MtFトランスジェンダー杏子、美の探求日記

MtFトランスジェンダー杏子、美の探求日記

50歳まで男性として生きてきましたが、
瞑想中に自分の心が心に女性が住んでいることに気づきました。
それからのトランスジェンダー人生の葛藤と変化、そして女性化と美の探求の取り組みを書いてゆきます。


テーマ:

こんにちは。

美魔女になりたいトランスジェンダー杏子です^^

 

気になるニュースがあったのでシェアします。

 

アメリカのトランプ大統領が

LGBTに対しての政策をいろいろ規制しているようです。

 

 

今年の2月はこんな記事が。

トランプ大統領トランスジェンダー保護政策を転換

 

内容はこんな感じ

↓↓

アメリカのドナルド・トランプ大統領政権は2月22日、自認する性に応じたトイレの使用を許可する、トランスジェンダー(心と身体の性が一致しない人)の児童・生徒への学校による差別を禁じる政策を撤回すると発表した。

 

バラク・オバマ前政権時代の2016年5月、教育省と法務省は連邦政府から補助金を受けているすべての学校に、「本人が認識している自分の性別(性自認)を、その児童・生徒の性別として扱わなければならない」という通達を出した。

 

例えば、学校は、トランスジェンダーの児童・生徒が、彼らの出生時に割り当てられた性別ではなく、本人の性自認に対応するトイレを使用できるようにしなくてはならない。

 

 

 

 

7月にはトランスジェンダーの軍隊入隊を禁じましたね。

↓↓

トランプ大統領は一連のツイッターで、「米政府は米軍のいかなる役務でもトランスジェンダーを入隊させない」と表明。米政府が「トランスジェンダーの入隊に伴う莫大な医療費(性転換手術のことなどを言っているとみられる)や混乱の負担を賄えない」ことを理由に挙げた。発表直後、米議会やLGBTの支援者をはじめ、全米から一斉に非難の声があがった。

 

 

 

 

そして10月22日にはこんな発表が。

米政府がトランスジェンダーを排除へ

 

記事は短く、こんなかんじ。

↓↓

【ワシントン共同】

米トランプ政権が性の定義を生まれつきの性別に限定することを検討中だと米紙が21日、報じた。

 

心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上認めなくする措置で、性的少数者(LGBT)の権利を保護する世界の潮流に逆行する。

 

 

以上ですが、

 

たしかにトイレなんかは難しいと思いますね。

 

私の女性の友人も海外旅行にいって、男女のトイレばかりで入りにくかったといっていました。

 

男性にしても、自分が用を足している時に隣に女性がいたら、普通のノンケの方は大変だと思います。

 

軍隊も当然ですよね・・。

 

女性が入隊してもいいと思いますが、特殊な部署なので混乱は避けたいでしょう。

 

まあ、もともとMTFの方なら、軍隊に入らないと思いますが・・笑

 

しかし、性転換を含む性の定義は「生まれつきの性に限定する」というのは厳しいように思います。

 

私はトランプ大統領には期待していて、日本のこしぬけ政治家も爪のアカを煎じて飲んで欲しい位です。

 

特に経済政策は素晴らしいですね。

もう日本の政治もマスコミも腐敗しているとしか言いようがないですし・・。

 

しかし、トランスジェンダー排除は考えなおして欲しいですね!

 

クリックして頂けると嬉しいです♪

↓↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ
にほんブログ村

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス