2021年4月11日
朝霧自然公園で行われたJapan Openに出陳してきました。
Openという事で
オプデス会員外からも多くの出陳があり
とても賑やかな活気のある競技会となりました。
特に マリノアやジャーマン達の緊張感みなぎる作業はとても素晴らしく刺激を受けました。

Japan Openの出陳を決めてから
私の緊張はどんどん上がり
練習しても 練習しても
不安は増すばかり
前日はお腹まで痛くなる始末
なのに 何故か…
当日の朝 緊張は消えて
とても集中した感覚になった。
あの感覚…なんだったんだろう?

いざ! フィールドに入り申告。
心拍数は正常。
休止からだったので 相手の素晴らしい作業に感動して、奮起みなぎる気持ちが込み上げた。
スタートラインに立ち 光に指示を出す。
「行くよ!」と 声をかけると 強い視線が向けられた。歩き出しても力強くついてくる。脚側スピードを上げていこうと判断できる。
作業の合間は 光が怖がらないように緊張を解くよう気をくばる。いい雰囲気で作業は進んだ。
ラストは得意の前進
前進して行く光に「フセ」の指示を出すも止まらないまさか‼️ こんなの初めてだ‼️
もう一度「フセーー」と叫ぶ
今度は反応よく伏せた
最後の最後にまさかのミス。これで優勝は無くなったと確信。
好評は思ってたとおり 相手ペアーは素晴らしい結果だった。思わず拍手を送る。
そして 私達の好評
あきらめて聞いていると
ほんの少しの前面停座におけるズレと、伏臥のときの私の所作で減点 前進のミスでがマイナス1.5で総合得点97.5という信じられない事が起こった。
「え? ほんとに???
私達の方が得点とれたの?」
急に心拍数が跳ね上がった。
外に出ると 凄かったよー 感動したよーと賞賛の嵐。さらに緊張してきて喉がカラカラになった。
とはいえ この後もまだまだ競技は続く。
素晴らしい点数ではあるが これを超えてくるペアーも出てくるだろうと心を鎮めた。
だけど なかなかこの点数を超えて来るペアーは現れず。なんと 優勝が決まってしまった。
もっと感動して涙したりするのかな?って思ってたけど あまりにも信じられない事態に頭がボーッとなり涙も出ない。
この後ベスオビも取れ 年間ランキングでも1位で表彰され 全てを頂いたのに頭はボーッとしたままで帰路についた。
ご褒美飯も食べきれず残してしまう。😅

帰ってきて ゆっくり動画を見て ちょっと泣けてきた。
光 頑張ったやん 
あんなに弱かった子がすごく力強い作業してるやん。よく育ったね よく頑張れたね。
愛おしさが込み上げて 涙が出た。

憧れの先輩がいて
たくさんの友人に応援してもらい
先生に寄り添ってもらい
夫にサポートしてもらい
全てに感謝してます。
大きな目標を達成したので
今は抜け殻になっちゃいました。
しばらくはのんびり過ごそうと思います。

心から ありがとう