CW cotton / 古美術LOFTインテリアのブログ

CW cotton / 古美術LOFTインテリアのブログ

古道具屋が見たこと感じた日々の出来事!


古道具屋の想うインテリアなど商品・建物・音楽・映画・書籍などと

建築のプロデュースしてます現場など紹介しています。

骨董品・古美術買取強化中!


骨董品・古美術品・書画・煎茶道具・茶道具などの売却や整理をご検討されています方

解体・引越しなどで骨董など古いものの不用品を処分・整理されたい方は

お気軽にご連絡下さい。


買取専用連絡先  070-5332-1551


買取事例の紹介

http://ameblo.jp/cw-cotton/theme-10088399796.html


店舗も30年営業を続けています!

店舗 愛知県岡崎市美合町竹下1-66 TEL(0564)53-8806









<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>




プロデュース住宅A邸の地鎮祭から完成まで! 全62話
  


詳しくはこちらのブログご覧ください↓↓↓↓↓ 


               「Cw cotton照明相談会」


の写真は当店の夜の風景ですが、実際にリビングキッチンスタイルのショールームで


実際の明りを見て明りの感覚をイメージして頂けます。



CW cotton / 古美術LOFTインテリアのブログ



薪ストーブ関連ブログ↓↓↓↓↓


           薪ストーブ!炉台作り・煙筒工事・設置例


家具・照明などを使ったインテリア実例↓↓↓↓↓


             実例 「家具・照明」施工・設置例



当ブログのすべての「水色の太字」の部分はリンクしていますが、


 すべて安全ですので是非ご覧ください。

 

ある日、当店に店が開いてるか?

確認の電話がかかって来た!

 

ここ十年近くで、地方での店舗のあり方も

随分と変わってしまい、来店されると言う

お客様も激減した分、お客様との対話での

コミュニケーションもなく、今のお客様が

何を望まれているか?

わからないこともあり、ついついヤフオク

などのネットでの購入をすすめてしまい、

その方が最近では親切か?

とさえ思っているところへ

3.4年前に来店したんだけど、

店が開いてれば是非来店したいと言う

ことで、まぁ~来店されているのであれば

当店の感じも分かっているからと

思いお待ちしていたんです!

 

来店され話をしていくうちに、ラーメン屋さん

をオープンするんだと言うことで、

オープン前に来店された方がと言うことが

わかり、私も3.4年前の話ではありましたが、

「未蕾」と言う名前も、このブログでも

紹介しています岡崎の「味来」と言う

ラーメン屋もあることから、

よく覚えていたんですよね

 

それで、話を聞いてみると古いいろいろな

ものに興味を抱くようになり、3.4年前に

来た私の店に再度来てみたいと思われた

ようで、連絡を下さったようでした

 

短い時間でしたが、気持ちがあるだけに

お互い良い時間が過ぎ、「だし麺 未蕾」の

場所や営業時間なども聞き、たまたま

次の日が蒲郡市に行く用事があったので

火曜日で平日だから大丈夫か?

と思い行ったみたら、店外でお客様が

待ってましたね!

 

写真は帰りがけの待ちのお客様が

みえない時にパシャリ!

 

 

 

外観はぱっと見、ラーメン屋さんとは

見えないような作りでした

 

店の横を入って行くと何台かの

駐車場もあり、車で来る方のは

ありがたいです!

 

それでも、少し待ってったら案内され

「だし麺 未蕾」の店内に入ることが

出来ました。

 

店内に入って一番最初に気になったのは

店内でかかっているBGMでした。

ジャンルにはめ込むことの出来ない

ような感覚的な音楽で、アンビエントの

様な、現代音楽の様なあまり普段耳に

するような音楽でないだけに

思わず店主に聞いてしまいました。

 

 

と言うように、店内を見てもオーナーさんの

考え方がみえてくるような感覚的な、飾り物

感覚的な店内でした。

 

 

丁度、東京の都心を外れた駅の商店街を

抜け、路地を入り込んだところにありそうな

若手の現代作家のギャラリーの中のカフェ

の中で、煮干しだしのラーメンを

頂くって感じですかね!!

 

 

正直、地方でもこうした感覚的な店作りが

お客様にも馴染んで来てるんだなぁと

思い60歳過ぎたおっちゃんにも

いい刺激になりました。

 

ある意味、感覚的ないい刺激と言うのは

必要ですから!

ちょっッとした頭に栄養みたいなもん

ですかね!

 

やっと、一番大事な所のラーメン登場です。

 

 

いゃ~見た目いいですね! 

シンプルで昔ながらの中華そばを

思い出します

 

今時は、ラーメンも凄く流行ってて進化し

続けて、いろいろなラーメンがあり過ぎて、

正直、今時の知らない店に入るは

いいけど、美味しい美味しくないの

以前に合う合わないが結構

大きいですね。

 

たとえが悪いかも知れませんが、ポテチで

例えるなら、ポテチも兎に角いろいろな

味や味の組み合わせが多過ぎてて、

結果食べてみると味が濃すぎたり

で何を食べてるやら、

分からないようなで!

 

ラーメンもやたら味ばかり濃かったり、油っ気が

多かったり、油の甘味ばかりがと言うように

私に年頃には味が濃すぎることが

多いんですよね

 

美味しい美味しくないの以前にパンチが

有り過ぎることが多いんですね。

 

話は変わってしまいますが、以前岡崎市の

小美町で「茶の子」と言う蕎麦屋を

プロデュースさせてもらったことが

あるのですが、蕎麦屋は

いい蕎麦を求めれば求めるほど、

シンプルになって行くようです。

何って言うか?ご飯を炊く、みそ汁を作る

それだけを追い求めた様な感じですかね!

 

「だし麺 未蕾」さんのラーメンには、それに

近い感覚を感じ、私にとってはシンプルで、

米に味噌汁って感覚に近いものがあり、

次の日でも食べれるラーメンでした。

 

また、近くを通られたら一度チャレンジされて

みてはと思います!!

 

 

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
骨董品・古美術品買取致します!
骨董・古美術品・書画・煎茶道具・茶道具など
古い物などの売却や整理をご検討されています方、
また解体・引越しなどで骨董などの古い物・
不用品などを処分・整理されたい方など
お気軽にご連絡下さい。
買取専用連絡先 070-5332-1551
査定・出張費など一切料金はかかりません。
当店は店舗営業としても30年営業を
続けていますのでご安心ください
当店Iタウンページに買取りの案内など
紹介してありますのでご覧ください

検索で、 iタウンページ古美術ロフト
と検索ください!!



店舗案内 愛知県岡崎市美合町竹下1-66 
0564-53-8806
古美術 LOFT


 

 

 

うどん屋「やをよし」さんではたくさんの

いいね!にシェアありがとうございました。

 

やをよしさんで食事をした後に、前々から

来たかった竹島水族館に行って来ました。

 

 

こちらの水族館1962年に現在の場所に

移転し、日本でも4番目に小さな水族館で

よくテレビやネットなどでも

面白い水族館と言うことで紹介されていまして

館内のいたるところには、思わず笑って

しまうようなユニークな解説文や手描きの

ポップが添えられていて、その展示方法なども

工夫がされています。

 

 

そんなスタッフさんの努力もあり、

この日も予約で人数制限はしていましたが、

子供さん連れが多く楽しんでました。

 

 

大人500円小人200円と財布には優しく

子供さんにはいろいろなことが身近で

楽しんでましたね!

 

私が一番いいな!~と思いましたのは、

施設は古いけど、掃除が行き届いている

ことでした。

仕事柄いろいろな古いと言うことに触れる

ことが多いですが、家でも物でも古い=汚い

と言うイメージや、そう思われる方も

多いですが、実際古くなれば朽ちて汚く

なって行くのが、普通のことですが、

そこに人の気持ちがあると、物は

全く違う輝きを見せるんですよね。

当たり前のことですが、これが私もですが

なかなか出来ないんですよね!

 

逆にいくら新しく立派でも、人の気持ちの

ない物は荒れ果てています。

だから、新しい古いって大した問題じゃ

ないように思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に触ってもいい場所もあります

 

 

 

 

 

 

竹島水族館の近く竹島園地公園や

潮干狩りなどする海岸、竹島ホテルに

蒲郡クラシックホテル、竹島の八百富神社や

先のブログで紹介しましたやをよしさんなど

ありますので、散歩でもしながら、

近くで食事でもしてゆるく楽しめますね

 

竹島水族館HP

竹島水族館 歴史

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

骨董品・古美術品買取致します!

骨董・古美術品・書画・煎茶道具・茶道具など

古い物などの売却や整理をご検討されています方、

また解体・引越しなどで骨董などの古い物・

不用品などを処分・整理されたい方など

お気軽にご連絡下さい。

買取専用連絡先 070-5332-1551

査定・出張費など一切料金はかかりません。

当店は店舗営業としても30年営業を

続けていますのでご安心ください

当店Iタウンページに買取りの案内など

紹介してありますのでご覧ください

下記をクリック頂ければiタウンページ

https://itp.ne.jp/info/234563909200000899/

店舗案内 愛知県岡崎市美合町竹下1-66 

0564-53-8806

古美術 LOFT

 

 

 

 

 

 

こちらのうどん屋さんを知ることになった

キッカケは、蒲郡市にあります「美容室 ぜくう」

その本店「ハッピーワークス」と言う美容室のプロデュースを

させてもらった際に、オーナーさんに連れて行って

もらったのがキッカケですね!

 

 

 

その頃に伺った時も、失礼な言い方かも知れませんが

蒲郡市に何で、こんなに洒落た造りのうどん屋さんが

あるんだろうと随分気になりましたし、

建築をプロデュースする上で随分と参考にもなりました。

 

 

最近になって、すぐ近くで仕事もあり久しぶりに立ち寄った

のですが、あの工事できていたころから10年20年と経っていた分

私もそのような時間を過ごした分、今見る「やをよし」さん

は、やはり当時見た感じのまま不思議でした。

 

メニューもさることながら、特に不思議に思うのが

奥の離れの客席の建物ですね!

 

京都とかまぁ~料亭みたいな数寄屋建築で建てられた

建物の様なところなら、こうした庭と建物の一体感の

或る造りをされることもあり、窓越しに見える庭などの

角度や位置、またその窓越しに通り過ぎる人々など

いるいろと計算尽くされていると思うんですね

そう言うことが考えられて、このやをよしさんの離れは

造られていると私は思うんですよね

 

離れに行く通路!

 

 

母屋(本館)から出ますと、ちょっとした坪庭があり、一つここで

目も留まるし、建物としてもそこを行きかう人の調子も変わります

 

 

そのちょっとした坪庭を過ぎると客席の建物伝いに廊下が続くのですが、

これがまた、庭の中を歩くがごとく、緩く座敷も通路も合わせて

造られていて、まっすぐに作られていない分、行き交う人々の目線も

通路越しの見える庭も、一つ感じ方がやんわりし自然な感じで、

通路としても奥行を感じ、奥へ奥へと進みたくなるような造りになっていますね

ちょうど日本の庭の路地を歩くように感覚で建物が作ってあるように

感じますね!

 

 

またこの通路の窓があることで、庭の見え方や季節での雨風の調子も

この窓で風情が出せると考えます。

このような建物の造り込みが出来るって相当いろいろなことを

感じ、自然との楽しみ方や、人の気持ちと言うことを楽しんで

考えられないと出来ないと思うんですね

 

 

一番奥には茶室風の造りになった個室があり

特別室の様でした

 

 

その茶室造の部屋から見返した通路と庭です

 

 

奥から母屋(本館)を見返した通路です。

 

この日は母屋(本館)に近い座敷で饂飩を頂きました。

 

 

つまみでにしんの甘露煮!

 

 

やをよしさんに来ると必ず注文してしまう

龍神海老饂飩

実は他の饂飩食べたことがないんですね

玉子入りあんかけにエビフライと言う組み合わせで

これにとんかつもあるんですよね。

こうしたやをよしさんならではと言うメニューが

多いんです。

 

 

 

 

もう一点は「海の幸と水菜のハリハリ」と言う

饂飩です

 

饂飩も店造り同様、他にないメニュー構成で

楽しませてもらえます

 

 

私が食べた座敷から見る風景です

 

また後で紹介しますが、この日も土曜日で

竹島水族館や竹島も近く歩いて行けることもあるのか?

小さな子供さんを連れたご家族さんでいっぱいでした。

 

結局、私が感じた不思議に感じたことは、何もわかりませんが

私の思うに当時の蒲郡ホテルや常盤館当時の竹島に来られる

お客様たちと関係があるのじゃないのかなぁ?

と思います。

蒲郡ホテルになった昭和の初めや明治45年に開業された

料理旅館 常磐館など当時、相当の旦那衆がこの竹島に

みえていたことと、このやをよしさんの店造りと関係が

あるのかなぁ?

と自分勝手に想像しながら楽しんでるで

いるのは、きっと私ぐらいですかね!

 

やをよしさんで饂飩でも食べ、竹島を散策するのも

いい散歩コースですよ!

 

やをよしHP

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

骨董品・古美術品買取致します!

骨董・古美術品・書画・煎茶道具・茶道具など

古い物などの売却や整理をご検討されています方、

また解体・引越しなどで骨董などの古い物・

不用品などを処分・整理されたい方など

お気軽にご連絡下さい。

買取専用連絡先 070-5332-1551

査定・出張費など一切料金はかかりません。

当店は店舗営業としても30年営業を

続けていますのでご安心ください

当店Iタウンページに買取りの案内など

紹介してありますのでご覧ください

下記をクリック頂ければiタウンページ

https://itp.ne.jp/info/234563909200000899/

店舗案内 愛知県岡崎市美合町竹下1-66 

0564-53-8806

古美術 LOFT

 

 

 

 

久しぶり過ぎる投稿です!!

ちょうど三年ほど

 

 

最近、当方の店のある岡崎市と豊川市の

境ぐらいのところに、当方の倉庫があり

そこで品物の整理や薪割などしてるんですが、

昼の食事をする際、豊川市八幡町にあります

うどん屋さんの「定吉」さんへ伺うんですよね!

 

味噌料理に八丁味噌好きにとっては

味噌煮込みうどんは、夏冬問わず食べたいものの

一つですが、岡崎と聞けば八丁味噌となるのですが、

私が知らないだけかも知れませんが、あまり味噌料理の

専門店も無いようだし、まして八丁味噌料理の

専門店などないと思いますね。

そんなことで、この味噌煮込みうどんも、それほど

岡崎ではある方ではある方ではないと

思うんですよね。

 

特に麺の硬さなども注文出来るとなると

なお、少ないと思います。

因みに私は硬目が好きです!!

 

この定吉さん麺の硬さも注文でき、

天ぷらが串でさされた天ぷらで、こちらの

天ぷらも美味しいです

 

他にも、いろいろとメニューがあるのですが、

私まだ、串天味噌煮込みうどん定食しか

食べたことがないんですよね。

他にも食べたいものがあるんだけど、

今のところはこれ一本ですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊川市八幡町上宿52-1

つるつるうどん定吉

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

骨董品・古美術品買取致します!

骨董・古美術品・書画・煎茶道具・茶道具など

古い物などの売却や整理をご検討されています方、

また解体・引越しなどで骨董などの古い物・

不用品などを処分・整理されたい方など

お気軽にご連絡下さい。

買取専用連絡先 070-5332-1551

査定・出張費など一切料金はかかりません。

当店は店舗営業としても30年営業を

続けていますのでご安心ください

当店Iタウンページに買取りの案内など

紹介してありますのでご覧ください

下記をクリック頂ければiタウンページ

https://itp.ne.jp/info/234563909200000899/

店舗案内 愛知県岡崎市美合町竹下1-66 

0564-53-8806

古美術 LOFT