集まれ!手芸部~横浜・磯子の洋裁教室~

集まれ!手芸部~横浜・磯子の洋裁教室~

オンライン手芸部では、手作り布小物・バッグなどの作り方、レシピなど紹介します。
リアル手芸部では、バッグ、布小物はもちろん、大人服、子供服の製作のお手伝いをさせていただきます。
大人服では、生徒さんの体型に合わせた型紙補正もいたします。


テーマ:
息子の試合につき、4時起きです。ねむい。


そうそう、うちの息子氏、念願のツーブロデビューし、ご満悦です〜〜。

中学ではツーブロ禁止だったの。




さて。
このスヌードの作り方と寸法です。




スワニーで数年前に買ったモコモコ。

70センチ×50センチとありますが、
実際は



77センチ×51センチ  ありました。


スヌードにするのに、なかなかいいサイズだと思うので、買ってきたサイズこのままで作ろうと思います。


返し口を縫い残して、長い方の辺を縫います。

縫い代は適当でいいですが、あまり端っこ縫いすぎると、ファーが押さえに巻き込まれて縫いにくいので、縫い代は少し多めにするといいかも。


筒状になったら、筒から手を入れて、



反対側の布端をつまんで、


こっち側に持ってきます。


そしたら、半分ねじって、わっかになってるところをぐるりと一周縫います。


返し口からひっくり返して、




最後に返し口をまつれば完成です。

あっと言う間だよー。

やってみてね〜


なんたって、352円だからねー。


ふふふ。
実は動画も撮ってるよ〜〜。






4分足らずの動画です。
よかったら見てください〜〜。





スヌードも追加しないと!
冬小物 作り方





テーマ:

流行は繰り返す、と言うけれど、


最近の若い子たちのファッションが、
私が19、ハタチの頃に流行った感じで、

え?大丈夫?それ、ダサくない?

なんてついつい思ってしまいます。



赤名リカが履いてたみたいなパンツとか、
流行ってるよねぇ。




年末に作って、ヘビーローテションで着てるこのコート。

首回りが開いているので、マフラー買いました。



この色柄、ずっと探していたのに、なかなか出会えなくて、ふとした拍子に見つけて、即買い。



今日の持ち物は、あれとこれと、あれも持ったし、よし!出かけるか!



あれー!

バックもチェック、
マフラーもチェックかーい!!

ダメダメ〜〜



てことで、サクスケちゃんちから強奪してきた。
サリーダバッグ。

これなら許されるかな。



だけど、チェックのスカートを履きたい時もある。


無地のマフラー欲しい。


買い物に行く時間ない。



てことで、久しぶりにスヌード作ってみた。

スヌードも去年あたりは一度も使わなかったんだけど、今年は割とよく見かけるので、


もしかしたらスヌードも一周まわって流行ってるのかなぁ。



数年前にスワニーで買ったモコモコ。

352円なりー。


スヌードの作り方とサイズはまた別記事で紹介しますね〜〜。





冬小物 作り方




テーマ:

スワニーさんのこちらのレシピから。


スワニーさんで生地を買うと、実物大型紙がおまけでもらえるのですって!



フリースみたいなモコモコで作ります。



だいたいカタチになったところで、仕上げはご自宅ですることにして、


その日着てらしたチュニック。
リバティみたいなモリスみたいな素敵なコーデュロイのチュニック、端が細長ーく余ってしまったとのことで、


こちらのバッグの型紙を写しました。


こちら、財布とケータイとハンカチティシュをいれて丁度良いくらいの小さいトートバック。



細長ーく余ってしまった生地を活用して欲しくて考えたレシピです。



はじめましての生徒さん。

バンドをやっていると言うことで、ステージ衣装をご自分で作ってらっしゃるんですって!!


とっても素敵な衣装をたくさん見せていただきました!


いつも自己流で作っているので、テーラードカラーの縫い方をきちんと習いたいと。


部分縫いで襟付けやりました。


かたやまゆうこさんの「コートを縫おう」の
リバーシブルのコートを縫っています。

手縫いが多く、大変ですが、少しずつやっていきましょう。


柄合わせ、頑張った甲斐がありましたね!!



私が自宅教室を始めた初期の初期にレッスンにきて下さった生徒さん。


ご自分でだいたい縫えるのですが、
年に一度くらい、来てくださっています。



半年に一度、とか、数ヶ月に一度だけレッスンに来てくださる生徒さんも多く、細くても
長ーいお付き合いができたらなぁ、と思っています。





さて。今日はサクサクの打ち合わせ。
縫い上げたサンプル持って、
プレゼンしてきまーす。







テーマ:
昨日は初レッスンでした。


久しぶりのレッスンだったので、頭回らないかもーと思っていましたが、


昨日は、おしゃべり多めのゆるゆるレッスンでした^_^


ご自宅で仕上げられたコートで登場の生徒さん。



スタイルブックの2017 秋冬号から


こちらのコートです。





コートの残布でサリーダバッグを作りました^_^






パンツの製図をしています。


こちらの本、実物大型紙はベーシックなものがついてその他は、ベーシックをもとにした
製図の書き方が載っています。




アンクローズさんという型紙ショップ。

こちら、生地つきキットも販売されています。





キットに入っていた生地で

ゆるボトルネック長袖プルオーバーを作りました。

裾と袖口の始末はご自宅で。


生地と型紙のセットは、いいですよね。
用尺ぴったり入っているし、何より生地選びに迷わなくていい。

生地を選ぶのが楽しい!って言う人ももちろん多いけど、

同じように、いやそれ以上に、どんな生地を買ったらいいかわからない、と言う方も多いです。




こちら、キットなので、届いてすぐに作れるのが、嬉しい。


洋裁やってみたいけど、何から始めていいかわからない方には、キットはとってもいいと思う〜。


うんうん、生地選びが難しいと言う声、ほんとよく聞きます。



あとね、サリーダバッグが意外に大きくて、
用尺食うんです。

コートの残布でサリーダバッグを作ろうと思ってたのに、足りない〜〜!!


って方も意外に多いんです。




微妙に少しだけ残ってしまった場合、
こちらのバッグが少しの生地で出来ます。

教室に型紙ありますので、レッスンにいらした方でご希望の方は、写して行ってくださいねー。










テーマ:


前はタックで後ろはゴムのスカートのウエストの計算方法

あ、これはフレアスカートだけど、
わかりやすくするために、
タイトスカートで説明します。




↑ これじゃダメなことはわかりますよね?

だって前のタック分たたんだら、ヒップを通過できなくなっちゃう。


B(バック、後ろ)はゴム
F(フロント、前)はタック

ゴムを伸ばした状態をB
タックをたたんだ状態をFとすると、

B + F =  H  (ヒップ)

(わかりやすくするためにゆとり分は無視してます)


2F =  W (ウエスト)
(ゴムは縮んでる状態なので)


てことは、


これの公式だけ覚えておけば大丈夫。





Wに自分のウエスト寸法
Hに自分のヒップ寸法を入れて、

ゆとりをプラスしてください。


あと、このままだとゴムが伸びてない状態が
2分のウエストになっているので、ゴム部分が若干ゆるく感じると思うので、そこはゴムの長さを調整してください。


多分これが一番簡単な計算かなぁ。と思う。



【関連記事】