2月1日から実施されているクラウドファンディングのリターン品として「みんなのピアノ伝説の音 復活プロジェクト」では、コンピレーションボックスと云う形で、支援者の皆様にプレゼントをご用意しております。

 

 そのボックスに入る、小物の試作が、試行錯誤を繰り返しながらも、漸く弊社のデザインチームの協働も得て、つい先程仕上った次第です。

 

 一つ目は、5月15日から紀尾井町ガーデンテラスで公開される、DIAPASON PIANO(森のピアノ)の装飾部材にも使われている「木のオブジェ」です。(赤い糸が上下に巻いてあり、彫刻が施されているもの。本体長さ約10センチ)

 

 二つ目は、その公開されるDIAPASON PIANOをオーバーホールする際に交換され、本来ならば破棄される1964年に製作されたオリジナルの部品(チューニングピン)を、チャームにしたものです。

 

 

 こんな小さな小物2点ですが、材料のセレクトや組合せに相当の時間を要しました。

 

 写真より実物の方が、可愛らしいです・・・!

 

 下記の画像は、先に、コンピレーションボックスの紹介記事となります。 お楽しみに・・・!