堀江昭佳オフィシャルブログ「『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋」Powered by Ameba

婦人科漢方専門・子宝のスペシャリスト 堀江昭佳が、西洋医学、漢方、心理学の3つの視点から、こころとからだの悩みを解決する方法をつづります。
「からだを整えるとこころが整い、結果的に夢が叶う」
1万人の夢を叶えるために、がんばっています。


テーマ:

前回のお話のつづき
↓  ↓  ↓
『むかし月経はタブーだった。〜月経を歴史的に考える。その1』


最後に現代の月経と昔の月経って、ものすごく違うものになっている。

って書いた。
これはなにが違うかというと、圧倒的に月経回数が違う。



昔は生理があんまりなかった。


昔のひとって、現代人ほど生理がなかった。


あくまで平均値での比較となるが、初経(初潮)年齢が12歳、閉経年齢が51歳の現代女性が子どもを二人産んで、それぞれ1年間母乳で育てたとすると、月経継続年数は約35年間。
月経周期を28日間とすると1年に13回の月経があることになるので、生涯月経回数は455回となる。

対して、たとえば明治時代の女性は初経年齢は現代女性より2年遅く、閉経年齢は2歳早かった。子どもの数を5人とした場合、現代よりも長かった「授乳性無月経」の期間を考慮すると、生涯月経回数は50回程度であったといわれている。
結婚後はほとんど月経がなかったという女性も珍しくなかった。

(田中ひかる著「生理用品の社会史」より)


もちろん個人差はあるんだけど平均的な比較で生涯月経回数は、

現代女性 455回

明治女性 50回


こどもがひとりだったり、出産をされないひとも増えていることを考えれば、

明治時代に比べ現代女性は10倍くらい月経回数が多い。



月経を歴史的に考える上で、これはものすごく大きな違いなんだよね。
そして、女性の健康を考える上でも今と昔は全然視点が違ってくる。
子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科の病気が増えているのも、この月経回数が深く関わっているから。



狩猟採集時代は、さらに生理が少なかった。


さらにいうと、農耕がはじまる前、狩猟採集生活を送っていた頃はもっと生理が少なかった可能性がある。

2歳間隔くらいでこどもがいる、あるいは、そういうペースで産みたいひとが多いと思うんだけど、これは本来の人間の出産ペーストは異なる可能性があるんだよね。
というのも、狩猟採集生活をしている人間というのは、4歳間隔くらいになってるから。

人類が農耕をはじめたのは約1万年前、それより前の時代、狩猟採集をしていたころって定住をしていない。
一定期間住んで、近くに食料とかがなくなったら移動をする。
そうなるとこどもを抱っこをして移動するのって、非常に大変で負担がかかる。
ふたりも抱っこをして歩かないといけないとなると、とうてい無理な話。


こどもがなんとか大人について歩いていけるのが4歳くらい。
それまでは、手がかかるから次の子を育てられなかった。


人間のからだは、この時代の生活にあわせて進化をしてきてる。
出産に関してもそうで、狩猟採集時代って4歳くらいになるまでずっとおっぱいをあげる。
現代に生きる狩猟採集民も同じで、兄弟の年齢差が4歳くらいずつはなれてることが多いので、人類の本来のリズムだと考えられている

そして大事なポイントとして、


授乳をしている間は生理が止まる。


これが、「授乳性無月経」
狩猟採集生活でこどもが4歳になるくらいまで授乳をしていたということは、4年間くらい生理が起きないんだよね。

おっぱいを出すホルモンをプロラクチンというんだけど、このプロラクチンは月経を止める働きがある。
ちなみに、このおっぱいを出すプロラクチンは、こどもが乳首を吸う刺激で分泌が促進されるようにできているから、おっぱいを飲んでいる間は、プロラクチンがずっと出るようになるというわけ。


人間の体ってよく出来てるよね〜。
狩猟採集時代、
4歳になるまでは次の子が育てられなかったから
おっぱいをずっとあげてたから、
生理が再開しないように、人間のからだは進化してきたんだなぁと思うと感慨深いものがある。



狩猟採集民も、現代人より出産回数が多い。
しかも授乳期間が長い。

となると一生の間に月経を経験する回数がさらに少なかったことが考えられるんだよね〜。



昔のひとは経血コントロールできてなかった。


昔のひとは経血コントロールをしていた。

という説があるけど、

そもそもの月経回数が少なかったことを考えると、経血コントロールなんてできなかったんじゃないの??

って思えてくる。
生理用ナプキンがなかった時代どうしてたかというと、布や植物の繊維や紙を膣につめたり、あてたりしてたんだよね。

ナプキンが近世になるまで発達しなかったのは、月経回数が少なかったからあんまり極端に困らなかった。
という説もあるくらいで。


子宮や膣の構造を考えても、おしっこを貯める膀胱(ぼうこう)とはわけが違う。
経血をためておくのって、そんなにかんたんなことではないんだよね。


明治時代のひとの体験談として「経血コントロールをしていた」というひともいるけど、全員がしていたというわけじゃない。



ぼくは立場的に、いろんなひとから生理の話をすごく聞くんだけど、布ナプキンに変えても経血コントロールできないひと多いよ。


で、なにを言いたいかというと、そういう歴史的な経緯や解剖学的な構造を踏まえてみると、

経血コントロールができなくても気にしなくていい。

ということ。


経血コントロールができない自分はダメ。

みたいな感じで、自分自身を苦しめちゃってるひともいるから、そうじゃないよー。
ということを言いたいな。


もちろん、経血コントロールができるようになるひともいるから、ここにはなにか意味があるかもしれない。
それに、かつては立って用を足す女性用便器があったくらいだから、下半身の筋肉の発達が現代女性とは違って発達していたのは事実だとおもう。



昔とちがって月経の回数が10倍にも増えていることは事実。
大切な時期として、意識することは真剣におすすめしたい。
そういう意味で、布ナプとかはとてもいいと思うんだ。



ということで、つづく。





講演会と違って『ヨガx血流ワークショップ』は、ほとんど女性の参加者だからこういうお話をしても面白いかも。

9月22日高松の『ヨガx血流ワークショップ』の募集もスタート!
↓  ↓  ↓
9月22日(木・祝)高松『ヨガx血流ワークショップ』



☆講演会・セミナー情報☆
新しく募集スタート!
↓  ↓  ↓
10月2日(日)大阪『15万部突破記念講演会』

現在募集中のセミナー・講演会。
(Facebookをしてなくても申し込めます)
↓  ↓  ↓ 
9月5日(月)京都『薬膳ビューティーランチセミナー』

9月19日(月・祝)仙台『15万部突破記念講演会』

9月19日(月・祝)仙台『ヨガx血流ワークショップ』

9月20日(火)福島いわき湯本温泉『ヨガx血流ワークショップ』

9月22日(木・祝)高松『ヨガx血流ワークショップ』


こちらで随時ご案内しているので、Facebookグループへのご参加もどうぞ^^
↓  ↓  ↓
『ヨガx血流ワークショップ』

『血流がすべて解決する」15万部突破記念講演会』


☆15万部突破!『血流がすべて解決する』☆

3月10日にサンマーク出版さんから、はじめての著書『血流がすべて解決する』が発売!!! 
現在19刷15万部!
↓  ↓  ↓
『血流がすべて解決する』公式サイト


☆女性のためのぽかぽか薬膳茶☆

「血」を大切にする婦人科漢方理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるこころとからだを整えるとっておきのブレンドティー。子宝はもちろん。女性のバランスを整えるためにおすすめ!

↓   ↓   ↓
ご縁授茶《三年番茶》
縁結び出雲 女性のための薬膳茶




☆しあわせ運ぶ風水薬膳®☆
生年月日と体質から自分にあった薬膳茶を選べる。
女性のための心と体を深く知る講座が全国で開催中。
↓  ↓  ↓
日本漢方薬膳協会の風水薬膳茶講座



※メッセージについて※
いただいたメッセージは勝手にご紹介しちゃう危険がありますので、くれぐれもご注意ください。^^
個別の相談はお答えできないのと、すべてに返信できない場合もあるので、ごめんなさい~!



いいね!した人  |  リブログ(6)

堀江 昭佳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース