人気ブログランキングへポチっとお願いします!


 → ライン登録はコチラ



日々お疲れ様です。



今週急なんですが所有物件で

退去が発生しました。



もともと入居すぐで滞納が始まり

問題だった部屋なんです。



ただこちらは保証会社から家賃が

入っていたんですが、任意退去に応じたようです。



私としてはこのまま訴訟まで行って

長引かして欲しかったのですが仕方ありません。



来週に原状回復工事の見積もりなんですが

こういった場合の自分なりの手順があります。



まず短期違約の範囲内の退去か確認の上

保証会社へ請求(管理会社がします)



そして見積もりですが退去者負担だけの

見積もりを保証会社へ提出します。



もちろん事前に退去者負担も保証範囲か

確認しておきます。



平行して全体の工事見積もとり

先に工事を開始します。

(早く募集かける為)



短期違約と退去者負担をうまく

かけ合わせることが出来れば

補修費用とあらかたと補修期間の家賃

くらいは補填されるのでかなり負担が

軽減されます。



短期違約2か月だと補修後すぐに入居決まれば

次回入居者の広告費も補填されることになるので

実質負担金はかなり低くなります。



もちろん短期違約の対象外の入居者が退去

ということもありますがその分家賃をもらっている

ので普通退去と変わりません。



退去者負担で揉めるより保証会社の方が

スムーズに退去者負担払ってくれるだけ

場合によってはこっちのほうがマシかも(笑)



滞納からの退去は普通に起きるものですが

パターン化していれば大体はあせらず対応

出来るので心配ありません。



なんなら普通の退去よりいいかも

しれないとポジティブに考えて対応しましょう。