石川 ラーメン店で障害者就労 白山の社福法人事業所 輪島に店舗開業/中日新聞記事・2020年8月8日

 

「店切り盛りでまちおこしに」

 社会福祉法人仏子園(白山市)の事業所「輪島KABULET(カブーレ)」が七日、輪島市河井町にラーメン店「中華そば いぶき」を開業した。就労継続支援として障害者も働いており、店長の吉田和弘さん(45)は「店を切り盛りすることがまちおこしにつながる」と力を込めた。
 店はカブーレの拠点施設でゲストハウスを併設する「うめのやBULLET(ブュレット)」内にある。メインの中華そばは、しょうゆ味は市内の谷川醸造のしょうゆ、塩味は輪島製塩の塩を使用。吉田さんは「老若男女に愛される昔ながらの味わいに仕上げた」と話す。いずれも税込み七百八十円。
 輪島カブーレは、市中心部の空き家などを活用した温泉施設やスポーツジム、グループホームを運営しており、事業は仏子園と青年海外協力協会(JOCA)が共同で進めてきた。
 吉田さんは八年ほど前、東京都内で営んでいたラーメン店でJOCAメンバーと知り合った。「接客で話すうちに、ずっと同じ店にいるより、いろんな世界を見たくなった」と昨年十一月に輪島に移り、カブーレの職員になった。
 開業を祝う式典が店であり、市や商工会議所などの関係者らが試食した。店では障害者四人が働くことになり、カブーレの原正義さん(42)は「今後、同じ建物に障害者向けグループホームや共同作業スペースも設け、年齢や国籍、障害の有無に関係なく利用できる施設にしていく」と話した。
 いぶきの営業は午前十一時〜午後三時、午後五時〜九時半。第二、四木曜定休。


中日新聞記事・2020年8月8日
https://www.chunichi.co.jp/article/101762?rct=k_ishikawa&fbclid=IwAR0HvRY-bD_QR2uhKoE_z-B4kRQQO2liDAgXwfSPm7UbIGdUGOLexBhhJ3Q

 

 

もみ殻を燃焼させて資源であるシリカ(二酸化ケイ素)を取り出し再利用する施設が、唐津市大良に完成した。畜産の敷料などとして利用されてきたもみ殻だが、最近は余剰傾向にあるといい、もみ殻の有効利用法として注目される。

 もみ殻は、土壌改良材として田んぼにすき込むなどの利用も減り、有料で処理することもあるという。もみ殻はシリカを含んでおり、高純度のシリカは、化粧品や健康食品、半導体などの原材料になる。

 導入された生成機「エシカルスター」には釜が18個あり、もみ殻800キロを30~35時間、自然燃焼させ、100キロ程度のシリカを取り出す。空気の量をコンピューターで制御し、燃焼温度を押さえることで、発がん物質が発生する課題を解決したという。

 今後、JAからつからもみ殻の提供を受けて、月に2トン程度、シリカ灰を生産。これをもとに除草剤を製造したり、高純度シリカの材料として販売する計画だ。

 施設は、唐津市の養豚業「よしい」がJAからつ大良支所跡に設置。作業には、就労継続支援B型事業所「つくっちゃおう」(同市)の障害者ら7人ほどがあたる。よしいの吉井清隆社長は「障害者の地域での貴重な就労の場で、利益を上げて還元したい」と説明。事業を軌道に乗せ、今後、周囲の農家との連携も図りたいという。


佐賀新聞LiVE記事・2020年8月7日
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/558542?fbclid=IwAR3XWKeR7vUWqvgkHoJ9XZ8zU3DihrMt_dtNi2F0K_9gONxwz0CXslgPdTc