千葉ソロギターサークル公式ブログ2

千葉ソロギターサークル公式ブログ2

千葉市を中心に活動しているクラシックギターのソロ演奏を趣味とする愛好家団体千葉ソロギターサークルです。アマチュア主体ですがプロやプロを目指す若手も多数在籍。コンサートや各種イベントを開催しギター音楽を紹介。2008年11月19日設立。

【写真1】コアフェスタ2018出演メンバー(左より笠裕子さん、杉本麻里子さん、近藤勲さん、上原淳、越智恵美さん、岡野雅一さん、大村拓さん、あまね伶さん)

 

【写真2】アランフェス協奏曲第2楽章演奏中の上原淳(私)とあまね伶さん

 

【写真3】会場の幕張ベイタウンコア・音楽ホールの様子(私の演奏中)
※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。


ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。
10/28(日)千葉市幕張ベイタウンコアで開催された「コアフェスタ2018」に千葉ソロギターサークルとして出演し、アランフェス協奏曲全3楽章演奏しました。
コアフェスタと言うおしゃれな名前が付いたイベントですが、簡単に言うと公民館まつりです(笑)。
ぴかぴか(新しい)
ベイタウンコアは打瀬(うたせ)公民館の愛称なんです。但し、普通の公民館では無いんです。収容人数約200名の立派なクラッシック用の本格的音楽ホールや図書館等が併設されており、全国的にも例が無いような立派な施設です。しかも音楽ホールには新古品でも約1,000万円で購入したと言う高価なイタリアの名器、ファッツオリのフルグランドコンサートピアノが設置されているのです。これだけの設備が整っている公民館は全国広しと言えども恐らくこの打瀬公民館だけではないでしょうか?
ベイタウンコアは、私が主宰している千葉ソロギターサークルが毎月2回開催しているステージ練習会の拠点会場でもあります。
ぴかぴか(新しい)
前置きが長くなってしまいましたが(笑)、ここで毎年1回秋に開催されているコアフェスタは、千葉ソロギターサークルは数年前から出演させて頂いておりますが、今回はアランフェス協奏曲の全3楽章をサークルメンバーだけで弾くという大きな目標に挑戦しました。名付けて「アランフェス協奏曲全楽章演奏プロジェクト」の初舞台でした。アランフェスは今年10回目の記念大会となる千葉ソロギターサークル第10回定期演奏会でもメイン曲として演奏予定の曲ですが、今回はその前哨戦と言う感じです。
ぴかぴか(新しい)
今回の出演メンバーは、ギターが第1楽章大村拓さん、第2楽章上原淳(私)、第3楽章近藤勲さん、ピアノが第1楽章笠裕子さん、第2楽章あまね伶さん、第3楽章杉本麻里子さんでした。ギターもピアノも全員千葉ソロギターサークルメンバーです。笠さんはこの出演をきっかけにメンバーになって下さいました。
ぴかぴか(新しい)
果たして演奏は、、、第1楽章で演奏が止まって弾き直すと言うアクシデントがありましたが、初演にしては全体的にまずまずの出来だったと思います。私個人的には、この曲をアマチュアギタリストだけで弾けるとは思っていませんでしたので、全曲を通して演奏できたことに感激しました。
この曲は第2楽章だけは数年前から私のギターとあまねさんのピアノで弾いていましたが、難曲の第1楽章、第3楽章に挑戦して弾いてくれた大村さんと近藤さんには感謝いたします。お二人の演奏を聴いて私もいつか一人で全3楽章を弾いてみたいという思いが強くなりました。
この曲はピアニストにとっても難しい曲のようですが、第1楽章、第3楽章はピアノ教室の先生をしている笠さんと杉本さんの協力なしには実現しなかったと思います。ありがとうございました。
ぴかぴか(新しい)
来月の定期演奏会までには更に弾き込んで完成度の高い演奏を披露できると思いますので、ご期待ください。定演では他に、ある貴紳のための幻想曲全曲、大聖堂のギター版とピアノ編曲版の弾き比べなども10周年記念特別企画として用意しています。更にゲストとしてプロギタリストの宮下祥子さんも出演して頂きます。定期演奏会は12/23(日)浦安音楽ホール・ハーモニーホールで11:00~16:30です。皆さん是非聴きにお越しください。
ぴかぴか(新しい)
コアフェスタは通常40~45分程度演奏時間枠でしたが、今年は60分の演奏枠を頂きましたのでアランフェスの他に、岡野雅一さんのギターソロ、越智恵美さんとあまね伶さんのギターやライアー、メロディカのソロやデュオと言う多彩な演目で、お客さんに楽しんで頂けたと思います。

ぴかぴか(新しい)
♯♪幕張ベイタウン コア・フェスタ2018♪♭
《2018/10/28/日/14:15~15:15/幕張ベイタウンコア・音楽ホ-ル》
♪千葉ソロギターサークル演奏会プログラム♪

1.越智恵美 <ギターソロ>
・禁じられた遊び(A.ルビーラ)
・星に願いを(L.ハーライン)

2.あまね伶 <ライアーソロ>
・追憶(スペイン民謡)
・ひまわり(H.マンシーニ)

3.越智恵美&あまね伶 <ギター&ライアーデュオ>
・風の憧憬~クロノトリガーより(光田康典作曲、江部賢一編曲)<ギター&ライアー>
・黒いオルフェ(L.ボンファ) <ギター&メロディカ>

4.岡野雅一 <ギターソロ>
・ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(A.ハリス)
・Evergreen(佐藤弘和)

5.アランフェス協奏曲 <ギター&ピアノデュオ>
・第1楽章 大村拓<ギター>&笠裕子<ピアノ>
・第2楽章 上原淳<ギター>&あまね伶<ピアノ>
・第3楽章 近藤勲<ギター>&杉本麻里子<ピアノ>

ぴかぴか(新しい)

 

【写真4】トップバッターは越智恵美さんのギターソロから

 

【写真5】続いてあまね伶さんのライアーソロ

 

【写真6】越智さんとあまねさんのギター&ライアーデュオ

 

【写真7】越智さんとあまねさんのギター&メロディカデュオ

 

【写真8】岡野雅一さんのギターソロ

 

【写真9】アランフェス協奏曲第1楽章(ギター:大村拓さん、ピアノ:笠裕子さん)

 

【写真10】アランフェス協奏曲第2楽章(ギター:上原淳、ピアノ:あまね伶さん)

 

【写真11】アランフェス協奏曲第2楽章演奏中の様子

 

【写真12】アランフェス協奏曲第3楽章(ギター:近藤勲さん、ピアノ:杉本麻里子さん)

 

【写真13】最後に出演者全員がステージに出てカーテンコール

 

【写真14】千葉ソロギターサークルの演奏プログラム

 

【写真15】コアフェスタ2018のパンフレット

 


テーマ:

【写真1】終演後に山口修さんと山口純子さんご夫妻と共に記念撮影

 

【写真2】終演後にロビーに出てお客様をお見送りする山口さんご夫妻の様子

 

【写真3】コンサート会場の放送大学千葉学習センターAVホールの休憩時間の様子

※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんにちは。
10/27(土)13:30~放送大学千葉学習センターAVホールにて開催されたギターの名手山口修さんと、奥様でソプラノ歌手の山口純子さんのジョイントコンサートを聴いてきました。日本を代表するギタリストのコンサートですが、何と入場無料でした。
ぴかぴか(新しい)
山口さんの演奏を生で聴くのは今回で2回目でしたが、初めて聴いたのは2年前に同じ会場で開催されたコンサートでした。その時は今回とは会場が異なり、和室(畳の部屋)での開催で、お客さんも15名ほどしかおらず、ずいぶんもったいないコンサートだったと記憶しています。当時の記事は下記参照。

【2016年10月山口修さんのコンサート記事】
https://ameblo.jp/csgc/entry-12212269893.html


ぴかぴか(新しい)
山口さんは、今回はバッハのシャコンヌやアルハンブラ、禁じられた遊び等のギターソロから、ソプラノとのデュオでカッチーニのアベマリアなど硬軟取り混ぜた多彩なプログラムで、ギターとソプラノの素晴らしい響きを楽しませて頂きました。演奏の合間のトークも相変わらず絶妙で、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ぴかぴか(新しい)
今回の会場は、前回と違って100名程度の立派なホールでしたが、音楽用ではなく講演会などにも使えるような多目的ホールで、残響は全くと言って良いほど無く、生音では響きが足りないと判断されたようで、今回もPAを使用していました。そのPAからノイズが常時出ていたのは少し残念でした。後半になってPAの音量を少なくし、ほとんど生音に近いような感じになり音響的には良くなりました。前回も感じましたがこの程度の大きさの会場なら生音でも十分に聴こえるのでは、と感じました。
ぴかぴか(新しい)
今回は、2年前に実現できなかった山口さんと初めて直接お話しする事が出来ました。
私が会場の最前列に陣取っていたところ、開演前に私の所に山口さんが来て、声をかけて下さり、握手して下さいました。
演奏後には、山口さんの最新CD「シャコンヌ」を購入してサイン会の列に並び、前回も持参した1980年に発売された山口さんのデビューアルバムのLPと共に両方にサインして頂きました。このLPは38年前、まだ私が高校生の頃に購入したものですが、現在でもCD化されていないとの事で、もちろん廃盤ですので今となっては貴重なレコードです。ちなみにジャケット写真はどちらもスペインの名器イグナシオ・フレタを持った写真でしたが、きっと同じ楽器だと思います。
ぴかぴか(新しい)
山口さんは、毎年のように千葉に演奏旅行に来て頂いているようですので、今回聴き逃がした方は是非来年聴きにお越しください。
また来年お会いできることを楽しみにしています。

ぴかぴか(新しい)
ちなみに今回の10月の山口修さんの千葉ツアーは下記日程で開催されています。

★25日(木)19:00開演
中国料理店「輝煌」

★26日(金)13:00開演
千葉市小ばと幼稚園(保護者対象コンサート)

★26日(金)18:30開演
千葉市美浜区打瀬「ジャイネパール」

★27日(土)13:30開演
放送大学千葉学習センター

★27日(土)18:30開演
香取市佐原やまゆサロン

★28日(日)13:00開演
千葉市鍋島整形外科

★29日(月)14:00開演
船橋市本中山
西船ハイム集会場

 

【写真4】ステージの様子

 

【写真5】会場の様子

 

【写真6】終演後のサイン会の様子

 

【写真7】プログラム

 

【写真8】会場入り口に掲示されたコンサート案内のチラシ

 

【写真9】会場の全景

 

【写真10】コンサートのチラシ


以上。

ぴかぴか(新しい)

 

【写真1】益田正洋ギターリサイタルin千葉チラシ(表面)

 

【写真2】益田正洋ギターリサイタルin千葉チラシ(裏面)

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。

11/17(土)19:00~、千葉市美浜文化ホール・音楽ホールにて開催する「益田正洋ギターリサイタルin千葉」について、ご本人の益田正洋さんが、ブログでコンサートについて記事を書いて下さいましたので紹介します。
http://www.masahiromasuda.com/blog/post-4488/?fbclid=IwAR2KYGbxEqibFpdNruHU1im4_yyoERhn6Rw4yWE61gtkCN4O-asepJ-iA_c

チケットは下記イープラスでお求めいただけます。
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002276893P0030001P0006

私へのメッセージでも予約受付しておりますのでお待ちしています。
以上、よろしくお願いします。

ぴかぴか(新しい)
【益田正洋さんのブログより転載】

もう間もなく新しいCD、バッハ作品集第2弾、「バッハ・オン・ギター2」がリリースになりますが、それに合わせて千葉市にある音楽専用ホール「美浜ホール」にてリサイタルを行います。11月17日(土)19時開演です。

プログラムのメインはもちろんバッハなのですが、ギターの魅力を幅広く知っていただくために、20世紀~今世紀に書かれた大作も聴いていただける選曲にしました。下記の通りです。

●J.S.バッハ:シャコンヌ BWV1004(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より)
●L.ブローウェル:ソナタ第3番 「黒いデカメロン」

(休憩)

●C.グァスタビーノ:ソナタ第1番
●J.S.バッハ: 組曲イ短調 BWV997

言わずと知れたシャコンヌ、そしてギター奏者にとって無くてはならない現代の作曲家ブローウェルのソナタ。5曲のソナタを書いていますが、その中から第3番「黒いデカメロン」を演奏します。

後半は20世紀に活躍したアルゼンチンの作曲家、グァスタヴィーノが書いたギターのためのソナタ第1番です。ギターでこんなに重厚感がある響き、楽曲が書けるんだ!と感心するくらいの名作です。

ブローウェルは今夏、斎藤優貴くんが日本で演奏しました。グァスタヴィーノは滅多に日本で演奏を耳にすることはありませんが、非常に優れた名曲です。20世紀・アルゼンチンと聞くと、ヒナステラを思い浮かべる方も多いでしょうが、その対極の作曲スタイルで非常に聴きやすく、特に2楽章の緩徐楽章はうっとりするような曲調でオススメです!

バッハと共に鑑賞してください。それから最新のCDも17日のリサイタルで先行発売出来る予定です。お楽しみに!

ぴかぴか(新しい)

【以下、コンサート情報概要です】

 

1.【益田正洋ギターリサイタルin千葉開催概要】
-------------------------------------------
【日時】2018年11月17日(土)開場18:45、開演19:00
【イベント名称】益田正洋ギターリサイタルin千葉
【出演】益田正洋(ギター)
【会場】千葉県・千葉市美浜文化ホール・音楽ホール(定員150名、全席自由席)
https://chiba-aw.jp/mihama
【入場料】一般前売り3,000円、当日3,500円/高校大学生前売り1,000円、当日1,500円/小中学生前売り100円、当日200円
【チケット予約】10/22(月)よりイープラスにて発売開始予定
【曲目】
 1.J.S.バッハ:シャコンヌ BWV1004(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より)
 2.L.ブローウェル:ソナタ第3番 「黒いデカメロン」
 3.C.グァスタビーノ:ソナタ第1番
 4.J.S.バッハ: リュート組曲第2番イ短調 BWV997
【問合せ】私(上原淳)までメッセージでお問い合わせください。
【内容コメント益田氏は史上最年少の12歳でプロギタリストの登竜門であるクラシカルギターコンクールでの優勝をはじめ、国内外で多数の受賞歴や演奏歴を持つ日本を代表するギタリスト。今回はCD発売記念としてバッハ作品を中心に演奏します。
-------------------------------------------

2.【益田正洋(ますだ まさひろ)氏プロフィール】
-------------------------------------------
長崎県・長崎市生まれ。幼少時に両親の手ほどきによりギターを始める。長崎大学経済学部を卒業後、2001年ジュリアード音楽院修士課程にてS.イズビン女史に師事。これまでに福田進一、藤井眞吾、O.ギリア、M.バルエコ、D.ラッセル (敬称略)などにも指導を受ける。

89年、第20回クラシカルギターコンクール入賞。当時審査委員長を務めていた作曲家、伊福部昭氏(故人)より審査員特別賞を授与される。翌年第21回同コンクールにて史上最年少(12歳)で第一位を受賞。また92年、東京国際ギターコンクールにても入賞。加えて03年にはシカゴにて行われた国際コンクールにてファイナリストに選ばれるなど、国内外でも数々の賞歴を重ねている。

1991年の地元長崎でのデビューリサイタルを皮切りに演奏活動を開始。ソロのみならず他楽器の演奏家、オーケストラとの共演も多く、さまざまなガラコンサートや音楽祭等での客演、公開レッスンなども行う。2001年にはロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのコンチェルト・ソリストとして、ニューヨーク・リンカーンセンターにて海外デビュー。J.デプリースト(元東京都響常任指揮者)指揮、ジュリアード・シンフォニーと共演。アランフェス協奏曲を好演する。

2009年には優れた若手演奏家をフィーチャーする(財)東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー|バッハからコンテンポラリーへ)」に招聘され、ソロリサイタルを成功。ディズニー・オン・クラシックの日本ツアーにもゲスト演奏家として参加し、全国30か所の公演を行う。また2012年秋には世界的なギター製作家J.L.ロマニリョス氏に招聘されたことをきっかけに、スペイン演奏ツアーを行い、特にマドリッド王立音楽院でのリサイタルは絶賛される。

近年では、美術史家の川瀬佑介氏とのコラボレーション「音楽と美術を楽しむコンサート “ギターと絵画の交わるところ」を全国各地で開催。クラシック演奏会の新しい価値、楽しみ方を提示する斬新なプロジェクトとして注目を集めるなど、その意欲的な活動は多岐にわたる。

バロックから現代に及ぶ幅広いレパートリーによる演奏は常に好評を獲得。発表したCDは約20枚(2018年11月現在)におよび、その多くのアルバムが月刊誌・レコード芸術にて特選盤として紹介され、読売新聞、東京新聞、婦人公論など各メディアからも支持を集めるなど各方面からの評価も高い。今後もさらなるソロや室内楽のレコーディングの予定を控えている。

ギター協奏曲や室内楽を通しての他楽器との共演による評価も高く、クラシック音楽普及の為のアウトリーチ活動も行っている。ますます精力的に活動を続ける、日本を代表する実力派ギタリストである。
公式ホームページ; http://www.masahiromasuda.com/
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)

 

【写真1】会場の様子(バジェホスさんのギターと吉住さんの朗読)

 

【写真2】大スクリーンの前で演奏するバジェホスさんのギターソロ(左は吉住さん)

 

【写真3】打上げの様子

※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。


ぴかぴか(新しい)
10/20(土)14時30分~、千葉市生涯学習センター小ホールで、伝説のギタリスト「マンゴレ」千葉特別上映会、無事開催終了しましたので写真を中心に当日の様子を紹介します。
このイベントは日本での上映権を持つギタリストの吉住和宏さんが主催で、千葉ソロギターサークルも共催として協力させて頂きました。
皆さんの協力のおかげで、事前の予想よりも多数の方にお越し頂き、小川和隆さん、橋爪晋平さん、田代義和さんなどギタリストの方もお越し頂き盛況で終えることが出来ました。
ぴかぴか(新しい)
150インチ大スクリーンを使用しての映画の上映の他、上映会の前後では千葉在住のギタリスト、アレクシス・バジェホスさんのギターミニコンサート、アレクシスさんのギターと吉住さんの朗読のコラボなど内容も盛りだくさんで、素晴らしいイベントになりました。
吉住さんはバリオス(マンゴレ)が創作した詩を日本語に訳して朗読して下さいましたが、バリオスは絵画の腕前も素晴らしいとの事で、単なるギタリスト兼作曲家ではなく、多彩な才能を持っていた芸術家だったことが伺える貴重なイベントとなりました。
この映画の日本での最終上映会を、私の地元の千葉市で盛会で終える事が出来、本当に嬉しく思います。

ぴかぴか(新しい)
今後も、バリオスの才能をたくさんの方々に知って頂けるよう、微力ながら私も頑張りたいと思います。
先ずは、12/23(日)浦安音楽ホールで開催する千葉ソロギターサークル第10回定期演奏会で、バリオスの大聖堂をギター版とピアノ編曲版で聴き比べる演奏を企画しています。ギター版は宮下祥子プロが演奏予定です。今回は10周年記念として、他にもアランフェス協奏曲やある貴紳のための幻想曲の全楽章演奏も企画しています。皆さん是非聴きにお越し下さい。
ぴかぴか(新しい)

 

【写真4】主催者で司会進行を務めた吉住和宏さん

 

【写真5】イベントはバジェホスさんのギターソロからスタート

 

【写真6】大スクリーンの前で演奏するバジェホスさん

 

【写真7】バジェホスさんと吉住さんのギターと詩の朗読

 

【写真8】バジェホスさんと吉住さんのギターと詩の朗読

 

【写真9】バジェホスさんと吉住さんのギターと詩の朗読

 

【写真10】バジェホスさんと吉住さんのギターと詩の朗読

 

【写真11】左よりバジェホスさんの友人テノール歌手カリオラ・グイードさん、バジェホスさん、橋爪晋平さん、私(上原淳)

 

【写真12】左よりバジェホスさんの友人テノール歌手カリオラ・グイードさん、小川和隆さん、バジェホスさん、私(上原淳)

 

【写真13】映画「マンゴレ」のチラシ

 

【写真1】昨年2017年のコアフェスタ出演者

 

【写真2】昨年2017年の私の演奏の様子

ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんばんは。
明日10/28(日)14:15~15:15の60分間の枠で、コアフェスタと言うイベントで千葉ソロギターサークル演奏会を開催しますのでご案内いたします。
会場は千葉市美浜区の幕張ベイタウンコア・音楽ホール。入場無料のイベントです。コアフェスタと言うおしゃれな名称がついていますが、いわゆる公民館まつりです(笑)。

今回のコアフェスタではアランフェス協奏曲の全3楽章をピアノ伴奏で初めてサークル員で演奏する予定です。
アランフェス全楽章演奏は12/23(日)浦安音楽ホールで開催する、千葉ソロギターサークル第10回定期演奏会でも10周年記念の目玉企画の一つとして演奏予定ですが、明日はその試金石として初演となります。

全3楽章を3人のギタリストとピアニストで分担して演奏します。ギターは第1楽章が大村拓さん、第2楽章が私(上原淳)、第3楽章が近藤勲さんです。ピアニストはそれぞれ笠裕子さん、あまね伶さん、杉本麻里子さんが担当します。果たしてどのような演奏になりますか、ご期待ください。

アランフェス以外のソロやデュオも、岡野雅一さん、越智恵美さん、あまね伶さんと充実のメンバーが出演しますので、こちらもお楽しみに!
曲目と出演メンバーは下記の通りです。

ぴかぴか(新しい)
<プログラム>
------------------------------------
1.越智恵美<ギターソロ>
①禁じられた遊び(A.ルビーラ)
②星に願いを(L.ハーライン)

2.あまね伶<ライアーソロ>
③追憶 (スペイン民謡)
④ひまわり (H.マンシーニ)

3.あまね伶&越智恵美デュオ
⑤風の憧憬~クロノトリガーより(光田康典作曲、江部賢一編曲)<ギター&ライアー>
⑥黒いオルフェ (L.ボンファ)<ギター&メロディカ>

4.岡野雅一<ギターソロ>
⑦ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(A.ハリス)
⑧Evergreen(佐藤弘和)

5.アランフェス協奏曲(J.ロドリーゴ)
⑨第1楽章 大村拓<ギター>&笠裕子<ピアノ>
⑩第2楽章 上原淳<ギター>&あまね伶<ピアノ>
⑪第3楽章 近藤勲<ギター>&杉本麻里子<ピアノ>

6.カーテンコール
・出演者全員がステージに出て一言づつ挨拶(司会・上原淳)
------------------------------------

お時間のある方は是非聴きにお越しください。よろしくお願いします。
写真は昨年2017年のコアフェスタ出演時のものです。

【幕張ベイタウンコア交通アクセス】
http://baytown-core.net/top.html

ぴかぴか(新しい)

 


テーマ:

【写真1】入賞者の方々(左から5位小林龍和さん、3位杉田文さん、1位仲山涼太さん、2位松島淳さん、6位小林政貴さん)

 

【写真2】優勝した仲山さんの表彰式でのあいさつの様子

 

【写真3】会場の台東区ミレニアムホールの様子
※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。


ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。
遅くなりましたが、10/14(日)東京・台東区ミレニアムホールにて開催された、第36回スペインギター音楽コンクールを観戦しましたのでレポします。
コンクール当日、会場から経過と結果速報をFacebookでお知らせしましたが、改めてまとめとして写真もたくさん掲載しながらお伝えしたいと思います。
まずは、本選結果は下記の通りでした。
ぴかぴか(新しい)
【第36回スペインギター音楽コンクール本選結果】(敬称略)

第1位 仲山涼太(大阪)
第2位 松島淳(京都)
第3位 杉田文(東京)
第4位 渡邊華(東京)
第5位 小林龍和(東京)
第6位 小林政貴(福島)

今回の本選結果順位は、私の予想と完全に一致しました。これまで多数のコンクールを観戦して来ましたが完全に一致したのは初めてでした。予選での印象通り今回は本選でもやはり関西勢が強かったです。入賞者の皆様、おめでとうございます!
ぴかぴか(新しい)
本選入賞者以外で45歳以上の男女に贈られる賞は下記2名の方が受賞しました。山口さんは千葉ソロギターサークルの仲間です。おめでとうございます!
マドゥーラ賞 前田恵里(京都)
マドゥーロ賞 山口直哉(千葉)
ぴかぴか(新しい)
今回の2次予選会には、1次予選を突破した43名がエントリー。4名が欠席したので実際には39名で競われました。
2次予選の課題曲はタレガのアラビア風奇想曲、本選会はアルベニスのアストリアスでした。
2次予選会は主催協会のギタリスト11名で審査。本選会は、濱田滋郎(音楽評論家)、洪再添(作曲・指揮)、上原由記音(ピアニスト)、中島晴美、河野智美、本木盛夫、村治昇、青木一男、新井伴典、河竹道夫、木村義輝、建孝三、渡辺隆(以上ギタリスト)の各氏と言う錚々たるメンバーが審査していました。
ぴかぴか(新しい)
私は2次予選会全員を聴きましたが、私の評価の高かった方は下記の通りです。あくまで私の個人的な評価です。(敬称略、順不同)
S :仲山涼太、松島淳、杉田文、渡邊華
A+:新井康史、大蔵奏太朗、高橋力、曽根知輝
A :緑川敦彦、山本護、本多磨弥
A-:小林龍和、厚地翔太、廣岡甲太郎、川村和香菜、米澤勉、近藤勲、山口直哉、中川角成、高橋慶匡
ちなみに6位入賞した小林政貴さんはB評価でした。
ぴかぴか(新しい)
評価の高い順にS、A+、A、A-、B+~(以下省略)となります。Sは確実に本選に行くと思われる方、Aは本選に行けそうな方、B、Cは本選に行くのは難しいと思われた方です。
実際に本選に進んだのは上記1~6位の6名で、ほぼ私の予想通りでしたので個人的には予選結果には納得しました。
ぴかぴか(新しい)
久しぶりの演奏を楽しみにしていた大阪の宇田奈津美さんは欠席しましたが、もし出場していれば優勝又は上位入賞していたと思われただけに残念でした。
上位入賞者の演奏について、私が感じた点を簡単に書いておきます。今後の参考にして頂ければ幸いです。
ぴかぴか(新しい)
第1位 仲山涼太(大阪)
音量が豊かでダイナミックで迫力のある演奏が持ち味の奏者。以前は荒々しさが目立つ部分も多かったが、この日の演奏は持ち味のダイナミックさはそのままに、柔らかい音色やしなやかな音楽作りも感じられる演奏になっており、優勝に相応しい演奏だと感じた。アストリアス演奏時の右手爪の音(雑音)が気になった。ダイナミックさは十分に持っているので、音色の美しさや繊細な表現力を追求すれば更に良くなると思う。

第2位 松島淳(京都)
優勝した仲山さんと同様ダイナミックで迫力のある演奏。美しく煌びやかで伸びのある高音とド迫力の重低音が魅力で音量も申し分なし。音色や表現力も素晴らしく優勝してもおかしくない演奏で、優勝者との差はほとんど無く、審査員の好みの問題だったように思う。演奏スタイルや目指す方向性が、ギターはこのように弾いて欲しいという私の好みと一致する演奏であった。早いパッセージを美しい音で精度高く確実に演奏すれば更に良くなると思う。

第3位 杉田文(東京)
丁寧で堅実な音の積み重ねがあり、演奏技術にはったりやごまかしが無く、音楽に真正面から取り組んでいる事がうかがえる好感の持てる演奏であった。ただ、上位の関西勢の個性豊かでダイナミックな演奏と比較すると、どうしても迫力に欠けこじんまりとまとまっている感じがした。音色はきれいだが、音量を大きくしたり、音楽の持つ大きなうねりのような迫力のある表現を研究すると更に良くなると思う。

第4位 渡邊華(東京)
全体的に杉田さんの演奏と同じような感じで、一言で言うとおとなしい演奏だと感じた。一つ一つの音を大切に丁寧に確実に弾いているのだが、迫力や個性と言った訴えかけるものが少なかった。高い演奏技術を持っているので、音楽の大きさを感じさせる自分なりの表現力や個性を追求すると更に良くなると思う。

ぴかぴか(新しい)
表彰式で審査員を代表して審査講評をした濱田慈郎氏からは、今回の出場者に対し日頃の精進に対するねぎらいと共に、今回の出場者は全体的に例年のレベルに達していなかったので更に精進して欲しい(趣旨)との激励の言葉があった事を記しておきます。

ぴかぴか(新しい)
今回は頑張って多数の方々と写真を撮って頂きました。皆さん、結果が出る前に入賞を見越しての撮影でしたが、ほぼ正解でした。今回入賞を果たせなかった方はまた来年頑張って下さい。
ぴかぴか(新しい)
また、東京芸大で学んでいるギタリストの志野文音さんとも知り合いになりました。ちなみに、東京芸大出身のギタリストは私の知っている限りでは、志野さんで3人目です。
志野さんは協会発行の楽譜「スペインギター音楽名曲コレクション」の販売を担当していましたが、可愛い販促の言葉に乗せられて?思わず第1巻から3巻まで全て購入しました(笑)。協会員になると1冊2,500円が確か1,700円の割引価格で購入する事が出来るとの事でした。会員の方は購入時に会員という事を告げると割引価格で購入できますので、お忘れなく。
ぴかぴか(新しい)
私は、日本・スペインギター協会の会員なって初めての観戦でしたが、今後は周りのギタリストに出場を勧めたり、或いは自分が出場したり?少しでも協会の発展に協力したいと思います。
出場者の皆さん、審査員の先生方、スタッフや観客の皆様、お疲れさまでした。 また来年も楽しみにしたいと思います。
ぴかぴか(新しい)

 

【写真4】表彰式での入賞者6名

 

【写真5】優勝した仲山涼太さん

 

【写真6】第2位の松島淳さん

 

【写真7】第3位の杉田文さん

 

【写真8】第4位の渡邊華さん

 

【写真9】マドゥーロ賞の山口直哉さん

 

【写真10】マドゥーラ賞の前田恵里さん(右から2人目)とマドゥーロ賞の山口直哉さん

 

 

【写真11】表彰式の様子

 

【写真12】審査講評をする審査委員長の濱田滋郎氏

 

【写真13】審査講評をするピアニストの上原由記音氏

 

【写真14】優勝した 仲山涼太さん(右)と私

 

【写真15】第2位の松島淳さん(右)と私

 

【写真16】第3位の杉田文さん(右)と私

 

【写真17】第4位の渡邊華さん(右)と私

 

【写真18】大蔵奏太朗さん(右)と私

 

【写真19】曽根知輝さん(左)と私

 

【写真20】右より本多磨弥さん、高橋力さん、私

 

【写真21】楽譜販売担当の志野文音さんと私

 

【写真22】志野さんの可愛らしさに乗せられて全3集を購入(笑)

 

【写真23】出張ショップ販売担当の竹内永和さん

 

【写真24】2次予選会の出場者名簿(演奏順)

 

【写真25】本選進出者6名の発表の瞬間(合格者は貼り紙で掲示)

 

【写真26】本選出場者6名の名簿(演奏順)

 

【写真27】多数の協賛各社の名簿

 

【写真28】当日配布されたプログラム

 

【写真29】コンクールのチラシ(出場者名簿と自由曲掲載)

 

以上。

ぴかぴか(新しい) 

 

【写真1】終演後に出演者と記念撮影(左より柴田諒さん、横村福音さん、私(上原淳)、大谷恵理架さん、大蔵奏太朗さん)
 
【写真2】横村福音さんソロ
 
【写真3】大谷恵理架さんソロ
 
【写真4】アンコールでデュオ演奏中(左より大谷恵理架さん、横村福音さん)
 
【写真5】会場の千葉市美浜文化ホール・音楽ホールの様子
※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。
 
ぴかぴか(新しい)
皆さんこんばんは。。
報告遅くなりましたが、10/7にギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~を無事開催終了しました。
ぴかぴか(新しい)
今回のコンサートでは現在のクラシクギター界に出現した「黄金世代」(私が命名)と言うべき才能豊かで驚異的な演奏をする中高生の若手演奏家の中学3年生から高校2年生までの注目のジュニアギタリストに出演して頂きました。
ぴかぴか(新しい)
演奏は私の期待通りにとても素晴らしいもので、私が皆さんに知って頂きたかったこの黄金世代の素晴らしい才能の一端を皆さんに伝えられたかと思います。
特に主役の横村福音さんと大谷恵理架さんの演奏は、多くの方に驚きと感動、そしてギター界の明るい未来への希望を感じて頂けたと思います。アンコールでサプライズ的に演奏したお二人のデュオは今回が初共演で、お二人にとっても思い出に残る共演になったと思います。
皆さんもご存知の通り横村さんと大谷さんは今年2月のイーストエンド国際ギターコンクールで同点優勝した事で、優勝記念の副賞としてCDの制作が行われますが、今回の二重奏のピアソラのリベルタンゴも是非記念に録音して欲しいと思います。樋浦さんご検討よろしくお願いします。
もちろん友情出演の大蔵奏太朗さんと柴田諒さんの演奏も熱演・好演で今回のコンサートに華を添えてくれました。
ぴかぴか(新しい)
今回は初の中高生中心のコンサートで集客が心配されましたが、思いのほか多数のお客様にお越し頂き盛況で、イベントとしても成功で終える事が出来ました。
もちろん私は主催者として全力で集客に頑張りましたが、出演者皆さんも頑張って頂きました。中でも大谷恵理架さんの祖父母が会場の美浜文化ホールの近くにお住まいとの事で、大谷さんの知り合いの方が多数若い才能の応援に駆けつけて下さいました。皆さん集客にご尽力頂き本当に感謝いたします。
ぴかぴか(新しい)
この黄金世代には、今回の出演者以外にも素晴らしい才能の持ち主がまだまだたくさんいます。
思いつくままに列挙しますと、尾崎琴音さん(中3)、原田斗生さん(高2)、赤井香琳さん(高1)、川崎薫さん(中3)、橋爪佑奈さん(中3)、北海道にも坂本和奏さん(高2)がいます。今回出演した頂いた4人と合わせて、正に黄金世代と言うべき近年稀にみる才能がひしめき合っている世代です。今後の成長が非常に楽しみです。
今回の黄金世代の10年ほど前にも、藤元高輝さん、岡本拓也さん、飯野なみさん等、素晴らしい才能の持ち主が多数いた時期がありましたが、今回は人数の上ではその世代を上回るほど多数の人材が集中しており、ギター界にとって稀に見る世代だと思います。
ぴかぴか(新しい)
このように素晴らしい方々が多数いる黄金世代ですので、今回だけで終わるのではなく今後も折に触れて皆さんに演奏を聴いて頂きたいと考えています。
具体的企画として、来年2019年8月18日(日)浦安音楽ホールで、高校2年生の原田斗生さんと、現在フランツ・リスト・ワイマール音楽大学に留学中の斎藤優貴さんのお二人を中心に「ギターコンクール優勝者の競演Vol.15」を開催予定です。今回が女性中心でしたので、次回は男性中心に企画してみました。賛助出演者は未定ですが、こちらもどうぞお楽しみに!
ぴかぴか(新しい)
今回主役の横村さん、大谷さん、そして友情出演の大蔵さん、柴田さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。またいつか機会を作りますので、その時はよろしくお願いします。
最後になりましたが、スタッフ協力して頂いた千葉ソロギターサークルのメンバーの方々や、応援して下さった多数の方々、そして当日お越し下さったお客様の方々に対し心より感謝致します。ありがとうございました。
今後もギターを中心に色々な企画でギター界・音楽界を盛り上げて行きますので、今後も千葉ソロギターサークルの応援をよろしくお願いします。
ぴかぴか(新しい)
今年の今後のイベントとしては下記を予定しています。皆さんのお越しをお待ちしています。
・11/17益田正洋ギターリサイタルin千葉
益田正洋さんのチケットは下記イープラスでお求めできます。私へのメッセージでも予約受付ます。どうぞご利用下さい。
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002276893P0030001P0006

・11/18益田正洋マスタークラス
・12/23千葉ソロギターサークル第10回定期演奏会~10周年記念特別企画満載です。(ゲスト:宮下祥子プロ)
以上、ご期待ください!

ぴかぴか(新しい)
<ギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~>概要

-------------------------------------------
【イベント名称】ギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~
【出演】横村福音(ギター)、大谷恵理架(ギター)
【友情出演】柴田諒(ギター)、大蔵奏太郎(ギター)
【日時】2018年10月7日(日)開場18:30、開演18:45
【会場】千葉市美浜文化ホール・音楽ホール(定員150名)
【主催】千葉ソロギターサークル(代表・上原淳)
【後援】千葉市、村治ギター早期才能教育教室、大人のソロギターサークル
【協賛】現代ギター社、島村楽器店、クロサワ楽器店、ギターショップ・アウラ
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
【プログラム】

-----------------------
【第1部】
-----------------------

<大谷恵理架ソロ>
1.ソナタ Op.15(M. ジュリアーニ)
2.タランテラ(C.テデスコ)

<横村福音ソロ>
3.練習曲Op6-6(F.ソル)
4.内なる想い 1.心静かに 2.宝物 3.静寂 4.よろこび 5.あこがれ(V.アセンシオ)

-----------------------
【休憩10分】
-----------------------
【第2部】
-----------------------

<柴田諒ソロ>
5.2つのリディア調の歌(N.ダンジェロ)

<大蔵奏太朗ソロ>
6.アラビア風奇想曲(F.タレガ)

<横村福音ソロ>
7.練習曲Op29-17(F.ソル)
8.スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」(E.グラナドス)
9.フリア・フロリダ(A.バリオス)

<大谷恵理架ソロ>
10.トッカータ(J.ロドリーゴ)
11.最後のトレモロ(A.バリオス)
-----------------------
【アンコール・横村&大谷デュオ】
12.リベルタンゴ(A.ピアソラ)
-----------------------
【カーテンコール】
・出演者全員ステージに登場し一言づつ挨拶(司会:上原淳)
-----------------------

ぴかぴか(新しい)
【横村福音(よこむらねね)プロフィール】
高校1年生。2002年東京都新宿区生まれ。6歳よりギターを村治昇、キム ヨンテ両氏に師事。4月より東京音楽大学付属高等学校にて荘村清志、江間常夫両氏の指導を受ける。今までに村治奏一氏のレッスン、福田進一氏、エドゥアルド・フェルナンデス氏、ミゲル・トラパガ氏、ファビオ・ザノン氏、パブロ・マルケス氏、ジュディカエル・ペロア氏のマスタークラスを受講。第25回山陰ギターコンクールプロフェッショナル部門第1位、第39回ジュニアギターコンクール中学生の部金賞、第42回GLC学生ギターコンクール中学生の部第2位、第35回スペインギター音楽コンクール第2位、第8回イーストエンド国際ギターコンクール第1位、ギターと時を同じくして書道も始め腕前は学童の部で10段。中学で全国書画展覧会に3年連続で入賞。実は左利き。

【大谷恵理架(おおたにえりか)プロフィール】
中学3年生。2003年米国テキサス州生まれ。3歳で帰国、東京都下育ち。9才から斎藤浩氏の教室でクラシックギターを習い始め、2015年より朴葵姫氏にも師事し現在に至る。これまでに大萩康司、朴葵姫、マルシン・ディラ、レオナルド・ブラーボ、ネイツ・クハル、福田進一、デイビッド・ラッセル、トマ・チャバ、ジュディカエル・ペロワ、徳永真一郎、ラファエラ・シュミッツ、オスカー・ギリア各氏のマスタークラスを受講。2016年第9回ギター大好きみんな集まれギターコンペティション全国大会B部門金賞及びグランプリ受賞、第38回ジュニアギターコンクール中学生の部金賞及び最優秀賞、2018年第8回イーストエンド国際ギターコンクール第1位、第43回GLC学生ギターコンクール中学生の部第1位及びGLC賞(全部門での最高賞)、第4回台湾国際ギターコンクール第3位及び審査員特別賞受賞。ちなみに父は船橋市、母は千葉市花見川区出身。

【大蔵奏太朗(おおくらそうたろう)プロフィール】
高校2年生。7歳より村治昇ギター早期才能教育教室で村治昇、坂場圭介先生に師事。またデイヴィッド・ラッセル、徳永真一郎のマスタークラスを受講。第39回ジュニア・ギター・コンクール高校生の部銅賞首席、第42回GLC学生ギターコンクール高校生の部第3位、第8回イーストエンド国際ギターコンクール第6位。

【柴田諒(しばたりょう)プロフィール】
中学3年生。5歳よりクラシックギターを始め村治昇ギター早期才能教育教室にて村治昇、坂場圭介各氏に師事。福田進一、ジェレミー・ジューヴ、ジュディカエル・ペロワ、ショーン・シベ他各氏のレッスン受講。2015年第37回ジュニア・ギター・コンクール小学校高学年の部金賞首席、2017年第10回ギター大好きみんな集まれギターコンペティション全国大会B部門(13~16歳)金賞。2015年よりイーストエンド国際ギターフェスティバルに出場。2016年、2018台湾国際ギターフェスティバルに参加。

ぴかぴか(新しい)

【TV取材の件】
以前皆さんにお知らせしましたが、今回のコンサートがテレビ取材されました。出演者の大谷恵理架さんの地元、東京都・羽村市の「テレビはむら」のスタッフが2名取材に来ました。大谷さんの才能は羽村市で注目されており、現在大谷さんの番組を作るため密着取材中との事です。その一環として今回のコンサートの取材の申し込みがありましたので、もちろん許可しました。番組は約半年間に渡って大谷恵理架さんに密着取材をして、最後に羽村市長との対談も行い、お正月の特別番組として放送されるとの事です。開演前に私もインタビュー取材を受けましたので、もしかしたら(カットされなければ・笑)少しだけ出演するかも知れません。番組の完成が楽しみですね!番組完成後はBD(ブルーレイ)で番組放送映像を送って頂く予定です。楽しみです~。

 

ぴかぴか(新しい)

 

【写真6】大谷恵理架さんソロ

 

【写真7】大谷恵理架さんソロ

 

【写真8】大谷恵理架さんソロ

 

【写真9】横村福音さんソロ

 

【写真10】横村福音さんソロ

 

【写真11】横村福音さんソロ

 

【写真12】柴田諒さんソロ(友情出演)

 

【写真13】大蔵奏太朗さんソロ(友情出演)

 

【写真14】横村福音さんソロ

 

【写真15】会場の千葉市美浜文化ホール・音楽ホールの様子

 

【写真16】大谷恵理架さんソロ

 

【写真17】アンコールでデュオ演奏中(左より大谷恵理架さん、横村福音さん)

 

【写真18】アンコールを終えて笑顔の大谷恵理架さん(左)と横村福音さん

 

【写真19】カーテンコールで出演者全員を紹介する私(上原淳)

 

【写真20】ステージで挨拶する柴田諒さん(左)と大蔵奏太朗さん

 

【写真21】ステージで挨拶する大谷恵理架さん(左)と横村福音さん

 

【写真22】リハーサルの様子

 

【写真23】リハーサルの様子

 

【写真24】リハーサルの様子

 

【写真25】終演後に出演者集合写真(左より柴田諒さん、横村福音さん、大谷恵理架さん、大蔵奏太朗さん)

 

【写真26】終演後に出演者集合写真(左より柴田諒さん、横村福音さん、大谷恵理架さん、大蔵奏太朗さん)

 

【写真27】出演者スタッフ集合写真

 

【写真28】主役の横村福音さん(左)と大谷恵理架さん

 

【写真29】終演後お客様とロビーで談笑する大谷恵理架さん

 

【写真30】終演後お客様と談笑する横村福音さん

 

【写真31】花束を貰って笑顔の大谷恵理架さん

 

【写真32】開場を待つお客さんの行列

 

【写真33】開演前のリラックスした状況で出演者記念撮影(左より柴田諒さん、大谷恵理架さん、横村福音さん、大蔵奏太朗さん)

 

【写真34】大谷恵理架さんは終演後にお客様にお菓子をプレゼント

 

【写真35】打ち上げの様子(大谷恵理架さんのご家族とスタッフ)

 

【写真36】当日配布したプログラム表紙面

 

【写真37】当日配布したプログラム曲目面

 

【写真38】ギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~チラシ表面

 

【写真39】ギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~チラシ裏面

 

以上。

 

【写真】益田正洋氏プロフィール写真

ぴかぴか(新しい)
皆様こんばんは。
日本を代表するギタリストの一人、益田正洋氏を千葉にお招きし11/17(土)リサイタル、11/18(日)マスタークラスを開催しますのでご案内いたします。
益田正洋氏は2013年にも一度マスタークラスを開催していますが、リサイタルを開催するのは初めてです。

リサイタルの会場は、千葉市美浜文化ホール・音楽ホールです。ギターに最適な素晴らしい響きのホールで、クラシックギターの魅力を心ゆくまで堪能出来ます。
前売りチケットは10/22(月)よりイープラスにて購入できますが、私(上原淳)までメッセージでもご予約可能です。

マスタークラスの受講者は6名様まで募集しますので、ご希望の方は私までメッセージでお願いします。
但し、千葉ソロギターサークル会員を優先的に受付しますので、会員以外の方は受講枠が空いていない可能性もあります事、あらかじめご了承ください。
皆様の多数のお越しをお待ちしております。

ぴかぴか(新しい)
1.【益田正洋ギターリサイタルin千葉開催概要】
-------------------------------------------
【イベント名称】益田正洋ギターリサイタルin千葉
【出演】益田正洋(ギター)
【日時】2018年11月17日(土)開場18:45、開演19:00
【会場】千葉県・千葉市美浜文化ホール・音楽ホール(定員150名、全席自由席)
【入場料】一般前売り3,000円、当日3,500円/高校大学生前売り1,000円、当日1,500円/小中学生前売り100円、当日200円
【チケット予約】10/22(月)よりイープラスにて発売開始予定
【曲目】
 1.J.S.バッハ:シャコンヌ BWV1004(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より)
 2.L.ブローウェル:ソナタ第3番 「黒いデカメロン」
 3.C.グァスタビーノ:ソナタ第1番
 4.J.S.バッハ: リュート組曲第2番イ短調 BWV997
【問合せ】私(上原淳)までメッセージでお問い合わせください。
【内容コメント益田氏は史上最年少の12歳でプロギタリストの登竜門であるクラシカルギターコンクールでの優勝をはじめ、国内外で多数の受賞歴や演奏歴を持つ日本を代表するギタリスト。今回はCD発売記念としてバッハ作品を中心に演奏します。
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
2.【益田正洋クラシックギター・マスタークラス開催概要】
-------------------------------------------
【イベント名称】益田正洋クラシックギター・マスタークラス~ミニコンサート付~
【日時】2018年11月18日(日)9:00~18:00
【会場】千葉県・千葉市生涯学習センター・多目的室(地下1階)
  JR千葉駅東口または北口から徒歩8分、又は千葉モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分。
 【会場HP】http://chiba-gakushu.jp/
 【交通アクセス】http://chiba-gakushu.jp/know/know_04.html
 【会場問合せ先】Tel:043(207)5811(生涯学習センター)
【受講者募集人数】6人(受講時間約60分/一人)
【聴講者募集人数】若干名
【受講料】11,000円
【聴講料】1,000円
【問合せ】私(上原淳)までメッセージでお問い合わせください。
-------------------------------------------

ぴかぴか(新しい)
3.【益田正洋(ますだ まさひろ)氏プロフィール】
-------------------------------------------
長崎県・長崎市生まれ。幼少時に両親の手ほどきによりギターを始める。長崎大学経済学部を卒業後、2001年ジュリアード音楽院修士課程にてS.イズビン女史に師事。これまでに福田進一、藤井眞吾、O.ギリア、M.バルエコ、D.ラッセル (敬称略)などにも指導を受ける。

89年、第20回クラシカルギターコンクール入賞。当時審査委員長を務めていた作曲家、伊福部昭氏(故人)より審査員特別賞を授与される。翌年第21回同コンクールにて史上最年少(12歳)で第一位を受賞。また92年、東京国際ギターコンクールにても入賞。加えて03年にはシカゴにて行われた国際コンクールにてファイナリストに選ばれるなど、国内外でも数々の賞歴を重ねている。

1991年の地元長崎でのデビューリサイタルを皮切りに演奏活動を開始。ソロのみならず他楽器の演奏家、オーケストラとの共演も多く、さまざまなガラコンサートや音楽祭等での客演、公開レッスンなども行う。2001年にはロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのコンチェルト・ソリストとして、ニューヨーク・リンカーンセンターにて海外デビュー。J.デプリースト(元東京都響常任指揮者)指揮、ジュリアード・シンフォニーと共演。アランフェス協奏曲を好演する。

2009年には優れた若手演奏家をフィーチャーする(財)東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C(ビートゥーシー|バッハからコンテンポラリーへ)」に招聘され、ソロリサイタルを成功。ディズニー・オン・クラシックの日本ツアーにもゲスト演奏家として参加し、全国30か所の公演を行う。また2012年秋には世界的なギター製作家J.L.ロマニリョス氏に招聘されたことをきっかけに、スペイン演奏ツアーを行い、特にマドリッド王立音楽院でのリサイタルは絶賛される。

近年では、美術史家の川瀬佑介氏とのコラボレーション「音楽と美術を楽しむコンサート “ギターと絵画の交わるところ」を全国各地で開催。クラシック演奏会の新しい価値、楽しみ方を提示する斬新なプロジェクトとして注目を集めるなど、その意欲的な活動は多岐にわたる。

バロックから現代に及ぶ幅広いレパートリーによる演奏は常に好評を獲得。発表したCDは約20枚(2018年11月現在)におよび、その多くのアルバムが月刊誌・レコード芸術にて特選盤として紹介され、読売新聞、東京新聞、婦人公論など各メディアからも支持を集めるなど各方面からの評価も高い。今後もさらなるソロや室内楽のレコーディングの予定を控えている。

ギター協奏曲や室内楽を通しての他楽器との共演による評価も高く、クラシック音楽普及の為のアウトリーチ活動も行っている。ますます精力的に活動を続ける、日本を代表する実力派ギタリストである。
公式ホームページ; http://www.masahiromasuda.com/
-------------------------------------------

以上、よろしくお願いします。
千葉ソロギターサークル代表 上原淳
ぴかぴか(新しい)

 

【10/21追記】
千葉県で発行されている地域情報誌フリーペーパー「うきうき」10/19号に、益田正洋ギターリサイタルin千葉の招待券プレゼント情報が掲載されました。うきうきは八千代市・印西市・白井市の全域、船橋市・佐倉市・千葉市の一部で新聞に折り込みされている情報誌です。
新聞に折り込みされていない地域や、千葉県以外の地域に在住の方でも、下記サイトからプレゼントに応募する事が出来ますので、ご興味のある方はどうぞお申し込みください。応募締め切りは10/28との事です。よろしくお願いします。
http://www.ukiuki-chiba.com/プレゼント応募

 

 

プレゼントコーナーの拡大写真です。右上と左下に記事が掲載されています。

 

ぴかぴか(新しい) 

 

 


テーマ:

【写真1】演奏後にロビーで記念撮影(左よりギターの大沢美月さん、フルートの坂本璃子さん)

 

【写真2】ステージの様子(左よりギターの大沢美月さん、フルートの坂本璃子さん)

 

【写真3】会場の千葉市美浜文化ホール・音楽ホールの様子

 

※写真は本文の後にも掲載していますのでご参照ください。

ぴかぴか(新しい)
皆さんこんにちは。
報告遅くなりましたが、9/24に大沢美月&坂本璃子~ギター&フルートデュオリサイタルin千葉を無事開催終了しました。
ぴかぴか(新しい)
地元千葉出身の坂本璃子さんの集客力と、大沢美月さんの人気によって多数の方にお越し頂き、盛況で終える事が出来ました。
演奏は、共にウイーン国立音楽大学に留学中で、今回のコンサートに合わせてお二人で様々な楽器の教授に授業を受けた成果が十分に発揮された素晴らしいものでした。
ギターとフルートはとても相性の良い楽器という事もあり、それぞれのソロとデュオによって2つの楽器の魅力をたっぷりと楽しんで頂けたと思います。
ぴかぴか(新しい)
出演者の大沢さん、坂本さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。またいつか機会を作りますので、その時は演奏よろしくお願いします。
最後になりましたが、スタッフ協力して頂いた千葉ソロギターサークルのメンバーの方々や、応援して下さった多数の方々、そして当日お越し下さったお客様の方々、ありがとうございました。
今後もギターを中心に色々な企画でギター界・音楽界を盛り上げて行きますので、今後も応援よろしくお願いします。
ぴかぴか(新しい)
本日10/7はギターコンクール優勝者の競演Vol.14~横村福音&大谷恵理架~を開催します。18:45開演で会場は今回と同じ千葉市美浜文化ホール・音楽ホールです。

ぴかぴか(新しい)
-------------------------------------------
【イベント名称】大沢美月&坂本璃子~ギター&フルートデュオリサイタルin千葉
【出演】大沢美月(ギター)、坂本璃子(フルート)
【日時】2018年9月24日(月・祝)開場18:30、開演18:45
【開催地】千葉県千葉市美浜区
【会場】千葉県・千葉市美浜文化ホール・音楽ホール
【定員】定員150名
【主催】千葉ソロギターサークル
【後援】千葉市、大人のソロギターサークル
【協賛】現代ギター社、島村楽器店、クロサワ楽器店、ギターショップ・アウラ
-------------------------------------------

【プログラム】

<第1部>

<ギター&フルートデュオ>
①パルティータ ト長調(G.P.テレマン1681-1767)
②グランド・デュオ・コンチェルト Op.85(M.ジュリアーニ1781-1829)

<フルートソロ>
③スペインのフォリア(M.マレ1656-1728)

<ギターソロ>
④夢(F.タレガ1852-1909)
⑤大聖堂(A.バリオス1885-1944)
Ⅰ.郷愁の前奏曲 Ⅱ.宗教的アンダンテ Ⅲ.荘厳なアレグロ

<休憩15分>

<第2部>

<ギターソロ>
⑥.黒いデカメロン(L.ブローウェル1939-)
Ⅰ.戦士の竪琴 Ⅱ.こだまの谷をぬける恋人たちの逃走 Ⅲ.恋する乙女のバラード

<フルートソロ>
⑦小品(J.イベール1890-1962)
⑧カプリース第24番(N.パガニーニ1782-1840)

<ギター&フルートデュオ>
⑨間奏曲(J.イベール)
⑩タンゴの歴史(A.ピアソラ1921-1992)
Ⅰ.酒場 1900 Ⅱ.カフェ 1930 Ⅲ.ナイトクラブ 1960 Ⅳ.現代のコンサート

<アンコール>
⑪アレグロ・エスプレッシーボ~グランド・セレナーデ イ長調Op.82より(M.ジュリアーニ)

ぴかぴか(新しい)
【大沢美月プロフィール】<ギター>
1996年生まれ。神奈川県出身。 4歳から祖父である大沢一仁に師事。これまでに志摩光信、斎藤明子、高田元太郎、河野智美、熊谷俊之、福田進一に師事。 昭和音楽大学短期大学部 弦管打楽器コースを優等賞にて卒業し、現在はウィーン国立音楽大学にてアルヴァロ・ピエッリに師事。これまでにエドゥアルド・フェルナンデス、ミゲル・トラパガ、リカルド・ガジェン各氏などのマスタークラスを受講。 第36回ジュニアギターコンクール最優秀賞受賞。第45回神奈川新人ギターオーディション首席入賞、第32、33、34回スペインギターコンクール入賞、第41回GLC学生ギターコンクール大学生の部2位、第7回イーストエンド国際ギターコンクール4位。第87回読売新人演奏会に出演。 
ぴかぴか(新しい)
【坂本璃子プロフィール】<フルート>
千葉県出身。9歳よりフルートを始める。東京音楽大学付属高等学校卒業。入学時に給費入学奨学生 乙種を受ける。現在、ウィーン国立音楽大学 器楽科フルート専攻、ハンスゲオルグ・シュマイザー氏にフルートを、ピッコロをレナーテ・リノートナー氏に、トラヴェルソをG.ヴィンマー氏に室内楽をG.ポコルニー氏に師事。 これまでにフルートを岩下智子、中野真理 各氏に、室内楽をクリストフ・エグナー、アンドレア・ビショフ各氏に師事。 また、フェリックス・レングリ、ナタリー・ロザ、ミシェル・モラゲス、ヤン・オストリー、スーザン・ミラン、ペーター=ルーカス・グラーフ、ソフィー・シェリエ各氏などのマスタークラスを受講。 第64回 全日本学生音楽コンクール東京大会第3位 全国大会入選第67回同コンクール東京大会第2位 全国大会入選第20回日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位山手の丘音楽コンクール2012 第1位などを受賞。

ぴかぴか(新しい)

【写真4】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真5】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真6】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真7】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真8】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真9】大沢美月さんのギター演奏

 

【写真10】ギターの大沢美月さんとフルートの坂本璃子さんのデュオ

 

【写真11】ギターの大沢美月さんとフルートの坂本璃子さんのデュオ

 

【写真12】坂本璃子さんのフルートソロ

 

【写真13】坂本璃子さんのフルートソロ

 

【写真14】坂本璃子さんのフルートソロ

 

【写真15】坂本璃子さんのフルートソロ

 

【写真16】観客の拍手に応える大沢美月さんと坂本璃子さん

 

【写真17】出演者スタッフ集合写真

 

【写真18】演奏後にロビーで記念撮影(左より大沢美月さん、私(上原淳)、坂本璃子さん)

 

【写真19】入場する多数の来場者(今回は珍しく?若い女性が多かったです)

 

【写真20】終演後のロビーの様子

 

【写真21】終演後に出演者と談笑するお客さんの様子(手前は大沢美月さんと千葉在住のチリ人ギタリスト、アレクシス・バジェホスさん)

 

【写真22】ギリシャ神話の女神様のような衣装の大沢美月さんの後ろ姿

 

【写真23】大沢美月さんの見返り美人

 

【写真24】チラシ挟み込みの様子(坪川真理子さん、山口修さんのチラシもあります)

 

【写真25】出演者のお二人からお客様全員へのプレゼント(ウイーンのお菓子)

 

【写真26】大沢美月さんんとアレクシス・バジェホスさん

 

【写真27】大沢美月さんと大谷恵理架さん

 

【写真28】大沢美月さんとアナウンスの櫻岡史子さん

 

【写真29】大谷恵理架さんとお母さまと私(上原淳)

 

【写真30】リハーサルの様子

 

【写真31】リハーサルの様子

 

【写真32】開演前のリラックスした大沢美月さんと坂本璃子さんに囲まれた私(上原淳)

 

【写真33】プログラムの表紙

 

【写真34】プログラムの曲目うちあが

 

【写真35】打ち上げの様子

 

【写真36】打ち上げの様子

 

【写真37】チラシ表面

 

【写真38】チラシ裏面

 


テーマ:

【写真1】入賞者の方々(左から4位近藤さん、4位大貫さん、2位川島さん、1位高橋さん、3位吉岡さん、4位有馬さん)

 

【写真2】表彰式の様子(高木孝会長挨拶中)

 

【写真3】会場のさいたま市民会舘うらわ8階コンサート室の様子

※写真は本文の後に続きます。


ぴかぴか(新しい)
皆さん、こんにちは。
昨日9/23(日)開催された第25回埼玉ギターコンクールの結果をお知らせします。
昨日、結果発表直後にFacebookで速報しましたが、写真を多く掲載して改めて報告します。

ぴかぴか(新しい)
【第25回埼玉ギターコンクール結果】(敬称略、曲名は自由曲)

第1位 高橋 力(埼玉)スケルツォ・ワルツ(リョベート)、カプリース第7番(レニアーニ)
第2位 川島 洋介(東京)ラファガ(トゥリーナ)、2つのリディア調の歌より第2楽章(ダンジェロ)
第3位 吉岡 信夫(埼玉)郷愁のショーロ(バリオス)
第4位 大貫淳也(埼玉)序曲(カルリ)
第4位 近藤 勇(千葉)ファンタジー(ヴァイス)、リュート組曲第1番よりジーグ(バッハ)
第4位 有馬 良平(神奈川)アッシャー・ワルツ(コシュキン)

今回は第4位が同点で3名でした。入賞者のみなさん、おめでとうございます!
ぴかぴか(新しい)
審査中に前年度優勝者の本多磨弥さんの記念奏がありました。曲はタレガ作曲のアラビア風奇想曲と椿姫の主題による幻想曲の2曲でした。
ぴかぴか(新しい)
ちなみに、今回は千葉ソロギターサークルから4人が出場し、吉岡さんが3位と近藤さんが4位に入賞を果たす活躍をしてくれました。お疲れさまでした。来年は優勝を目指して頑張って欲しいと思います。
ちなみに、今回の1位と2位は若手プロギタリストでしたので、千葉ソロがアマチュア参加者の上位1位と2位を独占した事になります。
ぴかぴか(新しい)
私は埼玉ギター協会会員として昨年に続き受付を担当しました。
コンクール終了後は、恒例の審査員、出場者、スタッフ、来場者を交えての懇親会を開催。埼玉ギターコンクールの良い点として、この懇親会で各審査員から直接自分の演奏について評価を聴く事が出来ます。
ぴかぴか(新しい)
来年の第26回埼玉ギターコンクールは2019年9月23日(月・祝)今回と同じさいたま市民会舘うらわ8階コンサート室で開催予定です。課題曲はタレガのラグリマ(リピート無し、D.C.有り)です。指定楽譜がありますので下記埼玉ギター協会へお問合せ下さい。
【埼玉ギター協会HP】
http://www.saitama-guitar.org/

ぴかぴか(新しい)
埼玉ギター協会HPには今回のコンクール速報も掲載されていましたので紹介します。
http://www.saitama-guitar.org/2018/09/25-2.html

出場者の方々、審査員やスタッフの方々、そして何より観戦にお越し下さった方々お疲れさまでした。また来年もよろしくお願い致します。

ぴかぴか(新しい)
<第25回埼玉ギターコンクール当日進行予定>

■日時:2018年9月23日 (日・祝日) 12:00開演
■場所:さいたま市民会舘うらわ8階コンサート室
■入場料: 無料
■出場人数:35名(当日2名欠席で実際には33名が出場)
■課題曲:練習曲OP31-4 アンダンテ(F.ソル)
■自由曲:7分以内(調弦含む・複数曲可)

■進行予定 ※各部の開始時間が前後することがあります

1部 12:00~13:41 12名演奏
1.砂川 昌輝
2.山本 秀男
3.星野 隆資
4.山崎 文郎
5.西川 知ひこ
6.鈴木 幸男
7.木下 敏雄
8.大貫 淳也
9.杉崎 光男
10.木村 剛
11.有賀 勝巳
12.久保田 尚夫

2部 14:01~15:42 12名演奏
13.新井 康史
14.杉原 瞳子
15.中尾 洋一
16.五十嵐 圭一
17.平野 祥平
18.宮澤 きく子
19.市川 宏
20.近藤 勲
21.越智 栄輔
22.渡邊 洋邦
23.高橋 力
24.伊藤 豊

3部 16:02~17:35 11名演奏
25.前川 陽
26.今野 美代子
27.島村 收
28.渡邊 美保子
29.佐々木 博
30.吉岡 信夫
31.有馬 良平
32.川島 洋介
33.加藤 英行
34.守 賀津雄
35.塩崎 容正

17:40 記念演奏 本多 磨弥
18:10 審査結果発表
18:40 懇親会(707号室)
19:40 閉会


ぴかぴか(新しい)
さて、本日は私が主宰する千葉ソロギターサークル主催の「大沢美月&坂本璃子~ギター&フルートデュオリサイタルin千葉」を開催します。会場は千葉市美浜文化ホール・音楽ホール、18:45開演です。当日券もありますので、お時間のある方はお越しください。詳細は下記ブログで。
https://ameblo.jp/csgc/entry-12405162451.html

ぴかぴか(新しい)

【写真4】第1位の高橋力さん

 

【写真5】第2位の川島洋介さん

 

【写真6】第3位の吉岡信夫さん

 

【写真7】第1位の高橋力さん表彰の様子

 

【写真8】第2位の川島洋介さん表彰の様子

 

【写真9】第3位の吉岡信夫さん表彰の様子

 

【写真10】第4位の近藤勲さん表彰の様子

 

【写真11】表彰式で入賞者6人の様子

 

【写真12】高橋力さんの優勝者スピーチ

 

【写真13】審査員の本木盛夫さんの審査講評は審査員全員が行った)

 

【写真14】表彰式の様子

 

【写真15】打ち上げ懇親会の様子

 

【写真16】会場のさいたま市民会舘うらわ外観

 

【写真17】さいたま市民会舘うらわ館内の掲示板にはギター関係の掲示が3~4枚ありました。

 

以上。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス