<更新>

4/18 テック(小サイズ)入荷しました

 

弊サロンは、ネオヒーラーの販売代理店をやらせていただいており

うちで購入された場合の特典として、

ネオヒーラーの扱いの基礎の基礎30分実演研修をおつけしています。

 

それはそれとして、

「ネオヒーラーの大きい方ありますか」、「小さい方のテックありますか」という問い合わせが結構ありまして

X(旧Twitter)に載せてリアルタイムに確認いただこうと思うものの、

Xの弊サロンアカウントが余り有益に活用できていない&フォロワー数が極少である

という悲しい状況にあり、このブログの方が明らかに閲覧数が多そうな雰囲気ですので

こちらに現在の在庫数を載せて様子見しようと思います。試験的運用です。

 

2024年4月18日現在の在庫状況

ネオヒーラー(大)    あり

ネオヒーラーテック(小) あり

です。

どちらのサイズも在庫アリです。

 

 

 

天terrace/MCらぼ南森町(大阪・南森町)

 

 

 

 

真っ赤なお部屋になりました。

実際は、窓を開けるのでここまで赤くは無いです。

 

 

レッドライトセラピーは、赤外線(遠赤外線ではありません)LEDによる照射を行うことで

様々な健康的メリットがあるというものです。

波長がキモなので、多くは語りません。企業秘密です(ウソ)。

ボカシているのは、まぁ薬機法とかそういうことです。察してください。

 

 

弊サロンにお越しになった全ての方に適用するということはありませんが、適宜活用していきます。

もう一つは、バイオレットレイです。紫光を数分あてるものです。

 

 

細かい説明は難しいので、ニコラ・テスラエドガー・ケーシーのキーワードで検索してみてください。

この器具も必要な方を限定して使用していきます。

バイオレットレイは紫に光る管(ガラス部分)を体に当てます。その際、少しチリチリ音がします。

 

紫色に発光しているところを追加しました。

ちなみに真っ暗にしないと見えません。

 

ガラス管に入っている気体によって、紫/オレンジ/青に発色します。

紫はアルゴンガス、オレンジはネオンガス、青はよくわからんです。ミックスということなのかもしれません。

ニコラ・テスラの時代はアルゴンガスの器具だったようなので、基本は紫を使います。

ゼロ磁場波動スピーカー(エクサレインボー・ゼロ)は、TWSという仕組みで2台接続できます。

 

 スマホ(Bluetooth)スピーカー①(Bluetooth)スピーカー②

 

ステレオ化するということです。

これで、クォンタムスマートの波動音場が更に広がりました。

奥行きが確実に広がった実感があります。

 

バイノーラルビート(左右で別周波数を鳴らす機能)もふたつのスピーカーで実現できるようになりました。

左右の耳に異なる周波数を鳴らし「うねり」が発生することで脳への刺激になり、集中力やヒーリング効果を期待できます。

 

この春から順次、

近赤外線850nm波長LED(NIR)

バイオレットレイ(Violet Ray)を施術に組み入れていこうと思います。

ネオヒーラー施術の効果アップと、ここ最近、憑いてるね♪のってるね~♪な感じの方が多い感触なので。

 

 

話は変わりまして

バケタンシリーズアイテムの、UFO探知機・ROSWELL ROCKを入手したのですが、

あんまり話題になることもなく、ネタとしてはありなのですが、いまいち反応が薄いので書きにくいです。

 

 

UFOが近づくとビープ音が鳴って明滅します。

また、呼び出しボタンを押すとUFOを呼ぶ周波数?を発信します。

しばらく様子見して、面白い結果が見られれば何か載せます。

 

UFOが近づいたとき

:波動

:数列

:エネルギー

を検知して明滅します。

いまのところ、1色くらい点灯することはあるのですが3色光って音が鳴る状況は無し・・・

 

今年も九州巡りを考えているので、こいつをぶら下げて散策しようと思います。

では~

今回も波動やらそういう話題です。

 

パワーストーンってありますよね、水晶とかの貴石や宝石の類です。

パワーストーンのブレスレットなど好き嫌いはあるのでしょうけれど、これについての解釈です。

 

まず、目の前にある机や壁、そして自分の手足も、ミクロの世界で見れば同じです。

いきなりではありますが、何を言っているかといえば

 

分子>原子>原子核・電子>中性子・陽子>クォーク

 

というようにミクロに分割していけば、結局のところ物質(エネルギー)的には一つに終着します。

素材(要素)に着目したら最後は同じって話です。

 

わたし(の手足)は生きているけれど、机や壁が生きているとでもいうの?!

ということになると、そこには魂魄とか霊魂とかいう概念が入り混じってくるのかもしれませんが、

そういう宗教的なスピリチュアルな話はいったん脇に置いておきましょう。

単純に、物質(エネルギー)を構成する集合体を、ミクロの視点で観察した場合の話です。

 

我々の身体は、酸素・炭素・水素・窒素で、およそ 95%を占めているそうです。

水(H2O)は、水素2つ・酸素1つの分子で組みあがった物質で、

この二つ、極論すれば、配合の差異はあれど、分子/原子で見てみたら、似ているとも言えます。

 

水素分子を分割していくと、水素原子となり、それは原子核1+陽子1で構成しています。

酸素原子もなんだか難しくてよくわからないのですけれど、なんにしても原子核と電子、

さらには中性子・陽子で、、、って感じで構成されているわけです。

酸素だって炭素だって水素だって窒素だって、細かく細かくみれば同じ要素になりますから。

 

こうしてみれば、机も壁も手足も、構成要素というか、分子/原子組み合わせの違いだよね、ってことです。

裸眼で分子/原子の世界まで見えるのなら、机も壁も手足も空間だらけでスカスカです。

原子核の周りを、電子が地球を周回する月のようなイメージでクルクル駆け巡っているんですよね。

 

机はスカスカには思えないけど。

ってそりゃ電子が鬼のような速さで原子核を周回していて、手足とは比較にならない大きさなのだから当然の話です。

この集合体としての机・壁・手足を構成する要素の動き(=様々な分子/原子の電子の挙動)を

振動とか波動とか周波数っていっているわけです。

 

その振動・波動・周波数が緩慢になると、不調が起こる。

 

投薬っていうのは、オクスリの成分(分子/原子)を体内に投入して、身体の構成体の分子/原子に、オクスリ成分の分子/原子の振動(周波数)を直接ぶち当てて、身体の分子/原子に影響を与える方法。

 

一方の周波数治療は、ざっくりいえば、音叉の共鳴実験と同じ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=C77ONL1JMMw

 

ライフデジタルやクォンタムスマートは、体の不調箇所の周波数にあわせた周波数を外部で発生させて、身体に共鳴させ、自身のチカラで振動・波動・周波数を合わせて元に戻すっていう方法。

オクスリを使わなくて自身のチカラで修復するので、安心安全ではあるのだけれど、時間がそれなりにかかるというのが難点。

じっくり構えて時間をかけなくてはならない。

 

で、パワーストーンに戻ります。

例えば水晶、これは二酸化ケイ素(石英)の結晶のこと。化学式ではSiO2。

クオーツ時計は、水晶を圧を加えると電気振動が発生するので、その振動を利用して時を刻むのに利用しています。

これでもわかるように水晶は振動しています。

というか、水晶も机も壁も手足も細分化をしていけば分子/原子・・・なので、末端で見れば結局同じ要素ということ。

水晶の場合は、酸素とケイ素の分子/原子構造に基づく周波数(振動・波動)を発信しているわけです。

 

ここまでくるとお分かりでしょうが、先ほどの音叉の共鳴実験と同じです。

水晶を身に着けることは、水晶の周波数を身体に共鳴をさせるということ。

ダイヤモンドなら、炭素の周波数を身体に共鳴させるということ。

アメジストは、水晶が鉄イオンにより紫色に発色したものであるので、水晶と鉄の周波数を浴びているという話。

 

結論からすると、

パワーストーンも波動治療の一つだ、という認識です。

無駄にながなが書いてしまった。

 

おしまい。

ネオヒーラーは買い切りで、レンタルではありませんから、購入すれば月会費も不要なのがデカいです!
そもそもの初期費用が段違いというのもありますけどね。


スマホ/タブレットにインストールして、波動測定と波動調整をするクォンタムスマートのことで、

非常にニッチな内容だとは思うのですが、いつもながら色々調べたくなる性分であるので状況を載せてみます。

 

クォンタムスマートは、iPhone・iPad・Android(スマホ/タブレット)にインストールし、

契約さえ済ませれば即座に利用可能になります。

この時点ではハーネスは購入しておりませんので、基本的にはスマホやタブレットのみで使用することになります。

 

ハーネスは必須ではありませんのでこれだけでも十分使用可能ですが、この場合の波動調整は修正周波数音をスピーカーから流すという形式になります。

なんとも不思議な宇宙的というか、摩訶不思議な音なので面食らう方もおられるでしょう。

”こういう音は苦手”という方や、より効果的に身心にダイレクトに修正周波数を送り込みたいというときには、

ハーネスもしくはPEMFというバンドを手首に装着します。

 

ハーネスはこんなのです。

 

PEMF(Pulsed ElectroMagnetic Field)は無線タイプなのですが、上にあるハーネスは見てのとおり有線ですので、

もう一方のジャックを端末(スマホ/タブレット)に接続することになります。

 

ここで接続先の端子は

iPhone・iPadだったら、3.5mmステレオミニプラグ? ライトニング? USB-C?

Androidだったら、3.5mmステレオミニプラグ? USB-C?

という疑問が沸くのです。

自分の場合は。大概の人はそうでもないでしょうけれど。

更には、どれが自分にはベストなの?

…氣になるキニナル

 

ということで、いろいろなパターンを試すことにしました。

クォンタムスマート(ALPEON社)でリリースしているケーブルは2種類です。

A:3.5mmステレオプラグタイプ

B:USB-Cタイプ

 

 

幸い端末はいろいろ手元にありましたので、好奇心の赴くまま調査開始です。

 

iPhone15(USB-C)+

①Aの3.5mmステレオプラグケーブル&USB-C変換プラグで接続

②BのUSB-Cケーブルをダイレクト接続

 

iPad(ライトニング)+

③Aの3.5mmステレオプラグケーブルをダイレクト接続

④Aの3.5mmステレオプラグケーブル&ライトニング変換プラグで接続

 

Android(USB-C)+

⑤Aの3.5mmステレオプラグケーブル&USB-C変換プラグで接続

⑥BのUSB-Cケーブルをダイレクト接続

 

調査結果はあくまでも個人の体感でしかないのですが、

結論からすると、デジタル-アナログ変換プラグを噛ますと弱まる感触がありました。

②⑥>>>①③④⑤

可能な限り、3.5mmのオーディオジャックは使用しない方が無難かなと思います。

 

では、3.5mmステレオプラグのケーブルは無用か?というと、汎用性の観点ではこれを選択せざるを得ないというケースがありそうです。

つまり、AndroidとiPadの両方でクォンタムスマートを使う、などの場合です。

こうなると、どちらでも使用できる3.5mmステレオプラグを選ぶしかありません。

 

PEMFは利用したいですが、お値段が破格なので当方では扱えません!

とはいえ、PEMFは先進的な技術であるので、今後はこの方式を使うデバイスは増えていくことでしょう。

LED(光)を使用して周波数を身心に送り込む仕組みです。

使ってみたいんですけどね、本体以上のお値段なので手が出せません。残念無念。

ご縁があったらいいですけど。

 

今回の内容は受けが悪いでしょうが、クォンタムスマートを利用している方、今後導入を予定している方向けでした。

YoutuberのNaokiman氏のチャンネル 「Naokiman Show」において

電磁波・シューマン共振・人体器官固有周波数などについて、

哲理学作家さとうみつろう氏との対談を交えながら解説されている動画が

非常にわかりやすくまとめられていましたので、記録の意味も含めご紹介します。

 

 

22分程度の動画ですので、ちょっとした隙間時間に見ていただくと有益な情報が得られると思います。

 

VPNのプロモーションについてはとりあえず放置で良いと思いますから、

音や光(=波/周波数)について理解するのに、有り難い導入解説になるはずです。

 

前回、電磁波対策グッズについてアップしたこともあり、

予想どおり、電磁波どうしましょう、という方が来られました。

 

電磁波の捉え方は個人差がありますので、あなたにとってこれが正解ですとは言えないのですが、

もしも自分の近親者から相談された場合の返答を示そうと思います。

 

電磁波で困っているというのであれば、まずは電磁波対策アクセサリよりも先に、

 

「自分が使える金額をちょっと超えるくらいの良い寝具に変えてください」

 

です。これが自分なりの答えです。

 

納得できないというなら、次の答えを用意しました。

 

「長野や山梨の奥地に引っ越しましょう」

 

不便にはなるかもしれませんが、これで電磁波の影響を極力軽減できるはずです。

 

どうでしょう。最高の答えだと思うんだけどな。

 

逸品シリーズ第十六弾です。

 

今回は、電磁波対策グッズの紹介です。

 

因みに以下の電磁波対策グッズは、サロンで使用しているものでは無く、

個人で利用しているものです。

 

なお、これを言うと元も子もないのですが、

私自身で明確に何かを感じ取ったとかいうものではありません。

 

もともと電磁波について不感なのか、もしくはこれらのグッズにより軽減されているために

体調不良が起きにくくなっているのか、このあたりは何とも言えません。

このグッズ購入したのに効かないみたいなんですが、みたいなコメントは一切受け付けません、悪しからず。

 

まずぱっと見で周囲にあるグッズは以下のとおりです。

 

右上から

 

・プラグインアース エルマクリーンⅡ

(販売元公式サイトより) 長時間のパソコン作業で、電磁波の影響が気になる方は多いのではないでしょうか。

 「プラグインアース エルマクリーンⅡ」は、技術特許により、安全かつ効果的に家電製品のアーシングができる

電磁波抑制装置です。アース付きコンセントがなくても、手軽にパソコンのアース対策が実現できます。 

コンセントに差し込み、パソコンなどの機器に接続するだけで、電磁波(電場)を取り除き、人体への悪影響をカット。 

世界的な電磁波対策の安全基準である、スウェーデンの規制ガイドライン「MPR-Ⅱ」をクリアするレベルで、

生活家電の電磁波を低減・除去します(減衰率90%以上)。

 

以前、アーシングマットを今日の逸品⑥で紹介しました。

 

アーシングマットは、電源を必要としない代わり、コンセントの下にあるアース端子に、

<冷蔵庫、エアコン、洗濯機の周辺のコンセントで見られます>

アーシングマットと接続したコードを繋げることで、マットからアース穴へ電磁波(電場)を流し出すものでした。

 

このようなアーシングマットを使える環境にあるなら非常にラッキーですが、

部屋の作りによっては身近なコンセントにアース穴が無く、接地できないケースがあります。

銅線を窓から垂らして地面と接触させるという強硬策も可能ではありますが、

落雷などで何が起こるとも予測できませんから、自己責任とはいえ、お勧めできません。

 

こういう時には、このプラグインアース エルマクリーンⅡが利用できます。

 

コンセントに器具を繋ぎ、さらに

アーシングマットの代わりに、銀糸を編み込んだリネンシーツと接続します。

写真の下地になっている、白と灰色の布がそのシーツです。

 

この銀糸を編み込んだリネンシーツの上に寝て、電磁波を排除するという仕組みです。

クリップでリネンシーツを噛ませるだけでなく、パソコンなどとUSBで接続し電磁波の軽減も可能です。

同時使用もできます。

 

 

 

 

・CMCペンダント

世界で初めて元島栖二博士が開発に成功したカーボンマイクロコイル(CMC)が充填されている電磁波防御用ペンダントです。

これは知名度が高いので、ご存じの方が多いのではないでしょうか。

 

・カーボンバランサー携帯用

・SEVEN PLUS  ソル・ミニ・イリス(販売終了)

の組み合わせ

真鍮のカーボンバランサーにSEVEN PLUSのチェーンを組み合わせてみました。

カーボンバランサーは、大きいサイズのUFO的な形の製品が有名かもしれません。

その個人用の製品です。

 

(販売元公式サイトより) 「カーボンバランサー携帯用」は、いつでもコンパクトに持ち出せる真ちゅう製の本体に、

ロシアより、電磁波対策として航空機に搭載されている強力な隕石が含まれています。 

カーボンファイバーとテラヘルツ、バドガシュタイン鉱石、ゲルマニウム鉱石、波動石、トルマリン、水晶など

数十種の天然鉱石を凝縮したパウダーを内包しています。

 

カーボンファイバーと上記CMCは、おおよそ同じような性能で、カーボン製のらせん構造体が電磁波を吸収し、熱エネルギーに変調するようです。

CMCペンダントは、CMCだけが大量にボトルの中に含まれているという違いかと思います。

 

 
チェーン部分は、SEVEN PLUS の製品のうち、今は販売終了になっているソル・ミニ・イリスです。
SEVEN PLUS の製品は全て電磁波対策のアクセサリで、
その中でもソル・ミニ・イリスは、首の後ろ・うなじに電磁波対策のメダルを配置する珍しいタイプなのです。
背面はSEVEN PLUSのメダルが守り、全面はカーボンバランサーで守るというダブル対策です。
基本的に起きている間は、これを常用しています。

 

・電磁波対策カード

ダイスケの店、というX(旧Twitter)で知っている人は知っている、健康マニア垂涎の天日塩などを扱う店が

昨年末に発売した電磁波対策カードです。

巷にあふれている電磁波対策カードとしては少々お高いですね。SEVEN PLUSに製造委託して作られたものです。

これは、スマホケースに入れて使っています。

厚みはそこそこあるのですが、案外と柔らかいので、永年使用可能ですが気を付けて扱わないと破損しそうです。

 

・ミニレヨネックス5G

(販売元公式サイトより) ミニレヨネックス5Gは、電磁波をカットしたり、遮蔽するものではありません。
電磁波のストレスを受けると、気の流れに滞りが生じると私たちは考えています。
それは波動測定器レヨコンプで確認できます。
ミニレヨネックス5Gは第5世代移動通信の電波をストレスとして受けたとき、気の滞りを外す、また滞りが生じないようにします。

 

 

これは一時期持ち歩いていましたが、ちょっと邪魔になったので、今はもっぱら枕元に置いてあります。

 

日常では、カーボンバランサー+SEVEN PLUS を首にかけています。

カーボンバランサーについては、

 

 

という具体例を拝読しましたので(差し替え前の写真は強烈でした。。。)、万全と思って常用しています。

 

以上、これくらいが身の回りのものだと思うのですが(多分)、就寝中がもっとも気が緩んでいますから、

大半はこれらを周囲に配置した状態で寝るようにしています。

 

個人的な見解ですが、5Gを含む電磁波を身の回りから除去除外するのは、物理的に不可能と思っています。

軽減中和くらいではないでしょうか。

 

5Gについても、自分のスマホは5G対応機種だけど、4G(LTE)設定にしてるから問題無し、なんてことは絶対ありえません。

自分はWi-Fi使ってないから、Wi-Fiの電波は体に受けていない、なんてことは無いですよね?

自分はテレビ見ない(持ってない)からテレビ電波は体に受けない、FMラジオ聞かないからFM波は体に受けない、

なんて馬鹿な話は無いですよね。

見えないけれど、AM波もFM波も、VHS/UHF波(テレビ)も、Wi-Fiも、4Gも5Gも、起きている間も寝ているときも、常時身体を貫通しているのですから。

 

そうなると、これらの影響を減衰するグッズがあるのなら、

極力活用して軽減させた方が良いかと思います(氣持ちが明るくなるなら、それだけでさえも良し)。

 

科学者では無いので証明は出来ませんが、これを持っているから大丈夫、という根拠のない自信でも良いのです。

確実に言えることは、病は氣からが肝心だと思っています。

つまり、氣の持ちようが何よりも大事

 

自分は電磁波過敏症だ、と言えば実際はそうでなくとも、身体はそのように振る舞います。

病弱虚弱を口にするのは極力避けるべきでしょう。それを引き寄せますから。

 

今回のアイテムは、電磁波対策グッズでした。

 

最後に

面白いモノ、不思議グッズをご存じの方、

コメントでお知らせください。

 

とはいえ、特定の宗教に属するつもりはありません。

ありがたい教祖様の気が封入されているグッズなどは、一切興味無しです。

宗教勧誘も華麗にスル~します。

 

なお、このシリーズは、その逸品の真偽や是非を問うものではありません。

あくまでも”楽しむこと”。この一点に尽きます。お間違い無きよう。

 

「今日の逸品」は気まぐれです。

手持ちネタはそこそこありますが、次回いつになるかは定かではありません。気まぐれですから。

反応が良ければ頻度は上がるかとは思います。

またお会いしましょう。さよなら。

 

波動調整「クォンタムスマート」

        

ゼロ磁場高周波波動スピーカー「エクサ・レインボーZERO」

 

お一人様1回限り、

無料で波動計測/調整いたします。

 

ご興味をお持ちの方は、施術開始の前にお申し付けください

波動計測の結果をフィードバックし、調整周波数をエクサ・レインボーZEROで音場再生します。

 

施術中に調整周波数を鳴らす必要がありますので、施術終了後では意味を成しません。

お越しになった時点でお申し付けください。

 

二回目以降の扱いは検討中です。

 

 

注意)カーボンバランサー(スピーカーの上に載っているシルバーの円盤)は、弊サロンにはございません。

クォンタムスマートと、エクサ・レインボーZEROの併用の参考として閲覧してください。

 

 

 

昨日、CS60が先の特許を原出願(=親)として、分割出願(=子)をした旨書きました。

 

本件について、少し詳しく見てみようと思います。

 

今回の分割願(特願2023-175442)と同時提出の上申書(書類番号:52302200835)によると

この分割出願の目玉は、「明細書」でした。

「明細書」は、発明の説明書のような位置づけの書面です。

 

親の出願(特願2019-69881/登録7392967)の「明細書」で述べていない事柄を、

子の出願で改めて「明細書」にしたためる、これが目的のようです。

 

 

記録しておきたかった内容とは何か。

端折って書きます。

 

被施術者と接触する部分に設置された永久磁石の磁束が
被施術者の体内外に影響し身体全体を迅速に整え、
磁気作用により老廃物排出・血行促進・リンパマッサージの効果が向上する

 

これでした。

 

上申書の該当箇所は↓これ

 

これを明細書に残すための出願でした。

特に新情報はありませんでした。現場からは以上です。

 

次回は、電磁波対策、どんなことしてますか?という質問を受けたので、そんな内容にしようと思います。