こんにちは😊
宮崎県延岡市の墓石店、ダイボ石材店の営業担当をしてます大保忠です( ´∀`)

お盆を過ぎ、太陽の日差しも少し和らいだように感じ、今年の夏も終盤を迎えようとしています。


先日、高千穂町の墓所へ行くと近くにひまわり畑がありました。
どちらかといえば、寒いよりも暑い方が好きなのでもう少しこのひまわりを見れる日が続いてくれればな…と思う今日この頃です🌻

さてさて、皆さん『お墓と仏壇の違い』って考えたことはありますか?

私はありませんでした。

私はお墓のことがほとんどで、仏壇の知識に関してはまだまだ勉強中です💦

そもそもお仏壇を家に入れるときって、ほとんどの場合がその家でご不幸があった時だと思ってたくらいです。(私の中でですが。)

そんな話をある住職と話をしていると、なるほど💡と感じる回答をくれました。

お仏壇は、御本尊様をお祀りするために家に作るお寺。
お墓は、自分たちのご先祖様をお祀りする大切な場所。

なので、お仏壇では御本尊様と同じ高さではなく、一段下で位牌や過去帳などをお祀りするそうです。

お墓もそうですがお仏壇でも入魂式(開眼供養)があるのです。
その目的は、御本尊様の御霊をお祀りするための仏事だそうです。

ということは・・・

家の中にお寺という建造物ができるので、お祝い事の一つでもあるのです㊗️
(しかし、現実的に前述したように、お仏壇を入れるときにはご不幸があった時がほとんどなので、そういう状況ではないのですが😅)
ですので、お仏壇の開眼供養では紅白のろうそくが使われたりもするそうです。

家にお寺を作るということはわかりますが、お寺にある納骨堂や永代合葬墓などの意味はなんだろう🤔
お寺にある納骨堂って、お仏壇と似てるし、お寺の中で個人のお寺を作るのか⁉️
遺骨の安置所⁉️なんて、考えてしまいますが。。。
まだまだ勉強不足です💦

そこでお墓の意味を考えると、自分たちの御霊を祀るために大切な場所なのです‼️
そうでなければ、人という寿命が終わり、肉体という場所を失った御霊が宿る場所はない。(=帰る家がない。)ということなんです。

『昔から魂は石に宿る』といわれていますし、お墓って私たちにとってすごく大切な場所の一つなんです。

家がない御霊はどうなるのか・・・

このことについてはまだまだ勉強しなければなりませんが、お仏壇が家に作るお寺という考え方は、なるほどなぁ〜と感じました。


こんにちは😊
ダイボ石材店の大保忠です( ´∀`)

ブログの更新滞ってしまってました😓
前回を見ると年始のご挨拶・・・

積み重ねだ!と分かっていても後回しにしてたらダメですね(^^;;

本当に暑い日が続きますね🥵

工場内での作業も現場での作業もこの時期は熱中症に要注意💦
水分補給とこまめな休養をとりながら行っています。

今、現場を行っているのは、リフォーム工事です。

これまで大切に守られてきたお墓を研き直したり、納骨室を作り替え広々としたものに作り替えます。


このお墓、建立されて40年ほど経過しているのですが、当時はまだ基礎工事に鉄筋が使われてなかったりしたので、土台がひび割れ、お墓本体にも支障が出ています。

納骨室内に浸水していたので、費用はかかるのですが、土台からやりかえます。

「この状態で納骨するのは、母にしのびない。」

その想いでリフォームをすることになったのです。

そして、びっくりするのは、このお墓、実は祖父が建てたお墓。
磨きから、文字彫刻は当然ながら、祖父の癖までしっかりと残っています。

当時の思い出話などもお聞きしながらいただいたお仕事です。

祖父からのバトンもしっかりと受け取りました。


本年も宜しくお願い致します🙇‍♂️

こんにちは😊
なかなかご無沙汰をしていました。
ダイボ石材店の営業担当、小大ちゃんこと大保忠です。

弊社は一昨日より仕事始めです。

皆様はどんな新年を迎えられましたか?

私はというと『一年の計は元旦にあり』と言いますが、例年は寝正月だったのですが、今年はお誘いをうけ、山頂からのご来光にトライしてきました🌄

険しい道のりでしたが、実際にご来光を眺めると本当に素敵なものでした✨


年始の挨拶で、『お客様の幸せのために』ということで社長である父からの話もありました。

どうしたらお客様の喜ぶ顔が見れるのか。

そんなことを考えながら今年一年も頑張っていこうと思います。

長らく滞っていましたblogの方もできるだけ発信できればなと思いますので、こちらの方も宜しくお願いします。

本年も宜しくお願い致します🙇‍♂️

▼▽追伸▽▼
門川展示場では、「小大ちゃんの自己満写真展」ということで、ご来光のお写真を数点展示してあります。
お近くを通る際には、ぜひお立ち寄りください。