こんばんは星

お母さんのための香りのセラピスト

ともこですニコ

 

 

 

この週末は

友人が地元で立ち上げた団体

多様な学びプロジェクト@せたがや

主催した自主上映会にて

 

教育ドキュメンタリー映画

Most Likely to Succeed

を観てきました

 

映画「Most Likely To Succeed」より

 

皆さんは「チャータースクール」って

聞いたことありますか?


チャータースクールとは

1990年代に始まった

民間に運営を委託される

アメリカの公立学校で

 

国や州の規定にとらわれない

特色ある教育を行っています

 

映画ではそのうちの一つ

サンディエゴにある

High Tech Highという学校を

2年にわたって取材し

 

有識者のインタビューを交え

まとめられていました

 

 

 

時間割や必修カリキュラム

 

席に座って

先生の話を聴き

 

ノートを取り

課題を提出して試験を受ける

 

日本でもおなじみの

従来の方法によって

得られた知識は

 

なんと3ヶ月もすると

忘却の彼方にあせる

名門校で行ったある科目の履修3ヵ月後の

テストでは平均成績がB+からFへ4ランクダウン目

 

 

 

他方、1年間を通し

1つのテーマにグループで取り組み

発表・展示を一つの区切りとする

 

教科書も時間割も存在しない

「課題解決型学習」と言われる

High Tech Highの学びのスタイルは


子どもたちの自信と意欲を

着実に育てています


一見新しく見える

この教育方法は 

意外にも20世紀から

過去にも2度の盛り上がりを

見せていたそうですが

 

インターネットが発達し

調べ学習の環境等が整った現代で

ようやく円熟の時を

迎えたのかもしれません

 

 

 

子どもたちのプロジェクトの様子を

丁寧に追っていく中で

フィーチャーされていたのは

 

従来型の教育では

「評価されづらいタイプ」

 

繊細で引っ込み思案だったり

こだわりが強かったりと

 

これまでの学校では

決して脚光を浴びることなく

過ごしていたであろう子どもたちでした

 

 

 

プロジェクトの発表や展示の舞台で

成功を手にした子もいれば

そこに至らなかった子もいましたが

 

「君は君でいることをやめちゃいけない」

 

みんなの前で

先生にそう励まされた子は

 

期日より何ヶ月も遅れたけれど

ついに素晴らしい成功を

経験することが出来ました

 

古いけれど新しい

この深い学びのカリキュラムで

大きく伸びる可能性を秘めているのは

 

もしかしたら

今の「学校」を窮屈に感じている

そんな子たちなのかもしれません

 

 

 

Most Likely to Succeed

(成功に最も近い)

のは

 

従来型の教育か

それとも

「学び方を学ぶ」教育か

 

学校や「学び」そのもの

について考える

よい視点となりました

 

もっと詳しく知りたい方には

こちらの記事もお勧めですラブラブ

 

 

 

おやすみなさい

今夜の香りはローレル
 
すっきりと力強い香りが
迷う気持ちを一つにまとめ
未来へと導いてくれます
 

 
・私は確かな未来とつながっています
 
 
 

今日もお読みいただき

ありがとうございました音譜

 

 

 

一人で頑張っているお母さんのモヤモヤが
スッキリ「腑に落ちる」ための
心の整理整頓キラキラ
香りのセッションを
体験してみませんか?
ベル9月前半スケジュールをアップしましたベル

 

~一人で頑張っているお母さんのモヤモヤがスッキリ「腑に落ちる」ための心の整理整頓~
東急田園都市線・二子玉川駅 徒歩2分

クローバーこそだてアロマサロンCuddle(カドル)クローバー

【不登校解決の最短距離♪親子を最高のチームにする無料メルマガ】

ご登録はこちら

 

コーヒーホームページ ベルnew! 少しずつ改装中!
コーヒーお勧め過去記事
コーヒー不登校でお悩みの方へ
コーヒー子育てでお悩みの方へ
コーヒースケジュールとお申し込み

 

 

 

 

 


人気ブログランキング
↑ポチッと応援よろしくお願いします♪