Yoko's Beauty Diary

Yoko's Beauty Diary

美は女性にパワーをくれます。日々を美しく、ハッピーに過ごすための
ヒントが一杯のブログです。



今日は、この前の続きではなくて、YouTubeチャンネルについて書きますね

今夜9時から、YouTubeチャンネルをアップさせていただきます


凛ハナ塾主催で、私の大好きな後輩の華恵ちゃんと、"内側からオーラを輝かせる方法"について、お話してます。


この時期だからこそ、皆さまに見ていただきたいの!


というのは、とっても大切なことをお話してるから。

それは


どうしたら、自分を好きになれるか、そして、自信を持つことができるか


この2つが、オーラを輝かせるのに大切なのだけど、でもとっても難しいですよね

特に、SNSが盛んな今、あの人はいいなでも、自分はとなってしまう事も多いと思います。



以前読んだニュースには、アメリカではクリスマスに自殺者が増えるって書いてありました😢


街中が輝くときだからこそ、私はダメだなと思ってしまったときに、どうしたらいいのかを、お話してるので、ぜひ見てみてください(^^)


美の軸

https://www.youtube.com/channel/UCbki5nO8n1gOKRxh4BdkaWQ


チャンネル登録もぜひ〜💛



こんにちは、ディファインビューティーの藤田陽子です。

擦りすぎが、なぜお肌のダメージにつながるのか…
続きを書いていきますね〜


お肌を擦ると、シワにつながる
なぜ、シワになっちゃうのか…

アメリカのグランドキャニオンに、いらしたことありますか? グランドキャニオンは、岩が削れて壮観な景色になったのですが、固い岩を削ったのは、なんと"水"なのです。コロラド川の流れによって、長い年月をかけて岩が削られたの。

岩のように固いものですら、毎日まいにち、同じ場所を水が流れていくことで、徐々に削れてしまいます。


私たちのお肌は、サランラップよりも薄いと、よく聞きますよね。その薄いお肌の上を、固い美顔器で毎日まいにち擦ったら…💦
もう、想像していただけると思います。

特に怖いのが、目のまわり
目のまわりは年齢が出やすいので、みなさんお顔のどこよりも、お手入れに力を入れる場所だと思います。

でも、目のまわりは、お顔のどこよりも皮膚が薄いのです。なんと、0.02mmしかないと言われています。
その薄い皮膚を擦るから、せっかくお手入れ頑張っているのに、シワが目立ってきてしまう…という悪循環に。

美肌の近道は、とにかく擦らないこと!なのです。








こんにちは、ディファインビューティーの藤田陽子です。

これから、定期的にキレイになる方法について、私が学んだことを、少しづつお伝えしていこうと思います。

なかなか、定期的にができなかったのだけど、気持ちを新たに…

キレイの近道その1は、擦らないこと
11月のはじめ頃から、ひどい風邪をひいてしまいました。鼻が止まらなくて、そのうち、鼻水に血が混じるようになってきたので、耳鼻科に行ったの

血が混ざる原因は、鼻をかんだ時に、鼻の粘膜同士が擦れて傷ついてしまったことだと、耳鼻科の先生に言われました。

粘膜は、カラカラに乾いている訳ではなく、常に水分があり湿った状態ですが、その粘膜でさえ、何度も擦られると、血が出るほどにキズがついてしまうのですすって。

粘膜ですらこうなのだから、お肌を擦るなんてもってのほか

お肌の擦りすぎは、様々なトラブルのもとになります

冬になると、温泉に行くなどの機会もふえますよね。よく見かけるのは、せっかく温泉に来たので、キレイになることしよ〜✨と、カッサや美顔器でお顔をマッサージしている方。

私は、手以外でのマッサージは、お肌を過剰にこすることに繋がるから、おすすめしません。(もちろん、いろいろな考え方があると思いますが…)


エステにいらしたことがある方、多いと思いますが、
エステティシャンは、ハンドマッサージですよね?
美顔器でマッサージします…というエステは、ないのではないかしら?

エステティシャンの手の動きを再現した美顔器…というようなうたい文句を目にしますが、私は、手でするからこそ、お肌を擦り過ぎずにキレイになるのだと思っています。

お肌を擦りすぎると、どんなトラブルが考えられるか
● シワにつながる
● たるみにつながる
●シミにつながる
● 肌表面が傷つき、外敵刺激に弱くなる

どうして、こするだけでこんなトラブルに繋がるのか…を、次回以降書いていきますね💛