同好会稽古4回目

テーマ:
第4回目の同好会稽古は、先日東京へ出稽古に行った際に師父から教わったことをなぞる形で進めていきました。


基本のストレートリード練習では、前回のブログにも書いた通り、重心の(回転軸の)位置に気を付けながら、キレのあるパンチを打てるようにします。

重心を前足と後ろ足の中間の位置に持ってきて、そこを回転軸として素早く腰を切ることでキレのあるパンチが打てるのですが、腰の回転に勢いがつく分、腕を自分が思っているよりももっともっと速く出さないと、手のタイミングと身体のタイミングがずれてしまいます。



手から先行して動き始めるのがストレートリードの最大の特徴ですが、最終的には拳が顔面にヒットするのと腰が入り、後ろ足のかかとが上がるのは同時フィニッシュになります。

そのため、動き出しは手から先行していたとしても、腰を切り終わってから腕が伸びきって拳が顔面にヒットするようなタイミングでは、全身のパワーを腕を伝って上手に拳まで乗せることができず、パンチの威力が下がるだけでなく、スピードも落ちてしまいます。



また、最後のフィニッシュポジション(ストレートリードの打ち終わりのフォーム)で胴体を前方へ少しアイソレーションすることで、骨格に支えられた、より力強いストレートリードが打てるのですが、

この形を動きの中で一瞬で作れるように繰り返し練習を行い、体幹を強くしておかないと、下の写真のように腕がつまったストレートリードになってしまいます。




みなさんもストレートリードの練習をする際には、腕を自分が思っているよりも速く出すことと、ストレートリードの打ち終わりの形を一瞬で完璧に作ること、この2点に気を付けて練習してみてください。

下の写真フォームを目指して、自主練習してみましょう!


もちろん、ガンサイトの練習も忘れずに!