仁輔友以|俳優・大門正明
 私、大門正明、デビューして40年を超える俳優。これまで演じた役は二枚目三枚目、犯人、刑事、時代劇、現代劇、数知れず。しかれども学生時代に巡り逢うた演劇への敬愛と夢は未だに覚めやらず。還暦を過ぎて、己は未だ演劇青年のつもり。

 ところで、私は俳優の他にもう一つ生業として経済誌(カンパニータンク)のインタビュアーを30年以上やっている。これまで対談した社長は五千名を超える。雑誌社(国際情報マネジメント)からギャラを頂き社長と対談するのだがコレが面白い。対談を通じて今まで五千名の社長さんの生き様を垣間見てきたことになる。相手は色々な職種、老若男女、の社長さんである。本に出る理由も各々違う。会社を創立したばかりで、将来のビジョンを本にし、文字にして残す為に取材を受けた社長。私は何名か社長さんと時を経て再会して再度の対談をした経験がある。神奈川で会った塗装業の社長さんとは独立したばかりの時、自宅と事務所兼用のアパートで対談した。周りで小さな男の子が二人走り回っていた。10数年後、自社ビルの社長室で再会した時、走り回っていた二人の男の子は大人になって社長の両脇に社の幹部で座っていた。昔の対談記事が載っている本が、私の書いた[仁輔友以]の色紙と一緒に社長室にありました。彼はかって本で語ったビジョンを実現させていたのです。二度目の対談では二人の息子さん達に将来実現させるべき夢を再び本にする為語っていただいた。私にとって良き思い出の対談でありました。

 会社を次の世代へ引き継ぐ時、次世代へのメッセージを本にする為に取材を受ける社長さんもいた。
世間に一言物申そうと本に載る為、取材を受けた社長もいた。
対談の中で自社の製品をアピール登場させ、その記事を広告宣伝の材料にする為に取材を受けた社長さんもいた。

 取材を受けた理由は様々。
本として形にする時は勿論それなりの費用が社長さん達の負担になる。分かり易く言えば、社長さん達の社長さん達による社長さんでなければ載る事の出来ない本の共同出版のお手伝いをしているような感じ。でもそこには出会いがあり、ドラマもある。
明日はどんな人物に出逢えるのか。

一期一会。
人は面白い。
人生は面白い。
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

もう直ぐ15期目

もう直ぐ15期目を迎える。

14年前に会社を立ち上げたのが昨日のような速き時の流れです。

な~んもないから歩み出し会社の体を成す為に努力し続けた。

週休2日制、年間有給休暇…当然のコトを当たり前に。

増えていく仲間に鬱病が出た時には何年かかろうと彼をフェイドアウトはさせまい復帰させるぞ!!

と意識を統一した…コレには社内の空気作りが半端なくシンドかったっけ。

この体験は小さな会社にとって大冒険だった。

今や女子会とやらを開くと15名が集うらしい、女子が増えているからこそ産休育休が生じた時は社として出来得る限りのコトで対処してきたつもり。

だがまだ発展途上…会社はヨタヨタ歩いている。

巡り会いも別れも思いがけない裏切りも経験したが…会社をやったからこその喜びも最近は見い出している。

若い社員が人として成長していく様は観ていてとても愉しい快いモノです。

人生にはこんな喜びもあったのか!?

他人の子の成長が我が子のコトのように嬉しいとは…若い頃には己の内に知らなかった思いだ。

歳をとったからこそ覚える感情なのかもしれない。

だが…我が社はまだまだヨチヨチ歩きで安心して引退できないのも現状です。

もう少し頑張るつもり。

もう暫くは是非に若者達の成長していく様々を楽しませていただきたい。

 

頑張れ仲間達!!

 

正明

白梅

玄関先の鉢植えの梅が無事に今年も咲きました。
いろんな鉢に植え変えられながら30年以上は生きている梅です。
あまりキレイな枝振りではないが丈夫で
毎年玄関先で仄かに香る。

春になりました。



なんでやねん

別離あり!!

会社への背任、業務上横領、信用低下への賠償処置が控えている…コトは告訴に致る問題…。

20年来の仲間だった奴なのだ。
会社の草創期、7人の侍達が私の傍に来てくれた。
15年が経って社内に仲間は何倍にも増えたが草創期からの7人で残存は3人しかいない。
去りゆきし者の理由は様々なれど今回は最低最悪だ。

男の20年来の付き合いが突然に終わる。
いきなりの思いもよらぬこんな別れも人には在るのだ。

惜別する為に一生懸命に怒っていた自分が居たが…別れの後は例えようのない寂しさだけが残っている。
この寂しさは一体なんだ!?
俺は何故こんな目にあわねばならん。
人生は試練と言うが…
人生は色々有りと言うが…。

なんでやねん!?

正明
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>