嬉しいことに、でこぼこの会のメルマガ「でこぼこぷらす」の登録が予想以上に増えたため、

10月から配信方法を変更することになりました。 ラブレター

お手間をおかけして申し訳ございませんが、引き続きメルマガ配信を希望される方は
10月20日までに、下のアドレスまで、空メールを送っていただくようお願い申し上げます。

尚、システム変更による課金などは一切ございませんので、ご安心ください。ラブレター

 

tIFVB@mail.os7.biz

 

メルマガは毎月第3週目の週末に発行。もしメルマガが届かなかったら!? dekobokostaff@comachiplus.orgにご連絡ください。

 

戸塚区域で行われる講座、知りたかった口コミなど、紹介するホームページをご紹介。
▼ポンテHP
http://ponte-totsuka.wix.com/ponte-totsuka