6月に入り、季節は梅雨に。

毎日むしむしと暑いですね。

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

さて、ぼちぼちクラブは、この度事務所のある「大阪府障がい者社会参加促進センター」が移転のため閉館になるのに伴い、東成区に新設された、府の情報コミュニケーションセンター内に事務所を移転しました。

 

新住所:

大阪府東成区中道1-3-59 府立福祉情報コミュニケーションセンター内

 

また、ながらく休止していたわかちあい電話も、新型コロナウイルスの感染拡大や、事務所の移転が一段落したので、新しい電話番号にて再開したいと思います。

 

再開日時:

6月16日(火)14時~

その後、毎週火曜・木曜の14時~16時半頃(祝日休み)

 

新しい電話番号:

06-6748-0163

 

以前までと同じわかちあい電話担当がお待ちしています。

ひとりぼっちで悩まずに、お気軽にお電話ください。

よろしくお願いいたします。

 

ぼちぼちクラブ(大精連)

 

 

 

 

新型コロナウイルスの流行が続いています。
みなさん、感染対策は大丈夫でしょうか?

 

さて、来る6月13日の土曜日には、西成区民センターにて、ぼちぼちクラブ6月例会を開催します。

昨年10月、台風のために中止となった例会の講師をお呼びし、同じテーマを踏襲しつつ新しい情報も加えた例会になる予定です。

 

----------------------------------------------

 

6月例会

「相模原事件からみえるもの

2016年夏、相模原津久井やまゆり園に元職員が侵入し、入所者らを19人刺殺、26人に重軽傷を負わせる事件が起きた。
障害者を「生きるに値しない命」と決めつけた行為は、全国の障害者に大きな衝撃を与えた。
そして本件後、措置入院解除後は、都道府県を越えて、退院者の管理を徹底する案の法律が作られようとしたが、都道府県別にこの業務の進捗状況は異なっている。私たちは重大な関心を持って、この行方を見つめている。
DPI日本会議の尾上さんを囲んでお話を伺います。
どうぞ資料だけでも、後日請求でもいいので想いを持ち寄りましょう

 

※新型コロナウイルス対策のため、使用する会館から「参加者の間隔を2mとること」とされております。
 よって講師とスタッフを除いて、参加可能な人数が5名となってしまっております。
 当日は先着順でのご参加となりますので、定員オーバーの際はご参加できません。
 なお、その際は希望者には後日資料をお配りする予定です。あしからずご了承ください。

 

 

話題提供者:尾上 浩二さん

 (DPI日本会議・副議長 / NPOちゅうぶ・代表理事)

 

日時:6月13日(土)

            午後1時30分~4時頃

 

場所:西成区民センター

住所:大阪市西成区岸里1-1-50
TEL:06-6651-1131


大阪メトロ四つ橋線:岸里駅
大阪メトロ堺筋線または南海線:天下茶屋駅

※天下茶屋駅からの経路はコチラの記事もご参考にしてください。

 

参加費:500円(大精連会員は無料)※当日入会も可能です。

定員:5名(スタッフ除く)

 

 

※地図

西成区民センター

※この事業は、令和2年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。

新型コロナウイルス感染症の大流行により、全国的に外出自粛の動きが広まっています。

先日7都府県に緊急事態宣言も発出されました。

なんとかこの事態を、皆で協力して乗り切りましょう。

 

ぼちぼちクラブは、大阪に拠点をおく精神障害者の当事者会です。

大阪では緊急事態宣言のため、公共施設が使いにくくなっております。

また、不要不急の外出を控えるよう、自粛要請も出ています。その辺りも鑑み、

 

5月16日(土)開催予定の交流会を、中止とさせていただきます。

 

ゴールデンウイーク明けにはこの緊急事態宣言も解除される予測ですが、ウイルスとの戦いは、長期戦になるとも言われています。

ここで無理して開催して、参加していただいた皆様が感染しては意味がありません。

交流会に例会、わかちあい電話と、次々中止・休止にして、誠に申し訳ありません。

早くこの事態が収束して、みなさんとまた繋がれることを祈っております。

 

ぼちぼちクラブ

 

 

 

 

大阪府を含め、7都府県に緊急事態宣言が出されました。

新型コロナウイルスによる感染拡大が止まりません。

 

ぼちぼちクラブは、大阪にある精神障害者による当事者会です。

この状況下、不安になっている会員のみなさんも多いでしょう。わたしたちも不安です。

その不安をわかちあうことも大事だと思い続けてまいりましたが、この度の緊急事態宣言の発出で、わかちあい電話スタッフを守る必要が出てきました。

 

4月9日(木)からしばらくの間、わかちあい電話を休止させていただきます。
 
4月9日にお電話をいただいた方には、ご連絡が遅くなったことをお詫びいたします。
再開は緊急事態宣言の期間終了予定日の近く、5月の連休明けを予定しています。
それまでみなさんと悩みや不安をわかちあうことができないのは、わたしたちも辛いです。
どうか、この厳しい状態をみなさんと共にくぐり抜けて、またわかちあい電話でお会いできますように。
 
ぼちぼちクラブ
 

 

 

新型コロナウイルスが全国で猛威をふるっています。

みなさん、対策は大丈夫でしょうか?

 

さて、大精連ニュース173号や、ぼちぼちクラブ・ホームページにて告知させていただいていた、4月11日(土)に西成区民センターにて開催予定だった4月例会ですが、昨今の新型コロナウイルスの大流行に対する世間の状況や大阪府のイベント自粛要請を鑑み、3月交流会に続きこちらも『中止』とさせていただくことになりました。

楽しみにしていた皆様には本当に申し訳ありませんが、会場は無論、会場までの経路などで感染する可能性がある以上、いろいろな地方から人が集まる例会のようなイベントは、この時期は中止した方がよいと判断いたしました。

本当に申し訳ありません。

 

「寝屋川障害者監禁致死事件」に関しましては、話題提供者として登壇予定だった精神科医・三家英明医師にご協力いただき、資料の有償配布や、日を改めての例会など、このままフェードアウトさせないよう、考えております。

決まり次第、当ブログ及びホームページにて告知させていただきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

次回6月例会は6月13日(土)を予定しています。

その頃には新型コロナウイルス騒動も沈静化に向かい、みなさんが少しでも安心して集まれることを願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、わかちあい電話はいつも通り火曜・木曜の14時~16時30分頃に行っています(祝日の場合お休み)

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルスが大流行しています。

みなさん、十分お気をつけください。

 

さて、本日大精連(ぼちぼちクラブ)ホームページを更新しました。

先日配布した大精連ニュース173号掲載の4月・5月の行事の予定を掲載しております。

興味はあるが会員でない方など、是非ご覧ください。

手作りのつたないホームページですが、ここで情報発信を続けております。

大精連(ぼちぼちクラブ)ホームページ

 

また、会員になっていただければ行事予定のほかに、例会の感想や大精連の活動報告などを掲載した「大精連ニュース」を2ヶ月に1度お送りいたします。

例会や交流会の参加費も無料になります。

ご興味のある方、一度資料(入会案内)を請求してみませんか?

電話・FAXのほか、ホームページからも請求できますよ。

大精連(ぼちぼちクラブ)お問い合わせのページ

 
どうぞよろしくお願い致します。

新型コロナウイルスの流行が全国に広がっています。

みなさん、対策は大丈夫でしょうか?

 

さて、大精連ニュース172号や、ぼちぼちクラブ・ホームページにて告知させていただいていた、3月21日(土)の西成区民センターにて開催予定だった交流会ですが、昨今の新型コロナウイルスに対する世間の対応を鑑み、今回は『中止』とさせていただくことになりました。

楽しみにしていた皆様には本当に申し訳ありませんが、会場は無論、会場までの経路などでの安全対策が完全にはできない以上、交流会のように、いろいろな地方から人が集まるイベントは、この時期は中止した方がよいと判断いたしました。本当に申し訳ありません。

 

次回交流会は5月16日(土)を予定しています。

その頃には新型コロナウイルス騒動も落ち着いて、みなさんが安心して集まれることを願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、わかちあい電話はいつも通り火曜・木曜の14時~16時30分頃に行っています(祝日の場合お休み)

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

2月8日(土)に開催予定のぼちぼちクラブ・2月例会についての大事なお知らせ、追加情報です。

 

講師に予定していた三家英明先生がご都合で参加できなくなることを先日お伝えいたしました。

そこで、寝屋川在住の当事者で、みつわ会BALBALクラブにて活動をしている倉田孝之さんをお招きすることになりました。

2月例会は同じタイトルで『何があればこのような監禁致死事件をふせげるか』参加者の思うことを話しあいたいと思います。

また、寝屋川市在住の当事者・倉田さんに話題提供者になっていただき、体験談をうかがいながら、意見交換を予定しています。

 

--------------------------------------------------------

 

2月例会「寝屋川障害者監禁致死事件について」

 

話題提供者:倉田孝之さん(みつわ会BALBALクラブ)

 

日程:2月8日(土)

 

時間:午後1時30分頃~午後4時頃

 

会場:西成区民センター

 

参加費:会員は無料(非会員500円)

 

※この事業は、令和元年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。

 

2月8日(土)に開催予定のぼちぼちクラブ・2月例会についての大事なお知らせです。

 

 

講師の方のご都合で、2月例会の講師が変わります。
2月例会は、同じタイトルで『何があればこのような監禁致死事件をふせげるか』参加者の思うことを話しあいたいと思います。

また寝屋川市在住の方の体験談をうかがいながら、意見交換を予定しています。

 

--------------------------------------------------------

 

2月例会「寝屋川障害者監禁致死事件について」

 

話題提供者:寝屋川在住の当事者(調整中)

 

日程:2月8日(土)

 

時間:午後1時30分頃~午後4時頃

 

会場:西成区民センター

 

参加費:会員は無料(非会員500円)

 

※この事業は、令和元年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。

 

インフルエンザが流行しています。
皆さん調子を崩していませんか?

 

さて、来る2月8日の土曜日には、西成区民センターにて、ぼちぼちクラブ2月例会を開催します。

 

 

2月例会

「寝屋川障害者監禁致死事件について

10歳前後に不登校になり、とじこもりだした愛里さん。親に連れられ精神科を複数受診。
中学校に出席しないまま、後の治療に本人は繋がらず、2畳ほどの部屋に監禁された。
約18年間、そこで差し入れられた食事を1人で食べ、水はホースより吸った。
そして33歳で凍死したときは、体重は19キロだったと報道された。
胸がつまる。どこにも連絡がとれないままだった。
監禁に至る前に、できることはあったはず。教師は、地域は、精神科福祉の関係者は……なにをしていればくいとめられただろう。第2の愛里さんを出さないために考えておきたい。

 

――どうぞお誘いあわせの上、お越しください。

 

話題提供者:三家 英明さん(精神科医・三家クリニック院長)

 

日時:2月8日(土) 午後1時30分頃~4時頃

 

場所:西成区民センター

※昨年12月の例会と会場が違います。ご注意ください。

住所:大阪市西成区岸里1-1-50
TEL:06-6651-1131


大阪メトロ四つ橋線:岸里駅
大阪メトロ堺筋線または南海線:天下茶屋駅

※天下茶屋駅からの経路はコチラの記事もご参考にしてください。

 

参加費:会員は無料(非会員は500円)※当日入会も可能です。

 

※地図

西成区民センター

※この事業は、令和元年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金の交付を受けて実施します。