朝日新聞に掲載されました

テーマ:
こんにちは
伊東です。

10月20日の朝日新聞の朝刊に、
佐々木社長が掲載されました。


マイベストプロ東京」の
「東京で活躍する専門家」として載っています。

「マイベストプロ東京」とは、
朝日新聞がオススメする
東京の専門家・プロを探せるWebガイドです。
佐々木社長は、
「低価格の中に付加価値を提案する
リフォームプランナー」として紹介されています。

ぜひご覧ください


銀座にあるライブレストラン
「SWEET BASIL ZERO(GINZA Lounge ZERO)」の
防音工事です。

古いビルの7階に位置するため、
防音効果には万全を期して施工させて頂きました。

防音仕様の壁はもちろん、
床は防振浮床施工、
電装設備はすべてライブハウス仕様で施工しました。

防音内装工事

防音内装工事

防音内装工事

★防音壁や防音ドアを使用して、音楽スタジオ、
塾や学校、会議室等を作りたいとお考えでしたら、

ぜひ当社にご相談下さい。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/service/office_partition.html
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/theme-10035440259.html
<オフィス移転に伴う原状回復工事についてはこちら>
↓↓↓
http://www.cs-planning.co.jp/service/office_iten_new.html
(まずはご覧下さい。)
携帯 090-1045-8119 佐々木
(お問合せは、佐々木まで直接お電話頂いた方がスムーズです!)


世田谷区三軒茶屋で、
ボイストレーニングスタジオ(防音室)の
制作が始まりました。


インターネットからのお問い合わせのお客様で、防音室を2部屋作りたいとのご希望でした。
防音専門の業者で見積りを取ったところ、
200万円という金額が出されたそうです。

これでは明らかに予算オーバーとなり、
大変お困りでした。

早速当社でお見積もりさせて頂きました。
当社の見積り金額は90万円。
圧倒的な価格の違いにより、
すぐにご注文頂きました。

もちろん、防音室を作るだけでなく、
間仕切り受付デザインフロント等、
全ての内装をコーディネイトさせて頂きます。
全てを網羅しても予算内に収まる金額となりました。

防音室

防音室

防音室の施工は、一般的な内装工事とは違い、
専門知識を要します。

床は防振浮床、壁は二重に作成し、
壁掛け音響パネルを施工します。

高遮音設定で、高いレベルの遮音も可能です。
また、スタジオ専用の電装設備も整えます。

当社は長年の経験と実績に基づき、
適正な価格でご提案させて頂いております。


*防音室、防音壁、防音ドアの施工が格安で行えます。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/service/office_partition.html
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/theme-10035440259.html



中央区日本橋の築40年以上の
古いオフィスビルです。
老朽化が激しい水回りを中心に
1棟ごとリフォームさせて頂きました。

<施工前>

オフィス内装
<施工後>

オフィス内装
<施工前>

オフィス内装
<施工後>

オフィス内装

オフィス内装


★オフィスの内装工事が格安で行えます。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/service/office_partition.html
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/theme-10035440259.html
<オフィス移転に伴う原状回復工事についてはこちら>
↓↓↓
http://www.cs-planning.co.jp/service/office_iten_new.html
(まずはご覧下さい。)

携帯 090-1045-8119 佐々木
(お問合せは、佐々木まで直接お電話頂いた方がスムーズです!)



室内に洗濯機置場を設置して欲しいという
ご依頼を頂きました。

築年の経過した物件では、
洗濯機置場がベランダにある、
または洗濯機置場自体がない
というケースが多くあります。
賃貸物件の場合、
洗濯機置場がない物件は、
そもそも部屋探しの段階で、
選択の対象から除外される場合が多いのが現実です。

室内に洗濯機置場を新設する場合、
基本的に設置場所はキッチンの脇になります。
設置に必要な給水と排水の工事が
無理なく出来るからです。

室内洗濯機置場

物件によっては、床下で配管を繋げないケースがあります。
こういったケースの場合、
床上に配管を設置します。
床上配管だと通常の防水パンは設置出来ません。
そこで、床上げ配管用の防水パンを設置することで、
これらの問題を解決します。

色々問い合わせてみたけど無理だと言われた。
そんなオーナー様、
ぜひ一度当社にお問い合わせ下さい。

★リフォーム・リノベーション工事のCSプランニング

賃貸物件ご所有のオーナー様へ
原状回復工事を的確な工事範囲でご提案し、良心的な価格で工事を行っています。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/
(まずはご覧下さい。)
携帯 090-1045-8119 佐々木
(直接、佐々木までお電話頂いた方がスムーズです!)