コモノマルシェに期間中に開催された
たなえりさんの「バチ衿→広衿ワークショップ」に
参加してきました。
------------------------------
◆バチ衿(ばちえり)とは
最初から衿を半分に折った状態で仕立ててある、
巾の狭い衿です
(形が三味線のバチに似ているところから、この名前がついたのだそう。)

◆広衿(ひろえり)とは
幅の広いまま仕立ててある衿で、着付けるときに半分位に折って着ます。
衿巾を好みで調整が出来るというメリットがあります。
------------------------------

つまり 【 狭い幅の衿を、広い幅にリメイクする 】ワークショップです。


衿の幅を広くすることによって、
半衿を多く見せたい着こなしや、
襦袢の身幅が狭くて衿が開きやすい等のお悩みを解決できます。

私が持っているアンティークや、知人から譲り受けた長襦袢には
身幅が狭いものがいくつかあったので、
これでやっと活用できるようになりました(^-^)



全国的に長襦袢は「バチ衿」が一般的で、
一部の地域や、時代の古い長襦袢などは「広衿」で仕立てられたものが見られるようです。

私は今まで「広衿」の長襦袢にお目にかかったことはありません。
なので、「広衿」の長襦袢を着るときの下準備や
収納時の畳み方までレクチャーしてくださって、
本当に、いたれりつくせりのワークショップでした。



実際に、リメイク前と後の画像が
多奈ゑりさんのブログに分かりやすく掲載されていますので
是非見てくださいね。
⇒ 「バチ衿 ⇒ 広衿リメイク教室」をわかりやすく説明



ご一緒の写真を撮り忘れたので
WS後、まったりモードのお写真を。


左から 放課後キモノ倶楽部のエミコさん、私、多奈ゑりさんです(^-^)

多奈ゑりさんは、普段は福岡で着付け教室をされています。
山口からだと福岡も近いので、
このリメイクワークショップが気になる方は是非☆

------------------------------
福岡・博多
多奈ゑりきもの教室
------------------------------