didit sewing ~横浜・日吉の初心者向け洋裁アトリエ

didit sewing ~横浜・日吉の初心者向け洋裁アトリエ

洋裁初心者のための動画レッスンdiditsewing
初心者のための洋裁教室 日吉洋裁教室

いやー、まだ6月なのに蒸し暑いですね。


ギラギラな暑さも辛いけど、

ムシムシの暑さも辛いねぇ。



夏を無事に乗り越えられるのでしょうか。





さてさて。最近のアトリエの様子を。




おかげさまで後ろ切り替えカットソーが

大好評で、





追加の材料セットの手配や

ワークショップの準備などをしておりましたら






新作がおしおしになってしまいまして、

今月中に出せるか微妙になってまいりました。


後ろ切り替えカットソーに続き、次回作もまた

大物(洋服)です。



大きくて、縫う距離が長いよ。





サンプルを縫う時には、できるだけ、

糸ボックスから少なくなった糸やボビンから

使うようにしています。




長い距離を縫うと、どんどん糸がなくなって、
使いきるのも気持ちいいし、



からのボビンが出来るのも、助かる。



色々と試行錯誤の末、
やっと最終パターンで縫い検証に入りました。




めっちゃ好みだわー。

この生地。



もうすぐお知らせできると思います。

楽しみに待っててね。

























こないだ買った派手可愛い生地。


ちょっとシワになりそうな生地ではあったけど、

柄の可愛いさに一目惚れしてお買い上げ。





だけど、カット売りで、1.5メートルしかない。


なので、必然的にスカートです。


しかも、ややハリのある生地なので、

タックスカートです。





こんな感じ?


可愛いかも照れ照れ照れ





生地はしの、ちょこっと残ったところで、




ウエストベルトがとれそう!




だけど、ウエストベルトは黒の別布にした方が

引き締まるかな。



どうしようかな。


とりあえず、スカート本体を縫ってから

考えようかな。




















サマーニット レディース 春 夏 ニット トップス 薄手 プルオーバー リブニット フレンチスリーブ リブ ラウンドネック カジュアル フェミニン ベーシック 無地 着回し xyf9299 SAISON DE PAPILLON



先日、やっと行ってきました。



ええ、ちゃんと予約しました。

なんてったって、自宅から2時間ですもの!



角川武蔵野ミュージアム。






自宅から東所沢まで約2時間。

ちょっとした小旅行です。


電車は途中からどんどん人が少なくなり、

ゆったり座れて、知らない土地にいくというワクワク感もあり、楽しい道中でした。




「次は北府中」の車内アナウンス。


北府中が、どうしてもピカチュウに聞こえてしまって、ひとりニヤニヤ。





やっと着いた。





隈研吾さんが設計したというここ。

行ってみたかった。




図書館って、「本の展示の仕方」だよねぇ。


立ち読みではなく、ちゃんと座って読むことができます。




さっそく欲しい本がいっぱい。




そうそう、読もうと思ってダウンロードはしたけれど、まだ手付かずの「銃・病原菌・鉄」

せっかくスマホに入っているのだから、

読まねば!




プロジェクションマッピングも、

素晴らしかった!




本屋さんや図書館のいいところは、

読みたいと思える本と出会えること。


それと、


「この本読んだ!」(懐かしい、どんなだっけ?)

「この本持ってる」(読まなきゃ)

「この本欲しいと思ってた!」(買おうかな)


とか、ひとり脳内会議が楽しいことです。



これ、立ち読みして面白かった。




図書館巡りも、楽しそう。



そういえば、那須塩原のすてきな図書館、行ったなぁ、とか。





遠野旅行でも素敵な本屋さん(じゃないけど)

に行った。






本と映画は地続き。

図書館に来ると、

みた映画、みたい映画も思い出します。



若い頃は、

原作を読んでから映画を観る派でした。


マルグリッドデュラスのラマン。
原作も映画もよかったなぁ。

またみたいなぁ。







世界の夢の本屋さんシリーズも大好き。








脳内をいっぱい刺激されました。


読みたい本、観たい映画、

行きたい図書館が目白押しです。







カフェから見える、池?プール?

小さい子供たちの水遊びが楽しそうで

子育て中を思いだして、微笑ましい気持ちになりました。




恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢恋の矢



夏の旅行に、おおきなマルチトートは

いかが?






キットもあります照れ照れ





























私、予約が嫌いなんです。
って話をしましたが、





どうして予約が嫌いなのかというと、

ネットでの申し込みが面倒くさくて

苦手ってこともあるけど。



それより、



その日、

急に出かけるのがイヤになるかもだから。






若い頃。


友達と遊ぶ約束してて、

だんだんその日が近づいてくると

面倒になったり、気が重くなったり

億劫に感じたり。



行きたくなーい!って思ってしまうことが

よくあって。



だけど、行ったら行ったで楽しい!



なんなんだこれ?




と思っていたら、これは私だけじゃなくて、

どうやら、あるあるな現象みたいですね。




だからよく、飲み会とかも、

「あー。行けたら行くわ」

 とか、


「行くかも。行かないかも。」

とか、曖昧な感じに返事して、


だいたい行かない、という。





おうちが好きで、

おうちにいたいと思ってしまうのかな。




何時にどこに行かなきゃいけない、

って縛られる感じがイヤなのかな。




出来ない約束はできない

誰の指図も受けません♪



って思ってた。若い頃。




だから、大人になった今も

お出かけは、

できれば当日の朝の気分や天気で

決めたくて。



ソロ活なら、なおさら。



本当は、予約とかしないで

フラッと出かけるのが好きなんです。




でも最近は、ちゃんと予約したり約束して

お出かけしてる。



そしてそれが全然苦痛じゃないし、

むしろ楽しみに感じています。



私も大人になったなぁと

感じていることでした。




今日も明日もお元気で。







昨日はわざわざ予約して、

朝早く家を出て、

ある場所に行ってきました。



どこに行ったのかは、

また別記事で書くかも。書かないかも。






行ったのはここでーす。






汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗汗




今日のおすすめ。



新色入荷しました。



どの色が好き?




























こないだのレッスンで、

生徒さんに、おすすめの本を聞かれたのですが



よくよく考えたら、

誰かに本をすすめるのって、

難しいなぁ、と。



まず、その人のことをよく知らないと

できないことで。




気軽に読めて、全女子が共感するだろう



ジェーン・スー の 

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題



をおすすめしたのですが、





そういえば、

ちょっと似たジャンルで、




これも面白かった。




このふたつは、

サクッと読めて

クスッと笑えて、

うんうん、と共感できる軽めの本。







私は今は、次回の読書会の課題図書である、

某介護問題の本を読んでおりますが、



(そう。最近時々、

読書会というものに参加しております。)





今、本当に読みたいと思ってる本は、

こちらです。





これ、過去に3回くらい読んでいるのですが、

多分、過去にもブログで紹介したかもですが


子育てを終えた中年女性にぜひとも読んで欲しい

驚愕の一冊。


アガサクリスティの最高傑作です。




私が過去に3回以上読んだ本って、

これだけだなぁ。





過去にブログで紹介した時の記事をみつけた










今、無性に読みたいです。


多分今なら、また新しい視点で読めると思う。




合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格合格





最近、こんな生地を買いました。





コットンで、ちょっとシワになっちゃいそうだけど、この柄がツボすぎて買っちゃった。


さて、何を作ろうかなぁ。



音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜汗汗



今日のおすすめ