はようございます。


このブログは以前にも書いていたことを、


忘れない為に再び書きます。



では…。



今朝は倉敷駅より少し手前で踏み切り事故発生の為、


電車がしばらくの間ストップしていました。


私が利用するのは朝6時台の速い電車と言う点、


今日は日曜と言う点、この2つで人は疎らに乗っていました。


安全の為には事故原因確認は必要不可欠で、


車内アナウンスで停車理由など車掌さんが説明して、


みんなおとなしく乗っていました。



すると60代位?の1人の男性が立ち上がり、


車掌室に向かって行き、


「オイ、ワシは急いどるのに、何をしょんなら。 はよう、動かせ!」


文句を言う男性を車掌さんがなだめて席に着かせてから、


5分もしない間に電車はスタートしました。



この光景を見て、私は尼崎脱線事故を思い出していました。



2005年4月25日(月)に、JR福知山線の塚口駅~尼崎駅間で起きた脱線事故です。



死亡者は107名(乗客106名及び運転士)、


負傷者数は562名と言う大惨事でした。



今でも後遺症に苦しんでいたりPTSDに苦しんでいたり、


肉体的にも精神的にも大変な事故だと思います。


この事故原因はTVや雑誌などメディアにて分析しつくされているので、


御存知の方も多いと思います。


人為的な方としては、


運転士さんが停車ミス(オーバーラン)や、


運行ミス(遅れ)をして、


それにより発生する日勤教育を嫌がり、車掌さんに隠蔽を頼んだ。



それで遅れやミスを取り戻す為、


精神的に焦りスピードを出しすぎてカーブを曲がりきれず脱線した。


技術的な方では、


ブレーキやATS(自動列車停止装置)が旧式だったとか、


不完全だったなどと、色々と解明されていると思います。



これらについては国土交通省に最終報告書も提出されているので、


その方が詳しく解明&説明されていると思います。



しかし、この事故の光景をTVなどで見ていた私の見解は、ちょっと違います。


これから書く話は私なりの見解ですが、


フイクションとしてしてお読みください。



ある男性が、「一番後ろの車両」の「一番後ろの部分」に乗っていました。



その男性は常日頃より、JR社員(車掌さんや駅員さん)に難癖をつけていました。


「お前らは、ワシが乗るから給料が出るんじゃ!」とか、


「また遅れやがって、運行管理をキチンとせんかい!」など、


お客様に逆らえない状態の立場にあるJR社員に八つ当たりして日頃のストレスをはらしていました。


いつものようにJR福知山線の宝塚駅発同志社前駅行きの快速に乗っていた、


その男性は伊丹駅にてその車掌室のドア上部の窓ガラス部分を叩き車掌を車両内へ呼び出しました。



そして「オーバーランや運行ミス」のことで、


いつものようにネチネチと車掌さんをイビリ始めました。


言われなきクレームですがお客様に逆らうわけにも行かず車掌さんは、


その男性にひたすら謝り続けました。


すると、


その男性も自尊心が満足したのか?


ウップンがはれたのか?


ようやく引き下がりました。



ところがその男性が窓を叩いて怒鳴っていた時、


車掌さんは運転士さんと大事な打ち合わせをしていました。


その内容は、「オーバーランや運行ミス」について、


おまけしてくれるよう頼んでいた最中でした。


運転士さんは車掌さんに一方的にマイクを切られ、


「おまけしてもらえない=叱られる」


こう思い込んでしまいました。


しかし、車掌さんは、「次の停車駅でもう一度打ち合わせしよう。」


こう思っていただけで、悪気は無かったのです。



気持ちの焦る運転士さんは、


遅れを取り戻して少しでも自分のミスを減らそうとスピードを上げて行き、


そして事故が起こってしまいました。



もし、「9時14分頃に伊丹駅でその男性が車掌さんに因縁をつけなければ」



あの事故は果たして起きていたのか?



この事故における責任はJR西日本と言うのは紛れもない事実ですが、



私はこの男性を探し出す必要があると思います。


自分が事故の要因を引き起こしておいて、


そ知らぬ顔で今日も電車に乗っている。



相変わらずJR社員に八つ当たりして、


デカイ態度でいるかもしれません。



この話は架空の作り話としてお読み頂ければ幸いですが、


霊視カウンセラーとして私は黙っていることはできません。


この年配男性がいなければ、この事故は起きなかったと断言できるのです。


多くの人の幸せを踏みにじった男性が、


平気な顔をして今も暮らしているのは不合理だと思うのです。


真実を明らかにすることで、


無念の思いのまま今と言う時間を過ごしている人の心が晴れるのなら、


ぜひとも私の話を記憶の片隅に残しておいて頂きたいと思うのです。



最終報告書にはこんな出来事はでていませんし、


単なる霊視カウンセラーの話に耳を傾ける人はいません。



ただ、最後部車両の最後部出入り口近辺に乗っていた人達や車掌さん、


事故調査に携わった人はこの話を、


本当に「架空の作り話」と思うのかどうか聞いてみたいです。



今朝の電車内の出来事が、



この尼崎脱線事故直前の車内と妙にダブって見えたので、


事故とはホンの些細なことがキッカケになっていると思いました。


いつの世でも、どんな時でも、


わけのわからない不平不満をぶつける人はいるものです。


そんな人のこと(言動や行動など)をイチイチ気にしていたら、


ホンの些細なことから始まって、


物凄い事故を引き起こしてしまうかもしれません。


「思いやりはいつでもあなたを救う。」



それは知らず知らずのうちに、誰かを助けているからです。




あなたは福知山線脱線事故の、真実を知りたいと思いますか?



:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

山崎かずみ|ありがとう。

テーマ:
おはようございます。 今日は土曜日なのでお休みの人も多いと思いますが、お仕事の場合もあると思います。 私はいつもどおりに事務所にて鑑定中ですが、素敵なお客様にお会いできるのはワクワクドキドキします。

人が幸せを感じる為にはワクワクドキドキは必要不可欠ですが、それを見つけることができたら人生は幸せです。

私は昔と今では180度違う人生だから、これを幸せと言わずして何を幸せと言うのか、それくらい今の生活に感謝しています。

この感謝はお越し頂く全てのお客様のおかげであり、永久に続く感謝の気持ちです。 私はお客様がいなければ何もない人生で、ほぼ100%の確率で間違いなく自堕落的な生き方で終わっていました。

それは窃盗とか傷害などの刑事事件だったかもしれないし、いじめや貧乏で生活できないことによる自殺だったかもしれないし、一歩間違えたら棺桶か刑務所と言うのは目の前にある現実でした。

運命の不思議さは過ごしてきた人生の蓄積が、その後の生き方を決定付けることが多いです。 これは朱に交われば赤くなると言うことわざのように、悪い方へも良い方へも染まることになります。

私は幸いなことに霊視カウンセラーとして生きていく道を選ぶことができたので、素敵なお客様にお会いできる幸せな日々を過ごさせて頂いております。 この幸せな日々は私ではなくお客様の手に委ねられているので、自分ではなく相手の意思や行動により決定付けられています。

つまり、自分の幸せなのに相手により変化すると言うのが、運命と言う見えないモノの本質なのかもしれません。

私はお客様に喜んで頂ければ、それが自分の幸せとして嬉しいことです。 ブログをできるだけ更新しているのも、それを読むことで「一人でも喜ぶ人がいる」と言う理由が更新する気持ちの支えとしては充分です。

拙い私の文章ではあるけれど、それを読むことで生きる力が湧いてくるのであれば、それは何物にも変えがたい幸せになります。 私が書く文章がお客様の力になるのであればとても嬉しいですし、それが自分の存在意義になるのかもしれないと思うのです。

2010年4月1日より全国の書店にて「あなたが幸せになれる12の話」が発売されますが、これは「感動」がテーマです。 (詳しくはHPにある、著書の欄を御覧くださいね。)

私はこの本から二つの幸せが生まれると思っているのですが、一つ目はこの本を読むことで素敵なお客様の心に感動が生まれて、未来へ生きる勇気や元気が湧いてくることが一つ目の幸せです。

もう一つの幸せは前回同様に売り上げを全額寄付するので、「助かる人が大勢いる」と言うことから「売り上げに貢献する=寄付をした」に繋がり、あなたが本を読むことで次々とボランティアの輪が広がるのです。

つまり、間接的に「人の役に立つ」と言う流れを作りあげて、大勢の助かる人が生まれるお手伝いが始まります。 これは自然と尊い行為をしていることになるので、運命もあなたの未来を後押することと思います。

この本の発売を記念してと言えば大げさですが、倉敷と東京で一日限りのプチイベントをしたいと思います。 岡山県内で唯一のパワースポット?の事務所に置いてある本、それを手に入れるだけでも幸運かもしれません。 (笑)

「倉敷の場合」は事務所にて4月4日(日)午前10時から12時までの2時間のみ、事務所にて本の販売をしたいと思います。 御足労頂くお客様へ些少ではありますが、粗品を御用意しています。

「東京の場合」は今のところ事務所がないので、倉敷と同じことはできません。 しかし、4月11日(日)に何かをしたいと思いますので、大したことはできませんが詳しいことはお電話にて。

なお、包み隠さず正直に申し上げますと関係各位のお読み頂いた感想は、「う~ん…。」と芳しくないお返事が多いです。 しかし、私自身は凄く気に入っている内容だから何度も読み返す程なので、果たして素敵なお客様には「どう感じて頂けるのか?」とドキドキしています。

私はお越し頂く素敵なお客様のおかげで生かされているのであり、自分の為の人生ではなくお客様の為の人生だと毎日が感謝の気持ちで一杯です。 マダマダ未熟者でダメな私ですが、お客様の心が軽くなるお手伝いが少しでもできれば嬉しいです。

いつも御愛顧と御支援いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

( v^-゚)ありがとう!

山崎かずみ|幸せの可能性。

テーマ:

サザエさん症候群という言葉があるように、

日曜日の夕方になると、

何となく悲しくなったり辛くなったりします。

 

しかし、月曜日から仕事だぁ~と思うからばかりではなく、


休日の過ごし方でかなり気分は変わるモノです。

 

お休みの時に自分のスキルUPをするというのは、

未来への幸運の積み重ねとしてひとつの手段です。

 

お店を出したい人は色々なお店を見て回ったり、

資格を取りたい人は勉強したり、

やるべきことはいくらでも発見できるのです。

 

ただし、恋愛の場合はそう簡単に行かない時もあります。

 

最低男を好きになり振り回されても、

気持ちが離れずに彼の言うことを聞き入れてしまう、

別れた方が幸せと知りながら別れられない、

この想い。

 

それもひとつの選択肢で、

お客様の気持ちに共感できる部分もあるので、

判らないわけでもありません。

 

想い出の品物は、捨てることができます。

 

しかし、想い出自身を捨て去ることはできません。

 

私は恋愛相談の場合、

運命の人か~恋愛対象者の良い方の人と、

お付き合いするのをお勧めするのですが、

人には感情があるので恋のセンサーを狂わせてしまう、

そんなことが多々あります。

 

例え、だめんずの最低男でも、

お客様自身の気持ちが離れない以上、

その彼との未来をお話しするしかないのです。

 

どんな悲惨な未来でも、

「彼をささえられたら、わたしは幸せです。」と言われたら、

もう止める訳には行かないのです。

 

結婚して変わる男性もいれば、

全然変わらぬ男性もいます。

 

私は結婚について聞かれた場合は、

結婚して2年後とか、

結婚して5年後とか、

結婚生活に入ってからどのようになるかをお話します。

 

DVとか、借金とか、浮気とか、

これらは結婚後に起こるので、

今現在は平穏無事と言うことがほとんどです。

 

未来で暴力が始まる男性でも今現在は優しいので、

「この占い師はトンでもないことを言う」と思われる人もいると思いますが、

あくまで未来で起こることです。

 

現時点でDVや借金や浮気が起こってないからと言って、

選択肢によってはそちらの道を選ぶ人もいるのです。

 

防ぐ方法も言いますが、

実際はできない場合が多いのです。

 

なぜなら?

 

今現在が幸せなら、

予知するセンサーが鈍ってしまうことも多いからです。

 

マリッジブルーは危険回避の為にある、

立派な予知能力です。

 

私はできることなら、

「素敵な彼が、立派なご主人になる。」

 

このような理想の未来を、お伝えしたいと思うのです。

 

 

恋愛中は、あなたの笑顔に何度助けて貰ったんだろう?

 

ありがとう、私の大切な人。

 

 

こういう恋愛を過ごして欲しいと思います。

 

 

結婚後は、どんなことが遭っても、

あなたと2人でなら笑えると思う。

 

 

こういう生活を送って頂きたいと思うのです。

 

彼となら一生を気持ちよく過ごしていける、

そんな人生を送って欲しいと、

私は強く願う日々なのです。

 

あなたが背負う覚悟と幸せの可能性は、

同じ分だけあるのです。

 

( ̄▽+ ̄*)

 

霊視カウンセリング 山崎かずみ