クラウン少女合唱団のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

チーム名

グループアカペラ大会の「ハモクラ」は、団員みんなの大好きなイベントですが、練習も盛り上がってきました。

すっかり先生は忘れていた「チーム名」!!

そういえば毎回チームの名前を決めて、団結するのです飛び出すハート

なんとなくいつも歌う曲名に関連するので、それじゃつまらないから「もう少しひねってグループ名をつけて~」と言ったら

面白い名前がぞくぞく出てきました音譜

 

例えば

「フニクリフニクラ」を歌うグループは、2番が「オニ~のパンツ~」だからってチーム名が「デーモン5(ファイブ)」5は5人グループだからポーン

滝廉太郎「花」を歌うのは2人組 なんと滝さま相手に「たっき~ず」爆  笑あせる

まだ変わるかもしれないですが、考えますね、みんなOK

 

小学生は振付に一生懸命

中高生は振付は恥ずかしい?のか歌に集中カラオケ

 

本番は2月20日なのでまだ充分に練習してほしいと思います。

練習の仕方をわかっていくのにもいいチャンスドキドキ  がんばろうキラキラ

 

あけましておめでとうございます

2022年、クラウン関係100人以上集まる「新年会は見送り」となる2回目の新年の幕開けとなってしまいました。。。汗

例年は合唱団の団員と保護者、後援会、OG会その他関係者が集まるのであっという間に100人を越えます。

立食ですが食べながらそして乾杯しながら、楽しいお喋りとメインは「ハモクラ」と呼ばれるアカペラ大会開催なのです。

賞品ももらえますハート

団員は勿論、OG会やクラウンファミリーコーラスも参加していました。

しかしそもそも集まれないし、飲食はNGだし。。。ショボーン

 

でも団員は、賞品がないとしても、学年で団結できる「ハモクラ」を毎年楽しみにしています。

昨年は延期しながらも結局キャンセルとなりましたあせる

今年は2月に予定している「ハモクラ」を何とか実現したいですひらめき電球

 

幼児クラスさんも頑張っていますベル 

1年生になると頑張り方ががぜん違ってきます音符

3年生~6年生は学年ごとにしっかり輪になって練習しているけど、最初からただ通して何回も歌っているので、うまく行かない所をピンポイントで練習する仕方を伝授しました(とはいえすぐまた最初から練習になっちゃうので何回でも言いますが)

あとはテンポをゆっくり練習すること(これが意外とできないあせる)

 

中高生になると曲想のことまで自分たちで考えだします。

練習の仕方も「ゆっくり聞き合って」というとそれなりにわかってやっていました。

 

とはいえどの学年ももっともっとうまくなれると思います音譜飛び出すハート 

 

今日はクラウン伝統の「1月1日」を歌って、全員🍊を貰って帰りました。

みかんは、元々は「だいだい」と言う名前のかんきつ類の代わりなのですが、代々家が繁栄するようにという意味だそうですキラキラ

2021年最後の練習

今年もいろいろありました・・・と言いたい所ですが「コロナ」1色でしたあせる

定期演奏会はどうにか開催出来ましたが、イベントや出演は少なく。。。

まぁでも リモートレッスンで力をつけた子もいました筋肉

 

そして今日は「ハモクラ」練習、学年ごと音譜

1年生はハモるのは無理かと思っていましたが・・可能性ゼロではなくなってきたのでまだ1ヶ月以上あるので try することにしました。

幼児クラスさんは今練習している歌をまずはしっかり覚えて歌う上差し

 

3年生~6年生は音程こそまだまだですが、どの学年もノリノリで「ふりつけ」つける~!とか色々キャッキャとやっていました。

その前に「歌」を練習して上手にハモっておくれ~~爆  笑飛び出すハート

 

中高生はさすがに譜面はまあまあ読めて「ハーモニー」を楽しんではいましたが、はにかんで「ふりつけ」なんてつけそうもない。。。えー

いや。。逆に、パフォーマンスしてよねっと言いたい上差し

 

みんな譜面から曲を把握するのは早くなりました。 そこから2月の「ハモクラ」本番までどうやって完成度をあげていくか・・・

譜面通り歌うのは大前提、そこから譜面には書かれていないことを読み取っていくことがおもしろいところひらめき電球

自分だけではなく、人の声を聴きながら自分の声を調整する・・・究極のコミュニケーションですカラオケ

 

どこまでできるか楽しみハートのバルーン  まだまだ「コロナ」真っ只中ですが 心まで支配されないように進んでいきたいです!!

 

それでは 良いお年を~~キラキラ

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>