こんばんは! 明日は祝日ですね😆


10月30日(土)付の日経新聞土曜版NIKKEIプラス1の「買い物上手」面で、こちらの記事を書きました。電子版にも掲載されています!

↓↓



この記事を書くに至った経緯を一応説明すると。


今年5月、保護猫シェルターにゃんだん邸から、生後9ヶ月のキジトラ猫そらくんを家族に迎えた我が家。



少しずつ慣れてくれて今ではすごくなついてくれているものの、生まれてから5ヶ月くらいは野良猫として生まれ育ったので、まだ抱っこなどはできず。


そうなると、地震とか災害とか、そらくんをつれて逃げる必要があるときにどうすれば……?? と本気で考え始め。


で、抱っこ訓練を始めると同時に、そらくんのための防災グッズが必要だと思いあれこれ探し、気になったモノを購入。その上で、これは良い!と思ったモノを今回の記事で紹介しています(つまりすべて地腹です・笑)。


ちなみに、グッズを買った時点では記事にすることは全く考えていず。買ってから、「あれ、災害グッズってテーマとしてありでは?」と気付き、企画を提案。その時点では人間用も含めた防災グッズを取り上げる予定でした。


が、他の紙面とテーマがかぶったことが発覚し、ペットにしぼってもらえないかとのリクエストを受け、それは願ったりかなったりということで、今回の記事執筆に至りました。


写真の可愛いシーズー犬は、にゃんだん邸の店長さんの飼い犬ここちゃんです😍  記事で紹介している、人間には聞こえないけど犬には聞こえる音が鳴るおもちゃで実際に遊んでもらって撮影しました。(にゃんだん邸を運営しているいぬねこプロジェクトは、保護犬シェルターわんだん邸も運営しているのです✨) 


店長さん&ここちゃん、ご協力ありがとうございました!!







写真は、先日コロナの早期収束を願って打ち上げられた花火にびっくりして久々にテレビの後ろに隠れてしまったそらくん。そらくんにとってはこれもある意味非常事態。



しばらくしたら出てきたものの、まだソファの下で警戒中のそらくん😅




よほど心細かったのか、その後ワタシが帰宅して顔を洗っていたら、ずっと洗面所の外で待ってたそらくん……かわいい🥺
(ワタシは花火のとき外出中で、さっきの写真はTたんが撮影しました)


……と、ついつい親バカモードになってしまうのですが、臆病ながらに少しずつ距離を縮めていってくれるのが本当にかわいいです。人馴れしていない猫を家族に迎える醍醐味かもしれません。


あ、ちなみに人馴れしている保護猫もいますよ!保護される事情や経緯は猫によりさまざまなので。


もし犬や猫を飼いたいなーと思ったら、あなたに合うわんちゃんねこちゃん、きっといると思うので、保護犬や保護猫をぜひ選択肢に入れてみてくださいね❣️🐶😸