私、大門正明、デビューして40年を超える俳優。これまで演じた役は二枚目三枚目、犯人、刑事、時代劇、現代劇、数知れず。しかれども学生時代に巡り逢うた演劇への敬愛と夢は未だに覚めやらず。還暦を過ぎて、己は未だ演劇青年のつもり。

 ところで、私は俳優の他にもう一つ生業として経済誌(カンパニータンク)のインタビュアーを30年以上やっている。これまで対談した社長は五千名を超える。雑誌社(国際情報マネジメント)からギャラを頂き社長と対談するのだがコレが面白い。対談を通じて今まで五千名の社長さんの生き様を垣間見てきたことになる。相手は色々な職種、老若男女、の社長さんである。本に出る理由も各々違う。会社を創立したばかりで、将来のビジョンを本にし、文字にして残す為に取材を受けた社長。私は何名か社長さんと時を経て再会して再度の対談をした経験がある。神奈川で会った塗装業の社長さんとは独立したばかりの時、自宅と事務所兼用のアパートで対談した。周りで小さな男の子が二人走り回っていた。10数年後、自社ビルの社長室で再会した時、走り回っていた二人の男の子は大人になって社長の両脇に社の幹部で座っていた。昔の対談記事が載っている本が、私の書いた[仁輔友以]の色紙と一緒に社長室にありました。彼はかって本で語ったビジョンを実現させていたのです。二度目の対談では二人の息子さん達に将来実現させるべき夢を再び本にする為語っていただいた。私にとって良き思い出の対談でありました。

 会社を次の世代へ引き継ぐ時、次世代へのメッセージを本にする為に取材を受ける社長さんもいた。
世間に一言物申そうと本に載る為、取材を受けた社長もいた。
対談の中で自社の製品をアピール登場させ、その記事を広告宣伝の材料にする為に取材を受けた社長さんもいた。

 取材を受けた理由は様々。
本として形にする時は勿論それなりの費用が社長さん達の負担になる。分かり易く言えば、社長さん達の社長さん達による社長さんでなければ載る事の出来ない本の共同出版のお手伝いをしているような感じ。でもそこには出会いがあり、ドラマもある。
明日はどんな人物に出逢えるのか。

一期一会。
人は面白い。
人生は面白い。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-16 18:44:16

ブルカ

テーマ:ブログ

網の幕に囲まれてもう随分経ったなァ。

除幕は足場が外される8月末と聞きました。

それまで我が家はブルカを纏ったイスラムの女の様に姿を直に観るコト叶わずだ。

公園から朝な夕なとベール越しの我が家を厭きずに眺める毎日です。

 


 

正明

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-06-21 18:57:24

雨(幸せな…)

テーマ:ブログ

雨が降る。

一体これは梅雨の雨か・

どしゃ降りの雨。

風も伴って彼方此方に洪水警報が出ている。

降らねば水不足になり降れば洪水警報とは程度を知らぬのか。

温暖化で日本の四季ある気候が変化しつつある。

近頃雨にも趣がなくなっているよう…。

 

最近雨でイイハナシを聞いた。

 

2歳になったばかりの可愛い盛りの男の子は日々言葉を習得中。

目に入るモノを指差し言葉で繰り返す。

母親はその都度単語を教え男の子は飽きずに反復する毎日だ。

母は窓の外に降る雨を指差して2歳の我が子に教えた。

 

「雨」と云う言の葉。

 

ある時、母親は何か感動する事ありて涙を流した 。

その時、2歳の息子が母の涙を指差して「雨」と言ったのだ。

アメアメと繰り返す我が子に母親は何故か感動していた琴線がもっと震え出し溢れる涙の追加があったとのハナシ。

なんのコトやアる我が娘と孫のエピソードだが…聞いて私自身も何故か幸せになった。

 

幸せのエピソード。

 

やがて記憶の遠くへ行ってしまう幸せなハナシ。

 

正明

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-11 14:01:46

再生

テーマ:ブログ

40年近く住んだ家を壊し新たな家を建てる。
古びた家具を運び出しガランとしたなかに思い出が走馬灯の様に駆け巡っていた。
愛しい子達は皆巣立って誰もいない。
幸せな家だった。
家族みんな仲良しで笑い声と娘の歌声に包まれていた家。
み~んな健康に恵まれ立派な大人に育ち巣立って行った。
今は母、私、妻の高齢者3人と13歳の柴犬モモが静かに暮らす家だ。
家には今も巣立った子等が孫を連れて休日毎に帰ってくる。 その時は子達が子供であった頃の様に賑やかな幸せが蘇る。 その束の間の時の為に家は再生するのだ。
庭の木々は松をはじめ全て切られる事はない。
杏の樹の下には16年お庭番を勤め15年前に往った紀州犬ユキが眠っている。
彼女は杏の花を咲かせて庭に見事に再生した。
帰ってきた子供達孫達を木々は窓の外から見守って居るのだ。
家は壊され滅ぶのではない。
新たなる再生なのだ。
人数が増えた分、昔より賑やかに幸せも溢れる筈だ。
今だけは時が早く過ぎればいい。
夏は早く過ぎ秋には新たなる家が建つ。
カレンダーの過ぎゆく日々に×を付けましょう。

アナタの再生が楽しみだ。

いつまでも宜しくね。


朝陽の当たる家

正明

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。