新社会人の房総釣り日記

新社会人の房総釣り日記

主にアジング。ですが季節折々のターゲットもねらってます




八丈島から帰って4月から新社会人。



コロナとかでバタバタしてて在宅続きに
なったり、たまーに出社して研修受けたりと
不安定な4月、5月。



釣りの方はと言うと



メバルタックル背負って近場でクルバチに
着いたシーバス狙ったり。




アジングしたり。




ジョイクロ70入手したからメバリングで
使ったらでっかいのボンボン出たり。


とライトタックルで楽しんでますた。



最近では


南房サーフに繰り出してのサーフゲーム。
散々モンスターショットやジョルティなど
色々通したのにブローウィン通したら1発👌


高級魚アカヤガラも。他に周りでは70cm近い
ヒラメや50cmほどのイナワラ、マゴチも。



毎春恒例のゴロタゲームはというと



今年のムラソイは数もサイズも微妙。。。



港内ライトゲームでは



5月の内に初ショゴGETできますた。
まだ空いてない漁港などあるんでそこら辺は
よく注意しないとですね〜


卸したてのブラックスターも6.9ftと以前まで
使用してたメッキロッドより1ft分短くなり
とても操作しやすい!


2ndジェネレーションs69ってやつ✌️




サバやムツ達もこんなサイズですが、
夏が近づいてる事を知らせてくれたので
楽しめます👍





そんな感じで生きてはいるので〜
これからもよろしくお願いいたします〜😊




























八丈土産としてアカハタ4尾と
ナンヨウカイワリ1尾、シロダイ?1尾を
持ち帰ってきました。



アカハタはコツコツと釣って良いサイズだけ
キープ。1番アニキのものは5日間寝かせた
もので刺身、皮目を炙ったりすると凝縮
された旨味と甘味があり最高の逸品。



ナンヨウカイワリは最終日に釣れたので、
その夜にお刺身に。青物とだけあって、
すぐ食卓にあがりましたが、こちらも
最高でした。


ショゴでもなくシマアジでもない。
カイワリって感じです。



島から帰って間もなく3年半お世話になった
バイト先で送別会。
2年前とかは自分が幹事をやっていましたが、
時が経つのは早いものですね。
あっという間に自分達が送別会の主役に
なってしまいました。



千葉に帰ってきてから数日が経っての
シロダイ?とアカハタの炙り。






動画、画像を見るとシロダイ?メイチダイ?
とどっちかわからくなってきました笑



こちらが釣り上げた直後の写真



こちらが鱗と内臓を取った際の写真。


キープしたアカハタ、ナンヨウカイワリ、
シロダイ?らは釣友が真空パックセットを
八丈に持ち込んでくれたお陰で新鮮なまま
ピチッと真空で持ち帰る事ができました。



アカハタの炙りは皮目の歯応えが凄く
身も甘くて最高でしたよ〜^ - ^
釣り味も良く食味も良いアカハタは最高!


シロダイ?の方は刺身、炙り、湯引きと
試しましたが、1番良いと感じたのは湯引き。


八丈でお腹を出した時からわかっていました
が、脂が乗っていました。お腹を開いた時の
内臓脂肪...。冬のスカイリードで釣った際の
メジナを彷彿させる量....。



釣りたてよりやっぱ寝かせた方がねっとり、
脂も身にまわり旨味が増していると思えます



学生最後の八丈島遠征。



シマアジやキハダカンパチヒラマサは釣れな
かったものの、小物で稼ぎ十二分に楽しめ
ました!アカハタは西伊豆、南伊豆に行った
際にもやってみたい。



今はと言うと社会人になって10日辺り。



コロナの影響で在宅勤務が続いていますが、
やることやってから落ち着いて釣りに行こう
と思っています。
いつまでも家にいてばっかりでは、神経が
おかしくなりそうなので、短時間や人が居な
い箇所で釣れるかわからない釣りをして
リフレッシュしていきたいと思いますっ。







八丈島遠征最終日。



もぉこれが学生最後の釣りになるだろう。。。



最終日ということもあり気合いをいれて
朝マズメから狙っていた磯に入る。



ナズマドという磯。ダイビングスポット
らしいけど流石にこの季節はおらんか。
アカハタ狙いでボトムを探っていく。



意外と浅く思ったような反応は得られ
ない。先行者は海苔を投げて良型メジナを
釣っていました。



〜小移動〜小移動〜

少し歩いて良さげな箇所発見。
足場が結構高く、手前は浅いものの沖は深く
なっていて釣り場からブレイクがはっきり
見える。より自然に見せる為に6号シンカー
を付けて遠投。
着底させて最初のリフトからのフォールで
ゴゴッと。
はっきり手応えが伝わってきたから小さい
アカハタかなと思ってたけど意外と手前に
来ても引く。てか首振って走ってる感じ。



ん?青いぞ!




まさかのゲスト、ナンヨウカイワリでした。


この時期にも居るんですね〜
先週の暖かい潮の居残りですかね👋
釣友も小移動して1投目でアカハタゲット。



このあとは反応無く、1日目の夕まずめに
プチ爆した磯へ入るも西側はウネリが
半端なく、とてもじゃないけど釣りにならん。



仕方なく初見の磯へ。写真で見る限りそんな
良さげな磯ではなかったものの、、、
険しい道を30分ほど下り、苦労して行き
着いた先には楽園がっ!!


これは良さげ!!
ワンドがあって、先端は潮通し抜群。
そこまで深くはないものの水深もあり、手前
から魚が着いてそうな雰囲気プンプン。


とりあえずアカハタを狙って投げていると
2投目か3投目でヒット!


足元でのリフトした際にグンと重くなる
手応え。魚も元気でよく引く...なかなかの
サイズを期待してぶっこ抜き。


メジャー当ててないけど30cmオーバーは
確実。35cmには届いてないかな〜😭


釣友もアカハタを狙ってボトム探検して
ますが、反応が無いとのこと。


右の磯際で単発ながらナブラが発生した
ので45gのモモパンチで探りを入れる。


見た感じベイトはトビウオかムロアジだった
為、シルエットが大きいジグで。
アカハタ狙いだったから大きいトップは
車内に置いてきちゃったのです😥


45gのジグを表層からボトムまで一通り
通してみるも反応無し。


30gのTGベイトに変えてイメージは中層を
ジャークしてくるとESOがHIT。


ナブラも落ち着いてきた為、再度アカハタ
に狙いを絞りリグチェンジ。



磯の先端手前からゴロタ浜と平行になる様に
キャストしボトム探り。
先端と比べて浅い...6号でも秒でボトム感知
できるから相当だ、、、


残された時間は30分ほど。
最後に何か来ればいいなぁーと期待を込めて
ると割と早めにフォールでコツコツっと。


アタリがそんな激しくないから良型を期待。
掛けた当初は根に突っ込む強烈な引きだと
思ってたけど、暴れ方がわりと激しめ!


カンパチ!?チビキ!?

とファイター系が脳裏に浮かぶ!!


途中すんなり寄ってきたものの再度足元で
下に突っ込む引き。水面から赤くはなく、
白く光る魚体に青物だっ!と叫ぶも直後に
何か違うと感じる。


タイ??

無理せず抜き上げず、釣友にランディングして
もらい勝負あり!



シロダイ?メイチダイ?


サイズは50cm弱でディアルーナMHを結構
曲げてくれた好ターゲット。



最後の最後に1本釣らせてくれた今回の
八丈島遠征。

釣友がYouTubeで動画をあげており

初日の夕まずめにプチ爆したアカハタ


唯一泳がせで反応があった一部始終
&コマセサビキでのムロアジ釣り
ジギングでのアオヤガラ。

最終日の良型アカハタ
ゴイゴイスーで引いたシロダイ?メイチダイ?
巨大ダツのチェイス
状況が良い八丈島の磯。



編集も上手くやってくれてとても良い感じ
で動画は仕上がってます。
釣友のチャンネルですが、どうか高評価、
チャンネル登録お願い致します。
これからも社会人になって釣行回数は少なく
なって行きますが釣りなどの動画はあがって
いくと思います。



最後の最後で宣伝になるのは嫌なので、
最終日の釣りの後に行った八丈島富士登頂へ







山登りなんて自分に縁が無いと思ってました
が、気持ちが良いものですね。
これはちょうど山の半分ぐらいに来た時の
背景。
1段1段変な歩合で組み合わさってる階段を
登り、1時間足らずで山頂へ。



そんなに高くない標高ですが、大変な思いを
した甲斐がありました、、、。本当に大変
でしたよこの歳でも😭😭😭






帰りの飛行機ではあと1週間で社会の荒波に
揉まれる事を噛み締め、また八丈島に行く事
を目標の1つにして別れを告げました。






この記事を書いてるのは社会人になって
2日目の事です。世間はコロナウイルスなど
で騒がしい状況で、入社に至っても例年とは
変則的な状況なようです。


釣行回数も学生の頃とは変わって行くと
思いますが、自分の好きな「釣り」を発信
していく所存ではありますので、どうか
お読みになって下さってる方々、これからも
よろしくお願い致します。











ブログタイトル変えなきゃ、、、、
何にしようか未だに答え出てません笑





















今回の八丈島遠征はハプニングもあり4泊5日。



1日ごとに紹介したかったけどあまりにも
2.3.4日目が内容薄いためにまとめて。



2日目は午前中から前日夕まずめにプチ爆
した地磯へ。
同じように探るも小さなアタリがあったのみ。
少し歩いて岬の先端へ。



結果は2ケタヒットの7キャッチ。


大半というかほとんどがこんなやつら。


手前まで丁寧に探るとこのサイズが連発。
意外にも足元付近にも居ることが分かり、
これからの引き出しの1つに。



ゴゴゴッていうアタリが堪らん。
からの鬼フッキング。



そっからはだいぶ迷走して夕まずめに
ポツンと磯絡みの漁港で


アカハタってすこしクエに似てません?


この日の夕食は「大吉丸」で。





メダイ、マカジキ、メカジキの島寿司。


明日葉の天麩羅。


明日葉チャーハンがものすごく美味かった。



芋のクセがかなり強い「情け嶋」。



3日目はムロアジ釣りながらの泳がせ釣り。



こんだけ釣れればフライなどで満腹になれる。




1流し目でラインがバーーーッと出て反応
出るも、フッキングには至らず...。
ボロボロになって帰ってきました😭😭


その後は30gのジグは投げてアオヤガラ。



何かとルアーを投げれば反応が帰ってくる。
時間も潮も関係なく...。恐るべし八丈島



4日目はというとアカハタやらずに
ムロアジ探し。見つけてはコマセを放ち
釣っては泳がせ。


最後の最後にいい潮に乗って沖へ行くも
元気にムロは帰ってきました、、、。

















学生生活最後の遠征。


これが終わると社会人に向けて一直線。


3月の19日の夜22時半に竹芝桟橋発の東海汽船
「橘丸」に乗船。

条件付き就航という一昨年と全く同じ感じ
でしたが、何だかんだ着くだろうと余裕
ぶっこいてましたが、いざ船に乗って東京湾
を出ると揺れがでかいでかい。


釣友はトイレに閉じこもりダウン。
そして朝の4時頃だったかな。


「三宅島に到着した後に竹芝
に引き返します」とのアナウンス。


まぁしょうがないこればかりは。


泊まる予定だった宿、レンタカー会社に
電話し一応お金は掛からないとのこと。


昼前に竹芝に着き、釣具などはロッカーに
ぶちこみ港区散策。


ライス無料家系ラーメン。


壱角家、武蔵家などのライス無限系ラーメン
屋はたぶん死ぬまで通うことでしょう。



腹ごしらえをした後は近くに銭湯?
ビジネスホテルの中の「天空の湯」で時間
潰し。


今日はちゃんと就航してくれよ??


自分はいつでもどこでも寝れる体質なので、
船内でも爆睡。


そして待ちわびた八丈島入り成功。


すぐさまレンタカー手続きを済ませ、
気になるポイントを回る。


今回は天気は良いものの風がなんせ強い。
西風が爆なので自分らは東側の釣り場を回る


今回で4回目の八丈だけど、何回来ても
ここの海は綺麗。先日の宮古島でも感動した
けどここは宮古とは違う輝きを感じる。


とりあえずボウズ逃れで6~10号中通しオモリ
を付けたキャロライナリグでボトムを探るも
反応無し。


2箇所目の漁港で


アタリを捉えるもESO。


仕掛けはこんな感じ。


10ft前後のMHシーバスロッドに4000番HGの
リール。ラインは1.5号を巻いていて先っちょ
に25ポンドのリーダーを50cmほど。


リーダーを結び終えたら6~10号の中通し
オモリを通して2番のオフセットフック
(ブラックバス用)を結び好きなワームを
針先を隠すように装着。


できるだけ遠投し、ボトムに付けてから
ゆっくりリフト。そしてカーブフォール。


キャロライナリグでボトムを探る時は
シンカーを着底させてから少し待ってアタリ
を待つみたいだけど、このアカハタ釣りは
リフトしてからシンカーが着底するまでに
食ってくることが多い(8~9割)。



そして初日は夕まずめに入った磯でプチ爆



サイズは小さめ。3月だからかな??


けど、居たら早い。


だいたい1投目か2投目で食ってくる、居たら。


そしてだいたい群れてるから連発する。


30cm弱も混じる。合わせてからの重みで
良いサイズか


こんなやつか見当がつく。


リフトさせてからのフォールでゴゴゴッ
て持っていくからすごく楽しい。
アタリは鮮明、鮮明というより強烈!


けどこの日はアタっても乗らない事があり、
夏よりかは活性が低い印象。



釣友はビッグワンを釣り上げる。



その際の動画がこちら。


何はともあれ2人とも釣り上げる事ができ
たのでヨシ。


とりあえずアカハタは居る事、釣れる事が
わかったからこれからは楽しめそうと
思った初日でありました。