誰もが一度は行なったことのあるラジオ体操。

 

子供の頃、特に夏休みなんかは
よくやった記憶がありませんか?

 

小さい子供や年配の方だけが行う
「健康のためだけ」の体操だと思ったら大間違いです。

 

最近、このラジオ体操がダイエットやアンチエイジングに
効果的ということで再び脚光を浴びています。

 

ラジオ体操の運動量は、(1体操は約3分)
速いペースのウォーキングと同じくらい、
消費カロリーを見込めるものです。

 

ラジオ体操を行うことによる効果は、
全身の血流を促進し筋肉をほぐすというものです。

 

血流を良くしたり、筋肉を使う事によって
代謝を上げることができるので、
結果、ダイエットに繋がると考えられます。

 

また、ラジオ体操にはストレッチやヨガのような動きも組み込まれているので、
ダイエットにはぴったりの体操だと言えるかもしれません。

 

偏りなく、全身の筋肉にアプローチするため、
正しく体操すれば、かなりの効果が期待できます。

 

それに、音楽に合わせて体を動かすので、
毎日の取り組みもさほど苦にはなりません。

 

ラジオ体操を行う時のポイントは、
ひとつひとつの動きをしっかりとやる事です。

 

止めるところではしっかり止めたり、

曲げ伸ばしをきちんと行なったり、
というように、少しオーバーなくらいの動きをすると、
汗をかくほどの運動量になります。

 

また、呼吸に合わせて行う事も大事です。

 

80年の歴史を持つラジオ体操。

 

ダイエットのため、健康のため
是非、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

朝は何かと忙しいですよね。

 

でも、一日のうちで最も習慣化しやすい時間帯でもあるのです。

 

そんな朝の時間に、ストレッチで循環を良くしておくことで、
代謝アップがはかりやすくなります。

 

そんな朝を味方につけて、ダイエットしましょう。

 

日頃から運動不足の方も、
こんな朝のストレッチから始めてみてはいかかでしょうか?

 

それでは、朝ストレッチの方法をご紹介します。


〈首・手・足ほぐし〉

①朝起きたらまず、お布団に座ったままでもよいので、首を回します。


 右まわり左まわり5回ずつ。

 

②次に両手・両足をグルグル回します。


 右まわり左まわり5回ずつ。


〈両手上げ伸ばし〉

①脚を前後に大きく開き、両腕は耳横に付けるように上に伸ばして、
 頭の上で両手を合わせます。

 

②上半身をまっすぐにしたまま、ゆっくり膝を曲げたり伸ばしたりします。


 10回を目安に繰り返します。

 

※上半身の体重が刺激となって、下腹部、太ももの引き締め効果が期待できます。


 お尻の筋肉を柔らかくし、引き上げるのでヒップアップにも良いです。


〈開脚伸ばし〉

①両足を大きく開いて背筋を伸ばし、両手を肩の高さで前に伸ばします。

 

②両手をできるだけ遠くに伸ばしながら、前屈します。


 この時背中が丸くならないよう注意して下さい。

 

③上体を起こしたら、両肘を曲げ、背中に近づけるようにして肩甲骨を締めます。


 10回を目安に繰り返します。

 

※肩甲骨周辺や背中のコリをほぐすので、上半身がスッキリします。


また、上体を支える腹筋や内ももの筋肉も強化されます。

 


毎朝目覚めに、10分間だけでも自分の体を意識してみましょう。

 

そうすることで、一日が軽やかに過ごせるようになるはずです。

 

 

ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」