日本での生活は、

こちらに書き始めました。

 

こちらも相変わらず

ゆる~いブログですが、

どうぞよろしくお願い致します。

 

おうち日記

 

 

 

 

AD

最終回

テーマ:

 

日本への帰国を機に、

このブログも最終回となりました。

 

本当にあっという間の7年。

7年もアメリカで暮らした気がしないけど。。

 

本当に、

いろんな事があったアメリカ生活。

どれもこれも、貴重な経験となりました。

 

日本では当たり前のことが、当たり前じゃなかったり、

文化の違いを目の当たりにして戸惑ったり。

日本にいたら、気付かない事ばかりだったな。

 

そして、

アメリカ生活で何より思い出深いのは、

あちこち家族で旅行に出掛けたこと。

 

国立公園、いくつ行ったかなぁ。。

 

炊飯器とお米を持って、超・長距離、車の旅。

飛行機を使えばあっという間なんだけど、

あえて車で出掛けた数々の旅は、

道中の景色も含めて、忘れられません。

 

限られた時間の中で、ここだけは絶対に行く、と

最初に決めていた国立公園は、全て制覇。

それも全て計画的なダンナさんのおかげ。

 

家族を連れて駐在し、家族の生活や安全も確保しつつ、

母国語でない中で仕事をする…って、

本当に大変だったとことと思います。

(しかも、夜もあまり寝ないで仕事してたし)

 

ここでの生活で、一番に感謝すべきはダンナさん、と

心から思っています。

 

私自身としては、

アメリカ生活、ほぼ思い残すことはないけれど、

英語力が伸びなかった(伸ばせなかった)のは、心残り。。ショボーン

 

せっかく多国籍のこの場所、

もっといろんな国の人達とかかわって、

英語力をつけるという事は勿論、

その人達の国の文化を知れれば良かったな、と思います。

 

それでも、

英語力ゼロ!でアメリカにやって来たので、

何とかコミュニケーションが取れるようになったのと、

ヘンな度胸だけはついたので、

そこは自分を褒めてあげても良いかな。

 

唯一褒められるところは、

アメリカで暮らしたけれど、太ることなく、

身体にがっつり筋肉をつけて帰ること!

コツコツやってた筋トレと、運動の成果がでた~~合格

そこは自己管理ができた、と自分を認めてあげたいと思います。

 

 

 

アメリカでの様々な経験、

ブログに書きたいことは溢れるほどあったけれど、

あんまり更新できず、のんびり更新のブログでしたが、

それでも見に来て下さった皆様、

本当にありがとうございました。

 

これからアメリカ生活を始める方にも、

アメリカ生活が続く方にも、

アメリカ生活を終えた方にとっても、

 

どこにいても

健康で平穏な毎日でありますように。

 

 

 

 

San Jose Sunshine

おわり

 

 

 

 

 

 

AD

帰国の日

テーマ:

 

ここでの生活最終日。

もうほとんど片付いた。

 

なんたって、

半年前から荷物の処分を始めて

荷物はどんどん整理して、

帰国の準備をしてたんだから、

本当に持ち帰るものしか残っていない。

 

航空便は少量だけど、2回出しているので、

日本でも、当面の生活は何とかなるはず。

荷物もちゃんと考えて送っておかないと、

日本で色々買うことになっちゃうんだもの~

 

今、部屋に残っているのは、全て船便の荷物達。

届くのは約7週間後だそう。時間がかかるなぁ。。

 

 

息子の部屋もちょっとがらんと。

日本から運んだ学習机、これもしっかり持ち帰ります。

 

 

アメリカのキッチンで良かったのは、

大型食器洗浄機が備え付けなところかな。

 

 

こちらアメリカのバスルーム。

お風呂はやっぱり日本がいい!照れ

 

 

これじゃなきゃ寝れない!というくらいお気に入りのベッド。

日本から運んだので、また持ち帰ります~チュー

 

 

そして午後、

ダンナさんに送ってもらいサンフランシスコ空港へ。

ダンナさんは引き継ぎの都合で、私達より数日遅れて帰国です。

 

 

見慣れた景色ともお別れなんだな~

 

 

 

初めてここに降り立ったのは、2010年の8月。

 

小学校6年生だった息子の夏休みを利用して、遊びに来ました。

「アメリカなんて行きたくない」という息子に、

まずは現地を見せてみよう、と連れて来たのが、初訪米。

 

あれから7年。

息子は、アメリカの方がいいと思っているみたい。

将来また戻ってきたい、だって。。

 

どうぞ、どうぞ。

好きな国で、好きな仕事ができるといいね。

頑張れ!

 

 

ラウンジでお茶してたら、あっという間に搭乗時間。

本当にもう戻ってこないんだな~

 

 

そして離陸。

アメリカのこんな景色ともお別れ。だけど、

この期に及んでも、帰国感なし。なんでだろ?

 

 

約10時間飛んで、日本の空に戻って来ても、帰国感なし。

 

 

ただいま、日本。

 

 

こうして無事に帰国。

アメリカ生活が終わりました。

 

 

AD

送別会

テーマ:

 

サンノゼで丸7年仕事したダンナさん。

ここでの仕事もあと数日で終了。

 

渡米当初、

文化の違いもあり、勝手がわからず

大変だったみたいだけれど、

スタッフの皆さんに恵まれて頑張れたよう。

 

サンノゼを去るにあたり、

会社主催の送別会を開いてくれました。

 

「どこでも好きなお店でいいよ。」って言ってくれたそうなのに、

「じゃ、オフィスで。」ってリクエストしたんだって。

 

高いお店よりも、みんなと気楽に話せる場所を選んだみたい。

ダンナさんらしいなぁ。。

家族もぜひ、とお誘い頂いたので私と息子もお呼ばれ照れ

 

 

わ!

入口には素敵な飾り付けがされている~おねがい

 

 

オフィスには素敵なテーブルセッティングまで!

皆さんで準備してくれた模様。なんだか申し訳ないなぁ。。

 

 

カウンターバーあり、スナックテーブルあり、すごい~爆  笑

 

 

お料理も沢山!しかしながら、

おしゃべりと食べるのに夢中で、写真撮り忘れちゃった。てへぺろ

 

 

デザートは特大ティラミス!甘すぎなくて、美味しい~ラブラブ

 

 

そして。

 

皆さんから送別の言葉を頂き、

ダンナさんホントに頑張ってたんだな~ってうるうる。。ショボーン

 

部下のブランドン君、

「彼はスーパーマンだよ。

夜中の1時にメールすると、1時15分には返信が来るんだ。

彼はいつもそうなんだ。一体いつ寝てるんだ?」 だって。

 

はは…汗

 

 

そして、皆さんから頂いた沢山のギフト。

 

 

そのひとつは、カリフォルニアワインの

オーパスワンと、インシグニア!すごい~びっくり

 

 

日本では、高くてとても買えない高級ワイン。

カリフォルニアでもそんなに安くはありません。

 

それを2本も!これは飲めないよ~びっくり

 

木箱にはみんなの寄せ書き。もう一生捨てられません。

箱も大事に日本に持って帰ります。

 

こうして、家族共々楽しませて頂いた送別会。

笑いあり、涙ありの楽しい時間となりました。

 

長い間、会社の皆様にも大変お世話になりました。

本当に感謝しています。

 

いつかまた、会えたらいいな。

 

 

 

 

卒業式

テーマ:

 

2017年6月1日。

この日は4年間通った現地校の卒業式。

 

ホントに今日卒業するの?って感じ。

時間が飛ぶように過ぎて、あっという間にここまで来ちゃった…って

感じなんだもの。4年間は早かったような、長かったような。。

 

卒業する本人も、「実感ないな~。」だって。

親だって同じ気持ち。小6で渡米した息子が、

アメリカで高校を卒業するなんて思ってなかったもの。

 

いよいよ卒業式…という感覚もないまま迎えた夕方。

開式は午後6時から、高校のフィールドで。

 

 

 

卒業生の入場です。

先頭を歩く黒いガウンは、先生達。

エンジ色のガウンは男の子、白いガウンは女の子。

 

 

日本のように、綺麗に整列して…って感じは無し。爆  笑

 

 

国家斉唱と、国旗の入場。

ここでは観客も起立します。

 

 

卒業証書授与は、名前を呼ばれて壇上へ。

証書をいただいて、壇上でカメラマンが写真を撮ってくれてます。

だけど遠くて、あんまり良く見えません~

 

 

卒業証書授与、

歓声あり、ホーンあり、風船ありでホントに賑やか。

こういうの、アメリカらしいなぁって思います。

 

陽が傾きかけた午後8時、式も終了。

 

 

 

この後、

フィールドの外で、卒業生や家族が集まって、

写真を撮ったりおしゃべりしたり。

ものすごい人数なので、我が子を探すのも大変~

 

やっと見つけて、お祝いの言葉とリボンレイ。

大混雑の中、なんとか写真を一枚。

 

 

 

お友達もお祝いに来てくれました。

良かったね。ニコニコ

 

 

 

本当に嬉しそうな笑顔の息子。

苦労もあったけど、苦労が多かったけど、

よく頑張ったね。

 

こうして無事に卒業式を迎えられて、

私はもう胸がいっぱい。

「アメリカなんて行きたくない。」って、泣いた子が。。

 

4年間お疲れさま。

本当によく頑張った、もうそれだけ。

 

卒業おめでとう!