清浄とした静寂が染み渡る夜に、ゆらゆらとした弦の音色と不思議な人々の笑みの溢れる、厳かで濃密な時間が流れていました。

わたしは山の民SANKAが集まる集落だと思ってました。

 

コロイのソプラノライヤーが引き出しの奥底に眠らせたまま埃を被っているので、ひっぱりだそうかなと思ってます。

まずはその前に調弦しないとならない・・・よくわからん。

飾り物としても有りか?!とか思いつつ、調弦できたとしても先生みたいな音色は出せるものではないしなぁ、などなど。

 

かかとハンマー、ピラミッド空間、無農薬玄米、得られるものが多い一日でした。

前日の金沢で牡蠣にあたって唸っていたのは内緒w。

 

帰りは、安曇野ハーブスクエアと大王わさび農場に立ち寄りましたとさ。

逸品シリーズ第十三弾です。

 

最近、施術のコツというのか、勘所を著しく感じるようになってきまして、より一層突き詰めたい!ということで

色々な道具を試行しております。

その中から、ちょっと面白いアイテムを導入しましたのでご紹介!

「Tesla BioHealer for Adults」というアイテムです。

白い缶詰です。10cm×10cm程度の缶です。でも重くて1kgあります。

テスラ缶と言われるものです。

「MedBedGenerators(メドベッド・ジェネレーター)」という、お高いハイパワーの金色缶があるのですが、

それの家庭用小型バージョンです。

金色缶は、二つで270万円くらいの価格で、白いミニ缶の100倍の出力があり、

是非体感してみたいのですが、さすがに手が出せませんので、このたびミニ缶を導入してみました。

 

このテスラ缶ミニを置いていると、とにかく眠くなる眠くなる・・・Zzz

似て非なるものに、大和缶と称される手作り缶があるそうなのですが、

こちらには全く食指が動かないです。

 

単純に説明すると、ニコラ・テスラが発見した(という)スカラー波(テスラ波)を集中的に放出するエネルギー増幅装置のようなものです。スカラー波は自然界に無限に存在する生体エネルギー(フリーエネルギー)だと言います。そのスカラー波をかき集める缶というわけ。

 

このスカラー波によって、

疲労/睡眠障害回復・細胞の修復・メンタルヘルス改善・アンチエイジング

が可能ということです。

 

このテスラ缶ミニの場合は、一日8時間以上、自身の傍に置いてスカラー波を受信するように指示されています。

人によっては 10歳若返った! ということなので、期待してみましょう。うむ。

 

施術ベッドに二つ置いておくことで、少しはスカラー波の影響を受けられるかもしれません。

というか期待してみましょう。

 

ひっそりこっそり様々なアイテムを導入しては、お客様の反応を見て正式採用できるか検討しております。

ここには書けないようなアイテムもあるので、すべてを上げることはできないとは思いますが。

 

最後に

面白いモノ、不思議グッズをご存じの方、

コメントでお知らせください。

 

とはいえ、特定の宗教に属するつもりはありません。

ありがたい教祖様の気が封入されているグッズなどは、一切興味無しです。

宗教勧誘も華麗にスル~します。

 

なお、このシリーズは、その逸品の真偽や是非を問うものではありません。

あくまでも”楽しむこと”。この一点に尽きます。お間違い無きよう。

 

「今日の逸品」は気まぐれです。

手持ちネタはそこそこありますが、次回いつになるかは定かではありません。気まぐれですから。

反応が良ければ頻度は上がるかとは思います。

またお会いしましょう。さよなら。

 

前回、もう数か月経過しておりますが(汗)、当ブログで紹介させていただいた、

ミッキーさんに創っていただく精麻飾りオンラインで購入できるようになりました!

精麻飾りを創っていただくミッキーさんのアメブロはこちら

クリスマスセールで割引 していただけます~

 

 

精麻飾りをお分けいただくオンラインサイトはこちら

 

精麻製ブレスレットもお分けいただけます。

全て一点ものです。その商品とは、次は会えないかもしれません。

目に留まったなら、気になるのであれば、ぜひご検討ください。

逸品シリーズ第十二弾です。久しぶりとかいう間隔ではもはや無いですね~

 

今年の一月東京から大阪に引っ越し

三月末移店オープンして、気づいたら九月中旬になっておりました。

時が経つのが早くてびっくりしております。

 

約五十年近い関東暮らしでは、何を背負っていたのでしょう? と言う程に、

自らを固定観念で縛って悩んでいた気がしています。

 

誰かに戒められていた訳でも無いのですが、

無為に過ごしたリーマン時代を、ちょっともったいなかったなと残念に思ったりします。

 

とは言え、そういう時代があったからこその今であり、色の違いを認識出来るようになったのだから

全てが無駄だったわけではないとは思います。残念なところはあったにせよ、後悔はありません!

 

本題からズレすぎてしまったので、軌道修正。

今回は、我が同志にしてスーパーお姉様の早川さん繋がりで、

ミッキー。さんに、精麻で編まれた、”茅の輪&邪気祓い” を特注させていただきました。

 

八月頭に受け取り、設置してから、おおよそひと月程経過したところでございます。

ミッキー。さんの精麻は、早川さんのブログ記事(ここ)から。

 

 

茅の輪は、施術の前後に自然とくぐるように、施術室の入り口に仕掛けました。

大仰にはしたくなかったので、ちょっとしたインテリアにも見えるかと思います。

人が通れる大きさではありませんが、入退室の際に下を通過するイメージです。

 

 

邪気祓いは、現時点では、施術師が施術後の祓いに活用しています。

この先、重い何かを背負っているのかも! と言う方が現れた際には、お客様にも利用させていただこうと思います。

 

 

バケタンの反応頻度があがったような氣はしますね。あとは、部屋がなんだか明るくなったようです。

しばらく要チェックです。

 

ちなみに、この精麻は特注なので、ミッキー。さんの通常販売品目にはございません。

作っていただきたい場合は、ご本人に直接ご依頼ください!

 

最後に

面白いモノ、不思議グッズをご存じの方、

コメントでお知らせください。

 

とはいえ、特定の宗教に属するつもりはありません。

ありがたい教祖様の気が封入されているグッズなどは、一切興味無しです。

宗教勧誘も華麗にスル~します。

 

なお、このシリーズは、その逸品の真偽や是非を問うものではありません

あくまでも”楽しむこと”。この一点に尽きます。お間違い無きよう。

 

「今日の逸品」は気まぐれです。

手持ちネタはそこそこありますが、次回いつになるかは定かではありません。気まぐれですから。

反応が良ければ頻度は上がるかとは思います。

またお会いしましょう。さよなら。

一時受付停止しております。(21年10月1日付)

 

大阪・心斎橋にて占い師をされている方(私の四柱推命の師匠)からの依頼による募集です。

 

 

師匠(この方は、中国四柱推命・西洋占星術・タロット・霊感等を駆使して総合判断します)が、

YouTubeで無料占い(30分~60分弱)をするので、受けてくれそうな知り合いいませんか?

という要請を受けましたもので、この場で告知させていただきます。

 

出来れば初見の方が良い、とのことでしたので、外部告知としました。

引っ越したばかりということもあり、大阪での顔見知りは皆無という事情もあります。

相談相手は、リアクションが大きい方が良いな~と言っていました。

 

条件等々は以下のとおり

・YOUTUBE撮影します

・拘束時間は60分程度です

・顔出し有無は任意です

・占いは無料です (因みに路面店での通常料金は、11,000円/60分)

・場所は新大阪のレンタル会議室です

・交通費はご負担ください

・老若男女、一切問わず

・相談内容は、YOUTUBEで公開されます

・複数人でお越しになっても構いません2・3人くらいまで)

・日程は応相談

・壺や幸運アイテム等の購入はありません(笑)

・金銭の授受はありません

 

なお、天terraceとの直接的な関与はありませんので、

後日サロンで施術を受けてください、など一切ありません。

天terraceスタッフによる同伴引率はいたしません。

(知り合いならご一緒するかもしれませんけれど)

 

師匠の要請を受けて応援する、というものです。

継続的に実施するそうです。

興味をお持ちの方、プロの占いを受けたことの無い方、無料です。無料です。無料です。

対面での占いですので、ご時世的にはちょっと難しいかな、という感触もあります。

1人で行くのが怖いということなら、友人・彼氏・彼女と参加でも良いかと思います。

 

希望される方は、アメブロのメッセージ機能にてご連絡ください。

仮名でも構いません。

 

天terraceをお引き立ていただき誠にありがとうございます。

このたび当サロンは、3月31日(水)リニューアルオープンいたします。

リニューアルオープンができましたのも、ひとえに皆様方のお引き立てと一同感謝申し上げております。

お客様のご要望にお応えできる体制を整えると共に、さらに皆様に愛されるサロンづくりに邁進していく所存です。

 

当初3月中旬と申し上げておりましたが、縁起の良い日取りということで、一粒万倍日である3月31日にいたしました。

東京サロンより 立地、環境、利便性 に勝っていると思います。

お仕事終わりに、ショッピング前後に、と何かと便利な場所です。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

 

3月31日10時 グランドオープン

大阪府大阪市北区紅梅町2-19 JYUME南森502号室

080-9542-0535

https://ama-terrace.com

 

 

逸品シリーズ第十一弾です。あー かなりお久しぶりの逸品シリーズ。

 

ワンコ様の昇天やら、大阪への引っ越しやら、まぁイロイロと目白押しだったことに加え、

適度な価格で、かつ自分的ヒットになる物品に巡り会うことも無く、今に至ったわけで。

 

引っ越して約ひと月が経過しました。で。大阪の方のイメージ、結構変わりました。

心遣い気遣いの人がとっても多い。

東京人よりも暖かいのかもしれない。

まだまだ分からないところも多いけれど。

踏み込めないところがあるのは事実だけれど。

でもかなり好印象です。イイ感じ!

 

ただね。。。ただね・・・喫煙率がめちゃくちゃ高いのですよ。

喫茶店は大概どこも喫煙可能。禁煙はいわゆるチェーン店くらいしかない。ド○ールとかね。

天神橋筋商店街はチェーン店だけでなく、個人店が多いのが素晴らしいのだけれど、

そういう店ほど常連客が喫煙者なのでしょう、ほぼ間違いなく喫煙可能・・・

ドア前に立った瞬間、「喫煙できます」のプレートを見て踵を返すこと多々。

歩きたばこもとっても多い。吸い殻ポイ捨ては余り見かけないのだけれど、

数メートルおきに喫煙者が街角に立っている印象。

これ、場所柄(天六)のせいなのでしょうか。誰か教えて~

 

本題に戻り・・・

配電盤やらコンセントにくっ付けるような 丸山式コイル・ブラックアイ など

ちょっとしたアイテムは導入したものの・・・・

 

 

このようなピップエレ○バン的な小粒を電気が発生するような場所に貼り付けると、

省電力だったり悪い電磁波が抑えられたりするそうな。

コレ、接着が非常にムズい、そして何より見た目がジミだ・・・

ということでブログ的にはボツになりました。

とはいえ、なんとなく電磁波は弱体化した・・・と思う・・・そうであって欲しい。

病はキから、ということでキモチが最重要です。ココ大事。

 

でもって、今回もバケタン頼り。

最も登場回数の多いバケタンシリーズの最新作。

大きさも、インパクトも、ひときわパワーアップ!

まずは外見はこんな感じ。

ん?

今回は、携帯用ではない!?

というより、大きさがよくわからん。

ということで比較画像。ドン

高島忠夫イェーイ ではありません。

年がバレますね。若い人はきっと知らない。

高島兄弟チョー若い・・・

 

今までのバケタンシリーズよりも大きいです。大体ゴルフボール大の大きさ。

基本的な挙動はバケタンと同じです。今回は、据え置き型を想定したのかな。

とは言えゴルフボールくらいの大きさ/重さなので、ポケットに入ります。かさばるけど。

知らんけど。←自分的に最近はやりの口癖

 

いつもの自動モードに加え、手動浄化モード瞑想モード

ボタン操作で実行される仕様となっております。

 

バケタンはこちらの意図しないタイミングでフワッと反応して点滅したりするので

なんとなく可愛らしいです。今回は大きくフワッとするので見応えありデス。

 

ではフワッと画像をご紹介。

なかなかに良い感じです。よしよし。

 

最初にパッケージを開けた際に、真ん中からパカッと割って

ボタン電池と接点の間のセロファンを引き抜くのですが、

この時にパカッとするのがちょっと不安。

説明書をよく読んでパカッとしてください。

引用:https://www.solid-a.com/mamoridama/

 

3月中旬あたりから営業再開する南森町のサロンに置いておこうと思います。

珍コロ騒ぎが早々に治まってくれれば良いのですが、いつまでこれ続けていくつもりなのでしょう。

夕飯時間を逃すと非常に厄介なことになるので、非常に面倒です。

 

最後に

面白いモノ、不思議グッズをご存じの方、

コメントでお知らせください。

 

とはいえ、特定の宗教に属するつもりはありません。

ありがたい教祖様の気が封入されているグッズなどは、一切興味無しです。

宗教勧誘も華麗にスル~します。

 

なお、このシリーズは、その逸品の真偽や是非を問うものではありません

あくまでも”楽しむこと”。この一点に尽きます。お間違い無きよう。

 

「今日の逸品」は気まぐれです。

手持ちネタはそこそこありますが、次回いつになるかは定かではありません。気まぐれですから。

反応が良ければ頻度は上がるかとは思います。

またお会いしましょう。さよなら。