真狩村のなごみ荘を出発して

旭川へ。

 

旭川道の駅で、車中泊です。

 

翌、2020年9月3日

早朝、大雪山の旭岳へ向かいました。

旭岳は、2291m。

北海道 最高峰ですが、

ロープウェイができて

観光だけの方も、5合目まで来れます。

 

ロープウェイを降りると、

姿見の池があり、噴気孔が見えます↑

 

↑山頂まで、ひと頑張りで行けます。

途中、振り返ると池が見えています。

 

せっかく登頂しても、ガスや☂雨で

何にも見えないことも、多かったですが

 

旭岳は、素晴らしい晴天に恵まれました。

 

旭岳、登頂!

98座目おめでとう。

 

でも、主人は歩き足りないようで

 

中岳~大自然の天然温泉へ、

ぐるーり足を延ばしました。

素晴らしい景色に囲まれて、おにぎりー

 

ちっぽけな私を、おーいと

慰め、励ましてくれる山の、自然の神様。

↑これが、天然の温泉です♨

 

 

姿見の池まで、帰ってきました。

高山植物も沢山、見ることができました。

 

もうひとつ、素晴らしかったのが

ふもとのホテル ベアモンテのお料理です!

品数が多くて、食べきれないのが、残念でしたが

どれも、すべてが美味しくて、感動しました。

 

ここのシェフは、きっと、お料理が好きで

納得のいく お仕事をされているのだと。

 

こんな風に、1曲1曲、踊りたいものだ!

と「hula」に、繋げてしまいます。

 

旭岳と「べアモンテ」は、

きっと、もう一度行こう!

と話しています。

 

ちっぽけな自分を

ちょっと、おおらかにしてくれる

山と自然が、好きになったみたいです。

 

10年もかかったよー(´▽`)

 

 

今年も、やります☆

お楽しみ会。

頼りにしている幹事さんと

新しい幹事さんと、3人で打合せ。

 

レッスンのあと、ロッテリアで。

 

「飲食店」に行くのが、久しぶり。

ロッテリアとなれば、何十年ぶり?

 

空いていました。

 

バーガーを食べるときは、

包み紙を立てて。

飲み物だけになったら、マスクして。

 

それでも、

知恵を出し合い、

すっごく、楽しかったです!(^^♪

年末は、不都合なメンバーもいるかもって

少し早いけれど

 

☆12月11日 土曜日 午後でーす。☆

  (飲食は、しません。)

 

イベントの中止が多かった分、

たのしい時間を、自分たちで作りたい!

 

皆さん、ご参加よろしくお願いします。

今から、ワクワク♪

 

 

幹事さん、ありがとうございます。

(写真は、昨年のお楽しみ会です。)

9月12日(日)

日曜レッスンです。

ここでは、参加者の氏名と、

体調チェックの記入をします。

 

もちろん、検温、消毒は入館時に。

朝から、遠方の生徒さんも来てくれました。

 

新曲も、少し進む?

 

「うんうん♪」

 

OK-

 

11時半

これで終わります。

 

・・・・だれも動きません。

 

「今日、やったところを、もう一度・・・」

「ここが、うまくいきません。」

 

素晴らしいね、みんな♬

その意欲、大好きよー

今月は、2週あくことがなく、

1週間に一回、みんなとレッスンできます。

嬉しいです♡

9月のレッスン始まりました。

 

ワクチン接種会場となった、

いつものスタジオ。

当面、使えません。

 

気にいっていたスタジオですが、

 

でも、いい練習場を見つけました^^

 

 

どこか、ないかなぁ・・・・と思案していた時

 

昔、レッスンやメイク練習に

訪れたことを思いだして!

 

経験って、ありがたいです。

 

生徒さんも、気に入ってくれたみたいです。

 

キャンセル不可という難点があり、

 

キャンセル可のスタジオと、

2か所使っていきますねー

 

何はともあれ、

レッスン続行できて、良かったです♪♪

 

羊蹄山に登る前日、

ふもとで、メロンを売っている女性。

70才くらいかしら?

何とも、優しいお顔。

 

明日、羊蹄山に登るんです。

 

「じゃ、今日は車中泊ね。」

 

はい。登山口で。

 

「なごみっていう民宿やってるから、

明日、よかったら。

足、伸ばして寝れるからね。」

 

その人の空気に魅せられて

 

・・・そうしようか。

 

メロンを2個、買いました。

ぺろり。

洞爺湖が見えます。

山頂付近は、ガスって視界不良の岩場です。

 

もう少し、もう少し。

 

来れたぁ!登頂。

 

なごみ荘へ。

 

そこは、

労働者が長期滞在する宿泊所でした。

でも、清潔です。

 

その男性たちと、夕食。

はじめての、経験です。

 

「こんなところで、ごめんね。」

 

朝になると、ワゴン車に乗り込んで

皆、作業場へ行かれました。

 

宿を立つとき、

食べきれない程のおにぎりと

かぼちゃを、持たせて下さいました。

 

優しい顔、優しい声

心からの自然な気遣い。

 

「なごみ」

という宿の名前に、うなづきました。

 

3回、生まれ変わっても、

私は、あんなふうになれないと思います。

 

北海道 真狩村のかぼちゃが、

美味しかったです!!

 

どうか、お元気でいてくださいますように。