渇酒症とは周期性アルコール症の機会的飲酒により渇望が誘発され大量飲酒する。てんかん、うつ病などの精神病などの精神障害との関係が疑われている。


酒を飲むたび、なんの理由もなく,まったく内因的におこってくる不機嫌に襲われ,


その結果、

病的酩酊(自分のいた場所も行動も覚えていない)

になる。


この症状は暴力などの犯罪行為に直結することが多い。



最初はまれに症状が出るが段々と頻度が増え毎回になる。


普段はなんの問題ない人に,まったく内因的に不機嫌,濫飲発作が出る。



飲酒後、寝て起きた後は、



また馬鹿なことをした!と後悔すること,


発作が何回も繰りかえし反復すること、



これらのことから精神性癲癇発作の一異型として,説明しようとするのが近いのではとの考え方もある。



普段は飲まなくても大丈夫、禁断症状もない...



いいえ!アルコール依存症の一種です。


完治はしないので強迫観念を持ってでも酒を断つ必要があります。



酒は合法のドラッグです。違法薬物も酒も同じ感覚でやめないと無理ですな。と





AD