就労継続支援B型事業所ダンケ・アーバイトのブログ
  • 16Aug
    • 初めまして

      皆さまこんにちは、私は就労継続B型事業所の代表である「平岡美幸(ひらおかみゆき)」でございます。今回は障がいのある子の親御さんたちに向けて、大切なお子さんを私どもに託していただく(ための検討をされる)に際して、当事業所がどのような理念で活動をはじめて、これからどのように継続をしていくつもりなのかを、代表である私が書いておこうと思います。まず最初に書いておきますと、私ども夫婦の長男は知的も伴う自閉症児(重度)です。幼少の頃の息子は多動がひどくこだわりも強くでいろいろと困ってました。他の子を見ていて「うちの子はどうしてこんなに育てにくいのか?長男だからなのか?」と思っていました。病気などで病院に行く都度、お医者様から「この子は何かしらの病気ですね」と言ってくれないかな・・・とも思っていました。 結果として、障がいがわかったのは、4才に入る前でした。そんな幼少の頃には、現在の息子の様子はいい意味でも悪い意味でも想像はつきませんでした。障がいのことを知ってからは、進学予定の学校の見学にいったり、私自身が感覚統合(感覚が過敏なので)、思春期に対しての勉強・研修などにも参加をしてきました。私としましてはこれからのことが何もわからず、息子がこのまま成長をしたら社会生活の中で苦しむことがは多くあると思い、成長の過程でその時々に応じてできる対策・できる応援は親として「したかったから」なのです(おかげさまで息子は日々、成長をしております)。夫婦では、特に高校から先をどうするかなどの話をして、これからどのようにしていけばいいのかを話し合ってきました。でも結局のところは、先のまったく見えない不安の中で、どのように備えたらいいのか当時の私たちには何もわかりませんでした。この事は、今も私たち『障がいのある子の親たち共通の悩み・不安・そして苦しみ』なのかなと思っています。少し前の出の私は、我が子が高校を出たあとは仕事に就くのか(仕事があるのか)、それとも行き場を失い(社会に必要とされず)引きこもってしまうのであろうかと。いつもそんな悲観的なことばかり考えておりました。そんな中、とあるイベントで我が子の才能を目の当たりにする機会がございました(親ばかだとは思いますが)。それを見たとき、私は「この子の才能が伸びてほしい、そしてその才能が役立つことで世間がこの子を必要として欲しい」と、そのように思い、この子の未来に生きていくためにこの才能が役に立つ働き場所を作りたいと、心の底から思いました。と、言うのも当時の福祉の仕事では袋詰め、内職、クッキー、パン作りや清掃などが多く、私が発見した息子の才能が活かせる所が身近にはなかったからです。ここ数年で福祉の仕事も多様化してきており、色々と選べるようになってまいりましたが、そんな中で私も多くの人たちに対して、新しい可能性の見いだせる様々な仕事の提案をしたいなと思いました。息子を見ていて、そして息子の友人の親御さんたちと色々な話していく中、やがてその思いは強い意志となり、それが形になり当事業所が誕生をして現在に至ります。すべての人には何かに対しての才能が有ります。私はその才能があることを信じて当事業所を設立しました。保護者の皆さまや当事業所の全スタッフと力を合わせ、子供たちの中の『世に必要とされる』為の力を探し出し、そこをしっかりと育成をして、それをみんなの仕事としていきたいと思います。どうぞ皆さま、私どもと力を合わせて大切なお子さんの未来を作っていきましょう。限られた地域の少ない情報の中からお子さまの将来のための仕事を選択するより、多種多様の施設の中からお子さまに合ったところを親と子で探し、仕事のことを一緒に考えて、共にその場を選んであげて欲しいと思います。お子さんが親御さんと共に自分たちで選択、自己で決定ができたことは、将来においてお子さんの世界が広げることにも繋がり、結果として楽しい人生が待っている(作っていく)ことにつながるのだと私は思っています。その中の可能性の一つとして、当事業所への見学もお気軽にお越くださいませ。もちろん、初回からお子さんと一緒においで頂いてかまいません(お子さんお一人での見学も歓迎します)。誰にとっても初めて来るところはおちつかなくて当たり前なんで、お子さんが落ち着かないのではと心配することはありません。 見学時には事業所内を好きに歩き回らせてあげてくださいね。実は、我が子も2018年8月1日に八尾市の田中誠太市長が当事業所を見学に見えられた日に初めて当事業所に来たのですが、とても落ち着かない感じだったんですよ(笑)施設の仕事体験も3回まで可能ですからお気軽に試してください。パソコン好きなお子さまは、どうぞ遠慮なく触ってもらって結構です。入力からデザイン作成、文章作成などいろいろと活躍してもらえます。整体に興味があるようでしたら、親御さんの疲れた体を癒す方法をお子さんたちに伝えてみます。見学や体験に関しましては、事前にご予約していただければそのための時間をしっかりととっておきますので、まずはお気軽にご連絡くださいませ。末尾になりますが皆さま方のこれからのご健勝と幸せを心より願いまして、文を終わります。2018年8月15日就労継続支援B型事業所ダンケ・アーバイト  代表 平岡美幸https://www.dankearbeit.com/

      3
      テーマ:
topbanner

プロフィール

就労継続支援B型事業所ダンケ・アーバイト

性別:
女性
自己紹介:
初めまして、大阪府八尾市の河内山本駅の近くで就労継続支援B型事業所ダンケ・アーバイトを開設しました。...

続きを見る >

フォロー

このブログのフォロワー

フォロワー: 0

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス