1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-05 17:21:25

風吹く良き日よ

テーマ:ブログ

太陽に一番近い場所

 

 

 山の頂上で 悠々と 秋風に吹かれて

 この仔の大好きな季節

 

 私も心ゆくまでパトロール ヘビートレーニング

                          管理人                

 

 

 

休日の総務さん

 

 

 

 

この連休に国宝姫路城へ。

2015年に平成の大修理を終え 別名「白鷺城」と呼ばれるが如く

近くで見ると真っ白でした。

 

まず姫路駅に降り立つと 目前大手前通りの奥に

優雅にそびえ立つ姫路城が...

徒歩20分で二の丸入口にある「菱の門」に到着しました。

中に進んで行くと 暴れん坊将軍のドラマのエンディング

シーンに使用されているという「はの門 下坂」へ。

そして石段を登り 天守内部へ。

急勾配な狭い階段を上がり続け やっと天守閣へ到着。

天守閣からの眺めは 遥か遠くの姫路駅まで見渡せ

今までの歩き疲れを一気に吹き飛ばしてくれる最高の眺めでした。

 

姫路城は桜の名所としても有名なようですので

次回は美しい桜の季節に訪れたいと思いました。

                              総務  女子

 

 

 

灘のけんか祭り 姫路

 

 

灘のけんか祭りとは

 姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる秋季例祭の名称です。

 「灘のけんか祭り」は、「灘まつり」とか、「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれ、

 古めかしい神輿をぶつけ合う特殊な神事によって、天下の奇祭だとか、

 全国の数ある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りであるといわれ、

 すでに戦前から播磨を代表する祭りとして知られていました。

 戦後は、この神輿練りのほか、絢爛たる屋台を盛大に練り競う

 勇壮豪華な屋台練りが人気を呼び、国内はもとより海外にまで

 その名を知られるようになっています。

 

 

   研修レポート

    10時神戸出発 11:30に松原八幡神社拝殿前へ到着しました。

    雨が降る悪天候でしたが、人の多さに仰天しました。

    まずは早々に宇佐崎の宮入。そして中村・松原と続き、豪華絢爛な屋台

    にも魅了されましたが、「ヨーイヤサー、ヨーイヤサー」の掛け声に合わせて

    重い屋台を練る様、一気に高々と持ち上げる様は、圧倒と興奮とが入り

    混じった何とも言えないものでした。

    特に、今年新調の宇佐崎は塗装前でしたが、かなり綺麗なものでした。

 

    全ての屋台が宮入を済ませると、松原八幡神社から3基の神輿が順に

    出されます。 これが、けんか神輿で、今年は松原の年でした。

    7年に1度の順番で一つの村が行い、一の丸は一番重たく熟年組が担ぎ、

    二の丸は壮年組、三の丸は青年組が担ぎます。

 

    神社から出された拝殿前にて、それぞれ神輿の態勢が整うと、いきなり

    ぶつけ合いが始まります。3基の神輿には其々に神が乗り移っており、

    激しくぶつけ合う程に神意に叶うと言われるそうです。

    圧巻は、潰した神輿の上に神輿を重ね、潰された神輿側が竹の棒で

    上の神輿を落とします。 支え、支えようとする者もなく、地面に叩きつけ

    られる様はすさまじい迫力でした。

 

    次に祭りのクライマックスの地、御旅山では段々畑のようなスタンドが

    練り場を挟み、スタンドを占める数万人はいようかという客のボルテージ

    も上がっておりました。

    今年の練り番「松原」が練り場のお清めを終えると、一の丸・二の丸・

    三の丸の順で神輿が練り場へ、荒れ狂ったように練り歩いたあと、

    更に激しくぶつけ合う神輿に観客から盛大な拍手の嵐!

    現場にいた私達も改めて勇猛果敢なぶつけ合いに圧倒されました。

 

    けんか神輿が終わり、順に御旅山へ登りだすと、いよいよ各村の屋台が

    練り場へ順に入ってきます。各村とも、ここが最大の見せ場だと、気合

    十分に練り競います。 今年は、特に宇佐崎と東山の屋台の練り競いが

    見どころでした。 とにかく言葉で語りつくせません。

 

    何度も繰り返し練り競い、新調して軽い宇佐崎に東山が練り勝ち屋台が

    高々と掲げられた時、一気に拍手の渦が押し寄せました。

    一頻り練った後に山を登る、更に力を振り絞り

    「ヨーイヤサー、ヨーイヤサー」の 掛け声にも力が込められます。

    全員が一丸となり「この屋台も神の下へと・・・」。

 

    この研修で7つの村の団結心、祭りに懸ける気持ちの強さに感動しました。

    私達も、全社一丸となり目標を必ず達成出来る様、全力で取り組んで

    いかねばと強く心に言い聞かせました。

                                   代 表  高原 祐二

 

関係先様のお招きでした。

おかげさまで 貴重な素晴らしい体験ができました。

お世話をかけ ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to be continued

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。