ラインのお話

テーマ:
怪我のせいで釣りに行けず暇なので、メインラインの話を。

僕がシーバス狙いで普段使っているのは8本撚りの1.5号。
何処のメーカーがいいとかは好みや使い方もあるので触れませんが、ほぼ9割はこの太さ。
エリア的にディープレンジの釣りをしないことも太さのデメリットを感じない理由かもしれません。

PEを使用して釣りをする場合 糸の浮力がメリットにもデメリットにもなりますが、まず一般的な比重のPEは水に浮きます。
ルアーを沈めるとラインはルアーから水面に向かって伸び、そこから水面に浮いて穂先に向かいます。
どう言うことかわかりにくいですね。
水面に浮いている最後のところから垂直方向に曲がってボトムに向かいます。
その状態からリトリーブを開始すればルアーは上方向にあるラインに引っ張られ水面方向に動きます。
糸が太ければ水の抵抗も大きくその傾向は顕著に出ますし、逆に細ければ影響は小さくなります。
テンションフォールすれば浮力の影響は少なくなりますが、折角遠くまで投げたルアーが手前に近づいてしまいます。
糸が太ければ太いほどね!
まぁ、特殊な釣り方で無ければキャストして糸の出方をコントロールこそしてもフリーフォールに近い操作をしてると思いますのでそれを前提にして話を続けます。

さてルアーから水面に向かったラインはいつ穂先に向かって一直線になるんでしょう?
よほど引き抵抗の大きなルアーでもない限り普通にリトリーブしたら手元に来るまで一直線になることは無いでしょう。
水中の糸は水の抵抗分水面方向に湾曲しながら手前に進んで来る。
横風強風の日の糸を思い浮かべて貰えばイメージ出来るかと思います。
糸が太ければ大きく湾曲しますし、糸そのものの表面形状によっても変わります。
そう!糸が細ければ影響が少ないんです。
バイブレーション等を使ってディープレンジの釣りをする際に糸の影響が少ないので、穂先に向かって直線的にルアーをリトリーブするなら糸は細い方がいい!
リフト&フォール?何それ?
糸が穂先に向かってるんだからリフトなんて出来ませんよ?
竿を煽ってもルアーは手前に進むだけ。
ストップ&ゴーですね。

コレが太い糸なら糸は水面方向にあるので竿を煽ればルアーは糸の方向である(斜め)上方向に進みます。
はい、リフトですね。あとはフォール。
リフト&フォールの完成です。
もちろんある程度の太さのリーダーを長めに使えば同じような効果は期待できるかもしれませんが、モノフィラメントの糸は水切れが良いので注意が必要です。
僕がディープレンジの釣りをする時にはネチネチとスローな釣りをするので太めな糸の方が都合が良く、場合によってはリーダーも調整してラインの角度を変えてます。
直線的な早い釣りは細い糸の方が向いていますし、逆に太い糸でやるのはかなり難しい。
細い糸でなければ、太い糸でなければ出来ない、またはやり辛いことがありますので 目的に応じて使い分けたら良いかと思います。

さてさて、ディープレンジのことをだらだらと書きましたが冒頭で書きました通り僕はディープレンジの釣りは殆どやりません。
シャローレンジで考えた場合、水中あるPEは限定的です。
リーダーの長さによっては水中にあるのはリーダーだけなんてことも。
そうなると水中での太い糸のデメリットはあまり考えなくても良い。
水面と空中の糸を考える。
空中は風の影響を顕著に受けることになるが、ラインを水に付けたり立ち位置を変えてある程度対応は出来る。
水面のラインはラインメンディングを覚えてしまえば太さのデメリットは感じることなく釣りが出来るし、糸の抵抗を使ってリトリーブコースをコントロールするのは太めのラインの方がかえってやりやすい。
フライフィッシングをやる人は あの太い糸で軽い毛針を扱えるんだからPEごときの太さなんて多少変わったって大した話じゃないでしょ?
あとは飛距離か…
糸の放出抵抗で飛距離が大きく変わる軽いルアーでも使わなきゃ大きな差がでるとも考えられないし、どうしても軽いルアーを飛ばしたいならその時は細い糸を使えば良いだけ。
僕は遠くにある軽いルアーを上手に扱えないから 無駄に飛ばしても意味ないんだけどね(笑)