初月から15万円を稼ぐためのブログ

初月から15万円を稼ぐためのブログ

パソコン1台とインターネット環境だけで、
旅をしながらライターとして生きていきませんか?

こんにちは、WEBライターのだざいです。

大学時代にライターとして
WEBマーケティング会社からスカウトを受け、
一緒に仕事をしていました。

その後に現在のように完全に独立。
初月から18万円以上をライティングだけで稼ぐことに成功しています。

 

 

 

 

WEBライターとして働き始めた!

 

 

 

でも、なかなか稼げない・・・。

 

 

 

そう思っているひと、

多いのではないでしょうか?

 

 

 

仕事はがんばってとってきてけど、

記事を書くのに3~5時間かかってしまう・・・。

 

そんなことをしてたら、

時給は田舎のコンビニバイト以下です。

 

 

 

 

そんな感じWEBライターをしていても、

ずーっと時間を切り売りし続けるだけ。

 

 

 

 

やっぱりWEBライターとして稼ぐためには、

ある程度知識を蓄えて時給を上げることが大事です。

 

 

私は初月からだいたい時給1,800円くらいでWEBライターをしていました。

 

時給1,800円くらいでWEBライターができると、

1日8時間働けば「1,800×8=14,400円」って感じです。

 

 

14,400×20=288,000円です!!!

 

 

1日8時間稼働で20日間働けば、

28万円も稼げてしまうのです!!!

 

これが理論上可能になるということ。

 

 

 

WEBライターって賢くやれば恐ろしく稼げちゃうんです。

 

 

ここから、私が時給を上げるためにつけた知識を紹介していきます!

 

この知識を意識しながら記事を書いていると、

30記事目くらいでスラスラと型が出てくるようになります。

 

 

すると、作業スピードが爆上がり!!!

 

 

時給もびっくりするくらいアップしますよ!

 

 

PREP法

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、
簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられる。

PREP法における「PREP」とは以下の

P=Point(結論)
R=Reason(理由)
E=Example(事例、具体例)
P=Point(結論を繰り返す)

の頭文字を取っている。
 
最初に結論を伝え、
次にその理由を説明、
事例で理由を補強し、
最後に結論を再度提示するストーリーを展開する。
 
ここまでがネットで簡単に出てくるもの。
 
 
 
⬇︎ここからがライターとしての時給を上げるためのノウハウです⬇︎
 
ライティングにおいて、
「大見出し」とか「中見出し」ってありますよね。
 
「h2」や「h3」のタグに囲まれているところです。
 
 
PREP法は、
「中見出し(h3)」に使うことをおすすめします!
 
 
 
テンプレートは・・・・・
 
  • 〇〇は〇〇です。
  • なぜなら、〇〇だから。
  • たとえば、〇〇なことも。
  • よって、〇〇は〇〇なのです。
こんなかんじです!!!
 
 
これを頭に叩き込んでおけば、
サクッと「中見出し(h3)」が書けます。
 
 
全部テンプレートどおりに書くと、
読者が文章をくどく感じてしまうかもしれません・・・。
 
 
なので、テンプレートにとらわれず
本質的に同じことをいうのが大事です。
 
 
とにかくまずは、
PREP法でガンガン文章を書きましょう!
 

PASONAの法則

「PASONAの法則」は、
神田昌典さんが提唱した購買意欲を促進させるための法則。
 
 
 
神田昌典さんとは、
経営コンサルタント・作家・マーケッターです。
 
 
たくさんのビジネス書を書いていて、
ビジネスマンなら名前を知らないひとはいないレベルの超大物!!!
 
 
 
特に最初の「P=Problem(問題提起)」が大事です。
 
なぜなら、
人間は問題を発見したら勝手に解決するから。
 
「いまお腹空いている」という問題を自覚して、
目の前にカツ丼があったら食べますよね?????
 
だから、問題点を提示してあげる。
 
そして、その場に解決策を提示してあげるのです。
 
 
 
それだけで、人は勝手に行動してくれます。
 
 
これをWEBライティングでは、
「大見出し(h2)」に使います。
 
 
そのあとの「中見出し(h3)」を
読ませるという行動につなげていきます。
 
 
 
テンプレートは・・・
 
  • 〇〇ではありませんか?
  • そのままにしていると〇〇になってしまうかも。
  • そんなときには〇〇がおすすめ。
  • しかし、これは〇〇限定なのです。
  • 〇〇なら是非使ってみてください。
 
こんなかんじです!
 
 
これも「PREPの法則」と同じように、
あんまり連続して使うのは読者に不快感を与えてしまいます。
 
 
 
なので、
本質的な意味を捉えていればOK。
 
 
 
「PASONA」は、
人間の心を動かすために最適な手順なのです。
 
 

まずは2つの武器を使いこなそう

ほかにもたくさんのテクニックはありますが、
まずは「PREPの法則」と「PASONAの法則」を使いこなせるようになりましょう。
 
 
「PREPの法則」:論理的に文章を書くとき
「PASONAの法則」:感情に訴えかける文章を書くとき
 
 
この2つの武器の使いこなし方はこんなかんじ。
 
 
この2つの武器を使うだけで、
作業効率は爆上がりします!!!
 
 
よって、
使いこなせれば時給もグンと上がります。
 
 
 
これからもWEBライターに関する有益な情報をお届けいたします!
 
 
よろしくお願いします!
 

こんにちは、WEBライターのだざいです。

大学時代にライターとして
WEBマーケティング会社からスカウトを受け、
一緒に仕事をしていました。

その後に現在のように完全に独立。
初月から18万円以上をライティングだけで稼ぐことに成功しています。

 

 

 

WEBライターとして働くことを決意した!

 

私はこれから、

在宅でWEBライターとして稼ぐんだ!!!

 

 

 

そう決心した矢先・・・

 

仕事が取れない・・・・・・

 

 

 

なんてことになっていませんか????

 

 

 

これはWEBライターに限らず、

フリーランスとして活動していると

ずーっと付きまとう悩みです。

 

 

しかしながら、

私は初月から仕事を獲得。

 

4月に18万円以上を稼ぎ、

5月に20万円以上が確定しています。

 

 

 

なぜ、そんなに仕事があるのでしょうか?

 

 

 

このブログのモットーは”暴露”です。

 

 

ということで、

どうやって仕事をとってきているのか

すべてを暴露していこうと思います!

 

WEBライターがザクザク仕事を取る方法

WEBライターが仕事をザクザクとっていくためには、
ズバリ”たくさん営業すること”が大事です。
 
 
 
「なんだよ・・・」
 
 
 
と思うかもしれませんが、
こうするほかに方法はありません。
 
 
 
実力や実績がたくさんあるWEBライターなら
話は違うかもしれませんが、
実績がまだないWEBライターにとっては数が命ですから・・・。
 
 
 
しかし、
数多く営業するのは
そんなに大変なことではありません。
 
 
営業文章をテンプレート化すればいいのです!!!
 
 
パソコンのメモに残してもいいですし、
ランサーズの機能を使ってもOK。
 
 
私はランサーズ の機能を使って、
営業文章のテンプレートを残しています。
 
 
どんな営業文にするのがいいのかは、
また後日記事にしますのでお待ちください。
 
 
とにかく、大切なのは
  • 営業の数
  • 営業の効率化
です!
 

毎月仕事に困らないためのたった1つのこと

とはいえ、
いくら営業を効率化しても
いつまで経っても営業しているわけにはいきません
 
 
ビジネス集客のコツは
”リピーターをどれくらい作れるか”
にあります。
 
 
つまり、
クライアントを一社手に入れたら
そのクライアントからずっと仕事をもらい続けるのです。
 
 
 
そのために必要なことは、
  • 丁寧な仕事ぶり
  • 期待以上の仕事
  • クライアントも驚くレベルの即レス
  • 他のライターとの差別化
 
 
これらを一言で表現すると、
”クライアントとの関係づくり”になります。
 
 
 
実際私は1人のクライアントから、
案件を4つもらっています。
 
 
上記のことを意識していると、
クライアント側から、
「この案件も担当してもらえませんか?」
と連絡がきます。
 
 
そのためにやったことはまさに、
  • 丁寧な仕事ぶり
  • 期待以上の仕事
  • クライアントも驚くレベルの即レス
  • 他のライターとの差別化
たったこれだけです。
 
 
 
1つのクライアントから
たくさんの仕事を取れるようになると、
まったく仕事に困りません。
 
むしろ、
頼まれたけど断れるレベルです笑
 
 
 
上記のことを意識していると、
毎月安定して仕事が舞い込んできますので、
是非実践してみてください。
 

お金のために働かない

まとめると、
  1. まずはたくさん営業する
  2. 営業に時間はかけられないのでテンプレート化して効率化
  3. 仕事を手に入れる
  4. 仕事はクライアントが期待している以上のものをする
  5. 連絡はクライアントがびっくりするくらい即レスで
  6. 少しずつクライアントとの関係地を築いていく
  7. そのうちクライアントから他の仕事や継続依頼が来る
  8. 毎月の仕事に困らなくなってくる
 
このような流れです。
 
 
これからも私自身が実際に稼げた方法を
リアルタイムで発信していきます!
 
 
よろしくお願いします!
 

こんにちは、WEBライターのだざいです。

大学時代にライターとして
WEBマーケティング会社からスカウトを受け、
一緒に仕事をしていました。

その後に現在のように完全に独立。
初月から18万円以上をライティングだけで稼ぐことに成功しています。

 

 

今まで、

”WEBライターの仕事について”

を発信してきました。

 

 

 

そうするとそろそろ、

”どうやってWEBライターになるのか”が

気になってきますよね!

 

 

ということで、

今回は”最速で稼げるWEBライターになる方法”

を紹介します!

 

 

特別なことは書いていませんが、

これが私が実際に初月から18万円を稼いだ方法です。

 

 

⬇︎では早速いきましょう!⬇︎

 

 

ステップ1:ランサーズに登録する

まずはランサーズ に登録しましょう!

 

ランサーズは、

たくさんのクライアントが仕事を募集しているサイト。

https://www.lancers.jp/

このサイトです!


会員登録は完全無料ですし、
Googleアカウントを使って登録すればすぐに終わります。



「いろんな準備をしたりライティングの勉強をしたりしなくていいの!?」

と思うかもしれませんが、しなくてOK!



私は準備してから始める派ではなく、

実際にやりながら実力をつけていくタイプなので、

サクッとランサーズ に登録しました笑


成長スピードとしては、

実際にやりながらのほうが断然早いですので、
さっそくランサーズ に登録しちゃいましょう!



ちなみにそのほかにも似たようなサイトがたくさんありますが、

私はランサーズ にしか登録してません笑

それでも20万円近くは稼げます!



というかむしろ、
ランサーズ以外登録しないでください。


いろんなところから仕事をとってしまうと、
評価が分散してしまうので「いいライターだ」と思われにくいです。



登録は、ランサーズだけにしておきましょう!

 

ステップ2:ランサーズのプロフィールを整える

ここ結構重要です!

ランサーズ に登録したら、
ランサーズ のプロフィールを整えていきます。




営業をかけたときに、クライアントはあなたのプロフィールを確認して

  • どんなひとなのか
  • どんな実績があるのか
  • どんなことが得意なのか

をチェックします!



ポイントは

「相手からどのようにみられるのか」

を意識してプロフィールを作成すること。


これをかんたんにする裏技があるんですけど・・・。


ランサーズ画面のうえのほうにある「他ランサー」というところから、

仕事をたくさんもらっているランサーのプロフィールをパクるのです。


全部パクると問題あるので、
「型をパクりましょう」ということです・・・。


ご自分で作成されたプロフィールが不安であれば、

プロフィール添削いたしますのでご連絡ください!

 

もちろんお金は取りません〜!

 

ZOOMかなんかつないで一緒に作っていきましょう!

 

ステップ3:ランサーズでとことん営業をする

登録して、
プロフィールを整えたら・・・。



ガンガン仕事をとりにいきましょう!!!



提案文のテンプレートみたいなのも用意されているので、
それを利用するのもアリです!



ぶっちゃけた話ですが、
「仕事がない」って言ってるひとほど営業してません汗



自分の持っているすべてをアピールして、
できるだけクライアントに貢献できることをアピールしましょう!



なにかを提案するときにはこの記事参考にするといいですよ!


【公開】フリーランス向けに「受注率が爆上がりする提案文」を暴露する


軽くネタバレすると、
「提案するときには実際にちょっと実力をみせちゃおう!」ってこと。

詳しくは実際に読んでみてください!

 

ステップ4:最低限の知識を手に入れる

ランサーズでは営業のことを「提案」と呼ぶのですが、
提案をしてからクライアントがあなたを選ぶまでには時間があります。



ここで初めて、
最低限の知識を勉強しましょう!




「ライティングに関する最低限の知識って???」

となっていると思いますので、

必要な知識とそれを紹介してくれているサイトを貼っておきます!


下にあるサイトをメモを取りながら読めば、
ある程度WEBライティングのやり方が分かります!



「読んだくらいで仕事のやり方なんて・・・」と思いますが、
あとはとにかく仕事しながら覚えていきましょう。

・PREP法
「PREP法」なら誰でも論理的な文章が書ける! - STUDY HACKER

 

・PASONAの法則
<新PASONAの法則>親近感で人を動かすコンテンツを書こう!

・QUESTフォーミュラ
QUESTフォーミュラとは?例文と集客できるWebライティングの型


ほかにライティング学習のために読んでおくページは以下のとおり。

  1. Webライターなら知っておくべき「読まれる」記事タイトルの付け方7選 | 株式会社LIG
  2. ウェブ用の文章で魅力的なリード文を書く5つのステップ
  3. 誰でも良い文章が書ける!Webライティング11のルール(スライド) | ベイジの社長ブログ
  4. たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術
 

ステップ5:仕事をやる

最低限の知識をつけながら、営業をしていると、
案外サクッと仕事がとれます。



もし、全然仕事が取れない場合にはプロフィールが悪かったり、

提案文が悪かったりする可能性が高いので、見直してみてください。

このときも迷ったら連絡ください!!!



仕事が決まったら、
ガンガン仕事をするだけ。




この際に気をつけたいことが3点あります。

  • 時給を無視して丁寧に書くこと
  • 絶対に納期に遅れないこと
  • クライアントからの修正に素直になること


これができないと本当にやばいです・・・。


私はある案件において

ライターが15人くらいいるコミュニティに参加しているのですが、

「納期を延ばしてもらえませんか?」

っていうのめっちゃ多いです・・・。

 


そういうこと言ってると、
仕事がなかなか入ってきません。



私はそのコミュニティのなかで誰よりも早く、

誰よりも丁寧に、誰よりも多い記事を書いています。
もちろん納期に遅れたことはありません。


これを意識していたので、

クライアントから「こっちの案件も手伝ってくれない???」

みたいなのが3つくらいありました笑


こんな流れで、

4月のやった仕事

  • 記事単価3500円×60本
  • 1記事あたり最低3500文字×60本

って感じで180,009円を稼ぎました。

 

まとめ

今回の記事ではあまり特別なことは書いていません。



しかしながら、
これが最速で稼ぐための方法なのです。(僕が知ってるなかで)




裏技なんてない。
ただ正しい方向に向かって最短距離を走るだけ。


でもこれができないひとが多いです。



これからもWEBライターとして稼いでいくための
本質的な情報を発信いたします。

よろしくお願いします!
 

こんにちは、WEBライターのだざいです。

大学時代にライターとして
WEBマーケティング会社からスカウトを受け、
一緒に仕事をしていました。

その後に現在のように完全に独立。
初月から18万円以上をライティングだけで稼ぐことに成功しています。

 

 

このブログを読んでくれているのは、
WEBライターに少しでも興味がある方がと思います。

 

 

本業・副業としてWEBライターを考えているなら気になるのが、

”WEBライターってぶっちゃけ稼げるのかどうか”ですよね!

 

 

やり始めたけど、

これって稼げなくない?

 

もともと時給悪い仕事じゃないか!

 

 

なんてことになったら嫌ですもんね。

 

 

ということで、

実際稼げるのかどうかを暴露しちゃいます笑

 

 

ついでにWEBライターを初めて2ヶ月の
僕の時給も暴露します!!!

 

 

ぶっちゃけライターは稼げ・・・

正直なところ、
ライターは結構稼げます。
 
 
だって、1文字1円で仕事とれれば
15万文字書くだけで15万円が稼げるんですよ!
 
 
1文字2円で仕事をとれたら、
15万文字書くだけで30万円・・・。
 
 
トップライターのなかには、
1文字5円で書いてるひとだっているのです・・・。
 
 
 
そう考えると、
ライターって結構稼げる職業ですよね???
 

月収と時給を暴露します

ちなみに僕の月収は18万円くらいです。
 
大学を卒業して、
1ヶ月目で180,009円をライティングだけで稼ぎました。
 
 
ちなみに計算してみると、
時給は1800円ちょいくらい。
 
なので、
月に100時間しか働いてないですね笑
 
 
 
記事を書いている以外の時間では、
  • 別の事業を展開したり
  • ライティングの教材を作ったり
  • ライティングの営業をしたり
という感じで、いろいろ仕込んでいる最中です。
 
 
毎日6時に起きて4時間くらいで14000文字を書き上げます。
 
 
最低限の仕事が午前中に終わる生活をしているのです。
 

ライターは稼げる仕事

ここまで読んでくれたひとならわかるかと思いますが、
ライターは稼げる仕事です。
 
 
世間的には下にみられたり、
稼げないなんて思われたりしていますが・・・笑
 
 
稼げなくなることがあるとしたら、
”仕事がとれなくなったとき”です。
 
 
 
しかしながら、
この新型コロナウイルス感染症で、
WEBライターの需要は高まるいっぽう。
 
 
 
「どんなライターでもいいから書いてくれるひとがほしい」
 
 
 
そう思っているクライアントはたくさんいます。
 
 
現代におけるWEBライターはまさに、
仕事があまりまくってる最高の場所なのです。
 

ライターとして稼げるひとの特徴

とはいえ、
ライターとして稼げないひともいます。
 
  • 納期を守らない
  • 約束を守らない
  • 自己中心的
↑こういうひとはいつまで経っても稼げません。(ライターだけにかかわらず)
 
 
そして、ライターとして稼げるひとには特徴があります。
 
  • 返信が早い
  • タイピングが早い
  • 修正を受け止められる
  • 人間関係を築くのがうまい
  • ライティング能力を上げようとしている
↑このような特徴を持っているひとは絶対に稼げます。
 
この特徴は私がWEBマーケティング会社に参画していた頃に
お世話になっていた社長から言われたことです。
 
 
実際、これを意識するだけで
初月から18万円を稼げたのですから、
この特徴を網羅している人は絶対に稼げますよ!

コツを知っていれば簡単に稼げる

WEBライターはコツを知っていれば簡単に稼げる仕事です。
 
 
そのコツとは、
  • ライティングのコツ
  • 営業のコツ
  • 人間関係のコツ
  • 効率化のコツ
以上の4つのコツです。
 
 
これを身につけておくと、
ほかのWEBライターを寄せ付けないほど
圧倒的に早く稼げるようになります。
 
 
今後もこのブログを読んでいる皆さんが
最速で15万円を稼げるように発信していきます。
 
 
これからもよろしくお願いいたします!

こんにちは、WEBライターのだざいです。

大学時代にライターとして
WEBマーケティング会社からスカウトを受け、
一緒に仕事をしていました。

その後に現在のように完全に独立。
初月から18万円以上をライティングだけで稼ぐことに成功しています。

 

 

 

WEBライターとして情報発信していると、

こんな質問が届いたりします・・・。

 

「WEBライターって実際どんな仕事してるんですか?」

「WEBライターって指示に沿って書くだけですか?」

「WEBライターってめっちゃ簡単って聞くんですけど?」

 

これに関して、

現役WEBライターである私が回答いたします!

 

 

実は、ライターって、

やり方次第でめっちゃ時給上がるんですよ・・・。

 

ライターの仕事は書くだけじゃない

WEBライターは
”書くことだけが仕事じゃない”のです。
 
 
書く以外にも、
  • キーワードの洗い出し
  • ニーズの汲み取り
  • 構成の作成
  • 画像の選定(作成)
  • 入稿
以上のようなことが、
WEBライターの仕事として挙げられます。
 
 
しかしながら、
これは受ける案件やクライアントによってまちまち。
 
私は以前、上記の仕事に加えて、
PV数などのデータ分析も行っていました。
 
 
私が現在抱えている案件では、
  • ニーズの汲み取り
  • 構成の作成
  • ライティング
  • 画像の選定
を行っています。
 
WEBライターとして働く際には、
どれくらいの範囲を担当するのかを把握しておく必要があるのです。
 

実はライターの仕事は大変?

WEBライターの仕事は、
  • かんたんだ
  • 誰でもできる
なんて言われていますが・・・・
 
 
 
”実際その通りなんです”
※小銭を稼ぐ程度だったらの話
 
 
 
しっかりとWEBライターとして15万円以上稼いで、
生活できるくらいになるためには、
  • 誰にでも
  • かんたんにできる
↑こんな作業じゃダメです。
 
 
やっぱりプロとしてお金を稼いでいる以上、
それなりに大変なことをしなくてはなりません。
 
 
しかしながら、
  • 毎日の早起き
  • 嫌な満員電車
  • 意味のわからない上司からのストレス
こんなことに悩まされることはない仕事です。
 
自分が面白いと思ったことには
すぐに飛びつけるような自由な職業です。
 

ライターの仕事の流れを暴露

ここで現役ライターである私が
ライターの仕事の流れを暴露します。
 
 
ライターとして1記事を書き上げるまでの流れは
以下の通りです。
 
  1. キーワードを抽出する(クライアントから指定の場合もあり)
  2. 構成を考える
  3. クライアントに構成を提出
  4. 記事の執筆を開始
  5. クライアントに完成品を提出
  6. 修正
  7. 納品完了
 
ちなみに初心者がこれをやると、
余裕で5時間とかかかったりします。
 
 
しかしながら、
現在私はこの流れを1.5時間でやっております。
 
記事単価3500円ですので、
時給は1800円くらい。
 
 
時給1800円で仕事を取り続けられれば、
 
 
1日8時間働けば、
20日で30万円弱稼げます。
 
 
ライターは大変な仕事ですが、
正しい知識を知っておけば、
ガンガン回して、ガンガン稼げるんですよ。
 

ライターとして最短で稼ぐためには

ライターとして最短で稼ぐためには
正しい知識が必要です。
 
 
しかし、残念ながら正しい知識を手に入れるためには、
残念ながらたくさんの経験と時間が必要です。
 
 
正しい知識が溜まってくると、

”ライティングの型のテンプレ化”ができるようになります。

 

 

テンプレ化ができるようになると、

記事に合わせてサクッとテンプレを書くだけなので、

時給が意味のわからないくらいに跳ね上がるのです。

 

 

これからそんな情報もブログにしていきますので

ライターとして気になることがあればたくさん質問してください!