Emma's Official Site

Emma's Official Site

Emma's Official Site


テーマ:

#本日の論語

 

人にして信なくんばその可なるを知らざるなり。

大車に輗(げい)無く、小車に軏(げつ)無くんば、其れ何を以てか之を行らんや。

 

人而無信、不知其可也。大車無輗、小車無軏、其何以行之哉。

 

人としての信義がなければ、うまくやって行くことなど出来ない。

大きな牛車に軛(くびき:牛馬をつなくための横木)が無く、小さな馬車に軛止めが無ければ、どうして走らせる事が出来るだろうか?

 

「信」とは、ウソをつかないこと、約束を守るという意味である。

「輗(げい)」、「軏(げつ)」とは、現代の車に当てはめればハンドルといっても良いだろう。

「信」は、重要な徳であ理、その人の信頼性に関わることである。

「信」に欠けていたら、人としての評価に値しない。

「信」を身につけるには、発言に慎重になるべきである。

一回の失言で、全てを失うことも珍しくない。

 

どんなに高い実力や素晴らしいスキル・技能・技量があっても、

信用・信頼がなければ何も成すことができないのではないだろうか。

 


テーマ:

粘膜の乾燥防止に◎

身体の内側から潤す「油脂のとり方」をご紹介します。

 

乾燥が気になる季節になりましたね。

外気に触れるお肌だけでなく、鼻や喉、腸の粘膜も乾燥することはご存知でしたか?

 

腸は、乾燥することで動きが悪くなり、スムーズなお通じの妨げとなることもあります。

 

■ 身体にうるおいを与える良質油脂

(1) オメガ3系脂肪酸

EPA・DHA・α-リノレン酸などの「オメガ3系脂肪酸」

体内で合成することができないため、食べものから摂る必要のある脂肪です。

 

青魚やクルミ、エゴマ、アマニなどに含まれています。

 

オメガ3系脂肪酸は血管と血液の健康を守るため、酸素と栄養を細胞にスムーズに届けることのできる身体作りに役立ちます。そのため、細胞が本来の働きをして、乾燥から粘膜を守る力をサポートしてくれます。

 

オメガ3系脂肪酸を含むオイル

インカインチオイル、亜麻仁油、エゴマ油、ウォールナッツオイル

 

(2) 中鎖脂肪酸

一般的な長鎖脂肪酸と異なり、消化という過程を飛ばして肝臓に運ばれ、すばやく身体のエネルギー源となることがわかっています。

 

そのため、食べても太りにくいオイルとも呼ばれています。

 

細胞が活動してお肌や粘膜の健康を保つためには、エネルギーが必要ですから、中鎖脂肪酸で適度なエネルギーを補うことは健康的な身体作りに役立ちます。

 

中鎖脂肪酸を含むオイル

ココナッツオイル、MTCオイル

 

■ 身体にうるおいを与える良質油脂のとり方

(1) 腸活に

腸活のために良質油脂をとるのであれば、そのまま飲むのがおすすめです。

 

良質オイルが腸にそのまま届くことで、潤滑油となり、スムーズなお通じをサポートします。

 

(2) 美容・健康に

どんなに身体によいものであっても、一時的に摂っただけでは、なかなか効果が実感できません。

毎日続けることが大切です。

 

毎日のお料理のなかで良質油脂を使い、日常的に良質油脂を摂る習慣をつけたいですね。

ただし、オメガ3系脂肪酸は加熱に弱いため、ドレッシングなど非加熱の状態で使いましょう。

 

良質油脂を上手に食生活に取り入れて、内側から潤う美しく健康な身体作り心掛けたいですね。

 


テーマ:

#本日の論語

 

孔子曰わく、君子に九思有り。

視るには明を思い、聴くには聡を思い、

色には温を思い、貌(かたち)には恭を思い、

言には忠を思い、事には敬を思い

 

九は無数を意味する数字ですが、

孔子は例として九つのことをあげています。

 

① ものを見るときは、はっきり見ようと思うこと。

② 人のことばは、注意深く聞き分けようと思うこと。

③ 自分の表情は、おだやかであろうと思うこと。

④ 自分の態度は、謙虚に控えめにしようと思うこと。

⑤ 発言にさいしては、誠実であろうと思うこと。

⑥ 仕事をするさいは、慎重であろうと思うこと。

⑦ 疑問にぶつかったら、探求しようと思うこと。

⑧ 腹がたったときは、爆発させた後の事態を思うこと。

⑨ 利益を前にしたら、筋が通っているかと思うこと。

   

前半の四項は、自分の態度について、

後半の五項は、外との接触における場合について、

自分の内と外を磨く九つの急所であり、

君子の自省すべき項目です。

 

物には法則があり、天地間のことは皆天の法則に従うのです。

君子は天の法則を思慮して、無理のないように行動するのです。

 

君子はこのように、すべての物事を慎重に思慮して、気を抜いてはいけません。

これらは、四六時中思慮すべき項目です。

 


テーマ:

#本日の論語

 

質、文に勝てば則ち野。文、質に勝てば則ち史。文質彬彬として、然る後に君子。

 

質勝文則野。文勝質則史。文質彬彬。然後君子。

 

「資」とは、内面、内容。

「文」とは、外見、見かけ。

「文質彬彬」とは、二つの要素がバランスよく備わっていること。

 

内面・内容が優れていても外見・見かけが伴わないのは粗野になる。

逆に、外見・見かけととのっていても、実質的な内面が伴わなかったら空疎になる。

内面と外面の釣り合いがうまくとれてこそ君子と言える。

 

そのためにも、

一、自分なりのしっかりした見識を身につける

一、経験を積んで政治手腕や経営手腕に磨きをかける

  (家族などにおける小さな組織においても同じことが言える)

この二つを心がけたい。

また、自ら語らなくても、おのずから滲み出てくる豊かな教養などもあってしかるべきであろう。

 

内面を磨くことはとても大事なことだが、外面についても軽視することはできない。

外面とは、周りから見た印象である。

つまり、顔つき、態度、姿勢、歩き方、服装や髪型や持ち物などの身だしなども指している。

特に、靴は気をつけたい。これは、周囲への心配りでも在る。

ブランド品などで着飾る必要はな。目立たず、清潔感があることは大事である。

メラビアンの法則では、第一印象が決まる時間はたった3~5秒とされている。

 


テーマ:

「夜スキンケア」の鉄則

 

仕事や日常に追われて、前日の疲れを顔に引きずってはいませんか?

 

夜のスキンケアで1日のストレスを一掃すれば、寝ている間にすっきりとし、新しい自分で未来を迎えることができるはずです。

 

メイク汚れで老化が加速!?

毎日あたり前のように行なっているスキンケアの目的を再確認して、今日よりも明日へと、もっとつややかな美しさをまといましょう。

 

■ できるだけ早く、メイクを落とす

帰宅後の肌は、メイクアップ化粧品や皮脂、汗、ほこりなどが混ざり汚れた状態です。肌にとっては不要なものであり、雑菌による肌トラブルや酸化した皮脂が悪影響を及ぼすこともあります。

 

メイクの度合いに応じたクレンジング料を選ぶことで、肌に負担なく汚れを落とすことができるので、あらためて見直してみると良いかも。

 

■ 肌表面からとれる汚れと肌疲れ

夜のスキンケアでは「肌表面の汚れ」と「その日の肌疲れ」がとり除かれていることが重要です。

 

どんな肌状態でもおすすめしたいのがマッサージ。

オイル、バーム、クリームなど油分の多い化粧品でマッサージをすると、肌表面の汚れだけでなく、古い角質や毛穴の奥に溜まった皮脂などもスムーズにとり除くことができます。

 

余分な物がなくなると化粧水や美容液などの馴染みが良くなり、スキンケアの効率もアップします。肌表面の状態が整うと、寝ている間の肌の生まれ変わりも活発になります。

 

肌疲れを翌日にもちこさないために、美肌づくりに欠かせない栄養素を補ってから眠りにつくことも効果的ですよ。

 

夜のお手入れに有効なモノ

・ビタミンCなど抗酸化効果の高いスキンケア

・炭酸による血行促進

・美容ドリンク

・保湿系パック

・ナイトクリーム

 

■メイクを落とさないで寝るはNG

ハリの低下、シワの出現、くすみ、たるみと朝とは違った状態に愕然とする事もあるかと思います。

 

日中を快適に過ごすためのメイクアップも、1日過ごせば老化を引き起こす汚れに変化していると考え、その日のよぼれはその日のうちにしっかりと洗い流し、寝ている間に美肌生成ができる環境を整えましょう。

 

ライフスタイルや美容習慣が多様化するなかで、「自分なりのルールをもってスキンケアに向かう意識」が、美と健康をつくりあげるに否決になるかもしれないですね。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス