ダンスパパ&ママのブログ

ダンスパパ&ママのブログ

京都の社交ダンススクール「K-ダンスカンパニー」で社交ダンスを教えているダンスパパ&ママはダンスのパートナーであり、二児(2006.3.11生.♂ヨッシー)(2010.2.5生.モカッペ)のパパ&ママである。
そんな二人のブログ、どうぞお付き合いくださいませ。

こんにちは!西川です。

 

お久しぶりです。
私たち公治&知江は元気に活動しています。
外食自粛で頑張ってまーす!
 
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
 
スタジオは通常営業をしていますが、イベントや競技会はまだ開催されていません。
 
三月に幕張メッセで行われるスパージャパンカップは無事に開催されることを祈るばかりです。
まあ、この調子でいけば大丈夫でしょう!!
選手のみなさん、頑張ってください。
 
ジュニア部門ではスーパージャパンカップが中止となり、小中高ジュニアコンペも残念ながら中止となってしまいました。
残念・・・。
急遽、その代わりなんでしょう、動画審査での「リモート・ジュニア・ダンスフェスティバル」が開催されることに。
 
告知から締切りの日数があまりなく、大慌てで撮影をしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもたちも元気に頑張っていますよ!
 
昨年から動画審査系への参加は5回目になりますが、今回はカテゴリーがとても多いので撮影も大変でした。
 
動画締切りから発表までの日数もとても短いので事務局はさぞかし大変なことでしょう。
 
結果はともあれ、目標があると頑張れますね!
 
 
 
 
 
 
 

こんばんは!

 

先日の「中秋の名月」。

こんな情緒あふれる写真をとある生徒さんからいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

各地で名月の写真が撮影されたことと思いますが、これはTHE京都って感じでいいですよね!

 

ちなみにこれは私がベランダから撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はpm9すぎ、空は暗いのにこんな感じにとれました。

 

さすがiPhone11プロです。

 

 

iPhoneは今年の夏に買い替えました。

あと数か月で12が発売されるとわかっていたけれど、オンラインコンペのために買い替えました。

 

あと、ソロコンのためにヨドバシカメラでジンバルも衝動買い。

ようやく扱いに慣れてきました。

手振れが軽減されるのでなめらかな動画が撮れます!

 

 

 

ところで、その社交boys&Girlsソロダンスコンテストのスタンダード部門、決勝の結果がついに発表されました!

 

6名がエントリーし2名が決勝に残ることができました。

 

そして、気になる順位は・・・・。

 

 

嶋田虹花ちゃん 小学3、4年女子の部スタンダード 準優勝!!

 

中村圭希 中学男子の部スタンダード 5位!!

 

おめでとう。

 

 

準決勝動画をみて、周りの人はみんな「いける、いける」と言ってくれていましたが、

やはり結果がでるまではドキドキです。

彼女も弱音を吐かないし、何度でも取り直しします。えらい!

 

 

 

ヨシキは2月の競技会で「もう燕尾服、限界や~,キツイ」

と嘆いていたのをすっかり忘れていて、

9月の撮影時にヤバい・・・着れるかな・・・と心配に。

でも、最近のストレッチのきいた燕尾服のおかげで無理やり??そでを通すことができました。

服のせいか?彼の場合はあっさりとした撮影です。

性格なのか年頃なのか・・・。

 

次のサイズもまた雅さんのジュニア用の燕尾服のお世話になる予定。

 

 

 

社交Boys&Girlsソロダンスコンテストはこちらから

 

 

京都市社交ダンス教室「K-ダンスカンパニー」はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

なぜか左手人差し指の靭帯を痛め、何かと不自由な感じで一か月以上。

キーボードも打ち間違いが半端ないです。

曲がらないように固定しているので、スタンの男子では人差し指が悪目立ち・・・。

 

学生時代はバレー部で数えきれないほど突き指をしましたが、比べ物にならない痛さ。

外部圧力で曲げさせらせたりしたら、悶絶・・・。

 

そんなわけで久しぶりの投稿です。

 

 

9月22日に京都府プロダンスインストラクター協会(KPDIA)主催のダンスフェスティバルが開催されました。

毎年恒例ですが、今年はコロナ禍で縮小しての開催でした。

 

今年は開催するのか、しないのか…、

競技会やイベント等が次々中止決定されていたので貴重な発表の場となりました。

 

でも一番なによりなのは、一週間たってイベントでの感染者は報告されていないことで、ほっとします。

 

消毒、検温はもちろん、最前列のひとにはフェイスシールドを配り、来場者全員には特製マスク、それに換気タイム等々。

実行委員はかなり大変だったことと思います。

 

7列はあった席も最大4列で、イスも間引かれて横の間隔が随分あけられてました。

 

入場者が制限され少ないので寂しいですが、出演された生徒さんや応援に来てくださったかたの反応は良く安心しました。

 

 

ダンスタイムは プロとしか踊れなくて、しかも私たちは一曲ごとに手に消毒液をシューシュー。

「ねちゃねちゃするかも」とマスクでフーフー言いながら汗だくで踊りましたよ!

 

 

私的には、来てくださったかた皆さんがまんべんなく踊れていたのかは気になりましたね。

毎回ですが、難しい問題!

 

 

 

こんな時期ですが、「出来ることを出来るだけやる」「出来ることがないか知恵をしぼる」

そんな姿勢でやっていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

京都市社交ダンス教室「K-ダンスカンパニー」

 

みなさん、酷暑の中いかがお過ごしでしょうか?

いつもならばお盆で実家に帰省をしたり、遊びに出かけたりと忙しいお盆休みなんですが、今年はずぅーと京都にいます。

生徒さんも子供や孫が今年は帰ってこないとのことで、涼しいスタジオでレッスンしてます。

とはいえ子供達は夏休み。それにコロナ。

ならば近場でということで、八瀬に川遊びに行こうとなりました。

以前ダンスパーティーで使わせていただいたエクシブ京都八瀬離宮のすぐ横、叡電八瀬比叡山口のところです。


案外、こんな近くにいいとこあるね。


水もとっても綺麗です。

本気の水遊びではないので、次はケーブルカーに乗ってみようか!と、ほどなくして移動。




急勾配をゆっくり登っていきます。
標高差日本一で壮大な自然をたのしめます!



眼下には京都の街並みが見えます。
建物規制があるので、どれも低い建物ですね。

余談ですが、実家の岐阜に帰ると「平野やわー」いつも呟いてしまいす。
京都は「盆地やわー」



その後、ロープーウェイで山頂まで行きました。

下山してみると、人の数は多くなっていました。午前中がおすすめですね。


ケーブルカーやロープーウェイは長年京都に住んでいて初めてでした。
こんないいところがあったんだなぁと。

これもコロナのおかげ?。


外出の機会が多い時期ですが、どうか1人1人が気をつけて、コロナ感染者をふやさないようにおとなしめに行動しましょうね。



では。




社交Boys&Girlsの順位が発表されました!

 
 
嶋田虹花ちゃん 小学3.4年女子の部で優勝することができました🎉🎉
 
 
表情もとても良く、細かいところまで意識して踊れています。
 
 
 
中村圭希くん、中学男子の部 第4位!
 
 
まだまだ発展途上ですが、スピードはあったように思います。
 
 
 
 
関本結ちゃん、中学女子の部 第6位
 

悔しくてますますヤル気になりました。とのことです。
頼もしい!! 気持ちがいいです。
 
 
審査員はJBDF、JDSF、JDC、JCF各団体がそろっているので結果の詳細がわかるとうれしいですが、審査の内容はいまのところ知らされていません。
コメントなどがきけたら、なお参考になります。
どうなんでしょうか。
 
 
 
最近のジュニアクラスの上級生たちは筋肉がついてきて、ようやくしっかりしてきました!
 

 
小さい子たちはこんな感じ。
まだまだピリッとした空気にはなりませんが、頑張っています。
 
 
週1回のレッスンと週2回のレッスンでは確実に差がついてきます。
これは子供は特にはっきりしてくるようです。
 
それにはまずスタジオに来ることが苦にならないこと。
 
友達に会えるとか、先生が好きとか、きれいな衣装を着れるとか、お母さんが喜んでくれる・・・はじめはなんでもいいんです。
 
好きになってくれる、夢中になってくれる。
そうなれば上達のスピードはぐんと加速します。
 
次に競技会や発表会にでる。
くやしさと喜びを味わう。
もっとうまくなりたい。
あのひとのように踊りたい。
 
そうなるとすごい勢いで変化していきます。
自分はできるんだということがわかるからです。
競技会だけがダンスではありませんが、目標をもつことは必要不可欠です。
 
コロナ禍で目標がない時期にこのようなコンペを開催してくださって感謝です。
 
 
みんな、目標をもって踊り続けよう!!