EXIT-DRUMLESSON BLOG

EXIT-DRUMLESSON BLOG

大阪、梅田、吹田の新感覚ドラムレッスン「EXIT-DRUMLESSON」の公式ブログ。アレクサンダー・テクニークやモーラー奏法などを取り入れた独自のメソッドに関するコラムやドラム豆知識、お役たち情報など、さらには日常的なことまで綴っています。

【公式サイト】http://www.exit-drumlesson.jp/
【SLYTLIVES】http://www.slytlives.jp/

twitter facebook youtube
それぞれフォローよろしくお願いします♪

★☆おすすめ記事☆★
モーラー奏法のすゝめ ♦ゴスペルチョップ講座 
アレクサンダーテクニーク ♦タイム感講座 / リズム感講座

ブログランキングに参加しています。
いいねを押す感覚で是非クリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

読者募集中!読者登録をすれば更新情報が届きます!
読者登録

NEW !
テーマ:

最近ポリリズムブームが来てるので(自分の中で)

 

改めて練習しているところです。今回はビートのチャンネルを切り替えるという練習。

ポリリズムはその名の通り、「複数のリズムが同時進行する」リズムのこと。

 

ここでいうリズムは「一定の周期」が特徴なのですが、メトロノームを聞き2拍3連を取れたら2拍3連とは思わず3拍子として乗ってしまうテクニックです。これを僕は「チャンネルを変える」と表現しているのですが、パラレルワールドに飛び込んだような感覚になります(笑)

 

まずは基礎練習として定番のチェンジアップを別世界へ誘います。

 

それが安定してきたら実演奏に活かしましょう。

 

ジャズなどでは割とよく使われる手法、

4ビートからいきなりワルツの世界へ

そしてワルツの世界観でドラムソロ

 

をやっています。

 

あくまでちゃんと元の世界へ帰ってこれるように元のビートは軽く聞いておいてください。

 

 

決まった制約からいかに外れれるかで表現はより多彩になります!


テーマ:

難しいテクニックやスキルほど「それができていったい何の役に立つのだろう」と練習を避けてきたことはありませんか?

 

僕は間違いなくそれでした^^;

 

でも長年楽器をやっていると練習メニューもマンネリしがち、、、

 

普段やらないジャンルの演奏ほど避けてしまったり←自分

出来ることだけで遊んで気持ちよくなったり←自分

こんなん使わんしなと向き合わなかったり←自分

 

自戒も込めて今回の記事を書かせていただいていますが、

 

 

「それができていったい何の役に立つのだろう」

 

 

それはできないからわからない。

 

とてもシンプルな答え(笑)

 

 

それができればその練習の意図やそれができることによって得られる能力、表現方法が芋づる式に見えてきます。

なぜもっと早くに気づかなかったのか、、、やはり慢心とは恐ろしい。

 

ただただストイックに。

 

周りを見ればすごいプレイヤーはたくさんいます。そこと比較しても仕方のないことで自分は何ができるようになりたいのか、どんな演奏をしたいのかの将来像をただただ見据えてコツコツ進むしかないんですねー。

 

サボってた分取り戻します!

EXIT-DRUMLESSON

 


テーマ:
タイトル通りですが、

皆さん悩まれるドラム演奏時のグリップ。

どのように握ればいいのか
どんな形なのか
親指の向きは?
支点はどこ?

答えは一つ。

「なんでもいいよ!」

ということを声を大にして言いたい。
確かに上手にスティックをコントロールしていく上である程度形から入った方がいい場合もあります。そのように指導することもありますが

大事なのはグリップじゃなくて

スティックの動きをいかに引き出せるか

ということです。




このように正しくスティックを扱えていれば握らなくてもスティックは落ちないので、最低限「持つ」とか「支える」だけで驚くほどスティックは軽やかに動くようになります^_^サウンドも変わりますよ^_^

レッスンご予約はこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス