趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

株式、不動産を中心とした投資、パソコンやスマートフォン、車、クレジットカード、資格、その他自分の興味のある話題を自身の頭の中の整理も兼ねて投稿していきたいと思います。株収支はtwitter上で適宜報告しています、フォローはご自由にどうぞ。


テーマ:

今回は融資の話です。最近、政策金融公庫に融資打診を2件ほど行っていました。

 

 

 

 

----------

 

一件目は法人名義で7号物件の不動産賃貸業の設備資金(リフォーム資金)として申し込んでいました。リフォーム見積もり書をはじめ、物件関係資料、法人決算書、納税関係書類、法人登記簿など必要な資料を提出しました。

 

 

公庫の融資の場合、基本的には

 

(1) 融資を受けるケースに合わせて初期の書類提出(申込書など)

(2) 面談予約の電話がかかってきて日程を決める

(3) それまでに詳細資料を準備

(4) 面談実施、その後場合により電話確認や資料送付あり

(5) 融資可否の連絡、可であれば契約面談の予約

(6) 金消契約→決済

 

というような流れになると思います。

 

 

しかし7号物件は相当古い時期に建てられたテラスハウスで、建蔽率をオーバーしており適法物件ではありません。物件資料を確認するやいなやこれらの数字にツッコミが入り、審査の土台にも乗りませんでした。

 

 

物件購入ではなくリフォーム資金であっても、対象となる不動産の遵法性が求められるという結果となりました。おそらく再建築不可物件なども同じ理屈で却下されることになるんでしょうかね。


 

------------

 

もう一件は最近立ち上げた個人事業に絡めた「新規創業にあたっての運転資金」として申し込んでおりました。

 

 

こちらの方は将来の運転資金としての申込なので、見積書のようなはっきりとした金額はなく、必要と思われる資金を項目ごと(人件費、仕入れ、外注など)にざっくりと概算を書いて合計するだけです。

 

 

例によって借入申込書・創業計画書のセットと、確定申告書2期分、納税関係資料、資産確認資料、免許証、住民票などを提出。創業計画書上で数字的には余裕を見て、運転資金の無担保借り入れの上限となる1,500万円で申し込みしました。

 

 

こちらの方は結果として、思ったより速やかに融資承認が降りました(最初の申込から1か月弱)。金利も当初2%を超えるかもという話でしたが1.6%におさまり、信金の設備資金借り入れと遜色ないレベルになったと思います。年数は7年とタイトですが、それまでに十分軌道に乗せたいですね。


テーマ:

昨年9月の台風24号が来た時4号物件に雨漏りが発生し、火災保険の申請をしていましたが、3か月あまりを経てめでたく申請額が満額降りました。

 

 

この物件は信金の融資で購入しているため火災保険に質権設定されており、信金と保険会社のやり取りでさらに1か月ほど時間がかかっていたようでした。

 

 

何せ築古物件なので雨漏りの原因は経年劣化とされる可能性も十分ありましたが、時間がかかった以外は支障なくこちら希望が全面的に通った形になりました。

 

 

なおあくまで簡易的ですが、雨漏り部位と思われる箇所の修繕・塗装(コーキング)は既に済ませています。

 

 

----------

 

申請に当たっては代理店を通さず直接保険会社へ連絡し、提出した資料は見積もり、写真、被害状況の報告書でした。保険会社には地域ごとに台風被害専門の処理班があるようでしたが、恐らく保険会社の人は現場までは見に来てないと思われます。

 

 

保険金の内訳ですが、

 

・損害保険金  →  こちらが申請した見積書と同じ金額

・事故時諸費用 → 保険金の10%

・遅延利息 → 100円程度

 

 

で、諸費用などがついて申請額より1割ほど多く入金されました。保険料換算で50年分くらいの金額となり、一瞬で元が取れてしまったことになります。

 

 

保険金が降りたら入居対策のため見積もりどおり外壁塗装に充てようと考えてましたが、申請当時は空室だった4号物件も今は入居済みのため、この資金は何かあった時のためにプールしておこうと思います(何もしないと税金がかかってしまいますが)。


テーマ:

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

 

今年最初の記事ということで、投資品目・テーマごとに抱負のようなものを書いてみようと思います。

 

 

日本株

一部の長期保有優待株などは残しますが、基本的に様子見の方針とします。スタイルも以前よりさらに短期より長期に軸足を移していきます。今年から少しだけ投資額を減らしましたが、買いと思える時が来たら資金を追加するかもしれません。


米国株

今までどおり積み立て的な投資を継続します。まずはNISA枠の消化で高配当株・ETFなどを買い、あとは情勢を見て円高・株安の波が来たら都度追加買いをしていきます。


為替
 

FXは今は基本的にやっていませんが、既に外貨で持っている分以外は基本的に日本円で持ち、米国株買いを通したドル転は適宜進めていきます。


不動産

先安感が強く、規模的にも一段落したと思うので基本的には新規取得は見合わせて今持っている物件のマネージメントに徹します。個人事業が軌道に乗ってきたら個人所有物件の建物を法人へ売却します。


貴金属
 

今は金貨はもちろん1オンスならプラチナコインの在庫も潤沢です。パラジウムはプラチナを大きく超えて金に迫るまで値上がりしました。長くかかりましたが全体に底が見えてきた気もするので、そろそろ投資再開も考えています。


太陽光
 

2019年度以降の案件はさらに買取価格が下がる見込みで、ビジネスとしては斜陽になりつつあります。これ以上増やす予定はなく今ある案件を見守るだけです(特にやることがないのがメリットです)。


事業
 

既に何本かの柱でやっていますが、今年は昨年末立ち上げたメイン事業を軌道に乗せるのが一番の課題です。今年からは金融機関開拓は不動産より事業の方に絡めてアプローチしていこうとも思ってます。


ふるさと納税

収入が読みにくくなっているのと、総務省から還元率30%縛りが課されたのでやりにくくなっています。それでも適切な範囲でやるの一択なので、年末に駆け込みでやるスタイルになりそうです。


資格
 

資格や免許としては取りたいものは今のところ特にないですが、事業などに必要、最新の知識は常に取り入れていくようにします(簿記なども知識ベースであればいいかなと思っています)。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス