自殺介護認知症モラハラ〜怒涛の令和3年の記録

自殺介護認知症モラハラ〜怒涛の令和3年の記録

義母の自殺から色々な金銭問題、介護問題、認知症、モラハラ旦那の事、子供の事まで。嫁の立場の私が綴ります。
いいね、お待ちしてます!

読んでくださりありがとうございます。
このブログは義母の自死から考えること、私の気持ちをヘタな文章で残していきたいと始めたブログです。
日本の介護問題や老後の家族問題、お金の問題、分からない事を少しずつ記録しています。


ご無沙汰になりました💦

とろです。


前回の危篤の連絡から色々ありました。

旦那はそのたびに駆けつけましたが、乗り越えてきた義父。

もう目覚めることは無いけど耳だけは聞こえていると伺い、色々耳元でささやいてきたそうです。

家の売買により完了する日まで頑張って、
そして弟がコロナ感染により、身動きが取れないから治るまで頑張って、、と。

きっと他にも、、
ホントは生きたかったんじゃないか?
意識が無くなる前に何度も義母(旦那の実母)に電話をかけていた事が分かり、何が話したかったの?

もう二度と話せないけど、話して来た様子。


そこから、義父はちゃんと旦那の話した日を乗り越え、弟が無事退院した数日後にまた危篤となり、、

連絡を受けて向かう準備をしている間に亡くなったと連絡を受けました。

最後の時に一緒に居てあげたいね、と話していましたが間に合いませんでした。


ここで葬儀をして欲しいと、メモや遺書が残されていました。

でもこれは以前に自殺未遂を起こした時に書いたもの。
でも、そこに書いていた通りに葬儀を行いました。

家族だけの1日葬でした。

義母(旦那の実母)も来てくれました。


葬儀の前夜に義母と久しぶりにお酒を飲みながら2人で話していましたが、今までも聞いていた悪事より更に色んな経歴が💦

義母は
「あの人の人生は好き勝手で幸せだった、と正直大変な思いしかしていないし涙も出ないわ💦」
と言う話をしていました。

私も更にどん引きな話ばかりで同じく💦の気持ちで葬儀に出ていましたので、涙も出なかったんですけどねうーん


旦那はやはり何度か肩を震わせていました。
あんなに喧嘩して、あんなに義父を罵っていたのに思い入れはちゃんとあった様子。


1番可愛がって貰っていた息子が声を出して泣き崩れ、私はもらい泣き。

そして娘も泣き出し、涙でおくりました。


今は自宅によんさんと仲良く居ます。

49日法要に納骨まで来月に皆で行います。


イベントバナー

 PayPay