国土交通省は4月15日、随伴車の任意保険(業務用保険)義務化と、表示の厳格化を定める告示をそれぞれ改正し、関係する通達を発出しました。運転代行業者はこれらを守り適正な営業を行ってください。

【随伴用自動車に係る損害賠償措置の義務化】
 標準約款を改正し、随伴車に任意保険(業務用保険)を義務付けます。2016年9月30日までに付保が完了し、改正標準約款を10月1日から営業所等に掲示できるようにしてください。
  ○改正標準約款 全文 =国交省
  ○改正標準約款の解釈(技術的助言)=国交省
  ○参考 新旧標準約款告示 =国交省
  ○任意保険義務化 要点 =主に全国運転代行協会にて作成いただきました

随伴用自動車の表示の厳格化
 随伴用自動車の表示に関する告示を改正し、表示を厳格化します。2016年9月30日までに対応を完了してください。
   *表示箇所は、自動車の両側面ドア部分(窓ガラス部分を除く)。

   *着脱が容易なマグネット等による表示は除く。
   *文字の大きさは、縦横それぞれ5センチメートル以上。
   *文字は、公衆及び利用者に見やすいように表示。
  ○改正表示告示全文 (表示について第3条、別表)=国交省
  ○改正表示告示の解釈(技術的助言) =国交省
  ○参考 新旧表示告示 =国交省
  ○随伴車表示の厳格化 要点 =主に全国運転代行協会にて作成いただきました
 

≪参考≫
本件の問合せ先 一覧

国交省の「自動車運転代行業について」のページ

 
AD