ホビーな自転車クラブチーム Cyclotron Targets(サイクロトロン ターゲッツ)

ホビーな自転車クラブチーム Cyclotron Targets(サイクロトロン ターゲッツ)

自転車を通じて、ポタリング(自転車であちこちぶらつく事)、レース、グルメ、写真、カフェライドを楽しむホビーな自転車クラブチームです。

パオーンです♪

新しいヘルメットを購入しました!!
そうです!!!!
かのOGKkabutoが東京オリンピックのために作ったヘルメット、イザナギです!

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/izanagi/izanagi.html

金太郎さんから入荷案内を頂き、ダッシュで取りに伺い、

早速サーキュレーター前で、最高の空冷効果とやらを体験(笑)
サイズは深く考えず、S/Mを注文していました。大阪のサイクルモードが中止になり、試着どころか実物を見たことも無い状況ですから、よく買ったなと自分でも思います(笑)
箱ごと持ち帰り、とりあえず眺める♪この瞬間が好きです!
グリッターグリーンという訳分からない色を選択!
再度言いますが、実物見てませんでしたから(笑)
因みに、タヌー監督がメタリックブルー、ハム太郎さんがメタリックレッドを注文してましたね♪
 
さて、開封!!!
よく見る角度から。
横、サイドの素材が半透明!!
斜め後方、ピンク!!ピンク!!!
男でこの色選ぶ方は、正直どうなんでしょうね(笑)
上見、溝を繋ぐパーツは、先ほどのサイドと同じ半透明の素材です。
左が今回のIZANAGIで、右がAeroR1(S/M)です。
おそらく数年前に購入したAreoR1からの乗り換えが一番多いんじゃないかと思いますね。
溝は深め。これには少しびっくりしました。てっきりR1と同じくペラペラかと思ってましたから。
そういえば、イザナギはアジャスターパーツを8段階移動できることも特徴でしたね。
R1の方は3段階でしたので、かなり個人差に対応できそうです。
後頭部が切り落とされた分、小さく見えます。
全体的に丸い感じ♪
落車の際、顔面を打つんじゃないかと心細かった額の部分は、R1と同程度の厚さしかありませんでした。
後頭部はBOA付きのアジャスターに!
正直、BOAである必要性は感じない(笑)
 
それでは、実走してみます。
30キロほど走行。必死に平坦を漕いだり、坂道を登ったり。。
エアロR1と比較して感じた事を思いつくまま書いてみます。
 
①先ずかぶり心地:R1に比べて被りが浅い。正確に言うとR1の方は溝が薄いから奥まで被れる感じですかね。そして、サイズもサイクルキャップ1枚分小さい。特に側頭部ね。サイクルキャップを付けた状態でR1を被ってた方なら大丈夫かと思いますが、ぴったりだった方は注意が必要かと。あ、ゼナードほど程小さくはないですよ。パオーンはゼナードのS/Mは入りませんから、どちらかと言うとR1寄り。
 
②次にノイズ
時速20キロ前後の風斬り音は、R1より大きい!これはサイドの構造がツルツルと複雑な構造とを比較すると当然かな。R1が異常な位静かなだけ。しかし、40キロに速度を上げると少しびっくり。あまりノイズが大きくならない!高速域ではR1には劣るものの、風斬り音で周囲の声が聞こえないということは無さそう。ただし、耳の形状は個人差が大きいので、万人が共感出来るかは謎です。レース中もポタリング中でも周囲の音を聞き取るのは重要です。もっと大事な機能として追求して欲しい。
 
そして、
③肝心の風通りですが、
顔を上げた状態、余裕のあるポジションだと、それ程他のヘルメットに比べて特記すべき事は無いです。
今や前頭部からの風の取り込みはそこそこのランクならどのヘルメットでも計算されているんでしょうから。エアロR1でもね!
驚いたのが、やや下を向いたとき!なるほど、
頭頂部のやや前方からかなりの面積で風を受け、それがサイドにも回り込んでくる感じ!
ここからも抜けてるのか!?確かに涼しい!!
前から入り、後ろから抜けるのはAeroR1がショートエアロヘルメットとして優秀だと褒めちぎられたのは記憶に新しく、パオーンもステアーから買い替えたときにかなり衝撃を受けたのは覚えてます。
ただし、クリテリウムで時速50キロ以上とか出されて本当にキツイとき、即ち、下ハン持って頭を下げ、顎を引き、上目遣いで前方を見てるとき、エアロR1が受ける風の抵抗はかなりキツイ!これを体験してるのはパオーンだけじゃないはず!R1唯一の弱点でした。ソロ走行中で視線を下げてる場合にも感じていた方は多いでしょ??
 
イザナギは神様の名前です。結論から言うと、本当にキツく、視線を落としたときに助けてくれるヘルメット、それがイザナギなんですね!
 
ただし、神様の値段は高すぎる!海外の高級ブランドよりも高機能で低価格な商品を提供してくれる東大阪の町工場という印象をバッサリ切られる価格です。エアロR1がなぜあれだけヒットしたのか答えは1つです❣
正直、イザナギを選ばなければいけない場面を考えるのは難しい。低速で坂道を登ってる時はゼナードでも良い。但し、ゼナードは横や後ろを向いた時に風がうるさい。エアロR1の頭頂部からの風が無いのがキツイなら、今ならV1がある。ゼナードやR1をこよなく愛する方がそれぞれの長所を棄ててまで受け入れられるかは謎です。むしろイザナギはフレアーのハイエンドでは無いのかな?
 
色々書きましたが、細かい体感なんてどうでも良い!ハイエンドを身にまとっているという強い気持ち!!それが大事です!!!プライスレスです!!!!!
皆さんも是非被ってみてください!!
どうでもいい情報として、嫁には、このカラー・・・あんたいつもの死神ポジションで余計に目立つわよと・・・。確かに集団最後尾でこの後頭部は目立ちますね(笑)
色が気に入らない方はもう少し待てば違う色が出るんじゃないでしょうかね。オリンピックカラーは今年から延期になるかもしれませんが。
 
最後に、パオーンはいつもサイクルキャップやヘイローのバンド↓を被っているのですが、

http://www.haloheadband.jp/brands/slim/

なんと、この機能を持ったウルトラスウェットパッド-03というものがイザナギには同封されてます!まだ確認してないけど(笑)

近年、凄く熱中症になりやすくなったパオーン。その対策として夏には直にヘルメットを被る事を検討しています。このパッドは大変ありがたいかも♪

まだ1度しか走ってませんので、もっと感じるものがあれば書きます♪

片道100キロ以上を走りメタリックレッドを購入しに来た鉄人ハム太郎さんにも感想を聞いてみましょう(笑)