原点56 ~ここは地の獄 さすらい日記~


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
December 09, 2018 16:03:15

素晴らしい日曜日

テーマ:ブログ
今日はちっくんと西成散歩。

とりあえずサクッと寿司食いに行き、ペロッと飲んでからパチンコ屋へ。

スロプロであるちっくんに、何とかして勝たせてもらおうという作戦です!

飲みに行く前、徳山6Rで2-145-145か2-156-156で迷ったあげく145の方を選び、結果2-5-6の2万舟を取り損ねたため、気分的には4万負けたところからスタートです。


店に入って哨戒モードに入るプロのケツを、金魚のクソのように尾行するタカちゃん!ウチは尾行蘭や!大神はんとなら、絶対うまくいく!


そして、大神はん(ちっくん)が動く!

「なんでやめられてるか分かんないマドマギありましたよ!」

朝イチ500ゲームで当たって、0ゲームヤメの初代マドマギを献上してくれる大神はん!

大神はん…ト・エ・プ・チ…


早速打ち始めると、マジチャレからあっさり当たり





ビッグボーナス!!(に見せかけた、押し順ミスのプチボ)

そこから天国に上がり、

R R Bと四連!!

しかしマギカラッシュに入らない!!助けて!と思ってたら、ビッグ中金シャッターが閉まりマギカラッシュ突入!!




んで乗る!



乗るんよ!!


で、





ホッコリ♨


隊員が旨い勝利を得た間、大神隊長はフツーにジャグラーで負けており、申し訳ないのでその後のホルモン焼き→銭湯→王将のハシゴは私が出しました。

いや~~…楽しかった♨

とくに久々の銭湯超気持ちよかった♨

西成の銭湯だから、味のあるお客さんが多かったな。「そこでギブアップしたのかよ?!」というハンパ刺青のおじいちゃんとかね。


あと、印象に残った人で言うと、西成の職安の近くに謎のキリスト教教会があるんだけど、その門を猛然と門パンしてるおじさんがいて、コワ~~…と思いながらよく見たら、おじさんのメガネの右側が、アルミホイルで完全にコーティングされてるんですよ!!

右目から入ってくる毒電波を、アルミホイルでシャットアウトしてる邪眼系おじさんでした~~コワ~~…


とにかく飲んだ!帰ってねよ。
November 19, 2018 22:45:17

リリーナ、お前を殺す

テーマ:ブログ
どうも、粉瘤太(ふん りゅうた)です。

ボートレーサーの峰竜太の弟なんですよ~♥(大嘘)

今回は糞キモイ内容なので、糞キモイのダイスキ~♥というキチガイ以外は読まないで下さいね。





私の脇の中の消しゴム(粉瘤)と、とりあえずお別れした土曜日。
脇の中の消しゴムっつーか、消しゴムのカスみたいな垢と膿と血ですけどね。

今日は治療の続きということで病院に。

粉瘤っつーのは、どうも皮膚の下に、皮膚で出来た袋が出来る症状みたいでね。


その袋ってのがコロシになってる(出口がない)から、垢やら老廃物が、バンバン袋の中に溜まるみたいなのよ。

つまり三年前に切開した時以来ビンテージ熟成された、重鎧玉みてえな垢玉が溜まっててよ!

此度の激務でその袋が破れ、垢玉が大暴れしてド炎症を起こしたと!!


で、今日の治療は、その福袋の中の溜まりに溜まったゴブリンのような垢を、こないだ切開した穴からヌバブリ出すというイベントでした。

分かりやすく例えると、初代スカイラブの「お宝チェックだ!」って感じですかね。


手始めに、脇に貼ってた巨大な絆創膏を剥がしたら、野戦病院みたいな臭いがして!!

脇に仕込んでたガーゼも「血みどろの八尋」を超え、「膿どろの八尋」って感じで!!

もうベイビーフェイスのスタンドでキューブ状に脇をくりぬいてもらいたくなりましたよ!!!


俺が自分の「穢れ」にゲロ吐きそうになってたら、対照的に変態医師の先生は「オメェ、勃起してんのかァ?」と悟空語で訊きたくなるほど興奮しててね。

「あはぁ~っ!すっごいすっごい!」「すっごいの出てきた!」「みて!すっごいの出てきた!!!!」「すっごい古い垢、それもこんなカタマリ、すっごい!」「もっとデカいの出た!!」

ですって。

テンションとしては、完全に桃鉄の「福引きカード」でしたわ。

まだまだ出るぞぉー!!



先生、それ差し上げますから、もう見せないで下さい…。マジでキモイから…。



強いて例えるなら、まぁ聞きたくもないでしょうが、排水口のトラップに溜まったドロリッチを、練って練って練りたおしたら、淀み色したカッテージチーズが出来ました!!
カナッペに乗せて召し上がれ!!
って感じの見た目ですかね。
(さらにゲボみたいな臭いがします)

強烈な痛みに耐え、カッテージチーズをヌバブリ出してもらい、その後は袋の中身を消毒。


コレがもう気が触れるくらい痛くてよおおお!!!

想像してみて下さいよ。

自分の脇の、その皮膚の下に、袋状のものが隠されてて、それをメスで裂き、その穴に消毒液しみこませたガーゼぶっこんで、グリングリンかきまわすんですよ?

拷問と何が違うんですか?

歯を食いしばりすぎて、奥歯が割れるかと思いましたよ。

先生を殺すしかないのか?衝動的に、そうも思いましたよ。


なんとか消毒も終わり、最後に点滴打って終了…。


痛みのあまりIQが4くらいになってたので、良く理解出来なかったんですが、最後に先生が

「んじゃまた明日ね」

と言った気がするんですよね。


この拷問、明日もう一回するの?



自殺しようかな。
November 17, 2018 14:50:01

さよならリリーナ

テーマ:ブログ

脇に「ふんりゅう」が出来ました(生涯二回目)

なんかよく分かんないんですが、脇の皮膚の下に垢だの膿だのが溜まって、腫れてイタイイタイなのだった。

とにかくこの老廃物の糞袋に、リリーナ・ピースクラフトと名付け、なんかの間違いで自然治癒してくれるように、ただただ、ひたぶるに祈祷していた所、一向に良くなるどころか歩くだけでその振動でイタイイタイなのだった。


というわけで、今日は本来ゴリゴリの仕事日だったのですが、休んで病院に行きました。

お医者さんに見てもらうと、「デッカ!!」「デッカいねえ~!」「よくもまあ、こんなにデカくなるまで放置したもんだ」「こんなにデカいと大変だったでしょう」と、矢継ぎ早にそのサイズを誉められました。

男ってのは、単純なもんで、デカいデカいと誉められると嬉しくなるんですね。

「んじゃ早速切開します」

心の中で、(実は薬飲むだけで治るのでは?)と夢みたいな事を期待していた自分が情けない。
とんだ尼ちゃんですよ。尼僧(にそう)ですわ。船は尼僧あった!ですわ。

んでこの切開が、マジでバチクソ痛くて!!!

その間も先生は「すっごいデッカい」「こんだけデカいと膿もすっごく溜まってる」「すっごい膿出てきた!すっごい!」と、興奮しきりでしたね。
わざわざ出てきた膿を見せようとしてきてくれましたが、マジでノーサンキューでしたわ。

最後は盛大にGang Bangされた心境で点滴受けて帰宅。

とにかく膿バカ溜まりしてたから、発熱するかもね~と言われ、家かえってちょっと横になってから体温測ったら38.9℃だってよ…。

わしゃもう疲れた…とにかく寝よう…。

ホントに二度と再発しないでね、リリーナちゃん…
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス